Welcome to my blog

かはづ草紙

玉川上水のほとりから玄界灘近くに移動しました

春が終わってもう初夏です

紫のよりひとまわり大きいような。白が膨張色だから?桜の満開がいつもより早かったのと同様、急に暖かくなったためか春の花がバカスカ咲き始めた。やっとスミレが咲き始めた、と気づいたら、紫のスミレより少し遅れて開花する白スミレが追いかけて、今はもう藤やツツジが場所によっては満開、いや藤に至っては、既に盛りを過ぎてきた所さえあるのが驚き。雨上がりの朝のツツジ。若い葉は黄色がかってるけど、花色はブルーベースの...

ソメイヨシノの花はブルーベース

普段メイクと言えるものをしない自分が、パーソナルカラーという言葉を知ったのは数年前。おそらく普段メイクをきちんとして、コスメ用品に詳しい人はデパートの美容部員のお姉さまから肌色や質なんかをチェックしてもらって「あなたのお肌は〇〇ベースです」といった言葉を聞いて、この「〇〇ベース」という言葉に馴染みがあるのではと思う。しかしこの、コスメにおける肌色の「〇〇ベース」という診断は指の先などで診たり、一部...

じい様同士のコミュニケーション能力

暑さ寒さも彼岸まで、もはやこの言葉が全く当てはまらない昨今だが、21日の春分の日がまさにそれで、冬に逆戻りの冷たい雨。もうクリーニングにだそうかなと思っていたダウンをまた着るはめに。そんな中、北九州某所のお寺に出かけたわけだが、久々に謎のおじさん(爺さんといっていいお年)と遭遇した。乗り換え駅で電車待ちしてる時に列の後ろにいたその人は電車が入ってくるのを一眼で撮影してたから、鉄ちゃんなのかと思ったが...

没落してほしい

物騒なタイトルですが、日常生活でなかなか聞かない表現だと思います。「没落」という言葉自体、旧華族様が身近にいない自分には遠い世界の話のような気がするわけで。でも、家人がかつてお世話になった人が、とある有名人にお金を貸して全然返してくれないのをずっと恨みに思っていて、こういう言葉を発したそうで。その有名人も、ある程度の年齢の世代なら知っている、テレビでよく見る人だしなにより「えっ?あの〇○○さんが?」...

寒いと思い出す商品名

3月に入り、大寒から2月にかけての冷え込みが嘘のように日差しが強くなってきたのを感じる福岡。明日の予報はなんと最高22度とか、一気に虫が這い出してくる予感しかない。どうせ初春の不安定さで、また雪になっても驚かないが。今回の冬は全国的に厳しかったが(現在進行形の場所には申し訳ないけど過去形で書いてます)首都圏でマイナス5度(あるいはそれ以下)になったと騒いでいたのがなにかとても懐かしい記憶を呼び起こす...