2018-02

アラビア料理教室②


さて、先生が主導して作った、鶏のビリヤニ詰めが5羽。
各班のオーブンで焼くのだが、
「先生、時間と温度は?」
「250度で1時間から1時間半」
(えっ随分長くないですか…?)

皆思ってても言わないのが日本人だが、
フムス作るときも最初にんにく2個と言われて、再確認して1個になった
経緯もあるし、やはり90分は長かろう、と
まず40分にセットして、様子を見ることにする。
(結果的にそのあと10分追加したら、パリパリの鶏が出来た。)

iraq_dish.jpeg

さあ、いよいよお楽しみの試食タイム。
鶏が焼けるまでにそれ以外を食べ始める。


しかし、単純計算で1羽を4人で食べるということですよね…
しかも、詰め物にしたビリヤニが巨大なボウルに
まだたくさん残ってますが… えっ?これも食べるの?
いや、美味しいです、大変おいしいのですが、
このマトンビリヤニ自体むちゃくちゃお腹にたまる。
(ビリヤニは東南アジア〜中近東でポピュラーな、炊き込みご飯?
みたいなもので、インディカ米の美味しさを堪能できる料理です)


biriyani.jpeg
ビリヤニの余り。木ベラとのサイズ比で、どれだけの量かおわかりいただけるかと。

そしてさらにそれだけで十分お腹にたまる豆ペーストのフムスに、
エジプト料理のこれまたお腹にたまるレンズ豆入りパスタ(なんか色々混ざってる)「コシャリ」。
果物にナツメヤシに謎のヌガー。とにかくお腹にたまるものが盛りだくさん。
野菜はアラブサラダがあれど、とにかく物量が…

20180127.jpeg
ダジャジュ マフシー(詰め物チキン・イラク料理)左奥が先生お手製の蕪などの漬物、
奥真ん中がカルダモン風味のヌガー。←1個がデカイ。


そこに焼けた鶏が登場。うっ…すでにお腹が…
しかし焼けた鶏がなんともおいしく、死ぬ気で食べてたら
どうもこの場所のレンタルの時間が迫っていると知った。
「あと20分無いです」
えっマジですか…?
やはり鶏、1時間半焼いてたら食べる時間もなかったね。

東アジア人達がせっせと残り物を詰める班、洗い物、拭いて収納、
掃除に道具チェック、さらに残り時間を報告するタイムキーパーまで
出現して分刻みで怒涛の片付けしている中、先生はアラブ時間なのだった。

natsume.jpeg
ドライナツメヤシ。甘いがうまい。

お持ち帰りパックが山と積まれる中、ナツメヤシ(デーツ)だけが
入った袋をゲットしたのだが、このデーツ、湿り気がなくて
かなりドライで、手が汚れなくていい。
どこのお店で買ったのだろう…
それと、謎のヌガーがカルダモンの風味がとても鮮烈で、
好みの味だったので、箱崎あたりで買えるだろうかと聞いてもらったら
どうも先生が個人的に帰省の時買ったものだそうな。
うーむ、簡単には買えない代物となると、ますます食べたくなる。

なんでもアラビア語で Mann wa Salwaというお菓子だそうで、
いろいろ調べてたらレバノンのナッツ屋で通販しているらしい。
試してみようかな。
イランではGazと呼ばれ、人気のお菓子だそうで、あちらの方は
ヌガー好きなんですねぇ。なにをかくそう自分も好きで、
ケーキ屋へ行くとケーキよりむしろそういうサイドメニュー的な
お菓子の方が気になってしまうのだが、
食後(に限らないが)に甘〜いデザートを楽しそうに食べるおじさんの
姿は、海外へ行くと当たり前のように目にする。
日本は、その点結構辛党が多いのだろうか?

ともあれ、ナツメヤシはいまはやりのスーパーフードといえる
栄養の豊富な食べ物だが、ヨーグルトに2、3日漬けておいても
また美味しい。

natsume2.jpeg
ヨーグルトに漬けてみました。

この後、健康診断を受けたら「悪玉コレステロール高いですね…
あと血糖値も高めですね」な結果だったのだった。
いや、アラビア料理じゃなくて、日頃の運動不足のせいなんだ。

スポンサーサイト

アラビア料理教室①

1月のとある週末、家人の元同僚の方から、料理を作る会のお誘いを受けた。
その方の奥さん繋がりだったのだが、それがイラク料理

なかなか普段食する機会のない料理。
シリアで食べたアラブ料理はなかなか美味しかったが
(方向性はトルコ料理に似てます)
いったいどういう料理なんだろう?期待が高まる。

某大学の研究室に所属する方々や、中東方面の旅行経験者、
アラビア語を操る日本人などなど、この漁師町ではそんなに遭遇しなさそうな
方々に、先生役のイラク人、エジプト人、中国人、スロベニアと
参加者の国籍もいろいろ。総勢19人&お子様1人。

そして目指す公共施設の調理実習室へ行ってみると、
時間前に来ていたのは東アジア人で、指南役のアラブ人は
買い出し中だった。予想通りのアラブ時間。

そんなわけで少しだけ遅れてスタートしたアラビア料理教室。
適当にグループに分かれて、1品づつ料理を受け持つことになったが
先生は作り方をまずまとめて配布とか話すということもなく、
詰め物チキンの料理に取り掛かってしまい。
なんとなく各班が適当に材料を探して準備を始める。
そんでもって必要な時に、先生に次はどうしたら?分量は?
と聞きに行く…という、しごくアバウトでゆるいスタートになった。

これが日本人なら、始める時に作りかたを説明したり、
レシピを書いたものを配るんじゃないかと思うのだが、
これもアラブ式だと思うことにする。

自分のいた班では、中近東で広く食べられているフムス
(ホンモスとか呼び方いろいろ)という、アラブ式パンにつけて
食べるひよこ豆のペーストを作ることになった。
シリアでもこれを毎日食べてた。安くてお腹いっぱいになるという、
予算の限られた旅行ではありがたい手軽なメニュー。
おそらくはインドのダールとチャパティ、日本の味噌汁とご飯のように
超基本的なソウルフード、おふくろの味の位置付けなんじゃないかと思う。

しかしだな…
時間が余るんだが、先生。

ひよこ豆を茹でるところから、ならともかく用意されてたのは水煮缶。
もしかして、すり鉢使用?と思ったらフードプロセッサが登場。
ほとんど豆をすり潰せば終了、のこのメニュー、もしや先生の
こだわりや本格的アラブ式のあれやこれやの下準備があるのか?
と思いつつ、忙しそうに丸の鶏に詰めるビリヤニを
作ってる先生に時々聞くと、どうもとても簡単だった。

ひよこ豆を4缶あけて、飾り用に一部取っておく。
缶の汁も少しとっておく。(スプーン10杯くらい)
にんにく1個(ひとかけではなく1個です)をむいて粗く切っておく。
レモンを3個分絞る。
これらの材料を、ゴマペースト(スプーン10杯くらい・
この時使った本場のペーストは日本の高い瓶詰めほどねっとりしてなかった)
と塩少々と一緒にプロセッサーにかけて、かなりクリーミーになるまで攪拌。
モーター大丈夫か?と思うくらいしっかりかけたら、出来上がり。

先生、時間が余ります。

お皿に入れて、スプーンで軽く押しながら皿を回転させて
(ろくろで縁の分厚い皿を作るようなつもりで)
皿のぐるりに土手があるような状態にして、
クミンとパプリカのパウダーを適当にかけてデコレーションする。
さらに飾り用のひよこ豆と、オリーブオイルをたっぷりかけて盛り付け終了。

なるほど、オリーブオイル使わないなあと思ったら、
最後にかけるのか。

fumusu.jpeg
こんな感じになりました。

スパイスパウダーで線状に飾るのは、インドやパキスタンで食べられる
ヨーグルトの和え物、ライタをお客に出す時とすごく似ている。
そして、この仕上げがあると、ぐっとエスニックな味になる。

ちなみに、前述の量で約20人分。
記憶で書いているし、先生が味見をしながら適当に追加していたので、
厳密じゃないですが。ニンニクがかなり効いてますので、
好みによって減らしてもいいような。

てなわけでその2に続きます。

今年のフェーブは…?

昨年は、なぜか時期を勘違いしていて味わうことのできなかった、ガレット・デ・ロワ。
フランスで新年に楽しむらしいこのお菓子、個人的には
すっかり定着した感のあるシュトーレンより美味しいと思うのだが、
パンのドンクでもこのお菓子を期間限定で売っているのに気づいた。
きっと、今後もっと流行るに違いない。

gato.jpeg
これがガレット・デ・ロワ。パイ皮の中には、アーモンドプードルと
カスタードを混ぜたような、濃厚なフィリングが入ってます。


今年は逃さん!と、正月4日に博多へ出たついでに阪急地下の
目当ての店に寄ったら、もう売り切れていた。しおしお…
夕方だったからいけないのだ。
なので次博多に行った時は、まず用事より先に阪急へ行き、
買って置いといてもらった。これでよし。

gato02.jpeg
箱の天面に「ガレット・デ・ロワ」と連呼されたシールが貼ってあります。

そうやってゲットしたガレット、これは「フェーブ」と呼ばれる、
(そら豆の意味らしい。元はそら豆を入れてたのかな?)
陶器や金属製などの小さな人形などを中に入れ、
切り分けた時にそれが当たった人がその日1日王様、女王様扱いされる
という、新年らしい目出度い遊びを楽しめるシロモノ。
切る人が入れられるように、フェーブは別添えして売っていたりするが、
子供がいる人はやはり子供に当たるようにっしてあげるんだろう。
お年寄りのいる家庭では、フェーブで歯が欠けたりしないよう注意だ。

最初にこの店で買った時は、スヌーピーに出てくる
ライナスの陶製人形で、後ろから見ると彼の少ない髪の毛の表現に苦心の跡を感じた。
さて今年はなんだろう?

gato03.jpeg

なんだか地味な爺さんでした。

カゴと杖を持った、ノンキャラのおじいさん。
おじいさんだよね?ヒゲらしきものが描いてあるし…
カゴの持ち方がおばさんですが。

なんとも渋い今年の幕開け。
そして気のせいか、ガレットのフィリングが前より少ない気がするんだ…
パイ皮も隙間が多いというか。
でも、トースターで軽く温めると、相変わらずのしっとりジューシーな
フィリングと、バターの香りがすばらしいガレットに、安心。

gato04.jpeg
おじいさんは杖持ってます。

ほんとにここのお店のパイ皮は、美味しい。
福岡にあるこの店は、東京のKITTEに出店して
いつの間にか「クロカントの美味しい店」になっているが
阪急にある見た目は素朴だけれどこってりしたバターの香りの、
焼き菓子の方にひかれてしまう。ケーキは滅多に買わないから
カロリー的にはちょうどいいに違いない。(言い訳)
本店にある、色とりどりの小さいケーキやパンも
もちろんとても美味しいのだけれど。

来年は、おばあさんかなあ。
おじいさん一人だと、ちょっとさびしいんだよな…


パリヨンコ セ マクサー

今回のセンター試験の地理のムーミン問題がまだ尾を引いてるらしいが、
正直これ、サービス問題だったんじゃないかと思った。
とりあえず、「ヘタリア」読者なら正解だったろう。
これが普通の社会科なら難問だが、「地理」として出されているのだから
そんなに難しいのだろうか…?などと、思ってしまったのは、
ムーミンのアニメを知っているBBAだからだ!と攻撃されそうですねスミマセン。

fin.jpg

スウェーデンの例がヒントになっていて、ノルウェーとフィンランドが
アニメ作品と言語それぞれどの組み合わせかを問う内容だったようだが、
北欧の中で、語系が他と明らかに違うのはフィンランドということを
知っていれば、とりあえず言葉がどちらの国かはわかる。
例題のスウェーデンと明らかに似ている方がノルウェーだと。
あとは、アニメがどっちなのか、だが…

言葉の欄にトナカイらしきイラストがあって、もしやこれがヒントなのか?
確かにフィンランド=サンタ=トナカイという連想ゲームだが、
でも、昨年11月にノルウェーで汽車がトナカイを大量に轢いて殺してしまった
事故があり、これをニュースとしてみてたら、却ってトナカイ=ノルウェーと
思ってしまうかもしれない。サンタのイラストだと一発過ぎたんだろうけど。

アニメを知らない人の次の手がかりは、ヴァイキングがどっちの国なのか、
ということなんだが、これはちょっと微妙で、スウェーデンのヴァイキングが
フィンランドへも行ってるし、昔のフィンランドにヴァイキングが全くいなかった、
ということでも無いんだろうが、これはもう優勢なのはどっちか、で
決めるしかない。


でも、ビッケもニルスもムーミンもアニメの作品として紹介されているから、
「そのアニメを知らない今の世代には不利!」というのはもっともなのだが、
そもそもすべて日本のオリジナルアニメというものではなく、児童文学としての
原作がまず存在する作品。
特にムーミンに関しては、アニメ放映があった当時よりも、
北欧デザインが人気になったこの15年くらい、グッズはよく見かけるし
そのグッズには原作のイラストを使っているから、「アニメ」というくくりだけで
若年層が認識しているとも思えないんだけど。

単純にこれ、アニメとして紹介しなけりゃよかったんじゃないのかなあ。
せっかく各国の原作があるのだから、児童文学の原作のタイトルで
載せとけばよかったのでは。
そして、「アニメの舞台」と書いてあるから、」ムーミンはフィンランドが
舞台ではなくムーミン谷!」という重箱の隅な議論が起こってしまうわけで。
「関係する国」くらいの表現にしときゃ、よかったのに。
そうすれば、「アニメ好きでないと不利」という意見も出なかっただろう。

hachiue.jpeg
行きつけの蕎麦屋に、お正月らしく、懐かしいのがあった。こういうの、正式名称なんというのかなあ
「松竹梅盆栽」でいいの?

他の北欧諸国との語系の違いを推理する手がかりは、フィンランドの人名だったりする。
伝説のスナイパー、シモ・ヘイへなんてもろにフィンランド的語感。
日本人には名刺交換の時吹き出しかねない名前がたまにあって、
自分にはスキージャンプのアホネン選手がまっさきに浮かぶ。
しかしこの人とて1970年代うまれ、何度も引退、復活をしているから
活躍期間が長いとはいえ、華々しかったのは今の受験生が
せいぜい小学校低学年の頃だから、「知らんわ」と言われて終わりそうだ。
他にもちょっと話題?になった、元ノキアの日本法人社長の名前とか、
「アホ」「ネン」その他、謎の語感のお名前が、ザクザク出てくる。

その点、他の北欧の国の人名は、小さい差異はあっても、似ている部分が多い。
ノルウェーの人名で有名なのはエドヴァルド・ムンクなんじゃないかと。
指輪物語に出てきた熊人のビョルンという名前も、ノルウェーやスウェーデンには
よく聞く名前でいかにも北欧というイメージだが、
(ビョルン・アンドレセンといった名前も、中高年には響く名前かと)
フィンランドとは違って、エドヴァルドはエドワードと同じなんだろうな、
と思えるし、アングロサクソンやゲルマン系、あるいはフレンチと似た響きの名前が
あるのも、フィンランドとは違う。

tsuru.jpeg
お正月盆栽には鶴と、写ってないけど亀もいます。

とはいえ、サービスしたつもりでも人によってはサービスにならないこともあって、
昭和のアニメを題材にしてしまったために10代には不平もでるんだろうが、
それでもたかだか数十年前の題材。
途方も無い年月をかけて形成された地形の名前を簡単にテキストで
覚えるだけじゃない、推理問題もあっていい。
逆に今のアニメを題材にすれば、それこそ観た人、観てない人とで不公平だ。
行ったこともない、見たこともない海外の場所の、パンパスとかサバンナとかの
言葉を暗記するより、面白い問題だと思うんだけど。

自分もマケドニア&ブルガリア&ルーマニアの比較問題が出されたら
正解する自信はないが、例えば普段クラシックを聴かない人が
アニメの「氷菓」でバッハやフォーレのクラシックの名曲を知る例もあることだし、
たかだか数十年の世代の違いなぞ、大したことじゃない。

日本のアニメや漫画は、題材にする国の歴史考証などの設定を
他国と比べて、わりかし大事に、突き詰めようとしていると思う。
(ただしイコールではないし、何でも擬人化、女体化するのは正直もうどうかと思うが)
ただただ消費されるだけのように見えるアニメやゲームの中にも、
実は案外何かしら元に実在の題材があるものがあって、それを元に世代関係なく
知らなかった事を知る、よその国に興味を持つキッカケになるのは、
楽しい事じゃないでしょうか。

それにしても、このフィンランド語、なぜか一目で覚えてしまった。
カタカナそのまま頭に入りやすい不思議語感。
使うことなさそうな言葉ほど、覚えてしまうのはなんででしょう。

おせちもいいけど

カレーもね!
というのが浮かぶのは、自分含めド中年以上に他ならないが、
思えばまだまだお正月休みが長かった70年代に、この文句を考えたのは
冒険だった、いやお正月が長かったからこそなのか?

元旦から初売りやってる今、おせちの意味はあるのかと正直思うくらいで
そしてこの味の濃いめのおせちは大人になったら好きになるのか?と思ったら
そうでもない。

 ganjitsu
夏の夕方のような空ですが元日の昼です。

最近元日営業への是非の声も出てきてはいるようで、
個人的にもそこまで営業しなくてもいいんじゃないか、と思うのだが
昔のようにしっかり3が日は休みに戻っても、おせちを欲しいと思うかは
正直わからない。元日は気分として特別なおせちもいいが、
2日、3日と続くともう飽きてしまって、「カレーもね」な気持ちになりそうだ。

ハレとケの違いがはっきりしていた昔と違って年中ハレのようなご馳走が
溢れている今、もつように作られたおせちは実際どのように支持されているのだろう。
年末年始用に福岡の飲食店では「オードブル」の予約受付をやってるが、
そのメニュー内容を見ていると、現在のスタイルのおせちがいつまで受け継がれていくのか
とても謎だ。

とはいえ、近所のルミエール(かなりお得なスーパーです)に年末行くと、
手間暇かかりそうな食材を大量に買い込んでいる人がまだまだ大勢いて、
帰省してくる子供、孫受け入れ担当のジジババは、その手間も楽しみにしているんだろう。

アメリカかどこかでクリスマス離れが進んできていると
いう話を小耳に挟んだが、ちゃんと読んでいないから、非キリスト教徒の増加が理由なのか
他の理由なのかわからない。
しかし歳時記や伝統行事にその必要性が薄まると、
なんとか保存存続しなければという動きと、それは強制みたいで
息苦しいと感じる動きが必ず出ると思う。

以前住んでいた埼玉T市の、最寄駅から3キロくらいの地域は
90年代末にもまだ「おしら講」があり、集会所に女性だけが集まり飲み食いするという
そんな行事があるような、苗字が3種類くらいの集落だったが、
若手は他所から来た「ヨメ」で、当時すでにそういう人は数人だったから、
そのうちやらなくなるかもしれない。
やっている人たちがストレスなく楽しめるなら、続けていけばいいし、
自然消滅してもそれはそれで理由があってのことだと思う。

そんな、お正月という感じの極薄な年始の今年の我が家だが、
2日の夕方、家人にこれまたお正月らしくないサッポロ一番を作ってもらった。
おつまみやおかずに重宝しそうだと年末に買った、
鶏肉で野菜を巻いたロール2本入りがある。
「買っといた肉の野菜巻きがあるから、スライスしてトースターで焼いて」
と指示出ししたら、出来上がったのがコレ。

marugoto.jpeg
肉のくびれはタコ糸の痕です

えっ
一人1本丸々使っちゃったの…??
Σ(゚д゚|||)

「食べたことないからどれだけ使えばいいのかわからなかった」
「そういう時は聞いてくれれば。てかスライスしてって言ったよね
 こういうのは断面を見て楽しむものなんだよ例えば八幡巻って聞いたことない?
 海苔巻きだって長いの一本切らずに食べたら見た目が残念じゃないか」
「知らないし実家では出たことない 九州の人は肉っ食いだから1本かと思った」
「…(このハレの意識ゼロの東京出身者め…)」

ある意味大変お正月らしい大盤振る舞いでした。
いや、ハレとケの家庭内共通認識は、大事かもしれません。無駄遣い防止のためにも。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

くろけろ

Author:くろけろ
ケロをこよなく愛する玉川上水ほとりの住人でしたが修羅の国に引っ越しましたよ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
ブログ (0)
うちめし (112)
季節のいいもの (92)
日記 (430)
原発はこの先いらんと思う。 (130)
植物図鑑 (61)
キノコ図鑑 (12)
虫ムシるーむ (21)
街で見かけた変なもの (27)
かはづのお部屋 (46)
愛と平和の無人販売所 (11)
超フリーハンド4コマ (4)
廃プラ施設 (44)
生きて行く上で何の役にもたたないアホニュース (18)
福岡のすみっこ情報 (65)
ネコ糞ウォーズ (8)
修羅の国から (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード