かはづ草紙

玉川上水のほとりから玄界灘近くに移動しました

今年は柑橘生り年? 

夏は自家製梅シロップ、寒い季節になって地元レモンが出たらはちみつレモンを瓶に作ってそれを飲んでいる。昨年は地元レモンが不作だったのか、いつもよりお値段が高めなうえに量も少ないので、確保に困る事があった。今年は生り年なのか、比較的早い時期から一袋の量が多い青いレモンがたくさん産直のお店に並んでいる。ありがたい。今年はマコモタケの販売に力を入れていたのか、近所の産直コーナーで10月中は連日デモンストレー...
Read More

いつまでペーパードライバー 

天神のど真ん中で4億弱が強奪されるは、博多駅近くの大通りで道路がごっそり陥没するは、本当にここは日本なのかと思う事が結構あり、そうか、修羅の国だからか、と思ってしまう事柄のためにそのまんまなカテゴリをもうけました。福岡に引っ越しを考えてる方には迷いの元、福岡から出た事の無い生粋の県民の方には不愉快に思うかもしれないけど一時でも他所にいた人間としては、たとえ出身者でもこれはもう文化の違いなのかとしか...
Read More

秋の宮島と広電② 

2日目は広電(いわゆるチンチン電車)にひたすら乗り宮島へ。この広島電鉄の車両の種類の豊富さには驚いた。昔北九州や福岡の街を走っていた、いかにもレトロな形と色の(40代以上の方には見覚えのある、ベージュとのツートンカラーのあれです)古い車両が普通に走ってるかと思うと、連結したしゃれオツな新型、丁度赤ヘル球団が勝った事もあり、そのキャラが描かれた車両(これは乗務員もその格好してた)などなど、退屈しない。...
Read More

秋の宮島と広電① 

9月下旬、広島へ行って来た。実に小学生の修学旅行以来なんじゃないかと思うのだが家人の連続した休みがなかなかとれないので、取れる時にとひさびさの遠出。新幹線も数年ぶりだが「こだま」に乗るというのも久々で、東京に居た時に帰省で乗る時は、もはやこだまではなかったし各駅停車という事はなかったので、なにかダンゴ鼻の0系にでも乗るかのような気分になる。2時間弱で着いた広島駅は立派になっていて、というより小学生...
Read More

果物で季節を知る 

秋の実りの時期になりました。とっくに新米出ています。これは9月頭のたんぼ。東京にいた時は果物といえば秋青森からトラックで売りに来るおじさんのリンゴか、冬場のみかん、それから年中あるバナナで、店で果物を買う事はそれほど頻繁では無かった気がする。7月が旬の実家のブルーベリー。潰れたものやシーズン終わりのものは、さっと煮て砂糖を加え簡単コンポート。生の実はまた来年。福岡にUターンして、「こんなに福岡で果物...
Read More