2017-07

山椒は小粒でぴりりと…だけじゃなかった

今年は夏の土用の丑の日が7/30らしいが
それより前に既にうなぎを買ってしまった。
そして暑さが本格的になる前に、もう食べてしまった。
冷凍は食べたい時に食べられるから便利だ。
専門店での出来立てにはかなわないが。

某コープのうなぎはなかなか美味しいが、
付属の山椒の粉がちょっぴりすぎて
モットくれーという気持ちになる。
仕方無い…追加で山椒の粉を買うかと思ったが
そうすると小瓶単位で、そうそう出番が無い。
迷ってたらたまたま期限近くで半額になっているのを発見。

160702_1.jpg
7月上旬の空。まさかもう梅雨明け…?と疑うくらいの日射し。

冷静に考えたら、只でさえなかなか使用頻度がなくて
余らせるからと瓶単位での購入を迷っていたのに、
あと1ヶ月の期限になっているものを買うのは本末転倒なのだが、
「半額」の文字につい平常心を失ってしまい
むしろ「なんという幸運♪」と飛びついた。

かくして、7/30、まさに土用の丑の日が期限の山椒の粉が、
期限まで1ヶ月を切った日に12gも手に入ってしまった。↓

160721_1021~01

とりあえず、もううなぎを買う予定は無い。
今年はフンパツして1人ちゃんと1尾買ったから
いつもの倍食したし、(と言っても2回に分けて食べたんだが)
いつも物足りない山椒の粉を存分にふりかけて食べた。
それでも、瓶を見ると殆ど減ってないように見える。

…残り、どうしよう…

乾ききった山椒の粉、多少期限を過ぎた所で
どうということはないが、できれば風味がいいうちに使いたい。

そこで、目下試してのおすすめがコレ。
①:アイスクリームにかける
②:紅茶に入れる

アイスは、普通のバニラ系が合う。
特に食後まったりしそうな脂肪分の多いタイプにかけると
後味がすっきりする。
そして簡単で試して欲しいのは紅茶。
温かい淹れたてにかけると、最初に山椒特有の鮮烈な香り、
沈んだ粒がふやける頃には柑橘系の香りがして、2度美味しい。
紅茶専門店でぜひ出して欲しい味。

この青い柑橘の葉のような独特の香りは、タイ料理の
グリーンカレーに入ってるバイマックルー(こぶみかんの葉)
になんとなく似ているなあと思ったら、
実際タイ料理でも日本の山椒よりややソフトな「タイ版山椒」が
使われるのだそうだ。

なにせかけるだけのお手軽さで得られる香りと風味、
シャッキリするのでこのところ毎朝この山椒紅茶を飲んでいる。
普通の紅茶でもいいが、市販の安いチャイのティーバッグに
追加すると、むちゃくちゃ合う。まさにスパイスティー。

山椒は柑橘類だから、生姜とは違うけれど、
生姜に似た鮮烈な風味は、逆に寒い時期には
身体を温めてくれそうだ。冬にはきっとミルクティーに
しても合うだろう。和製チャイとして。

160706_07.jpg

サンショオールとかサンショアミドとかいう、
発見者はもろ日本人かと思う成分が含まれているとかで、
中枢神経に働き脳の活性化にも効果がある…という説もあるようだ。
ひと頃TVでアロマオイルの中でもそういう効果がある
特定のオイルが紹介された途端、店で品切れになった事があったが
イチローがカレーを食べてるけどカレーのスパイスにもその手の
効果がある、インド人にはボケが少ないとかいう話もありましたね)

この山椒の粉も、もっとそこらへん知られてもいいのではないだろうか。

他には食欲増進、胃腸の働き活性化、発刊作用、代謝促進や血行への働きかけ、
→結果的にコレステロール値正常化、などの効果も期待できるらしい。
代謝促進ということは、うっかりTVで「痩せる」とか言い出しかねない。
それに前述の「脳活性化」もあるとくれば…

もっとも、一回当たりの使用量はたかがしれてるから、
どの程度効果があるのかは謎だし、コロコロ言う事が変わる栄養学、
話半分から1/5くらいに聞いとく方がいいと個人的には思ってる。
防腐効果があるのも、昔の人は経験値で知って使ってたんだろうし。

でも、確かに、最近お腹空くんですわ…
特に朝6時半に山椒紅茶飲んだら、10時にはもう何か食べたくなる。
汗も気のせいかサラサラしてきたし。
残念ながら、脳機能の活性化はわからんが。
これはもともと脂肪燃焼率のいい自分よりも、中年特有のお腹を
晒している家人に摂取させるべきだと確信した。

160715.jpg
ねーもう梅雨明けしてない?という天気が続いた後、スコールのような雨が来て梅雨明け。

梅雨も明けて夏本番、これからもっともっと暑くなる時期に
山椒の粉を魚や肉、浅漬けなどにかければ防腐効果もあるし
(あ、赤みそ系のお味噌汁にも合います一番は八丁味噌だろうけど)
夏バテ予防にも、効能を知る限りぴったりではある。
よし、家人の食事に少しずつ盛るとしよう。

ただし、大量に摂取すると酩酊とか頭痛とか、目の充血とか
脳機能活性化が過ぎてかの副作用も考えられるそうなので、
ご利用は計画的に。

スポンサーサイト

貝の砂抜き

鮮魚コーナーに新物のワカメや貝が並ぶ季節になってきた。
この間まで雪が降ってた気がするが、なにせ沖縄を除く全国で
桜の開花が一番早かったのが今年の福岡。
ツバメも気のせいでなければ3月の最初の日曜に目撃したし、
地元産の掘りたてタケノコが先週登場したのには驚いた。
(もっともかなりミニサイズだったが)

たまにはあさりのお味噌汁でも…と、
広告の品になっていた熊本産のあさりを購入。
そして塩を入れた井戸水に浸して、ホイルでフタして
夜まで数時間置いておいた。
でもこっそり覗くと全然貝の身は出ていない。
これじゃ砂抜きにならないよ…
海水に近いほうが良さそうと思って糸島産の粗塩を使ったのになんでだ。
晩ご飯を作る時間だというのに困った。

塩分濃度をきっちりしないといけないんだろうか…と
「あさり 砂抜き」で検索してみたら、
沢山出て来たのは「お湯で砂抜き」だった。

え?お湯に浸けちゃうの?

「塩水に入れて暗くする」というやり方しか知らなかった。
なんでもスピーディに砂抜きするなら、お湯がいいのだとか。
高温すぎると当然貝の身が茹だってしまうので、
50度のお湯がベスト。
貝が苦しくなって身を出して来るというのだが
なんとなく気の毒な気もする。
いや、結局釜茹での刑にしてしまうんですが。

うちには台所用の温度計が無いのでアバウトだが、
ボウルに入れて少しすると貝の反応が出る程度のお湯で試してみた。
ナルホド、たしかにこれは早いし、半分以上の貝に動きがあった。
きっと温度計で計ればもっと適温になるんだろう。
古いお湯を捨てながらお湯を少しずつ足して温度調節をすると
最終的には殆どの貝が呼吸管を出して来た。

160316_19.jpg
顔(?)を出し始めたよ。

塩水に浸けるやり方も、塩分濃度は3%で、貝が重ならないように
広げて貝を置き、水も沢山入れずひたひたくらいがいい、というのも
今頃知った。
でも親が夜台所で翌朝の味噌汁用に貝の砂抜きをしてたけど、
別に塩を計ってなかったし、丸いボウルに普通に
貝と水を入れてたと思う。貝は重なり放題、水もひたひたではなかったし…
それでも翌日には貝からぴゅーと水が出てた跡があって
砂抜き出来てたんだが…一体何が違うのか。

急ぎの時はお湯が便利だが、時間が有る時なら
今度は3%の濃度&ひたひた、で挑戦してみようと思う。

踊る栄養学

栄養学のジャンルなのかどうかは知らねど…

つい最近、「加工肉の摂取はガンの原因」というWHOのショッキングな
発表がなされたが、「ベーコンの無い生活など考えられない!」
と海外で反発する声多数とか。
これを聞いた時、てっきり加工肉の発色剤結着剤その他諸々の添加物の
事をいっているのかと思った。
だが加工肉に限らず、牛、豚、羊などの獣肉(鶏は入らない)を
「赤身肉」とし、これも「恐らく発ガン性がある」という話だ。
でもこれ、加工肉とか赤身肉とかいう分類はおいといて、
以前から「欧米化された食事は大腸がんの遠因」てな事が
日本で言われていたと思うんですよねえ…
それでも、身内の例からしてそんなにお肉をばくばく食べていた訳でも
ないのに大腸がんになるのだから、何が原因というのは
「コレ」という1つに絞られるものではない、と思う。

151121_185.jpg
カルディでセールになってた「東欧のグルメなスープ」
ソリャンカってはじめて知ったわ。ちなみにこれはラトビア製。
でこっぱちのジェントルマンがいい味出してます


貯蔵のためそれこそ大昔から加工肉は作られていた訳で、
日本ならば加工肉以外に魚介の加工食品で塩辛いものが
沢山あるし、実際そういったものがよろしくないという話は
山ほど有る。
塩焼きして美味しい焦げ目のついた魚に大根おろしが
よろしくない、という説には「でも大根おろしが無いサンマなんて…」
と誰でも思うだろうし、何が危ないコレが危ないというのは多分キリが無い程
そこらにメニューとして転がっているに違いない。

一時流行った「激辛」だって、いくらカプサイシンの
作用が身体にいい、と言ってもやはり多量に摂取する地域では
それに由来すると思われる疾患が認められているらしい。
ココナッツオイルだって、オリーブオイルだって
油は油、とりすぎはよろしくないだろう、きっと。

今回の報告も、「程度と体質を考え何かに大きく偏るということを避けるべし」
という注意喚起なのだと捉えたい。

151121_18.jpg
ラベルの左側には貴婦人。なんかあんまり白人ぽくない顔だなあ

去年だかいつだったか、サバ水煮缶が何かにいいとかで
スーパーから消えてなくなった事があったが
昔々のココア騒動といい、TVに乗せられ過ぎだろ…
栄養学という、本来大事な分野が、こういったことで
なんだかうさん臭い…ということになってしまうのがちと残念。

で、その栄養学、あまりにも主張がブレるのが良くないんじゃないかと。
子供の頃、「イカはコレステロールが高い」と言われ、
コレステロール値が高い傾向にある我が家はシオシオ…だったのだが、
いつの間にか「イカはコレステロールを下げる」とか言い出して
なんじゃそりゃ、と思った。どっちなんだ。

なんでもコレステロールは含んでいるが、それを下げる作用の
成分も含んでいるとかで…
科学の力でそういう事が後になって判ったのか、先生方が知ってて
言ってなかっただけなのか…

151121_20.jpg
瓶の中身を同量の水または牛乳で割って
3〜4分温めて出来上がりとなんともコスパ調理時間ともにありがたい商品ではないですか。
エリンギ大袋で安かったから全部投入。原材料に「酢漬けキュウリ」とあるのは
つまりピクルスなんでしょうか。けっこうキャベツ沢山入ってる様です


コレステロールは高いといろいろ注意されてきたが
最近になってそこらへん検診でも言わなくなって来た。
それどころかむしろ「低いよりいい」とか言ってるし。
下青字は今年6月の女性誌の記事より抜粋。

今年5月1日、心筋梗塞などの専門医が集まる日本動脈硬化学会は
「コレステロールの多い食品を食べても健康上の問題とならないことを認めた」
という声明を出した。

『コレステロール・血圧・血糖値 下げるな危険!! 薬があなたの体をダメにする』
(永岡書店刊)の著者で、東海大学名誉教授の大櫛陽一先生。
大櫛先生は医学統計学の専門医として70万人の健診結果の解析や地域住民の
10年間の追跡調査をして、コレステロールと死亡原因などの研究をしている。
神奈川県伊勢原市では男性8千575人、女性1万3千751人を対象に
平均6・7年間の追跡をした。

「追跡調査から得られた数字を見てみると、
男女とも総コレステロール値が高くなるにつれ、
総死亡率が低くなっています。
悪性新生物(がん)による死亡も大きく低下しています。
逆にいうと、コレステロール値が低いほどがんや感染症で
亡くなりやすいということです」
(大櫛先生・以下同)

にわかには信じられない話だが、なぜ、コレステロール値が低いと
がんになるのか?
そのメカニズムを大櫛先生は次のように説明する。

「がんというのは発がん物質、ウイルスや細菌が細胞中の遺伝子を傷つけ、
変異させるものです。
この細胞を包んでいるのが細胞膜。細胞膜は二重構造になっていますが、
コレステロールが鉄筋のような役をしています。
もしコレステロールが少ないと、細胞膜が弱くなり、
発がん物質などが細胞内に入りやすくなるのです。
つまりLDL値(新しいコレステロールを肝臓から運んでいる値)が
低いということは、細胞が弱く、修復力も足りない状態。
このため、がんになりやすいと思われます」

また、コレステロールが少ないと炎症を抑える副腎皮質ホルモンの
合成もできなくなり、免疫力が低下するという。

「今回、日本動脈硬化学会は
『食べ物によるコレステロール値の影響はない』と発表しましたが、
近いうちコレステロール低下医療そのものを見直すことになるでしょう」


…。180度違うじゃないか!
あ〜でも、この話はガンや感染症、免疫力については触れてるけど
血管が詰まっちゃうリスクはどうなのか気になる。
コレステロールの高い食事には油もわりかしつきものだから
調理方法をどうするかというのって大事だと思うんですけど。
原材料の時点では善玉コレステロールを含む食物でも、
油ギッシュで高温処理な調理方法ではやっぱり良くないだろうと…
そこらへんもっと言及して欲しい。

151121_203.jpg
自家製ケフィアに生クリーム混ぜて放置プレイで作ったサワークリームをのせる。
そんでもってスープにはバリバリ加工肉のソーセージ(一応無塩せき)が入ってる。
コレステロールと加工肉という挑戦的なメニュー。

その時々で新事実が発見されて説も変化していくのは
どんな分野でも当然だ。
そういう意味では、今回のこの話に喜んで「コレステロールうま〜」と
明太子や卵をバクバクした数年後、今度はまた新事実でひっくり返されるやもしれぬ。
いろいろ踊らされない様に
中庸を保つというのが重要なのかもしれませぬ。

急に冷えて来たからクリーム系が食べたくなったってことで
残りのサワークリームでビーフストロガノフ。
これも何の偶然か赤身肉+コレステロールたっぷりですな
挑戦的メニューですなハハハ。
151124_20.jpg

(あ、ソリャンカは、この手の出来合いのものにしては野菜もたっぷり、
ピクルスのせいかかなり酸味のある味で
酸っぱい系好きな自分には満足メニューでした。この製品自体は
わりかし甘味もつけてあるので味が全体的に濃いめ。なので水だけでなく
豆乳や牛乳もちょっと加えるのをお勧めします)

酒粕と味噌はもっと常温熟成されるべき

こっちに来てから毎年秋にナスの粕漬けを作るようになった。
といってもやっとこの秋で3回目なのだが。
しかし心配していた虫の発生や腐敗も全く無く、
初年度に美味しく出来たのでその次の年は容器を2つに増やした。
甘めのが好みの家人用には塩分を減らし味醂を足したレシピ。
味を変えるにも容器が違っていると便利だ。
万一腐敗が起こっても被害が半分で食い止められる。

140830_.jpg
時期には白いの緑の丸いの長いのとにかく色んなナスが出るので味比べに混ぜるのが楽しい。

閉店してしまった、この近所では珍しいマニアックな
品揃えのスーパー「マルシェ」で、すっかり茶色になり溜まりが
滲む粕の大袋を目にし、そうか粕漬けもいいなあ、と
ぼんやり思っていたところに、「傷ナスの粕漬け」が
なにやらとても身体にいいらしい、というのを聞き
そんじゃひとつやってみるかね〜と始めたのが最初。
以来、やみつき。
ナスを噛むと古漬けでもじゅわっと水気が出て来て
もうなんともいえない深みのある味、たまらん。
というわけでまさに今日、今年分のナス、3回目の粕漬け作業を終えた。

粕漬けといえばポピュラーなのは白瓜だが東京ではシーズンに
やたらと高いのが少しだけ出てすぐ終わっていた。
こちらではらっきょの次に地元農家の白瓜が山と出回る。
そしてその時に白瓜の横に漬け物用の粕の大袋が並ぶのだ。
もちろんぱりぱりとした瓜も美味しいし母親が昔
大きな桶で粕漬けにしていたのは白瓜だったのだが、
季節にもう投売りのように出回るナスを見ると、
こりゃ漬け物に丁度いい、という気になる。

しかも傷ナスがいいとくれば、さらにお安くあがるのもうれしい。
なんでも栽培中枝などで擦れただけですぐ傷になるナスは
傷を治す時に抗酸化作用のある物質を出すとかなんとか
そんな理由だった気がするが、じゃあその傷部分も削がず使う方が
いいのかどうか、そこがイマイチよくわからない。
でも古漬けにするなら多少の皮の固いのは問題無い。
ヘタだってそのまま漬けるのだから。
140907_09.jpg
これ去年漬けたナス。この歴戦の強者っぷり…こりゃスーパーには絶対出ないわ…

まあとにかく夏から秋の旬に、トレトレだが傷のあるナスを
地元農家コーナーで買い、塩でもんで一晩置く。
で、翌日好みの分量の塩、砂糖、好みで味醂を混ぜた粕と
ナスを袋に入れて、タッパーに入れてそのまま常温でねかす。
これだけで、あとは粕がお仕事をしてくれるのを
じっくり待てば美味しくなるというのがすばらしい。
発酵万歳、微生物万歳だ。

しかしこの漬けこむ時、つまり秋ナスのシーズンに
粕の大袋が店頭に無いことが多い。
白瓜のシーズンが終わると、大袋の酒粕は何処へか消え去ってしまう。
だからいざ漬けようとしたら割高な小袋の粕しか見当たらない。
忘れない様に白瓜の頃に買えばいいのだが、ついそれを忘れる。
今年は運良く閉店するスーパーの売りつくしのおかげで
今の時期でも取り寄せることなく大袋が買えた。

150908_14.jpg
買って10日ちょっと常温でおいた酒粕を掬ったところ。表面はベージュ、中は薄ピンクに変化して来てます

で、お店では冷蔵されている酒粕だが、ナスを漬ける時は
常温で放置するので、結局大袋も常温になる。
でも全く問題無い。
熟成が進み、色が茶色に変化して味も酸っぱみが増すが
腐敗するようなものではない。
これは本来味噌も同じ、な筈だ。

150908_1404.jpg
次にその粕に好みの分量の砂糖(うちでは黒砂糖)と塩を入れて良く混ぜる。

味噌は九州の白っぽく甘い味噌よりも中部や関東系の赤い酸味のある味噌が好みで愛知の八丁味噌なんて大豆と塩だけでなぜあんな味になるのか不思議に思うほど、ほんとに美味しいと思う。
しかしいかんせん良いお値段なのと、水分が少ない八丁味噌は
味噌汁を作る時になかなか溶けてくれない。イラチな自分には
それがプチストレス。
なので赤みそを買って賞味期限が切れてもしばらく置いておく。
店で既に上の方が濃い色になったものを買い、更に家で数ヶ月。(常温)
アカダシのような色になったものを「味噌様」と崇め奉って味噌汁に使っている。
実際アカダシのような風味になる。
(ただし熟成に向くのは変なダシ入り味噌や甘味料その他モロモロの添加物入りではないストイックな味噌)

150908_1433.jpg
1年ナスを漬けた、昨年の酒粕がコチラになります これは別の容器に移して次のお役目に。

そんな「常温で熟成→よりおいしく」は粕もそうで、
ナスを漬けた粕は一年後すっかり柔らかく、濃い色になるが
これ、翌年も使えるのかなーと新しい粕と半分ブレンドしてみたら
全然問題無かった。
残り半分は、キュウリや大根など水が出易い野菜を
一夜漬けにする用や、小分けして魚の粕漬け等一回きり用にも使う。
さすがにこれは冷蔵庫へ。
おススメは木綿豆腐。数日漬けるとしっかり味が沁みておつまみ向き。
そんなわけで、前年度のナス漬けに使った粕も無駄にはならず
むしろ深みを増した粕の味が他のものにも使えてアレンジが楽しめる。

141217_20.jpg
漬けて3ヶ月経った頃。少し酒の風味が残るが酸っぱみもあって美味しい。

ちなみに、この古漬けの粕と麦味噌をそれぞれ小分けして
冷蔵庫でキュウリなど漬けたりしていたのだが、
その容器をうっかり半年以上冷蔵庫に入れたままだった。
で、開けてみたら味噌のほうは一部カビコロニーが出来ていたが
粕の方は全く何の変化もなかった。
漬けた物の水分も加わっていた筈なのに変質していない。
粕のポテンシャル、恐るべし。

150907_2031.jpg
漬けて366日経ったナス。と○やの羊羹のような色。味もたまらんコクがあります

暑い中の薫製チーズ作り

まだ梅雨が明けないがそろそろ明けるんじゃ気象庁、と
皆が痺れを切らしだした7月19日の日曜日。
家人がいきなり「スモークチーズ作ろう」と言い出した。

は?このあっつい中?
いや夏スモークチーズ作った事もあるけど
その時は庭先でだから。
わざわざチーズをこのくそ暑い中
どっかに持って行って…という気になれない。
それに天気予報は「雷雨が来るかもヨ」になっている。
湿気もあるいやーな暑さ、いつポツポツ…ドザーと降り出しても
おかしくない。
今日はやめたほうがいいんじゃない?と言うのだが
夕方になって、もう予報の傘マークも付かない時間
じゃあやりますか、ということになり。

材料と道具一式を車に乗せて前回と同じ、近所の海に。

18時近く、そろそろ涼しげな風が…と言いたい所だが
そんなに風は吹いてない。
暑いが、薫製を作るには風は無いほうが箱の中に
煙が溜るから好都合ではある。
前回寒い季節にやった時は海風が強くて(冬の日本海側)
色付きが薄めだったのだ。

冬場は空いていた場所も今の季節は
海遊び帰りの子供が水着でシャワーを浴びてたり
釣りの人がいたり、福間海岸名物の夕陽目当ての
カップルがやってきたりとそれなりに人がいた。
それでも湘南の1/1000位の空き具合だと思う
湘南行った事ないけど。
150719_182.jpg

毎度薫製の時は使うスモークウッドの量で
家人と「それは多い」「いや少ない」と言い合う。
不必要に多く使いたがるのはやはり
「男の料理」ってやつなんだろうか
安い物じゃないんだしさーブーブー
肉塊ならともかくチーズ薫製なら
ウッドの半分あれば全然充分、
私なら時間短縮してウッドも1/3にする所だけど。
たまのことだからいつも譲ってあげてるけど
いつもウッド余らしてるの忘れてないか。

150719_1823~
なんとなく怪しいグレーの雲が立ちこめて海面の陰影が平板になってきた

18時点火だから出来上がりは19時半、
夏の宵の海はまだ青緑だったがだんだん暗い色になっていく。
そんな中、雲の変化があらわれた。
明らかにアヤシく光る入道雲が雲の隙間から見え始め、
ゴロゴロという音がはじまった。

150719_1826.jpg
件の入道雲が真ん中にのぞく。|ω・)チラッ
そのうちその入道雲の下には横長の暗い灰色の雲が
生じ、それがすごい勢いで水平線に平行して成長していく。
その雲から、海面に向かって稲光が落ちる。
海で遮るものが無いとこんなにもよく見えるものか、
「雷雨に至る雲の成長の過程」が丸分かりで
見てる分には楽しい。雨宿りできる場所を確保してたらの話。

雷雨が来る時は涼しい風が急に吹き出すから、
そうなったら場所移ろうと思ってたら
暗くなって風が強くなったので
すぐに荷物とスモークマシンという名の段ボールを
東屋に移動させた。
釣り客やウォーキングの人は帰り支度。

遮るものが無い海の側だから、風はいきなり
強く吹き付はじめる。
東屋確保したはいいけど、こんだけ風があると
雨が降り出したらびしょ濡れかもねーと思ったが
幸いにも雨はほんの2、3分気のせい?という位
少量ぱらついたくらいで、どうも雲を見る限り西寄りの
海の方に降ったようだ。

150719_1924.jpg

そのうち雲間が明るくなり、
夕陽でピンク色に空が染まって来た。
よかったねーと言ってる間になんだかんだ
予定時間になり、開けて見るといい感じに
色付いている。
気の変わった雲がまたもくもくしないうちに、と
道具をしまってさっさと撤収。

150719_1942.jpg
段ボールのフタ開けた所。

暑い一日だったが、雷雨発生のスペクタクルも
楽しめたし、それなりに涼しくなったので
この時間帯に薫製作りは正解だったのかもしれない。

150719_202.jpg

薫製チーズも上々の仕上がり、
今回は小さい形のも試したがちょっとつまむには
このくらいのサイズも使い易くかわいい。
しばらく室内で置いたあとキッチンペーパーと
ホイルに包んで冷蔵庫へ。
150719_20.jpg

早速朝ご飯や晩のおつまみに。
冬場作ったチーズはちびちび半年かけて楽しんだが
今回はどのくらいもつだろうか。
150801.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

くろけろ

Author:くろけろ
ケロをこよなく愛する玉川上水ほとりの住人です。
庭をヒキガエル様の根城にしていただきたいけど
目下果たせず。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード