かはづ草紙

玉川上水のほとりから玄界灘近くに移動しました

なにこのかわいい生きもの 

今回は蝶の写真が出て来ますので、虫と名付けられているものはしじみだろうとアゲハだろうとごめんこうむる、という方はスルーして下さい。10月上旬のお天気の日にベランダから視線を感じてふと見るとそこにはウサギかげっ歯類のような正面顔の何かがいた。ケータイ写真ゆえショボイですなにこのかわいいいきもの。というわけでもうちょっと寄ってみた。こういう顔のほ乳類いなかったっけ。時折思い出したようにひらりひらりと鉢の...
Read More

アゲハ 

実ものが好きないやしい自分が植えているのがダイダイや柚子の柑橘系。そして、毎年どんどこ実を付け、これまた種でどんどこ増えている(里子に出してます)山椒。これも柑橘系。ということは。そうです。アゲハがひらひらやって来るんですわ。葉に卵があるなあ、と思ったら気付くと鳥の糞そっくりな芋虫がひたすらもぐもぐやっている。これからがその本格シーズン。これは、山椒のとなりのワラビ(シダもどかどか生えるのでワラビ...
Read More

女郎蜘蛛 

個人的にはクモは好きで、特にハエトリなんかはかわいいと思う。一般的に、クモは網張って獲物を待つ陰険な虫だのホラーな屋敷やら「気味の悪いもの」的なモチーフにされてるのに、このネーミングは更にこう何やらウェットなものが加わります。ジョロウグモ。アシナガグモ科。しかし、今はこの女郎の文字をあてるけど、そもそもは高貴な女性や高位の女官を指した「上臈」(じょうろう)がじょろうの読みになり、この字になった…と...
Read More

アオマツムシ 

アオマツムシ。コオロギ科。台風でベランダに飛んできた小枝や葉っぱを掃除してたら、緑色の虫の死骸が何匹も。死骸はどれも同じ種類。よく網戸にとまってたり、庭で見かける「秋の虫」(いっしょくた)だけど、名前は気にしてなかった。そうしたら、生きてるのがベランダにいた。中国から帰化したらしく、今は都市部でも普通に見られる、繁殖力の強そうな虫。どうりでやたらに死骸が転がっている筈だ。きゃ~はなして~(前脚が短...
Read More

エダナナフシ 

エダナナフシ。ナナフシ目ナナフシ科。これ以上はないってくらい間違えようのない虫ですが、他にはトゲナナフシという、トゲトゲのあるタイプもいるらしい。とにかく、枝以外の何ものにも見えない。子供の頃、はじめて見た時は嬉しかった。山ぞいの側溝に、ひっそりいて枝と思ったら虫。ワタシは枝ですエダ。ムシじゃないデス。どういうわけか、今住んでいる所にはほぼ毎年姿を見せるナナフシ。緑色のものもいるし、サイズもさまざ...
Read More