かはづ草紙

玉川上水のほとりから玄界灘近くに移動しました

ジャパニーズハロウィーン 

やっぱり馴染みが薄いというか、ハロウィーンってのを忘れていた。気付かされたのは、スーパーの寿司コーナーで。バランとガリが泣かせますおおお。いいシゴトしてますね。なんか、これすごい減ってました。よかったね、イ○ーヨー○ドー。でも、サーモンメインじゃないお寿司が食べてくて、これは購入せず。見るだけ。仮装やお菓子くれ、よりもこういうアプローチのほうがなんか強烈かつぐぐっときますな。日本だし。柿のお餅なんか...
Read More

木目 

今月12日から始まった、NHK人形劇、三銃士。14年ぶりの本格人形劇とあって、初回から欠かさず見ている。はっきり言って、面白い。脚本が三谷幸喜ということもあって、ギャグが盛り込まれない回は無いのだが、ストーリーが明快でテンポがいい。初回の、「カゼひくなよ」にはまいった。ドリフ…デュマの原作、読んだ事ないのだけど、むかーし「ダルタニャン物語」ってアニメがあったな。人物がネコになってなかったっけ…これも見てな...
Read More

昔からのブドウ 

「古事記」にも出て来るらしい、古くからあるブドウ。と言えば、ブドウ科の「ヤマブドウ」「エビヅル」なんだけど、これ、どっちかよく分からない。葉の裏とかツルとか見分け方はあるようだけど…よって、どうとでもとれるタイトルってことで。これはまだ青いけどレーズン状態のものも。丁度いい状態のは無いのか?散歩道の何カ所かにあって、時期になると立ち止まって見る。今年はまだ採られてなかったので、枯れかけた一房だけゲ...
Read More

求めよ、されば… 

9月に偶然知った、この隣の市にできるかもしれない廃プラスチック施設建設計画。なんで関連市の、近隣住民である筈の自分が知らないのだ、冗談じゃない、と思ってあちこち検索して自分の住む市の市議さんに問い合わせた。そうしたら、この方が反対を公言しているほぼ一人のお方だということが分かり、他にこの問題に詳しい2人の方のお名前を知る事ができた。市議さんとは来月会えるかもしれないことになった。しかし、計画の進行...
Read More

かはづ24 

秋のただ中、葉っぱも色づいて来るとこういう渋めの材質のかはづなんてどうでしょう。かはづその24。在トルコのK嬢からのいただきもの。金属製のかはづ。お尻から舌の先まで10センチくらい。イボがついてて金属加工のおかげでカクカクした形は、なんだか「ピパ」のようにも見える。あんなに潰れてはいないけど。これが目なのかな金属製の重たさを感じさせず、民族ぽくもならずユーモラスでありながらセンスのいい形だと思う。しか...
Read More

ワタ虫と灯油 

ふわふわと飛ぶ白い小さな点。捕まえたら、虫だった、ってこと、ありますよね。これがもう先週から飛んでいて、そうかーもうそんな季節かーと思ってしまった。リンゴワタ虫とか(リンゴの害虫らしい)雪虫とか地域によっても呼び方はいろいろあるみたい。捕まえると、白いワタくず付けたアブラムシって風体なのだが、実際アブラムシの仲間らしい。アブラムシというと、飛んでるのをわざわざ捕まえたくないくらい初夏に沢山発生する...
Read More

豚汁に菜飯 

タイトルからしてヘルシーですが。根菜をこれでもかと投入した豚汁。家に大根とゴボウ、ニンジン、コンニャクがあり、出先で丁度黒豚が安売り。これで献立決まり。豚汁はいつもカレーと同じく、大きめ鍋に2日分+αを作る。これに、黒米混ぜたご飯が炊きあがった所に軽く刻み塩してチンした大根菜を加え、菜飯の出来上がり。大根はこれからの季節へビーローテな材料だけど、カブ同様、菜っ葉がうれしい。刻んで炒め物にも合うし、...
Read More

ゲンノショウコのタネ 

秋口に咲いたゲンノショウコ、花はフウロ草の特徴ある、かわいい形だがタネはちょっと個性的。燭台のロウソクのようなタネが、緑→黒へと枯れてその次にはじける。今年も沢山なりました先がくるくるっとゼンマイ状態になり、破れ傘のようなやじろべいのようなタコのような、ちょっとかわいい形なのだ。気付いた時にはもうたいていはじけた後。来年もこのあたりに根をおろし、次々に増えるのだろう。後ろの緑のはまだ若いタネ。花は...
Read More

デザインフェスタ 

毎年2回ビッグサイトで開かれるデザインフェスタ。随分前に一度出品した事があるけど、その頃と違ってセミプロ、ほとんど業者の出展も増えたような気がする。パフォーマンスのステージも広くとられるようになったし、見に来る、あるいは出展の外国人も増えたような。今回は家人が人形劇のサークルに参加したのでそれを覗きに行った。日曜だけの参加で、一時間に一回のステージ。見る側としては「え?もう終わり?」しかも次は1時...
Read More

お茶の花 

チャノキ。ツバキ科。個人的に好きな花のトップ10に入るだろう茶の花。ぷっくりとしていて、つぼみも梅みたいに丸くてかわいい。ツバキも好きなんだけど、お茶の花はどういうわけか見ただけでほっこりあったかい気持ちになる。子供の頃家の前の山の畑に、植えたわけでは無いのに茶の木があって、(本当の野生種の存在は日本では疑問視されているらしいので、昔そのあたりに住んでた誰かが植えたのかも)そのあたりのツルでターザ...
Read More

THE OX 

今月はTHE OXことTHE WHOのジョン・エントウィッスルの誕生月。(THE WHOに興味の無い方には、この日記は退屈なものだと思うのですみません。)7年前に、こともあろうにツアー前日に急死した彼は生きていればもう65才。その死に様はメンバー2人とも「羨ましい死に方」と言わせるものだったようで。まあ、男性ならばそうかもしれませんねえ。WHOの曲は好きで、古いVHSも前から繰り返し見てたけどどういうわけか大分経ってから、ジ...
Read More

よくわからんハロウィーン 

ハロウィーン、なんとか頑張って(特に菓子・雑貨業界)日本でも盛り上げて行こうってな気迫が最近感じられますが、この言葉は学生時に初めて聞いた。20年だから、そんなもんかも。丁度学祭がその頃ということで、クッキーを焼いて模擬店で出す人がいて、ほー、なんか知らんがカボチャやクッキーを食べるお祭りか、というくらいの認識だった。これはロウソク。どう考えても非常にロウが垂れる形状なので、使えない。こういうのを来...
Read More

…ショウマ?? 

正体が分からないので、どなたか詳しい方教えて下さい。上水沿いの、少し湿り気のある腐葉土土壌に咲いていた白花。葉を撮るべきでした…9月末撮影。確かこのあたりはギザギザの葉っぱがあったかと。と考えればショウマの仲間?にも思えるけれど、なーんか似てないような…穂状の上が欠けてるからか。キンポウゲ科のカラマツソウにも似ているようにも思う。でも、あれはもっと高原に咲くのかな。シャガやユリの葉の中、ひっそりと。...
Read More

白いたいやきと回転万十 

気付いたら、隣町に「白いたいやき」の店が出来ていた。流行ものはピークが過ぎた頃にようやく手を出そうとする自分。出さないうちに消え去ったものの中にシナボンもある。クリスピークレームドーナツもまだ買ってない。しかし、行列も無いし、と買ってみた。具の種類いろいろ。キーマカレー…(売り切れ、とある)しろあんと普通のあんの2つ。ドライの白あんはケホッとなりそうで苦手なんだけどこの手の白あんは好きなのだ。確か...
Read More

ほうきぐさ 

ほうきぐさ。アカザ科。名のとおり干して箒にするということですが、九州にいた頃はなんだか見た事無かったなあ。こっちに来て、特に所沢近辺の、古くからお住まいのようなお宅の庭に植えてあるのを見かけることが多くて、初夏の頃きれいな黄緑のふわふわの塊があちこちにぽこぽこ。なんだろ、コレって思った。陸上のものというより海の中の珊瑚みたいですな実がとんぶり。畑のキャビア。漢方原料にもなるらしい。とんぶりのプチプ...
Read More

あっちこっちそっち 

薄曇り、次第に天気も本格的に崩れそうな昨日の夕方。上水沿いのベンチで本を読んでいた。そしたら、左のほうから大声で道を聞いてる人がいる。「この道、ずっと続いてるわよね?」どこかのおばあさんがこっちを向いて聞いていたのだが、自分に問いかけてるにしては距離が半端にあり、目がこっち向いてない。でも、とりあえず他に人いないので、自分に聞いてんだろう、と思ってはい、と答えた。(にしても、ずっと続いてるってどう...
Read More

きのこ狩りの男 スパイダーマン 

スパイダーマン、まだ観た事無かった。シリーズものは途中から観る訳にも行かないし、続編が公開されても1を観てないと我慢するしかない。今更ですが、ツタヤでかりて3作全部観た。面白かった。アメコミ、バカにして悪かったよ…。ちょっと、3はストーリーに強引さがあったしハリーの描写はどうなんだ、という不満があったけどでも、娯楽作。といっても原作を知らないので、何の知識もないから却って楽しめたのかもしれない。どう...
Read More

女郎蜘蛛 

個人的にはクモは好きで、特にハエトリなんかはかわいいと思う。一般的に、クモは網張って獲物を待つ陰険な虫だのホラーな屋敷やら「気味の悪いもの」的なモチーフにされてるのに、このネーミングは更にこう何やらウェットなものが加わります。ジョロウグモ。アシナガグモ科。しかし、今はこの女郎の文字をあてるけど、そもそもは高貴な女性や高位の女官を指した「上臈」(じょうろう)がじょろうの読みになり、この字になった…と...
Read More

ギンモクセイ 

先日、キンモクセイについて書いたけど、近所でなんとなくいい香りが漂っているところがあって、でもなんの香りが分からない。しかし嗅いだ事があるような…そう、前に香港滞在中の人からいただいたおいしい中国茶でキンモクセイのような、甘い香りのするものがあったのだけど(人工香料じゃないっすよ)その香りだ。でも、どっから…と見上げたら、ヒイラギのような葉の生け垣に、白い小花がいっぱい。あ、これだ。ギンモクセイ。モ...
Read More

ホトトギス 

花びらの点々が、鳥の不如帰に似ていることが由来らしい。ホトトギス。ユリ科。つぼみや葉、どこにもびっしり毛が生えてます。なんか丈夫そう~これもおそらく前住んでいた山野草好きの方が庭に植えたものなんじゃないかと思う。家を建てる時に、隅っこはそのままにしてたのが幸い。ユリ科だから、大丈夫だったのかも。なんの世話もしてないのだけど、年を経るごとにどんどん株が増えて、今じゃちょっとした群落。これとは別にまだ...
Read More

物干しの悩み 

うちの父親は、革靴だろうが炎天下に干す「干し魔」だ。半日陰に干すのが妥当なものを放っとくと庭のど真ん中に出すので、母親がそれを戻したりする攻防を見て育った。で、今や自分もその血をすこーし感じるのだが、さすがに大事な革靴を炎天下長時間さらすことはしない。(でも汗かきなので一応干してる。靴って汚れるし…)←言い訳。本当は梅干しをベランダで作ったりしたいのだけど、それと干し柿も作りたいのだけど、困った事に...
Read More

パンパスグラス 

パンパスグラス。イネ科。巨大で陽を浴びて白く光る穂は目立ってかっこいい。植えたいな~と思っていた。和名は「白銀葦」というそうで、それもまたかっこいい。昭和記念公園9/23撮影南米のパンパス(中学・高校の地理で聞いてそれっきりな記憶…)原産でこの名。このストレートさもかっこいい。日本では水はけのよさそうな広い丘に植えられていることが多い。そしてこの草自体が、2Mを軽く超える丈だから「孤高のネイティブアメリ...
Read More

アオマツムシ 

アオマツムシ。コオロギ科。台風でベランダに飛んできた小枝や葉っぱを掃除してたら、緑色の虫の死骸が何匹も。死骸はどれも同じ種類。よく網戸にとまってたり、庭で見かける「秋の虫」(いっしょくた)だけど、名前は気にしてなかった。そうしたら、生きてるのがベランダにいた。中国から帰化したらしく、今は都市部でも普通に見られる、繁殖力の強そうな虫。どうりでやたらに死骸が転がっている筈だ。きゃ~はなして~(前脚が短...
Read More

ヤモリと電球 

うちにはいつも同じところにヤモリがいる。数年前、友達の寮に行ったらうようよいたので(開放的なつくりの古いコンクリートの建物はヤモリが多い)2、3匹ゲット、庭に放したのだ。それから、南向きの外壁の風よけになってる部分に潜むようになった。季節によって窓辺にいたり、玄関先でエサ物色しているのだが今年の9月からはヤモリはちょっと困っているかもしれない。というのは、玄関灯を白熱球から省エネタイプの新製品、LED灯...
Read More

キンモクセイ 

曼珠沙華を見に行った埼玉県高麗では既に先月19日にキンモクセイが香り始めていた。ここでは台風が去ってすぐ、ここ2、3日で急にいい香りが漂い始めた。秋にこの香りが無いと、ずいぶんさみしくなるのでは、と思う。運動会の帰り道や、文化祭の準備の頃の記憶がふっとよみがえる。香りは、ほんとうに記憶に影響する大事なものだ。キンモクセイ。モクセイ科。雨が多い年はよく香る、と言われるらしい。葉の汚れが落とされて、花つ...
Read More

お肌用スープ 

カレーやシチューが続き、和食、それもちょっとお肌によさげな献立が欲しくなり根拠は無いが鳥手羽元が冷凍してあったのでそれでスープを作った。ゴボウ、こんにゃく、ニンジン、ショウガをたっぷり入れ、それと解凍した手羽元をじっくり煮る。アクを取りつつ、ダシは昆布のみ。味は塩と醤油、日本酒。そういや「野菜スープ」って流行りましたねえ。あれ、汁だけを飲むと聞いてなんで具は食べないのか謎に思っていたものです。一回...
Read More

キジバトと小さな秋 

もう夜には涼しいと通り越してイヤな言葉「寒い」「冷える」が登場しそうな今日この頃。昨日なんて、行きの電車でえらく着込んでる人多いなあ、なんでファーなんて首に巻いてんの?と思ったが、帰り最寄り駅に着いたら冷えててびっくりした。ぶるぶる。持って行ってたパーカーはもちろん、丁度買ったばかりのタオルマフラーを急いで巻いたほど。台風の後に地面はどんぐりだらけ。爽やかなお天気の今日、歩いたらキジバトがつがいで...
Read More

駅前、コンビニのとなり 

粗大ゴミに貼るシール、あれを買いにコンビニに行ったらその隣は無人販売所。そう道幅も無いのに交通量の多い交差点、その近くにこの販売所はある。看板は野菜自慢の居酒屋のような完成度です。少なくとも10年前は、このならびのお宅が門のすぐそばに小さな販売所を出していて、そこで果物を買った記憶がある。多分そこがロッカータイプを導入したのだろう。夏の夕方、オクラがちょっと入っているだけだった。それも、2列のかなり...
Read More

機能性食品? 

エコナ、使っていた方、多いみたいですな。「信じていたのにどーしてくれる」「エコナだけじゃない、信じるのがバカ」…と、ネットでもいろんな意見あるようだけど、そもそも「機能性食品」というのがもうなんだかオカシイ。うさんくさ。と思ってそういうのは一切買わんようにしております。この手の問題では、「全て汚染されてるのだから今更騒ぐのがバカ」「どうせ最後はガンで死ぬんだから」という反応の人が必ずいるけど、それ...
Read More

なんばんぎせる 

ナンバンギセル。(南蛮煙管)ハマウツボ科。これは9/23、昭和記念公園で、茂みにある「ナンバンギセル」の小さい表示に、宝探しのようについて行き撮ったもの。どこだ~ススキならあるけど…いいなーススキ、植えたいんだけど、ある程度ボリュームないと…ススキの根っこに寄生する、葉緑素無しの植物ということだった。なるほど。かきわけると、根元にひっそり、いやけっこうなかたまりでにょっきりと。もう花は終わりです…きのこ...
Read More