かはづ草紙

玉川上水のほとりから玄界灘近くに移動しました

はるはる 

妙に暖かい日が続く関東太平洋側。陽の沈むのも先月と比べてだいぶ遅くなってきたし、ツクシでも生えるのではと思う程の生暖かい日に外に出ると、鳥の鳴き方がすっかり変わっていることに気付く。(家にいても聞こえるんだけど)完全に春の鳴き方になっているのだ。そう思うと、周りの落葉樹の細い枝先も芽吹きの予感で少しけぶるように見えて来るから心理的作用というのは侮れないと思う。心理作用といえば、冬が長くキビシい地域...
Read More

メジロの樹 

日本海側や東北、北海道の方には申し訳ない程のカラカラでしかも暖かい日が続いている。犬が散歩すると足元で白い土煙が上がるほど。マッチ一本火事のもとな乾燥具合。おかげで、日中はストーブの必要が無い。そのうえ、最近チェンソーの音もたくましく家の前の立派なコナラ達が間伐されたので更に陽が入るようになり、窓辺で作業しているともう日焼けがはじまっていることに気付いた。あわわわ。(焼けやすい体質)普段自転車も降...
Read More

繭玉かざり 

これ、小正月にやるものなんだろうから、今の時期でいいと思うんだけど…おそらくは紅白の繭玉かざりを、和紙で模したものだと思う。飾りは直線を活かすと急に和っぽくなるけど、これもそういう効果があると思う。正月飾りの南天がまったくきれいなまま。庭のはもうとっくに鳥のごはんに…繭玉はさすがにうちのほうではやってなかったけど一時住んでいた築120年程の旧農家の貸家のあった地域に、「おしら講」というものが存続してい...
Read More

常緑クレマチス 

ツル植物が好きだ。ヤマブドウやサルナシみたく、食べられるともっといいけど、雑草扱いのノブドウやヘクソカズラも趣きがあっていいと思う。初夏の忍冬、夏のるこうそう、花は小さくてもかっこいい。ひなひなしたかんじも涼しげでいい。山でふと山藤や仙人草があると、すごーく癒されます。バラとクレマチスは園芸の好きな人なら「つる植物の女王」とかで、植えたい植物として双璧をなすものらしいけど農薬を撒いたりするのが嫌で...
Read More

かはづ31 

1月にぴったりなこのかはづ。元旦に浅草に行った時に、ブラブラしていて見つけたもの。外源堂というお店。こじんまりしていて、でもきれいで入りやすい。古布を使った絵や立体作品といったものが並べられている。置かれているものの色みがそうさせるのか、いかにもお土産ですという変な民芸調ではなく、古くさかったりすることもなく。色んな色の小物があるのにお店の中がしっとり妙に落ち着いて見える。すごく、センスがいいと思...
Read More

あー疲れたっ 

昨年トルコ留学中のK嬢から「コレに今ハマってます」と紹介されたのが「ヘタリア」。国を擬人化したキャラのもので、アニメ化決定の際一部から「けしからん!」という声があがってもめている…という事のニュースだけ以前聞いていた。その時はふうん、というかんじだっったのだけど、K嬢から言われてのぞいてみたら面白く、いいトシこいてお絵描きの材料に。ま、何か描きたいものがあるほうがお絵描きソフトも上達するもんですよ、...
Read More

七草 

せり、なずな…ではじまる春の七草。ずっと前の話だけど、某局のラジオでアナウンサーが「春の七草」と言うところ、語尾の「さ」を限りなく「そ」に近い発音をしてしまい、本人も(しまった…!!)と思ったのか、しばし不自然な空白があった。しかしその後、訂正無しで「せり、なずな、ごぎょう…」とおごそかに続いた、というのを姉が言ってた。ソレ以来、すりこみで「春の七草」といえばその話がフィードバックしてしまう。それは...
Read More

南天 

赤い実&正月つながりで、南天。メギ科で、中国原産らしい。半日陰ですくすく育ってコレという病害虫もないし(カイガラムシくらいかなー)とにかく丈夫で、やたらと増えるから切ると更に増えちゃうという、とっても強健な植物。細い枝が株立ちになるから、広がりすぎない様ヒモでくくってあるのを他のお庭で見かける。毒を含むらしいけど微量なのと、それが逆に防腐効果があるとかでまさに毒と薬は紙一重。正月のお重に、南天の葉...
Read More

万両 

お正月だし、それにふさわしいのからスタート。というわけで、玄関に置いている万両。お金、入って来ないかな~と玄関先に置いているのだが宝くじは当たりません…なんだかだんだんサテライト型になってきた…これでいいのだろうか。ヤブコウジ科で、同じくお正月の縁起物としてよく生け花材料に使われる「千両」とはまた別のもの。ちなみに千両はセンリョウ科だそうです。つやつやと肉厚な常緑の葉に、菓子材料のチェリーの様に真っ...
Read More

花びら餅 

なんだか食い正月を地でゆく内容です。和菓子から季節ははずせないけど、新年になると「どこに売ってるかな」と和菓子屋をのぞいてしまうのがこの花びら餅目当て。少しだけ塩味を感じる白みそ入りのあんこに甘くしたゴボウという、どこかの雑煮の具のような乙な中身なのに、上品なルックスの和菓子。年末に既にデパ地下では売っていて飛ぶように売れているのを見たけど年が明けてから買いたくて(なにせ行列がすご過ぎた…)昨日め...
Read More

初詣 

ご近所ですます事の多い初詣、今年は元旦に頑張って浅草寺に行ってみた。…まさかこれほどとは。なめてました…平日にはアジアを中心に海外観光客のほうが日本人より多いこの界隈。お正月も例外ではない。そのうえ、日本人もどどっと押し寄せる。隅田川の花火大会に一度行って橋が一通、ロープで通行止めのものものしさにすっかりソレ以来行く気のなくなった自分にとって、この混雑は…雷門側からの一通になっていて、他はどこからも...
Read More

おせち 

大晦日に近所の家の前を通ると、ぷうんと甘辛な香り。田作りか何かを作っているようなそんな香りが漂っていた。2日、ヘタすると元旦から開いてる店がある今、なんかせわしなくて嫌だけどゆっくり休むためのおせちという意味が薄い。それに、おせちは味の濃いめの煮物が多いし必ずしも歓迎されてないみたいだが年に一回の事だし、いくつかポイントで食べたいもの作るくらいでいいんじゃないだろうか。伊達巻きも作ってた母親には申...
Read More

2010明けましておめでとうございます 

日付が変わってベランダから外を見たらあまりにも明るいのでびっくりした。上水沿いの木の陰が濃く地面に落ちていて、懐中電灯が無くても歩けそう。川向こうのお宅の家の灯以外はこれといった照明は無い筈なのに、そうか、きっと満月なんだ。昔の映画の、昼撮って夜に見せてるシーンみたい。これらの写真はシャッター開放での撮影。20秒くらいかかった。三脚ないので当然手ぶれ。明るさがお分かりいただけるでしょうか…さてここ東...
Read More