かはづ草紙

玉川上水のほとりから玄界灘近くに移動しました

フル○ンコ 

…という名で我が家では呼ぶことになってしまったプルシェンコ。これも過去のエキシビジョンの動画のコメントを見たせいだ。身体のキレとか、構成という面で最高とはいえないと正直思った。でも、常に挑戦する姿勢には「王子様」と思っていた勝手な印象をエキシビジョン映像がガラガラと打ち壊したのと同じくらいの、いい意味での別の面を見れたような気がする。で、フィギュアの採点方式に異を唱えていたプル、署名を始めたんです...
Read More

受験の思い出 後編 

朝風呂入って、ご飯食べて受験に向かうためにホテルをチェックアウト、駅に向かう。ところが、準備に思いのほか手間取り、駅に着いたら目の前で電車が出てしまった。この次の電車で、間に合うのか??…すごく微妙なかんじ。もう焦って、駅前のタクシーに乗り込む。(東京の朝にタクシーということがリスキーだとその時は分からなかった)青ざめて行き先を告げ、落ち着かない様子の自分を運ちゃんが時折ちらちらとミラー越しに見て...
Read More

受験の思い出 中編 

受験を控えて落ち着かない中、そして知らない土地に1人いる不安。美大ゆえ、参考書の類いは持ってってもあまり意味が無い。実技が大事だし。だから、部屋にいても勉強することもなくて、(デッサンの練習なんぞやる気も起こらん。当日の集中が全てだ!←ばくち。)近所をプラプラ散策。ちょっとマニアな匂いのする3本だて映画館を発見、そこで映画を観る。この時観たのが、これまた精神的混乱を助長するような「リキッド・スカイ...
Read More

受験の思い出 前編 

今まさに、受験シーズン。私大はそろそろ終わり、このあとは国公立が待っている、という方もいらっしゃるでしょう。もう遠い話になってしまった自分ですが、そして、当時と今とでは受験に関する状況もいろいろと違うとは思いますが、自分の時は「ひのえうま」の翌年に生まれたために(年ばればれ)その反動で競争率が高かった、らしい。「らしい」、というのはそんな競争率とかは気にしても仕方のないことで、(そんな巡り合わせと...
Read More

コンビーフハッシュ 

え、ノザキのコンビーフって、名前変わってたのか。ここのところ買ってなかったから、知らなかった。法律でお肉の種類の規がどうこう、で「コンビーフ」といってはいけなくなったらしいが。とはいえそうなってからもう数年経ってたとは。今回使ったのは、別メーカーの。手抜き、というと何ですが買い物に行かなかったからフレッシュな野菜とお肉が切れてて、缶詰の出番。ご飯も炊いてない。時間も無い。パンに合うもので、ぱっと出...
Read More

春節と春雪 

パソコンを使っていると、腰や首に疲れがたまる。高さ調節もへったくれもない普通の木の椅子を使っているためか、枕が合わないのか起きたら首の同じ側が痛くなってきた。これではイカン、と雪の降った翌日、椅子を探しに出かけた。これはベランダから見えるエゴの木。間もなく閉店するセール中の有名家具店が比較的近くにあるので、そこをのぞいたら「こ、これは…」とうなるほど座り心地のいい椅子発見。腰のところが2つに分かれ...
Read More

男子フィギュアその2 ぷるしぇんこと遊ぼう 

高橋のフィギュアがきっかけで、「エキシビジョンの帝王」プルシェンコの過去の動画にうっかり触れてしまったわけですが。…。こんなに、沢山動画がアップされているとは…。しかも、ものすごいバリエーションがある!!どれもまた高いクオリティーなのがたいしたもんなんだけど、おかしなものからシリアスなものまで、どこまでこのお方自身の趣味が反映されてるのかは知らないが、やらないものはない、というくらいの充実ぶり。とか...
Read More

恐怖のマーマイト参上 

最近はまっている、国擬人化webコミック「ヘタリア」でもネタにされている、「不味いもの国家」イギリスの誇る伝統食「マーマイト」。何せそれで初めて知った物なので、一体何??と興味が尽きず。大変破壊力のあるお味らしいのですが…パンに塗ったりして食すものとあるので、勝手に甘いものだと思っていた。で、某食料品店で見つけたマーマイト。ラベルの鍋のイラストは、語源が「フタ付き鍋」だからと思われる。た、高い…。迷っ...
Read More

男子フィギュア ロビン・カズンズ氏の系譜 

年がばれる話ですが、オリンピックその他のフィギュアで子供心にも印象的だったのがロビン・カズンズ、だった。イギリスの選手で、たいていシンプルで黒っぽい衣装。それがまた長い手足をことさらイヤミなくらい際立たせ、「わ~かっこいい外人さん」と、ロビンの名を聞けばテレビにかじりついた。演技を終えて戻って来て、顔がアップになるとお顔もやはり下駄の裏のような、あの長い手足の上に乗っかってるのがふさわしい彫り。パ...
Read More

雪のち晴れそして曇り 

一日細かい雪が降った昨日。その前の雨で、積もる事はないだろうと思ってたが今朝起きたら、また周りがうっすら白くなっていた。午前中近所で行われるゴミについての問題を話し合う会に行って、その後、隣の市のマンションにお邪魔した。実にいいかげんな時間稼ぎみたいなことに自分の税金が使われていることを知りまた新たな怒りが沸いた。もう、税金変な事に使ったら返すってシステムはないのか?(これはまた別カテゴリで…)色...
Read More

東大和の方とリンク 

建国記念の日ですね。うちのひとケタ親は「紀元節」といっとります。神話的スタートでのその日が、今の暦で2/11ってことなんですね。だから「記念の日」というファジー表現になっているとか。ほほう…紀元節の歌というのもあるのか…こういうものが今はyoutubeで聴けるからオモシロイ。このブログも、昨夏にはじめてもう半年過ぎました。(むりやり紀元節とつなげる)「アカウントとるの怖いしよく分かんないからいつもコメ無しの読...
Read More

基本構想って 

もうすでに、東大和のその場所で廃プラ施設を造ろうか、というざっくりしたアイデアが平成15年頃に出て以来、6年の歳月が過ぎています。今は、「基本構想」なるものの策定の一歩手前、らしいです。数十億の税金を使い、今後数十年稼働するであろうそんな施設を造るのに、近隣住民には構想が固まってから説明会、(多分ここで反対があっても、撤回は困難という市議の話)で、そこから1年くらいで着工……。あんまり、早過ぎませんか...
Read More

かはづ32 

バレンタインデー近いし、たまにはお菓子なんかも。かはづ32。チョコでございます。これ、前に遊びに来てくれた前職場の人がお土産に持ってきてくれたもの。板チョコで、9個に分けることが出来る。その一枚一枚に、ケロのエンボス加工がされてまして、すべてお顔が違うんでございます。かはづ好きには見逃せないパッケージ。この青色をチョコのパケに使うのは日本人には無い感覚。品名の「Blue Day Chocolate」のとおり、左上では...
Read More

アバター 

ジェームズ・キャメロンの久々の監督作品であり、3Dで話題の「アバター」。3Dがどーした、と思っていたが一回見とけ、と人から聞いて観に行った。たまたま丁度1000円で見られる日だったのでほくほくしながら行ったが平日ってこともあって席がとれた。もっとも、いい席はとっくに埋まってて、「ナイアガラ」一歩手前の前から4列目。えてして技術に凝ると、配役がお粗末になるんじゃないかと思ったらシガニー・ウィーバーが出てた...
Read More

タイマーズフォーエバー 

最近怒ってばっかりで恐縮です。しかし、「廃プラ施設」の事で説明会(会とは言えん規模)に赴く前日、前々日にたまたま「タイマーズ」をyoutubeで見たのが、妙な勢いの元だ、きっと。キヨシロー、サイコー!山のように動かない住民と黙して語らずの行政に一発かましてくれ!タイマーズについてあれこれ半端に言うことほどカッコ悪いことはない。知らない人はまず聴いてくだされ。アルバム「covers」の反核・原発ソングでいろいろ...
Read More

迷惑施設と正直者 

いわゆる「迷惑施設」。最近某T新聞で、某有名人が「本来人の生活に必要な施設に「迷惑施設」というものは無く、受入れる人の意識がそうさせる」と書いていた。これは、確かにそうだ。ただ、その人は、都内の某所を例として、競馬場、刑務所霊園をはじめ様々な施設があるのに、地域としてとてもうまくいっている、行政と住民とのこれからの形のひとつの理想的なケース(意訳)ということで紹介していたのだが、(税収でも儲かって...
Read More

はっきり言わんか!! 

のっけから、汚いタイトルですみません。ですが今ワタクシ、猛烈に怒っております。そして、怒るとパワーも出るんでございます。疲れますけんど。今小平、武蔵村山、東大和の3市で推進している「3市共同資源化事業」。この名称で具体的に何を計画しているのか、分かる人がどれだけいるのでしょう。ゴミを減らす目的の事業で、まずハード面では資源物はリサイクルに極力まわすために3市共同のリサイクル施設を新設、それとともに不...
Read More

らも鍋 

二月というのは変な月だ。やせている。…というのは、故中島らも氏による、某練り物製品会社の宣伝4コマ&超ショートエッセイの「微笑家族」の文章だ。「やせっぽちの2月」という巻。中島らも氏の、若くもおっさんくさくもある、人をおちょくる文章と脱力感あふれる素人4コマが好きだった。昨年たまたま行った本屋で文庫本を見つけ、迷わず買った。80年代の記憶も一緒にによみがえり気恥ずかしくもなるがこの、「やせっぽちの2月...
Read More

三寒四温 

こんな暖かい日がそう続く訳もないと思ってたら東京も雪に。ぱらっとちらつくことはあっても、積もることは全く無かったので、久々の雪景色だ。これ、夜撮ったと思えない明るさですが開放だから。ぶれぶれ。こんなの、何が珍しいんだと豪雪地帯の方には怒られそうですが、お許しを。更に2時間後、枝がいいかんじになってました。昨日の夕方から降り出した雨が夜に静かになったと思って窓開けたら白い世界に。外に出たらボッタリと...
Read More