かはづ草紙

玉川上水のほとりから玄界灘近くに移動しました

薬用植物園 

小平市にある薬用植物園。最寄りは東大和市駅。駅の道路隔ててすぐ隣の角にある好立地。何せ無料。薬用植物という、ある意味非常にマニアックで地味なものをありとあらゆる種類栽培している。当然いわゆるハーブも。薬は毒でもある。強心剤のジギタリスや麻酔のマンダラゲなんかは有名どころ。ここでは、普段花を楽しんでいるが実は毒成分のあるものをはじめ許可無く栽培するとタイホされちゃうアレやコレが堂々と栽培されているの...
Read More

イベリコ豚ベーコン 

イベリコ豚というけどどこまでホントか分かったもんじゃないなあ、と思っていたのは高くて手が出ないせいだった。ドングリを食べて育った豚。という話はなんとなく聞いていたけど、放牧中に豚が勝手に球根やら草、ドングリ類を食べて育ちランクによっては人工飼料も与えるし、ただただドングリだけをひたすら食べるという事でも無いようだ。でも、独特の脂身の風味はドングリ由来ということらしい。ウチの近所ではドングリをキジバ...
Read More

ガ○ダム 

つらつら歩いていると、とあるお店の前にどどんと仁王立ちしている某ロボの木工サンプルが。リフォームか何かのお店のようなのですが…ご丁寧に、彩色前の写真も足元に置いてあります。いつからあるんだろ、コレ。高さは2.5mくらいはありそうな代物。話はそれるけど、このお店のある道筋には、以前「ヤ○ト」というパチンコ屋があった。店名のロゴは、あの松本先生の作品のそれと瓜二つの書体でわざわざ書いてあったのだがだいぶ前に...
Read More

寒い雨 

いつになったら、ヒーターのお世話にならなくて済むんですかねえ…昨日は夏日、で、今日は最高気温10度を下回る冷たい雨。外に出たら、ひょっとしてまたもやみぞれになるんじゃないかと思う程の吐く息の白さ。なにか間違っている。もうゴールデンウィークの予定がどうの、と言い出す頃だというのに。野菜が高騰していると聞けば、いっそう近所の野菜ロッカーが御用達になるというものだ。一度見たら忘れられない思い切った造形の公...
Read More

かはづ34 

かはづ34。これは実用品として、もう何年も使っている品物。小学校以来の付き合いの人から、その妹さんが作ったということでのいただきもの。えーと、マクラメ編み?なにせマフラーを真っすぐ編む事のできない自分には編み物の種類もよく分からないしあの数学的理解力と根気の必要な技術…ムリムリ。ほんと、編み物できる人を尊敬します。ひたすら手の指で一本の糸を編んで、立体が作れるというのはとても面白い事だ。で、これは身...
Read More

春の雪2 

41年ぶりの記録らしいですね。桜も散った後に東京で雪っての。上水の向こうの家の屋根がそろそろ隠れてきました。直前にはこんな景色だったのが…夜の雨の音がみぞれみたいな音に変わったぞと思ったらやっぱりの雪景色。屋根や畑はまっしろ。八王子最高5度ってぶるぶる。朝にはこんなかんじで道はスムージー状態。これでもめげずウォーキングしてる人がいるのには感服いたしまする。でも、屋根から雪解けの音がひとしきりして静かに...
Read More

匠シリーズ 

今回は市販品ネタで。スーパーの寿司はあなどれない。と思ったのはこの某イ○ー○ーカドーの寿司コーナーでたまに売っている「匠」シリーズを買った時だ。アジやサバは外れるとかなりイタい。そういうハズレの光り物系で青魚が苦手になった人もいらっしゃるのではと思う。で、これは北海道の蟹やイクラ系、江戸の穴子づくし(いわゆる江戸前ではないが)と並ぶ「匠」シリーズの、九州系青魚セット。前は巻寿司タイプもあったが、今回...
Read More

アミガサタケ 

あったかくなってくると、キノコ図鑑久々更新。4月には去年も近所でコレを見たことがある。道路の端、コンクリートの境にどっこい生えていたど根性もの。ちょっともう干しキノコになりつつあります…実はこのアミガサタケ(アミガサタケ科)、ずいぶん前に実家の庭に一本生えてバターで炒めて食べたことがある。形状的に洗うのが大変だったけど、炒めたらマッシュルームみたいな歯応えで、とても美味しかった。…だけど、家族は誰も...
Read More

遠山の金さん 

そう、桜吹雪なんです。これは上水小橋という、玉川上水に降りられる場所の入り口脇にあるオオシマザクラ。白っぽく大振りな花に緑の葉が豊か。今日は天気下り坂というが、朝からいい天気。だから花見を済ませてしまおうと朝から家の前の緑道を歩く人達の声で目が覚めた。緑のけもけも状態になってきた落葉樹のむこうにも背の高い桜。ほんのちょっと風が吹くだけで雪のように花びらが散っていく。近くの衛生組合付近にあるでっかい...
Read More

葉たまねぎ 

先月が誕生月だった自分。月遅れでスミマセンが葉タマネギのご紹介。ごちそうに連れていっておくれよ、と思うがなかなか都合がつかず、自分で作ったディナー。例の「ゼーホフ工房」のベーコンに、そこで曜日限定販売の鶏の焼いたの。お肉はこれでもって、後は季節ものということでゲットした葉タマネギ&イモを使ってスープにする。見かけは長ネギで、下の方に小さいタマネギが付いている。上の写真右のスープの右側に浮いているの...
Read More

たえてさくらのなかりせば 

…でしたっけ?桜が無ければ、こんなに落ち着かない気持ちになることも無いのに。逆説的な、しかし猛烈な桜礼賛。業平はツンデレだったに違いない。桜が咲くころには木の芽時でドーブツであるニンゲンもなにやら落ち着かなくなってくる。しかも、3月末から4月にかけてというのは環境が変わったりで何かと落ち着かない時期。そんな時にいっせいに咲いてこれまたはらはら散って行く桜を生暖かい春の夜に見たりすると、そりゃ死体の...
Read More

ジャム用いちご 

ここ1ヶ月ばかりかかりきりだった作業がやっと片付いた。忙中閑あり、で精神のバランスをとるため作業の合間をぬっての料理ははっきり言って面倒だがいい気分転換でもある。それが果物だとなおさらだ。これは形がいびつな安いジャム用いちご。小ぶりだけどそのままで充分おいしい。ただ、入手した時にはもう熟れているのでさっさと料理しないと2.3日後には冷蔵庫の中で緑のほわほわと赤い汁にまみれて悲惨な状態になっていたりも...
Read More

怒りのイカリソウ 

もうこのタイトルで察しが付く方もいらっしゃるかもしれません。そーなんですよ、また採られちゃったんですよ。イカリソウ、メギ科。確かメギって南天もそうだったと思う。全く似てないのに不思議。これは去年の写真。去年はもうちょっと後に咲いたと思う。庭の正面、玉川上水沿いの緑道の庭側に毎年イカリソウをはじめいろんな山野草が春になるとどっこい顔を出してくれる。碇とはよく言ったものです。ここに越してきて10年経った...
Read More

東大和 廃プラ施設 イナカの実力者と税金の無駄遣い 

廃プラ施設の計画を知って、これまでブログに書いたり自治会用に資料作ったりとして、あっという間に半年が経った。ただ、1人で出来る事は限られている。議員に相談するにも、無所属で、常にこういった問題に取り組んでいるような方であれば対応もして下さるのだが、比較的大きな派閥に属しているような方は、動いていただければ大きな力なのだけど票に結び付きそうも無いような個人では仮にお話を聞いて下さったとしても、その後...
Read More

ホネ付き腿ハム 

たびたびこの「うちめし」カテゴリに出現する「ハム・ソーセージ」。今回はそのお店「ゼーホフ工房」と腿ハムをご紹介。お店は、立川市幸町の幸町団地という所のすぐ前にある。でもこのあたりは団地のすぐ近くなのに、いわゆるスーパーといえる店までは徒歩15分。大昔からあったのであろう寂しさ一杯の小売店が数軒あるくらいだ。そんな一角にこのお店はある。ここの大将はドイツで修業、本場でのコンテストで数々の受賞歴のある「...
Read More