かはづ草紙

玉川上水のほとりから玄界灘近くに移動しました

山椒繁り放題 

うちの庭で、幹の太さで言えば一番大きいのはキンモクセイだが、勢いでいえば目下すごいのが山椒。もともと、確かこの家を建てる前の古家に越して来た時から、ここに山椒があった。で、家を建てたら、はからずも家をはさんで東西に雄雌の木が1本づつの配置だった。これは初代メス。一度、台風で根こそぎ倒れた。で、足元に支えを作ったら復活。強い…住む人間とは逆に、どんどこ子孫繁栄、毎年子供がぶりぶり生えて、通路の奴は里...
Read More

東大和 廃プラ施設 家購入の際は… 

なんで、あんな場所に共同施設を造ろうとする?不可解だらけなこの3市共同資源化施設構想。その最たる、The Top of Mr.不可解が東大和市長。市議会で、何度も何度もこの計画にムリがあるは、財政難(かなりのものらしいですね…)だわでこのまま進めることに問題がある、と議員から追求された結果、「自分も理事としてそう思う。他の理事(市長)と話す」とかカッコいい事言っておいて、(ソレも何度か)結局何にも言っていないらし...
Read More

牡蛎とタケノコのフジッリ 

フジッリが好きなんですよ。普通のパスタもいいけど、このちょっとクニョっと肉厚で、隙間があるから味が馴染みやすいところも。正直言って、パスタは得意ではない。油をどーも控えめに使うケチな性格が、茹で上げたパスタにオイルをからめたりしないということになって、イマイチコクのない仕上がりになりがち。それでも、具の取り合わせを考えるのは好きなのでたまに作る。これは、タケノコの水煮スライスと、ソテーした牡蛎、冷...
Read More

あいまいな空間 

今月の上旬の話を今頃アップ。ウチから立川の昭和記念公園までは、フツーに公共交通機関使えば多摩都市モノレール、あるいはバス。ここ、なんだと思います?だけど気候がいい時にはてくてく歩いて行く事もある。もっとも、真冬でも真夏でも結構歩いて行くケースがあるのだが。その道すがら通り抜けに使うのがココ。住宅街を抜けると、現れるスコーンとした空間。夏草が繁り始めていい感じになっているココ、単なる空き地なんです。...
Read More

アゲハ 

実ものが好きないやしい自分が植えているのがダイダイや柚子の柑橘系。そして、毎年どんどこ実を付け、これまた種でどんどこ増えている(里子に出してます)山椒。これも柑橘系。ということは。そうです。アゲハがひらひらやって来るんですわ。葉に卵があるなあ、と思ったら気付くと鳥の糞そっくりな芋虫がひたすらもぐもぐやっている。これからがその本格シーズン。これは、山椒のとなりのワラビ(シダもどかどか生えるのでワラビ...
Read More

なんだそりゃ 

呆れてものも言えません。というわけにはいかないので、言わせていただきます。ここのところ更新をサボっていた「廃プラ施設」関連。実は3月末に、予定地のある東大和の市議会がほぼ全員一致で、「抜本的見直しを求める決議」を採決。書類を推進側のトップに送ったと聞いていた。これは、煮え切らない態度を続ける東大和市長がトップの市にしてみれば、驚くべき事だと思う。不幸なのは、現実の問題に気付き始め、計画の進行にスト...
Read More

アマドコロ 

アマドコロ。ユリ科。キバナホウチャクソウと同じく、春にユリ科らしい葉が出て来る。これも、半日陰にこっそり咲いてる風情が涼しげ。実際、風が吹くとぶら下がった花がゆらゆらして、コロンコロン鳴るんじゃないか?とさえ思う。ナルコユリといって売られていたりするらしい。見分け方の1つは、茎を触って角があればアマドコロらしい。なのでうちのはアマドコロ。ハンノキの切り株根元にひっそり。しかし、春先に家の前のコナラ...
Read More

ニューサマーオレンジ 

はじめてニューサマーオレンジを食べたのは、10年以上前の、社員旅行に行った先でだった。帰りのバスに乗る時に、道端でおばさんが売っていた柑橘が見た事無いレモンイエローで、試食したらこれまた日本の柑橘には香りと無い味で、すぐに買ったのだった。しかし調べたらコレ、もともと「日向夏」ともいって柚子から自然に変異して1800年代に発生した…とあります。しかも宮崎が発祥。うーん、九州にいたのに食べた記憶がイマイチ無...
Read More

キバナホウチャクソウ 

黄花宝鐸草。ユリ科。ホウチャクってなんなんだ、と思ったら、お寺の軒先にぶら下がる大きな風鈴(そんなのあったっけ?)の事らしいです。最初はこんなふうに、みんなに楽しんでもらいたくて緑道から家に入る入り口脇にいいかんじで植えてたのですが…元は緑を帯びた、白い花らしいけどこれは園芸品種。はじめは、家の前の緑道沿いに植えていたけど、それと同じく植えていた青花ケマン草がある日根こそぎ盗掘されてしまったので(T...
Read More

地元ハチミツ 

「ごはん」というより甘いものですが、朝ご飯に食べるし、まあいいか。これ、たまに果物を買うロッカーで見付けたハチミツ。ここは、家から立川の昭和記念公園まで数キロの徒歩コースの途中にある農園がやっているロッカー。夏はブルーベリー、秋は梨、手作りジャムも売られるのだがハチミツははじめて見た。小ビンで¥300。大きいので¥600。春先の蜜なので、桜からの蜜が入っている、と書いてある。なにしろ、見つけた日の4、5日...
Read More

上水の鯉とこいのぼり 

歩いて1分のところに、玉川上水の水面に触れる事の出来る橋がある。普段から隣の市への行き来に普通に使っている場所だが、五月の連休はここが名所と化す。玉川上水の案内にはたいていここから撮った写真が使われているというのもあるけど、水面に近いところに降りられる場所は玉川上水の中でもそんなに無いからだ。ここは、別の場所で下水を処理した水を放水している放流口でもある。ここ迄の上流の、川の水ではなく人工的にわざ...
Read More

端午の節句といえば 

柏餅は、もう先月からどかどか売っている。なので、ここはチマキだろう、と久し振りに出かけた先のデパート和菓子コーナーで自分にしては珍しく並ぶ。しかし列のお客の目当ては柏餅だったようで、ちょっと前に売り切れてしまうと途端に列が空いた。自分の目当てのチマキはまだあった。さすがに1本バラ売りというのは無く、5本で\1000超えるのだが、季節限定だし縁起物だし、と購入。紙袋の色も歌舞伎みたいできれいだけど、チマキ...
Read More