かはづ草紙

玉川上水のほとりから玄界灘近くに移動しました

ぎゃー。 

早いものでもう7月最後の日だ。そんな今月中旬のこと。夜実家の玄関ドアを閉めてたらドアミラーに違和感。何か、緑に…。にゅるにゅるしているではないですか。???と思い、よく見ると…同じような芋虫が、ドアミラーの窪みに数匹入っている。この場所になぜ、という違和感とともに、じわじわと肉食ハチの習性を思い出した。竹等の中に卵を産みつけ、かえった幼虫のえさに麻酔した芋虫を貯蔵しておくハチの仲間。きっとそれに違い...
Read More

東大和 廃プラ施設 小平市長への手紙 

先月の事だったと思うが、用事があって小平市役所に行った。で、入り口受付に「市長へのはがき」が置いてあった。市政について何でも書いて投函またはその受付のボックスに入れればいいようだ。切手を貼らなくてもいいようになっていた。速攻、東大和市のことではあるが「3市共同資源化施設構想」(廃プラ施設)について、怒濤の勢いで書いてボックスに投函。なぜ小平市長に?なぜなら、今回のこの資源化施設構想は3市共同施設で...
Read More

地方色な食 

土地にはそれぞれの郷土食や味付けの好みというのがある。九州から上京して、それまでも噂は聞いていたが「聞いた通りだ」と思ったのが麺類の汁。早く食べないとうどんが茶色く染まる汁には驚いた。だし昆布の刻んだのや天かすがテーブルに置いてある店など無く、慣れるまではちょっとさびしい感じがしたものだ。これは小倉の店の「ごぼ天うどん」。結構具沢山。ごぼ天はこのように天ぷらタイプのと、練り物にごぼうの入ってるのが...
Read More

東大和 廃プラ施設 決して表立ってでもなく、でも計画は進んでいる。次のステップに。 

実家に用事があってしばらく戻っている。遠く離れていると、東京の自分の家の近くの「廃プラ施設建設計画」をしばらくは忘却できるかと思っていた。でも、そんな事はなかった。この問題を知って以来、夢には出るし体重落ちるしではっきり言って不快な日々を送っている。もっと困るのは、もし建設されたら既に焼却場がすぐそばなのに、今より更に空気が汚れることはあってもクリーンになることは無い。というほぼ確実な事実と喘息、...
Read More

ネコに劣るヒト6 

ネコは3日で恩を忘れる。という言葉がほんとになってしまった。骨付きの魚が夕食に無かったここのとこ、夜はイリコを数匹ちゃんと置いといた、のだが…無事が数日続いたと思ったら、ある朝立ててある串のそばにこんもり。しかも、なーんか量が多くないか?…道具ですくって、マンホールの重いふた(ちゃんと下水のほう)を開け、ぽちゃんと捨てる。なんで朝からこんな不快な思いをせんといかんのだ。で、クレゾールを希釈して撒いた...
Read More

ヤッサヤレヤレ 

というのは、北九州は小倉の祇園太鼓のかけ声。博多の山笠のフィナーレ、追山といって1トンある山笠を途中交代しながら担ぎ、タイムを競うといういらちな祭りがこの15日早朝に終わったが、それと交代するかのように小倉では祇園太鼓の音もにぎやかな祇園祭りが始まる。博多の山笠も、正式には博多祇園山笠。どっちも祇園祭り。博多以外にも北部九州のあちこちで大小様々な山笠祭りがあるが、小倉のは神輿や山笠というよりも太鼓が...
Read More

ネコに劣るヒト5 

もう、この専用カテゴリを別に分けた方がいいのではとさえ思えるシリーズ化。しかしネコの糞ネタで日記が1個とられるのも何なので、別に日記も書くことにする。さて、久しぶりに粗相嫌がらせをしていったネコだが、ここでまたすぐに強烈匂い攻撃に戻るのもどうかと思いとどまった。親戚からも、ネコの苦手とする匂い情報をもらったのだが残念ながら匂いはいつか薄れる。それに、おそらくは通り道になっている以上、「ネコを近づけ...
Read More

ネコに劣るヒト4 

ここのところの雨(ネコは濡れるのを嫌う)と懐柔作戦が効いているのに気をよくした自分。「犬は3日の恩を3年忘れず、ネコは3年の恩を3日で忘れる」って言うやないか、きっとまたしにくる。…と不吉な事を言う父親の言葉が当たった。(だーかーらー、ネコはヒトの言葉がわかるんやからそゆこと言っちゃ駄目なの!)朝雨戸を開けた姉の視界に、不吉なカタマリと飛び交うハエが。そして、前の晩置いておいたイリコ1匹は消え去っ...
Read More

夏だ夏だ! 

一昨日関東甲信と一緒に梅雨明けした北部九州。あの大雨は、梅雨明け前の最後のどんどん降りだったようでうってかわってぬけるような青空に灼熱の太陽。実家ベランダより。あぢいよー。雲ひとつないよー。あぢいよー。(ぷち盆地)こっちに帰省してると思う事。それは紫外線が強いのでは。ということ。夏の北海道でも思ったが、空気が澄んでいるのでダイレクトに届くのか、足の甲はすでにサンダル焼け。いえ、もともとどこに行かな...
Read More

ネコに劣るヒト3 

トゲという物理的防御と、匂いという科学的防御での2重防御。ではあったが、いかんせん梅雨真っ最中。だった。そんな訳で、匂いの効果は1、2日で薄れてしまう。もっとも、雨の時にはネコも来ないのだが、困るのは夜雨でも、早朝やんでいる時だ。朝6時前に雨戸を開けたらなかったのに、その数分後には…ということもあった。となると、飼い猫が、朝扉など開けられて出てきて朝のトイレをうちでしにくるのかも…などと、首輪のブチ...
Read More

ネコに劣るヒト2 

実家の芝生に夜か早朝、糞をしにくるネコは①赤い首輪で鈴を付けた、白黒ぶちの大ネコ②キジトラのシッポ切れの中ネコ(首輪不明)目下、この2匹が怪しい。と見た。庭周辺で見かけるのがこの2匹というだけで、実際はもっと他に伏兵がいるのかもしれないが。②は飼い猫か、ノラか不明。①は、朝庭を見ると門柱の上の狭いところに座ってて、目が合ってもすぐには逃げず、どたっと落ちるようにして降りた後もし...
Read More

どうなんでしょう。 

もう選挙が終わったので載っけます。小倉を歩いてたら目に入った看板。ちなみにリバーウォークとは、小倉駅の西側、紫川に面して建てられた施設。…。もう、「前」ではなく「元」なんだよなあ。最近、親戚が長年公職にあったとかいうのでなんとか賞をいただいたが、後から来たその賞状に総理大臣として鳩ぽっぽ氏の名があったのには笑った。東京のご近所さんの賞状には、アイスの好きだったやはりあのおぼっちゃん元総理の名があっ...
Read More

記録的豪雨をかいくぐってついばむ 

福岡では、平年の7月の雨量のなんと倍の雨がこの4日間で降った、らしい。そりゃ氾濫、崖崩れしますわ。家の前が山、しかも近年そこを半端に削りアパートなんか建ってしまったので、保水力が減って崩れるんじゃないかと夜中大雨の音ではらはら。梅雨の末期の雨、来週には梅雨明けなんじゃないかと思うけど、これ以上被害が拡大しないことを祈る。やはり東京よりも夏が早いし夜は遅くまで明るい。アブラゼミとヒグラシの声を6月末...
Read More

或る小倉日記2 旦過市場と甘いもの 

用事があって北九州は小倉へ。小倉駅は新幹線の発着する、北九州の玄関とも言える駅で、小倉は城下町でもあり重工業で栄えた街だ。しかし古くは炭坑業の衰退、その後のいわゆる鉄冷えの影響、若者人口を博多方面にとられて北九州全体どーも元気があるとは言いがたい。でも、それだからというか、そこに今住んでいない人間の勝手な印象で申し訳ないが今やすっかりプチ代官山のようになった福岡の大名界隈とは全く違う雰囲気があって...
Read More

このタコ2 

「タコのパウル君」すごすぎる。3位決定戦のドイツ×ウルグアイではしばらくウルグアイの箱の上にとどまり、最終的にドイツの箱に入り「ドイツの勝ち」と予想したというが先制され追いつきまた入れられ、最後逆転勝利というドイツのゲーム経過まで予想していたようで、ここまで当たると空恐ろしい。そして、決勝もパウル君の予想どおりスペインの優勝。インコは逆の予想だったらしいが、すべての予想が的中したパウル君、なんとか...
Read More

ネコに劣るヒト 

ひと頃、自分の家の庭にネコが糞をしにきて困った事がある。ネコの糞害で困っている方はとても多いようで、検索すると怒濤のように情報が出てくる。トゲトゲのシートといった物理的攻撃から天然香料使用のソフトな薬、ちょっとあやしい超音波や手作り機械までネコに悩まされている人がいかにあの手この手でネコと戦っているのかが分かる。うちでは、結局「プロ用」と書いてあるホームセンターで購入した、ちょっとクレゾール臭のす...
Read More

このタコ! 

W杯、ドイツ戦が見たくて、でもとにかく眠く夕食後にコテンと寝てしまった…2時過ぎに一度目が覚め、もう一度泥のように眠ってしまい再び起きたら3時はとっくにまわっている。あわてて見に行くと、後半が始まってまもなく。この時点でドイツもスペインも無得点。今まで点を入れる攻撃的展開だったドイツがまだ0点ということで、なにやら不安になる。攻めているのだけど、どうもスペインのほうが動きが早いし…そしてなにより、頭上...
Read More

山笠があるけん博多たい 

って聞いてピンと来る方がどのくらいおられるか…某CMのキャッチコピー。むかーし江口寿史のコミックにこれのもじりがコマのすみに書いてあった記憶。6月末と7月頭に博多に出かけた。福岡=博多と思っている方が多いと思うが武士の町だった福岡とちがって博多は昔から商売の地で、「福岡市」の中のかなり狭いエリア。言ってみれば東京の中の浅草、が福岡の中の博多。(規模はだいぶ異なりますが)こちゃこちゃ小難しい事を言うの...
Read More

或る小倉日記 

タイトルと違って松本清張とはなんの関係もない墓参り記録。たまの帰省なので梅雨の合間をぬうようにして小倉にある山沿いのお寺へ母方の祖父母のお墓参りにいく。北九州地域と博多、福岡地域とではイメージ的に(この場合「市」範囲でいってます)なんとなく福岡のほうが緑が多いような感じがある。北九州は筑豊からの炭坑出荷業、製鉄などの工業地域の歴史があるので、煙もくもくの印象があるからか。でも、北九州のほうが、山が...
Read More