かはづ草紙

玉川上水のほとりから玄界灘近くに移動しました

執念の勘違い 

2010年も今日で終わり。そんな締めくくりにふさわしいアホなニュースを。といっても犯行は1年に渡って計画的に実行されたという恐ろしさだが、この人が「うるさい」と思い込んでいたのが的外れだったのでは…という悲し過ぎる話。12/20 読売新聞より抜粋12/19に逮捕された葛飾区の61才男性。自宅マンションの居間の床に直径1.5センチの穴を開け、ガスコンロのビニールホースを通し、下の階の74才男性宅に向けて都市ガスを送り込ん...
Read More

♩冬を愛する人は 

四季の歌、というタイトルなんですね、これ。こう、学校で何かのイベントがあった時に先生が歌っていた記憶。ご近所の屋根に霜が。「冬を愛する人は 心広き人根雪を溶かす大地のような 僕の母親」という歌詞がその冬バージョン。……。いや、冬があるからこそ春がある、というのはよっく分かる。分かるんですが。霜柱がこの日は約3センチ。土の道が多いここいらではもうそろそろ、日中でもこれが溶けない日が続くようになります。...
Read More

縁起のいい柑橘 

といえば、橙。「植物図鑑」でご紹介したので植物学的なあれこれはおいといて、柑橘類は冬の色の無くなった景色でその黄色やオレンジ色が明るさをくれてうれしい植物。せっかく植えるなら食べられたり料理に使えたりするものがいいなー、といくつか植えた「実もの」の中の橙。買った時には花が咲いていたがそのうち花芽が付かなくなり、こりゃ実どころじゃないと心配になった時期があった。これは今年の花。幹を太く、丈夫にしたい...
Read More

落葉のゆくえ 

玉川上水沿いの木の葉も本格的に落葉して、今月上旬とはまた景色が変わった。11月頭。まだ緑。それまで見えなかった上水の向こう岸がきれいに丸見えになり、それもあってイルミネーションやもう今年は終わったが昭和記念公園の冬の花火も夏より見えるのだ。それより2週間後。なんだか色が変わりました。枯れ野というとなんだか寂しいが、日の高い小春日和に歩く枯れ野は陽に透けたイネ科の「雑草」の穂がふわふわときれいで、これ...
Read More

立川のイルミネーション 

もう26日なので、クリスマスイルミネーションネタは遅いのだが、見に行ったのが昨夜なのでご容赦。それと、「見てみたい!」と思った方は、本日26日の21:00までやっているらしいのでお出かけ下さい。(入場は20:30まで、¥400)寒い中鼻すすりながら見る価値はまああるかと。中央線、あるいは多摩都市モノレールの立川駅から徒歩15分くらいのところにある国営昭和記念公園。何度かここのネタは書いて来たが、毎年12月の頭からス...
Read More

かはづ41 

なんとなくキラキラしたものに街がデコレーションされる時期。(といってももう今日から正月カラーの赤金白に切り替わるけど)光り物は寿司以外興味ないがたまにはこんなのもアリかと。これも帰省中に天神ど真ん中でゲット。プチプチな2点。いわゆるチャームってやつですかね。カニカン(カニ缶じゃないですよ)が付いてて、他のキーチェーンやストラップに追加して引っ掛けるようになってる。サイズは平たいほうが幅1センチ、立...
Read More

東大和 廃プラ施設 小平市長vs東大和市長 

東大和市の、工業地とはいえ実質的には住宅地となっている狭小地に3市共同の廃プラスチック中間処理施設を造る計画。この1ヶ月で、ちょっとした動きがあった。あまりに実りの無い東大和市長と衛生組合との「理事者会開催して」「3市で話し合って」の埒の開かない文通。6月から延々4ヶ月続けられてきたその文通に終止符。11月18日の衛生組合での定例会で3市の組合派遣議員が全会一致で「ちゃんと3市は話し合いの場を持て」という結...
Read More

東大和 廃プラ施設 なぜかを調べると。 

働けば働くだけお金が入り、忙しくて大変でも今日より明日は良くなる、と多くの人が信じていた(らしい)時代は同時に公害という問題を全国的に引き起こした。とにかく金銭的に豊かになる事が先では今ご近所の国がそうであるように、こういう状況になるのだろう。自分もとある米油を親が使っていて、おできがやたらできるし、色黒なのは副作用じゃないのかと冗談で親に言っていたが、あんまり冗談にもならない話だった。ビンと缶と...
Read More

カヤとタコの木 

自分で作ったものじゃないけどご紹介。カヤというスプレッドがある。これは、シンガポールでは薄いトーストに塗ったものを朝食にするので有名らしい。東南アジアではよく路端で売られているお菓子に緑色のものがあり、(着色料のものもあるとは思うが)タコの木科の「パンダン・リーフ」と呼ばれる葉の粉末やペーストを加えていると知った。この「カヤ」もココナツ、卵、砂糖にそのパンダンリーフを加えて作るものらしい。以前近所...
Read More

凝り性な方々 

12月も半分過ぎた。クリスマスムードがどんどん高まっている今日この頃、ご近所のイルミネーションネタで。こういう「季節限定」(しかもブサイク系)に弱い。同じ様な一戸建てが真っすぐに区画整理された通りに建ち並ぶ新興住宅街というのは、特に同じくらいの年齢層が住むためなのか、競争心が芽生えるのかどうか楽しさバツグンなクリスマスイルミネーションが激しかったりする。一軒が始めると、次の年には隣が、その次には…と...
Read More

東大和 廃プラ施設 地図を見よう。 

小平市の一番西の端、地図で見るとおかしなほど細くなって行く端っこの市境、中島町。そこに40年程前に3市共同の焼却場ができた。その数年前に小平市だけのゴミを焼却するための炉が出来、わずか数年後にはそこを拡張して小平・武蔵村山・東大和の3市共同施設の炉になったと聞く。40年も前のそのあたりというのは正直想像もできない。今だってだいぶ建て込んで来たとはいえ、遠くからわざわざ緑を求めて玉川上水沿いを歩きに来る人...
Read More

季節はずれ 

この手の看板っていろいろバリエーションに富んでいるのは確かですが。なにがどう危険なのか却って気になるというか。ジャック・オーランタンだとそんなに危険でもないんじゃ、と子供でも思うのでは。ちなみにとある団地の、給水塔なのか何かの設備の塔のまわりのフェンスに付いてました。来年のハロウィーン先取り。...
Read More

たまのドーナツ 

ドーナツは年に何回食べるだろう、というくらい自分はそんなに買わないが、たま~に食べたくなる。たいていそれは夏ではなく、寒い季節だ。なんでだろうと思ったら、多分寒い時は茶党の自分もコーヒーの香りが嗅ぎたくなる時があって、ドーナツはコーヒーに合うから。(後付けの理由)油物が得意でないので、夏はもとより食べる気にならないってのもあるが。家人が出先で「こんな店があったので買って来た」というのがこの「はらド...
Read More

慎太郎をぶっとばせ 

これは、集英社の専務の13日の発言だ。「ぜひ石原慎太郎をぶっ飛ばすような漫画を」と新人漫画家に訴えた、と新聞にある。編集部長も「萎縮しないで描いてほしい。面白ければジャンプは全部載せる」と。3月の国際アニメフェアには主要出版社からなる「10社会」は事実上ボイコット、集英社はアニメの原作が集英社刊のものも出展拒否という。13日に可決された、東京都青少年健全育成条例改正案。ここでも民主党の煮え切らない対応が...
Read More

東大和 廃プラ施設 出来る事、あります。 

このカテゴリでだらだら書いて来た小平・武蔵村山・東大和の3市による3市共同資源化施設(廃プラ施設)について。ここのところ、この計画をとりまく状況がなかなかに忙しいらしい。この計画には数々の問題があるので、今頃になってそれが表面化してきたのだろうと思うが、それは今回置いておく。どこの地域でも大抵同じかもしれないが「迷惑施設」といわれるものの中で今回のようなゴミ処理に関する施設を造られると造られる時には...
Read More

超イージーリース 

バブルの頃は10月からお店でのクリスマスの盛り上げが力入っていたように思う。1人暮らしの学生→就職したばっかりのお金無しの頃だった自分には、バブルの実感もないまま知らないうちにはじけてしまっていたわけだが。それから比べると、今は大分落ち着いたというかスーパーでクリスマスソングが流れるのも結構遅くなってから、になった気がする。…という事を先輩に話したら、「今までで一番早かった時は9月からだったよ」…やっぱ...
Read More

やすらぎたいあなたに。 

本来必要と思われる住宅会社名すら表記してない広告の原点を感じさせる秀逸な看板。ふらふらと←の方向へ進もうとした自分はかなり疲れているのに違いない。ちなみに、この角のほうを見てもそれらしき住まいは見当たりませんでした。...
Read More

ホットビール 

ビールは冷して飲むもの。…なのですが、寒い季節にはたとえおかずがほかほかの茹でたてソーセージであっても、キンキンに冷えたビールはちょっと正直寒い。ポーランドではピルスナービールを温めて飲む、というのを随分前に新聞で読んだ。そこには、スパイスや甘味のことは書いていなかった。その後あるマンガで、イギリスに「パール」という飲み物があることを知った。マンガでは執事がその「パール」を、まだローティーンの女の...
Read More

光り輝く島の紅茶その2 

さて、前回の続き。②と③について。シロップは、クジャク椰子という椰子の花からとった蜜を発酵させたもので、昔は固形で売っていたが今は便利なシロップタイプになっているとのこと。発酵臭が少しあって、例えるならば納戸の奥深くに眠っていた古い醤油というか中国の黒っぽいお酢や紹興酒というか…そういう渋い発酵臭と、遠くで酸っぱい味がする。だから、もしかすると好みが分かれるかもしれないが、甘いだけではな...
Read More

青いあいつテーマパーク化 

「青いあいつ」周辺が手入れされまくって東屋や田んぼ、ぷち農村化している様を以前書きました。で、コレが近況。整然と4つ並んでおります。巣箱が出来てるよ。雨の日で、「あいつ」がテカテカきれいな状態。でも、とうとうこのような看板が掲げられてしまった。なんか残念だ。入りはしませんが、こんだけ凝縮されてりゃ、誰だって近づいて見るだろう。「あいつ」の後ろの東屋には右に稲が吊るされ、(中には水田スペースもあり)...
Read More

光輝く島の紅茶その1 

前にも何度か書いたが、珈琲党ではなく茶党だ。といって茶筅の使い方も作法も知らない、普通の煎茶や番茶、紅茶の類いを飲むというだけだ。どこそこのブランドの何の紅茶がうまいということもかなり無知である。だいたい、紅茶の産地はアジアの南部なのにブランドはイギリスやフランス、だったりして元々はお安いものが高くなるのもなんとなく腑に落ちなかったりする。フォ○ションのアップルティーがうまいと言われて飲んだが、匂...
Read More

そうしなさい。 

10月12日夕、相模原市内の不二家で店頭のペコちゃん人形(10万円相当)を盗んだ39歳男性が逮捕される。容疑者の供述。「頭を整理してから話したい」迷い多き人生。...
Read More

かはづ40 

こういうの、なんて言うんでしたっけ。バッグホルダーとでも言うのか?机とかに置いて、バッグがジャマにならないようにぶら下げるためのもの。これも帰省中に購入。丁度6月だったせいか、ケロ系が豊富だったのだ。目がキラキラ系、最近よくある王冠かぶってるデザイン。欲を言うなら、塗装なしのほうがいい。使って行くうちにこういう形のものは剥げて行くことが目に見えている。カバンに携帯する時にひっかかったり剥げたりしに...
Read More