かはづ草紙

玉川上水のほとりから玄界灘近くに移動しました

これはうまい 

JR立川の駅、数年前に整備された新しい改札口に面した「エキュート立川」。そこに入っているわりとこじんまりした紀伊国屋にこのドリンクがあった。「なつめ生姜」。心と身体に沁みる味 とサブコピーにある。なつめといっても、あの中華食材でドライ品として売られているナツメではなく、ナツメヤシのことだ。125mlという手頃な量に対しお値段は確か250円とかそのくらいしたように思うので…まあいいお値段なのだ。隣にあった「ア...
Read More

やっと来た!青森から 

秋に青森からリンゴを売りに来る農家の方がいる。だいたい10月過ぎと、年が明けて春になっての2回。普段はなるべく農薬を削減したものを選んで買っている自分だがこういう、季節のものをトラックで売っているのにはわりかし弱くてすぐに買ってしまう。(赤坂等で酔っぱらい相手に安く小さいメロンで釣っておいてそのあと高額のメロンを売りつけるトラックを見て、お値段には注意している)このブログでも過去の記事でこのリンゴの...
Read More

東大和 廃プラ施設 まちづくりの意味するもの 

今回は直接廃プラ施設の事ではないが、関連市つながりということで、今小平市で進行中の3・3・8道路計画に少し触れたい。昨年の11月末の事だが、地域の問題に関心のある方々の集まる会というものに参加した事がある。断っておくが、自分は決していわゆる傍聴マニアでも政治オタクでもない。何かの会に属してもいない。自分の住んでいる地域の事だから必要に迫られて時間のある時にだけ自分のできることをしているにすぎない。そこ...
Read More

「トイレの無いマンション」ーこちら特報部 

東京新聞の朝刊にある「こちら特報部」という欄が、なにやら近頃注目されている、らしい。「らしい」と書いたのは、この東京新聞自身が「特報部」への読者の反応が良いと書いていたのでその分を差し引いたほうがいいかと思ったからだ。しかし、自分も東京新聞のその「特報部」の「へこたれない人々」の記事で、非常に興味をひかれたものがあった。それ以来この欄は読んでいる。それは、宮崎の口蹄疫の発生牧場とされた水牛牧場の元...
Read More

「トイレの無いマンション」ーこんなところに銀河鉄道999 

少し前にネットで知った、九州の玄海原発で事故があったらしい、というニュース。なんでも昨年12月にリークされ、NHKニュースでも一度報道されたとかいうが既にリンク切れだし、情報が錯綜していて、一体どれが真実なのかそれから1ヶ月以上経つ今も、調べててもさっぱり分からない。原発に反対の立場の人にとってはソレ見た事か、であり推進派の人にとっては最初のソースがガセだった、ガイガーカウンターを売りつけたいだけのデマ...
Read More

かはづ43 

昨年10月に合羽橋で購入。なんとなく春の日差し。和小物をメインとした品揃えのお店で、親指の先くらいの焼き物のケロがいくつかディスプレされているのを発見。シロップ入れにしてもあまりにも小さい。何に使う、というものでもないのだろうが口がぽっかり開いていて、中空になっているから何かに使えそう…でも、やっぱり飾り物なのだろう。高さ2センチ無いプチサイズ。小さくても、ケロの特徴を捉えた目のまわりの形やお腹の白さ...
Read More

頭の上のリスク 

当日に書くべきが、遅くなってしまった。先週の確か10~13日のいずれかの事だと思う。朝7時から、ヘリの音がした。このあたりは、朝8時過ぎると飛行訓練か何かのヘリの音が聞こえるのだが、今迄7時から音がすることはなかった。だから、目覚ましを間違えたかとおもったくらいだ。飛行ルートになっているようで、だいたい3種類かそのくらいの様々なヘリがこのあたり上空を跳ぶ。立川、入間、横田がそう遠くない。前後にローターのつ...
Read More

ばっさり 

昨年から、家の目の前の玉川上水の緑道で計画的な伐採が盛んに行われている。伸び放題だったヤツデ、アオキ、シュロといった常緑で丈夫な低木はすっかり刈られ、冬ということもあり両岸は土色がメインの姿になっている。コレは昨年春先の。まだ刈られる前。ん~…ダメだ、ケータイモードでは…上水の上に岸に上がって餌あさるカルガモ達。ちゃんと見張り役が一羽いるのです。ぐわ。昨年の2月だったか、家の前のコナラの巨木があっさ...
Read More

レンコン豚汁 

豚汁はえらい。お汁でありながら、おかずにもなる。これ一品でタンパク質、根菜、芋類、お腹さらえのコンニャクなど完備。そのうえ、冷える季節にぴったりだ。いつもはじゃがいもをいれるが、今回はレンコンを入れたのと全体に具が多くなり、鍋の上まであふれそうだったので(いったい何日分なんだよ…)芋は入れなかった。レンコンもエラい。シャキシャキにも、もくもくにもねっとりにも変化する食感とほっとする味。レンコンが入...
Read More

小正月と養蚕 

今日1/15は「こしょうがつ」。もともとは旧暦の1月15日のことを言うらしいから、年によって違うが新暦でいえば早くて2月上旬、遅くて3月にずれ込むくらいの時期だ。旧正月を祝う中国では、最初の満月の日を小正月というらしい。クリスマスだなんだと忙しい年末、すぐにお正月というのではなく日本も旧暦でお正月を祝えば、もっと気持ちがゆったりできそうだ。冬至から一ヶ月未満だが、日没も遅くなってきた。春を感じ始める頃にお...
Read More

鏡開き 

と、いえばぜんざいだ。東京が出身の相方はこれを「田舎汁粉」と呼ぶがどうせ東京の人には自分の所以外はすべてイナカなのだと思いつつ、今年もお鏡を入れたぜんざいを用意。いいけど、砂漠のようなカラカラ状態の冬の関東ではお餅はあっという間にひび割れてしまうのだ。真空パックから出すと2.3時間で表面がヒビヒビ。北九州の実家では、家でついた(「もちっこ」だけど…)お餅をもろぶたに入れて納戸に置いててもカビが生えるこ...
Read More

サプライズ フロム トルコ 

職場で一緒だったK嬢が仕事を辞め、トルコに単身留学したのは5.6年前のこと。トルコタイルに代表される、あの青を主体とした繊細な絵付けを習いたいというのが留学理由で、トルコ語と格闘しながら昨年無事大学院を卒業。今もトルコにとどまるK嬢からこの6日にうれしい年賀状が届いた。トルコの焼き物の柄のカードと一緒に何やらプチプチにくるまれたものが。開けてみると…おおおー。ここから先は、某コミックに興味の無い方にはま...
Read More

やはり7日には 

味の濃い、乾いたおせちに飽きた後に恋しくなるのが青いものたっぷりでジューシーな七草がゆ。今年は家族のお腹具合が悪かったのでそもそも飽きるようなおせちを食べていないのだがとにかく個人的には7日は七草がゆを食べねばという気になる。どうも調べたら朝に食べるものらしいのだがそんな時間は無いので、もっぱら夕食。しかしちびまるこちゃんが新聞紙上で「七草がゆいらない」と言うくらいだ。(昨日1/6日の朝刊マンガはそう...
Read More

かはづ42 

2011年松の内にふさわしいものってことで。こんなのどうでしょうか。お土産のいただきもの。これでもかなケロ満艦飾。台座の上に、看板と一緒に乗っかっている。しかし「福を六かえる」って…しばらく考えたがよく意味がわからない。合わせてぴょこぴょこ六ぴょこぴょこでもないし…どなたかご存知の方教えて下さい。ってここまで書いてて今気付いた。「迎える」か!!そして今よく見たら、小さい看板の六の横に「む」とルビがふって...
Read More

何に使おう… 

昨日は初出勤の人が多かったと思いますがワタクシも久々に都心に午前中から出ました。といっても仕事ではないのですが。時間がずれてるとはいえ行きも帰りもそこそこに混んだ電車に揺られていると、やはり東京に人口集中しすぎだろ、とあらためて思う。お正月の3日間は東京の空気も澄んで見える。生産活動が停止してるからだけど人が少なくなっているのも理由だろう。帰りに師匠からお土産をいただいた。袋に「まめや」とあるので...
Read More

お飾り 

おせちを作らなくても、ドアや門、あるいは家の中だけでも何かしらお正月にはお飾りを付ける家はまだまだ多いと思う。東京に来て実家の北九州との違いを思ったのがしめ飾りのデザイン。それと車に付けるお飾り。ミニお鏡、毎度数時間でヒビヒビです。冬の関東は超ドライ。北九州では、わらの束が丸く放射状に出たお飾りを玄関に付ける。かなりめでたい形状なので、興味のある方は「北九州 しめ飾り 鶴形」で検索してみて下さい。...
Read More

うさぎって 

あけましておめでとうございます。干支にはそれなりに縁起のいい理由があるようですがウサギには跳ぶから飛躍とか多産だからとか縁起のいい動物という考えがあるようですね。あのPLAYB○Yのマークがウサギなのもかわいいなりしてウサギはどんどん殖えてしまう動物で、そのお盛んな様から、と聞いた様な気がする。もう10年以上前に、立川の昭和記念公園でうさぎを捕まえたことがある。クリスマスローズの茂みで茶色いものがガサゴソ...
Read More

お屠蘇 

元日はゆったりと過ごし、何事も事始めは2日から…ということになっているが、近所のヨー○ドーは元日から営業、おせちの意味があるんかい!な今日この頃。ブログは今日が書き初めだ。お屠蘇ネタ。年に1回しか飲まないお屠蘇。しかしお屠蘇自体、知らないし飲んだ事無いという人も結構いるようだ。で、これには地域も関係しているようだというのを知った。全国でお屠蘇は飲まれていると思っていたので今更ながらへえ~だが、西日本の...
Read More