かはづ草紙

玉川上水のほとりから玄界灘近くに移動しました

立川の盆栽苑 

東京に戻って来ると、また暖かい日が続くようになった。帰省中北九州のほうが寒い日が続き、どうも体調がすっきりしなかったのだがおひさまぽかぽかの日が続くとうれしいものだ。なんと20℃というぽかぽか陽気と、そろそろ梅もいいのではと相方と立川の公園に散歩に行く。リハビリ兼ねてるので、いつもの歩調の80%くらいのややゆっくりめのペースで。ロウ梅はもう終わり、今は梅が白、ピンク、赤一重、八重と早いものでほぼ満開、...
Read More

これはやみつきな生姜スナック 

アメは喉痛の時にしか舐めない自分にとってはアメ類は一年に数える程しか買わない。でも風邪でもないがなんとなくホコリっぽい春先にはすっきりするものがあるといいかな、と思い店のキャンディー類の棚を見ていたら、生姜の砂糖漬けの小袋を見つけた。お値段はかなりいいので迷ったが(小さい一袋¥500…)オーストラリア産という珍しさと、原材料が生姜と砂糖というどシンプルさと厚いブロック状の生姜という、普通の薄い砂糖漬け...
Read More

冬のものと春のもの 

帰省直前に、やっとこさギンナンを食べた。昨年11月に記事に書いた、公園で拾ったギンナンを正月の煮しめの彩りにするつもりだったが相方のお腹具合がわるく、そのチャンスを逃したのでなんだかいつ食べようか…で2月まで引っ張っていたのだ。見た目、いかにも杏のように美味しそうなのに…この香り。ぐはっ殻剥きを相方に手伝ってもらい、小鍋に入れてお湯の中で転がして、薄皮が取れるのを待つ。この日はおでんだったので、ほんと...
Read More

柑橘大小 

冬の寒い景色の中で、鮮やかな色が気持ちをほっかりとさせてくれる柑橘類。素人が庭で作っても、果汁を使うタイプのものなら比較的失敗もなく栽培できるのもうれしい。もう温州みかんが終わりで、かわりに中~大型の柑橘が店に並ぶ。小さいのが普通の温州みかん。小さめのボンタンが果肉の黄色い「サワーポメロ」。ちょっと大きめのが果肉が鴇色のいわゆる「ボンタン」。九州にはあの「ボンタンアメ」で有名な「ボンタン」をはじめ...
Read More

山のあなたの回線遠く 

少しの間更新が滞っていたのは、また帰省していたから。家でも一応PCはあるので、その気になれば更新もできるのだが…なんとも回線状況が悪いのだ。この写真をご覧いただければ納得でしょう。黒電話。デコラの衣装たんすがたまらん高度経済成長。メインは一応FAX付きの今時プッシュフォンだが、親の寝室には、この家で40年使って来たこれが現役。たまにとると、受話器の重さを感じる。山が多いこともあってか、PC使用中にそれまで接...
Read More

共生するテナント 

立川の、モノレールの駅で立川南という駅がある。ここは駅を挟んで両側にパチンコ、近くにはウィンズもあり、ギャンブラーが集まる場所だ。(北口からちょっと行った場所には、競輪場がある)そんな駅のすぐ横にあるビルには、有名な専門学校や塾がびっしり入っているのだが、ここに、1つ気になる看板が。蛍光灯の下では、せっせとお勉強している人達。これ、ショーパブ、それもオカマさんのお店。前はよく立川北口付近で、美人か...
Read More

野鳥との距離 

ここのところ、家でご飯を食べていると、待っていたかのようにテーブルの真向かいの樹の枝に鳥がとまる…ような気がする。こんちはー、ごはんくれー(キジバト)もう少し経てば、青い草だってそろそろ生えて来そうなそんな春の日差しなのだが、今がいよいよ実も食べ尽くし、餌が無い時期なのかもしれない。事実、1月にはあったピラカンサの赤い実も、ネズミモチの黒い実も、全て食べ尽くされてしまった。樹をつつくのはこのあたりに...
Read More

その名もシオーナ 

たまに利用する、駅ビルの中でありながらなかなかにリーズナブル価格な野菜屋。そこで、気になる野菜発見。「シオーナ」。ミニチラシをもらったのだが、ほんのり塩味がするらしい。だからシオーナなのか?薬みたいな直球ネーミング。(このセンスは嫌いではないけど。)…と思ってよく読んだら、「潮菜」からきているらしい。もともと南アフリカの「アイスプラント」という植物を日本の大学で研究改良したもので、「クリスタルリー...
Read More

橙ピール 

昨年か一昨年だったか、夏みかんの皮でピール作りに初挑戦してみた。最後の水分を飛ばすのがなかなかに時間がかかった。できたものはそれなりに美味しいが、ピールが高い理由が分かった気がした。今年いや昨年は、庭の橙が実るようになって3年、20個近く実ったので、それを使うことにした。調べると、マーマレードも橙が一番、と書いている方もいる。多分、皮の厚さが、加工に向いているのだろう。これは期待できそうだ。なにせ完...
Read More

東大和 廃プラ施設 寝屋川との共通点 

昨年夏に、大阪の親戚を訪ねる機会があった。家への道すがら、寝屋川のリサイクル施設の前を通った。廃プラ施設関係の健康被害では、東京の杉並、大阪の寝屋川が知られている。以下、親戚にその後撮影してもらった周辺写真をご紹介。緑に囲まれた、広々としたいい環境に見えます。1右に川、左手に4市の廃プラ施設。車で通り過ぎたのだが、そこがそんな被害が出ている場所とはとても思えないような、ゆるい傾斜地を切り開いて造った...
Read More

おでんにも野菜 

トマトおでんというものがあるらしい。それって、要はトマトシチューではないのかと思ったが、写真を見ると具はあくまでもチクワなどトラディショナルなものが写っていた。ブイヨンを入れた牛乳スープ(具は、豆腐にベーコンに白菜、タマネギなどお好みで)にとろろ昆布を入れるのが好きな自分にとって、トマトおでんも多分問題なくいけると思う。でも相方がどう思うか。そんなわけで、とりあえずいつものトラディショナルおでん。...
Read More

沈黙しない春 

1年のうちで、啓蟄、大暑などいろいろ暦の呼び方があるがその中でも1日前と何が違うのと思いつつ、でも嬉しい気持ちになるのが立春だ。その昔読んだO.ヘンリーの本で「やがて、「春が来た」と暦が臆面も無く嘘をつく時期になったが」(曖昧な記憶なので…)というくだりがあって、「暦の上では春とはいえ寒い日々が続きますが…」という日本の常套句と同じだとなんだかおかしくなった。先週は天窓にびっしり霜。真っ白に光ってダイヤ...
Read More

恵方巻 

今年恵方巻デビューしてみた。なんとなく、今年くらいは験担ぎをしたいという厳粛な気持ちになったからだ。←なんか違う。恵方巻なるものがあるというのを聞いたのは、10年とかそのくらい前だったか。もしかするとまだ10年も経っていないかもしれない。スーパーだかコンビニだかで太巻きを売っていて何だろう…と思ったのが最初だった。もともと関西のものだそうだが、(その中でも大阪とか)少なくとも「西」文化圏の九州でも聞いた...
Read More

東大和 廃プラ施設 自分の家から見えなければ分からない? 

昨年の事になるが、年末12月に、小平市の焼却場にまた消防車が来た。「また」というのは、ここは昨年の9月に、金属の柵が曲がる程の爆発事故があったからだ。スプレー缶の爆発が原因と聞く。この9月の事故は消火に時間もかかり、市報に載った事は以前書いた。→こちらをクリック。12月の火事も、スプレー缶によるものだったらしいが、この時は普段はあまり使う事の無い、近所の住宅地にある消火栓から消防車が水をひいており、(水...
Read More