かはづ草紙

玉川上水のほとりから玄界灘近くに移動しました

虫、出てきた。 

もうすぐ4月なのに、なんだかんだで寒い日が続く。でも梅は終わり、ユキヤナギやコブシ、レンギョウといった4月の花が咲き始めた。震災後の重たすぎる現実にも、春は確実に来ている。蟻が這い出るにはもう少しなのだろうが、モンシロチョウやハチが(ハチは今月上旬から)飛び始めた。そして、庭のユキヤナギを見てたらなんとバッタを発見。ケータイでは寄れませんでした…ぼけぼけ。そうか、バッタは成虫で越冬するものもいるの...
Read More

45才まではタダ 

最寄り駅から数分のスーパー掲示板に、イナカにありがちな若者の出会いをお世話する爽やか系イベント(決していかがわしいものではない)のチラシが貼ってある。ここらへんもこういう事をしないといけないほど「嫁不足」なのかと故郷を憂えたが(ウソ)そのスーパーの近くの電柱に貼ってあったこのチラシ。プライバシー保護のため一部伏せてます。福岡市は独身女性が全国一男女比で多いそうだが、(サービス業等の第3次産業が殆ど...
Read More

ストレス性障害 

また昨日も北九州で飲食店に置いた震災義援金の箱が盗まれた。究極的には自分自身が被害を受けなければ、自分の事として考えられないのかもしれないが、こういう泥棒行為に走る人はごく一部の人だと信じたい。日々震災に原発のニュースで重苦しい空気に包まれているこのごろ。スピッツの草野マサムネ氏がストレス性障害になったのは当然だと思う。「いろいろありますが、頑張っていきましょう」などと他人事のようにさらりと言える...
Read More

制御不能 

のっけから不安にさせるかもしれないが、今帰省している。家人をそのままにして一人だけ首都圏から出る事に後悔も迷いもあったが、余震に静岡の地震、安心材料が見つからない状態の原発ニュースを見て話し合いの末、決めた。停電の中の食事。懐中電灯の類いは、テーブルに置くより頭上に吊るすほうが、ぐっと明るい。トップライトと間接照明の違いを認識。水を鍋に溜めたり、片付けをして家を後にしたが電車の中で隣に立っていた若...
Read More

停電と原発 

震災の後始まった「計画停電」。住む場所によってグループ分けをし、一日のうち3時間、あるいはそれ以上停電になる。ことになったものの、これがさっぱり電話、繋がらない。あれだけの地震だ、停電になるのは覚悟していたし、それに備えて用意したものもある。節電は必要だと思うし、その分被災地に回してもらえるのならそのほうがいい。非常袋を点検。賞味期限の切れたビスケット。大丈夫とは思うけど、今回新しいものと入れ替え...
Read More

何を信じろと 

地震の後、福島原発のニュースが連日報じられている。「10キロ外ならば安全」(→じゃあ10キロ内はヤバいってことか。)「20キロに拡大」 (→これまでの話はなんだ)原発事故の恐怖は、勿論チェルノブイリのような直接的な爆発の影響も恐ろしいのだが、じわじわと事態が悪化していく事を、手をこまねくしかないという事を思い知る、そんな生殺し状態を感じることだ。故意か現場の混乱か、錯綜するは会見の答えが的を得てないは、そ...
Read More

頼む、もう原発やめてくれ 

ここのところの面倒な作業が一段落ついた。3/11、春っぽく芽吹いてきた樹を見ながらご機嫌に買い物を済ませ、お昼をとった後さあ趣味の事を始めるぞ、と机に向かっていた。そしたらぐらっときた。はじめはそうでもないが、机の下に潜ってる間に次第に揺れの振幅が大きくなっていく。家具の上に置いていた貯金箱や救急箱が落ち、本棚から本やDVDが一部なだれ、スピーカーが横倒し。他の棚のガラスや窓ガラスがびりびり音をたててい...
Read More

東大和 廃プラ施設 キケンな3重汚染 

前回、立川の施設の記事の続き。物を高温で燃やしても、物質が見えなくなっても、必ず何かは発生している。含まれていたものの中の微量な有毒物質までが、化学的に分解されるという保証はないだろう。プラ製品の製造に関わった事のない人にはピンとこないと思う。例えば変な塗装加工等の無い木製の机ならば材質は木だけ、石像なら石のみが原料…といったような、純粋なそれだけの材質で出来ているものでは、プラスチックは無い。そ...
Read More

東大和 廃プラ施設 立川でもいろいろ。 

今朝3/10の東京新聞多摩版に、立川市が導入を検討しているごみの資源化装置に、「待った」がかかったという記事が載っていた。「立川市 装置導入を留保」ー廃プラ資源化 専門家「リスク高いー「老朽化している清掃工場の移転問題を抱える立川市は年度内に最終判断するとしていた廃プラスチックの再資源化装置導入について9日の市議会環境建設委員会で、結論を留保する事を表明した。技術的な調査をしていた専門家委員会が「現時...
Read More

たまには切り花 

今の季節、花屋で見かける花の中で「たまには花でも買って帰るか」と思えるくらい好きなのがラナンキュラス、スイートピー、アネモネ。特にラナンキュラスとスイートピーは、いろんな色があるけど薄いピンクがいい。普段青や白といった花の方に好きなものが多い自分を知る人が聞いたら「ピンクのスイートピー???」と予想外のフリフリラブリー趣味にのけぞるかもしれない。…自分でも不思議だが、この種類はピンクが何故か好み。...
Read More

おでんのたまご 

「おでんに卵が欲しいんだよね。今迄ずっとガマンして来たけど」という家人の告白を聞き、そうかー、そうだったのかー、と今更ながら思った。こんにゃく大好き。いつも2枚分入れる。なにをかくそう、食べ物でこれは避けたい、というものは案外少ないほうだ。○黄身の周りが青くなった超ハードボイルドな卵○焼いてないパンにたっぷり挟んであるマヨネーズや、マカロニやポテトサラダのマヨネーズ和えの類い。これ以外は、まず大丈夫...
Read More

看板くらい出せや(追記あり) 

1月のこと。(追記以外の本文は、2月上旬時点での情報を元に書いています)近所の西武拝島線の線路沿いの野火止用水(ただしこの辺りは暗渠になっている)沿いの樹に、やたらにビニールひものマークが付いていた。分かれた枝がまたくっついてるケヤキの木にもヒモのマークが。ちょうどお正月が終わってから、そこより南側の玉川上水沿いの樹を水道局がギンギン伐りまくっていた頃だ。(…というと聞こえが悪いけど、ノリ面崩落防止...
Read More

海の無い場所の海賊 

乾燥注意報ばかりの東京都小平市、玉川上水沿いの道。柵にくくり付けられたコレ。後ろはアーロンの手配書か?ちょっと懐かし。で、いつどこで何をやんの?ミステリー。...
Read More

東大和 廃プラ施設 市議会だより 

ちょっと前のネタになってしまうが、1月30日付の小平市市議会だよりについて気になるネタが3つあったので紹介したい。これは新聞の折り込みで入っていたものだ。昨年の12月の定例会についての報告がここには載っている。まずは冒頭、平成21年度の一般会計決算への各会派の意見がまとめられている。これはかなり見やすい。どこの党が、どういう姿勢でいるのか簡潔でわかりやすい。(紙面の一部です)で、ここに1つ目の気になる言葉...
Read More