玉川上水沿いのジャングルからの徒然なひとりごと

不安をかかえて暮らすということ

2011-07-31 Sun 12:30

牛肉に続いて豚肉からもセシウムが出たという。

かなり微量で、基準値超えではないので
「問題ない」(いつもの…)ということだが、
牛以外の畜肉からも出るというの予想されていた事。

そして、この経緯もまたどうだろうと思うのだが、
この豚は震災後、6月に「繁殖用」として
福島の計画的避難区域から熊本の農場が購入していたのを、
7/11に「食肉」として処理したと聞いた熊本県と市が
14日に検査したところこの結果だったという。

6月に買って7月に肉にするんじゃ、
「繁殖用」といえるのか?いや、確かに鶏でも
産卵効率も落ちた年とったものは
やがては肉になるのだが、この豚の場合なんか疑惑が…

しかもそのニュースが何故今頃になって出る?(28日に聞いた)
なでしこや中国の新幹線のニュースを流すヒマがあったら
こういう事こそ優先させてほしい。

熊本県内では福島から入って来ている家畜は
この農場の豚15頭だけという話らしい。
だが微量とはいえ検出されているのだ。
他の県はどうか、これからの結果が気になる。

牛と豚の飼育環境や餌の違い、さらに福島以外の地域からの豚はどうか、
そういった事もすべて分析、追跡調査しないと
畜肉の汚染問題は拡散することはあっても
とどまらないのではと思う。

稲藁に限らず落葉や家畜の糞を原料として作った堆肥を
全国にばらまく事はストップしなければいけないし、
とにかく汚染地域をもっと調査して、
そこでの生産は今は諦めてもらうしかない。
更なる汚染を最小限にとどめるためにも。

代々土地と共に生きて来た農家や漁業の方には諦めが
つくものではないだろうが、
放射能の汚染を知りながら、そこで穫れるものを
変わらず売ること、それを認可する事は
今は「自粛」などではなく規制しなければキリが無い。


比較的早い段階で福島産の牛が宮崎の農場へ移動したという話を
聞いていた。
こういう家畜が、「福島産」ではなく最終的な飼育農場のある
「宮崎県産」として既に出荷されていても、
消費者には非常に分かりにくいし外食や加工品になっていたら
もう選択のしようも無い。

そしてそういうケースは売れない物産の今後の対応として
いくらでも出て来る事が考えられるだけに、
今回の豚の事は数値は低いとはいっても、
遠い東北の事とどこかで思っているような地域の人達には
衝撃ではないかと思う。


東京にいると、ここの台所は東北、北関東だと再認識する。
野菜も肉も卵も牛乳も、つまりは被災地+北海道産のものが
殆ど。(茨城や千葉にはホットスポットがある)
今の季節ではゴーヤも九州沖縄ではなく北関東産。
他の地域のものを選ぼうとすると、なかなか労力を要する。

しかし九州の実家にいると、牛乳は九州内、肉やもちろん魚は地元、
野菜もよほど特産のもの以外は近場のものだ。
だから東北産のものは産地応援の意味で選んで買う以外は
東京と比べれば機会はとても少ない。

ボロになっている玄海原発、何の問題も無いと思っている方は、
もし川内や玄海で福島級の事故が起こった場合、
食生活が一変するという事を、一度でいいから想像して欲しい。
東京都心で福島第一から200キロ超、都心北東部の葛飾や足立には
北茨城に匹敵するホットスポットが存在する。
更に静岡の茶からも放射性物質は出ている事を思えば、
想像以上に広範囲に汚染は広がることが想像できる。

九州で新鮮な食料をまかなえている恵まれた今の環境は、
ひとたび原発事故が九州内であれば、逆に
買いたい安全な生鮮食料が殆ど無くなる
という事になる。

「玄海町は九州のチベットと言われる佐賀の中でも
貧しい地域だった…住民のことを思い原発を誘致して
入ったカネは当時の使用用途規制で箱ものを造るしかなかったのに
それを10年20年経った今批判されるのはおかしい」
「(再稼働について)反対意見は県外からのものばかりだった」
(だから問題ないとでも言いたいようだ)

あの中国と闘っているチベットに失礼な話だ。
こんな事を今でも言ってのける、「オラが町だけよけりゃいい」
思想のトップをよしとするような自治体では、
原発を誘致したところでやる気のある若い者は寄り付かないよ。

子供を外で遊ばせる事も、布団を干す事も
庭で土いじりをする事も、できない。
暑くったって、外に出る時はマスクをつける。
子供を作ることだって、もしかしたらあきらめなくてはいけない。
野菜ひとつ、牛乳一本買うのも産地偽装を疑いながら。

そんな生活を送ってみたいと思う人達だけが
原発を遠く離れた地球外で推進すればいいと思う。
私は、ごめんだ。

スポンサーサイト

別窓 | 原発はこの先いらんと思う。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

今怒らないでどうする その2

2011-07-30 Sat 11:16

児玉教授の参考人陳述の後の、質疑応答編
youtubeで紹介されているので載っけます。

時間が長いですが、質疑応答という形式のためか、
この方の話の歯切れがいいためか
それほど長いと感じないので、
ここはひとつ、ちょっと集中して正座して
見て下さい。



冒頭の進行役らしい議員の、「まあ」「あの」連発の
ボケた他人事的表現にムカつくのは
自分がカルシウム不足なのかもしれないが、
質問している他の議員達はそれなりに危機感をもっているものと
思いたい。

…というか、魚にしろ牛にしろ野菜にしろ、
今起こっていることは食生活はどうでもいい他人任せの人以外は、
大抵の人には想像がついていた事
なのではないかと思う。

政府も、情報はつかんでいただろうし
分かっていた筈だ。SPEEDIにしたってそうだ。

そしてこういう事態が思った通り起きてしまっていて、
食い止めるどころか今ようやくこういう人達の意見を
聞いている、そのちんたらした状態が続く事、
今もなお「心配ない」と言う意見にすがり国民を騙せると思っている
一部の政治家の人達への不満は、相当なものだ。

予想されていたことを、なぜ防げない。
手をこまねいているだけなのか。
補償を心配するうちに、被害は拡大する。
もう福島や東北の被災地だけの問題ではなくなって来ているし
今後日本のものが輸出できなくなるならそれこそ経済へのダメージは
計り知れない。

原発推進をまだ言う人達はやたらと「経済がおちこむ」と言うが
落ち込むのは「技術の日本」がいまだ事態を収束出来ない状態と
自国民への情報隠蔽、被害拡散、そういう現状を
特に放射能に敏感なヨーロッパの国はちゃんと見ている。

だからこその当然の結果で、原発が減るから経済がダウンというのは
あまりに短絡的だろう。
自国の国民への情報開示もできず、避難への援助も遅れている国の
製品を誰が信じられますか。

CA2800156.jpg

各々の学説でどれを選択するとか、
今はそういう場合ではなく
元々地球上には無かった人為的な放射性物質が
再び大量にばらまかれてしまったのだから、
今はとにかく迅速に、
日本が持つ技術と知識を総動員すべきだ

という児玉教授の訴えは、人として当然。

この7/27の児玉教授の一連の発言をこの場で聞いても
何も感じ取れない人は、すぐに議員バッジを返上すべし。

なんのために専門家がいるのか。
研究者がいて、国費を使っているのか。

「安全で何の問題も無い」と言うだけのためなのなら、
そんなの無知な一般人だって言えるではないか。

こういう、本当に被災地の人の健康を心配して憤っている
真のスペシャリストに企業の力が救済と復興に
活かせるように制度を見直し、援助をし、必要な対策を
講じるのが政府の役目。

個々の研究室でやっていけるような、
そんな状態には今は無い。

…と少しでも思う方は、
youtubeの再生、拡散に評価やコメント、
更に政府担当部署やお近くの自治体に働きかけましょう。

CA2800155.jpg

怒るのには、持続させるにはエネルギーが要る。
でも、私たちは舐められてるんですよ。
今までずっとそうされてきたんですよ。
いくら「和をもって」の農耕民族でもね、
今怒らないでどうする。

別窓 | 原発はこの先いらんと思う。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

悩ましいサンドイッチ 続き

2011-07-29 Fri 20:29

サンドイッチ用にいい、通気がよくて
それなりに量の入る弁当箱を探している今日この頃。

実家から庭のブルーベリーが届いた。

まだ「ブルーベリー?何ソレ」という頃に
鹿児島で実験的に栽培していた研究所みたいなところから
株をもらったもので、かれこれ30年は経つ。

すっかり背丈より高く繁る、壁のような状態の株が
毎年夏にぶりぶり実るが、同時に鳥(特にヒヨドリ)との
闘いが始まる。

鳥はよく知っていて、植え付けて始めの頃は
どんな実か警戒しているが、食べられると分かると
毎年その時期になるとやって来る。

特にヒヨドリは雑食で身体も大きく人を恐れないので
コイツに狙われたらある程度は鳥にやると覚悟しないといけない。

そしてヒヨドリ以上にやっかいなのが、イラガの幼虫。
見るからにトゲトゲだが、刺されると腫れて痛い。(らしい)

で、そのブルーベリーが入っていたのが
この箱。

DSC_00032.jpg

おおお~もしかしてこれは…

ブログに書いていたのを読んだのか、
「サンドイッチやおにぎり用に使えます」という
購入時についてきた説明書もそのまま同封してあった。

量的にも、ちょうどよさそうなので、
お弁当用にフル活用しそうだ。
ELL○と大書してあるのがちと恥ずかしいけど
ここは目をつぶります。

ブルーベリーは届いた当日に半分はコンポートに、
半分は生と冷凍に。

おすすめは、少し熱を加える食べ方。
焼いたパンに生のブルーベリーを挟むだけで、
生そのままで食べるより香りが出て美味しい。

中身と入れ物、二重にうれしい贈り物だった。
イラガに刺されながら収穫してくれた姉に感謝。

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

今はブレていい。

2011-07-29 Fri 20:17

とにかく、この動画を見て下さい。(拡散希望)
7/27の衆議院厚生労働委員会での
「放射線の健康への影響」に関して参考人陳述をした
東京大学アイソトープ総合センター長の児玉龍彦氏。

こういう学者がいた事に光明を見た気持ちだが、
7月も末になって、ようやくこの話って4ヶ月国会はなにやってたの。
それどころか海江田は「再稼働」って動いてたし。



もし動画が削除されていたら、「衆議院TV」からも見られます。
コチラをクリック。→衆議院TV

学者は、研究調査するのもお金がいる。
だから反体制的な事を言うと、干されたりなんかで
研究も出世もアウト。
御用学者と言われる人達がなぜうまれてしまうのか、
それをどうにかしないと、今後も何か分かりにくい分野には
御用学者が動員されて、真実が隠蔽されていく。

ちょっと前に香山リカが、「脱原発と言うのはニートの人達等で…」
「ネットの世界で反対をいくら言っても…」
と言った事が批判にさらされていた、らしい。

でもよくよく見れば、別に香山リカは脱原発運動自体を
否定しているわけではない。
ある意味、
「本当に訴えたいことはネットでつぶやいたりするだけではなく
政治的に効果があると思われる行動にもっと移した方がいいのでは」
というしごくまっとうな、現実的なアドバイスに自分には思えた。

その香山リカは、震災直後3月か4月の新聞で、
「知らなかった事はそれと認め、認識を変えて行く
柔軟さがこれからは求められる…」
というような事を書いていた。(記憶です)

これは、これまで原発は安全と信じていた人、
安全なんて思っちゃいないがお金や仕事のため目をつぶっていた人、
御用学者の人達、日本は資源が無いから経済発展し続けないとと思う人、
そういう人達に言っているのかと、感じた。

原発の安全のための装置を撤去させていた某元首相の
「ぶれない」で、ブレないことがいかにも大事と思っていた人も多かった。

しかし、間違っていた事、事実を隠蔽されていた事、
そういう事は、それが明らかになった時点で
検証し直し、同じ過ちを犯さないためにそれまでとは方向転換するのが
脳みそのある人間として当然。

いつまでも過去の業績や方針にこだわり、
その弊害に目を向けずに突っ走ろうとするのは、
年とって何事にも対応しきれなくなった証拠。
そういうのを老害というのだ。
与謝野氏なんてまさにソレ。
あんたはいいけど、未来のある若者を巻き添えにするなって。

「ブレない」と言っていたその元首相でさえ、
震災後は「今後も原子力に頼るのはいかがなものか」的な
コメントを出していた。

信じたいけど、この元首相はどこまでもやり方が
巧みなので、本心かどうかはかりかねる。

なんにしても、人間は絶対ミスをする。
そして「完成」はあり得ない。
たいした頭脳もないのに、乏しい情報で、狭い範囲で満足して
「ぶれない」と言っててもそれ以上広がって行かない。

だから、
「人類が永続的に安全な環境で安心して健康的に暮らして行ける」
という基本的人権を守る暮らしをおくるという根っこが
ぐらつかなければ、次々技術が開発され
情報も新しくなる現代で、過去の成功例に固執し続け
そういう暮らしが送れなくなる、という本末転倒な事は無いのでは。
そのための「変節」「方向転換」はアリではと思うのだ。

そういう意味では、たとえば御用学者がある日
「やはりこの地域は危険ですから避難を」
「プルトニウムは絶対飲んではいけません」
と言い始めたとしても、今はその人の変節を責めるより先に
その人もまきこんで、早急に危険地域対策をするべき。

恥ずかしくて、今更そんな事言えない学者の人達が
沢山いるのだろうが、認識を柔軟に変える事は
事が実際に起こってしまった今は、必要だ。
そういう勇気を、専門の学者、企業は表して欲しい。

別窓 | 原発はこの先いらんと思う。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

さよならアナログ

2011-07-26 Tue 20:30

24日の日曜日。
アナログTV放送の終了の日。
こんな画面だった我が家のTVだが、
DSC_00025.jpg
この「あと何日」という左下の表示は「ヤマトみたいだ」
ある世代には感慨深いものがあったらしい。


正午にはこうなった。

DSC_00026.jpg

NHKでは、一瞬どーも君が出現した。
このまま24時まで出してりゃかわいいのに
このすぐ後には、こうなった。

DSC_00027.jpg

で、その日の24時には、こうなった。

DSC_00031.jpg

てなわけで今現在TVは一秒も見ていない。

まことに静かだ。
というよりもともと何度か書いたけど
TVというものを殆ど見ない生活なので、コレといった不便は
感じない。

朝食をとりながら時計代わりにつけていたようなものなので
今はその「電気無ければただの箱」TVの上に目覚まし時計がある。

とはいえ、今後まったくTVを使わないわけではない。
今やニュースはネットで事足りるし
動画サイトなどで好みのものを見られるので
いらないといえば要らないのだが、
ビデオ等が見られないのもどうかな、というのもあるし
一応地デジ対応は今後やる手続きだけはやった。

ただそれが24日以降だというだけだ。

壊れてもいないTVを買い替えるのも勿体無いし
とりあえずは今のアナログTVをそのまま使えるように
ケーブルTVとの契約をした。


他所より電化製品の遅れていた我が家では
かなり後までガチャガチャチャンネル式の白黒で
ダイヤルが外れてもなお使っていたが
今や実家のTVのほうが、随分前から薄く大きな
ハイビジョン。

年寄りはTVが友達というが、本当なのだと思う。

TVの影響を受けて育ったのに、
いざアナログ放送が終わっても特に感慨は無いし
見られない事にコレといった不便もない。
薄情なことだ。

多分、大きめの余震が来た時に
TVを点ける、(PCだと立ち上げるのに時間がかかる)
そういう時にあるとなんとなく安心するということだろうか、今は。
それとて震度を後から知っても仕方無いのだが。

砂嵐になる前のお知らせ画面とBGMは同じようなブルー基調とはいえ
微妙に局によって違うが、
砂嵐はもちろんどこも同じ。

DSC_00028.jpg

DSC_000030.jpg

DSC_00029.jpg

直前まで未加入世帯が10万件と言っていたが
この後問い合わせがやはり10万件程あったらしいから
いざTVが砂嵐になって、始めて知り「見れないんだけど」と
言って来るお年寄りも中にはいるのかもしれない。
チョイスがいろいろあって、どれにするかお年寄りには
面倒くさい手続きだろうし、一人暮らしの高齢者への
サービスをしている人達はこの地デジ関連の手続きについて
きっと嫌というほど質問や代行を頼まれたに違いない。
「地デジ手当」がいるんじゃないのかな。

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

悩ましいサンドイッチ

2011-07-21 Thu 20:46

ここしばらく、家人のお弁当にサンドイッチを作っている。

おにぎりでもいいのだが、朝がパン食なので
そのついでにトースターで焼くということで
サンドイッチになっているのだ。

夏の暑さを考えると、生っぽいのはちと心配。
なのでパンはしっかり焼き目を付けたり
はじめからチーズやピザソースをかけて焼く
オープンサンド的なものにしたりと
水っぽさは極力排する方向で作っている。

で、最初は入れ物が間に合わずラップ+ホイル等で代用していたが
さすがに毎日の事、ちゃんとした入れ物が欲しいと思い
買いに行ったのだが…

これが、なかなか無い。

今は、おにぎりにも使える古式ゆかしい竹のあじろ編みの
行李の小さいような形のお弁当箱に入れている。

しかし、コレ、ちょっと小さい…

買う時散々迷って小のほうにしたのだが
大では中身が泳ぎそうな大きさだし…と。
でも、これ1個ではサンドイッチ用のパン作ったものは
ギュー詰めにしてやっと3個。
2枚分のサンドイッチ(半分にカットして都合4個)を
これに入れるのは無理なのだ。

結局ハンパに入らない分は別に包んで
この箱の上に乗っけるはめになり。

うーん、なんか上手い具合に全部入って
なおかつ通気のよさそうな入れ物ってないのか…?

と思って探してるけど、
これが「コレだコレ!!」と小躍りするようなものに
まだめぐり合えない。

CA2805940.jpg
立川の駅ビルが改装して新たに入ったお茶の店。
サンドイッチ研究も兼ねて入ってみたら、
テーブルにサンドイッチ専用の紙がナプキンと一緒に用意されていた。
これにはさんで食べるということらしい。すごい。


これまで探してあ、なるほどと思った弁当箱。
○プラのメッシュで折りたためコンパクトになるタイプ
○竹籠系で他の種類
○いっそ洗いやすく雑菌の繁殖しにくい丈夫なステンレス
いくつか候補はあれど決定できない。

プラのはいいのもあったがどれもサイズが…
みんなホントにこのサイズでオッケーなのか?
と思うほどこじんまりとしている。
竹籠は汚れ考えると結局紙だのラップだの敷くのもなんだか。
ステンレスはサンドイッチ以外のお弁当にも使えるが
逆にサンドイッチ用としては高さ等の点で不向き。

う~ん…

繰り返し洗って使える、まるでケーキ箱のように
折って使う薄い樹脂素材のものも最近はあって、
これでもいいのかも…とも思え、迷う今日この頃。

どなたか、サンドイッチにはコレがいいという方
情報お持ちでしたらぜひ。

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

オオタニワタリ

2011-07-19 Tue 20:32

これは珍しい。

オオタニワタリの葉を売っているとは。

DSC_00180.jpg

島に行くならともかく、滅多に入手出来るものではない。
割高だけど、10秒くらい迷って買う。

この植物は沖縄の島々に生息しているもので、
若い芽を食べるというのを数年前西表島に行った時に知った。

その時はせっかく西表に行きながら、
お店でそれを食べる機会もなく終わってしまい、
後で「ああ、どんな味なのかなあ」とちょいと後悔。

かといってそうそう売っているものではなく、
いつかまた行く事があれば、と思っていた山菜。

それが、立川の伊勢丹の地下で「宮古島野菜フェア」として
売られていたのだった。

「炒め物、煮物等に」と書いてある。調理例は天ぷらだった。

ちょうど厚揚げあるし、チャンプルーにしてみるか。

夏の料理は、いろいろ考えず時間もかけず
いつも以上にざざっと炒めるもの+冷や奴orトマト
になりがちだ。

この日も作ったと言えるのは
この一皿だけで、魚はイワシ煮を解凍しただけだし
トマトは切るだけ、小丸ナスの漬け物はパックから出しただけ、
写ってないがおつゆはとろろ昆布やアオサに
お湯かけた即席海藻汁。

CA2805970.jpg
オクラとニンニクの芽、モヤシと厚揚げとで
ニンニク醤油で炒めてみました。くるんとしてるのが先端。

オオタニワタリはシダ植物の外観からの想像通り、
ゼンマイやワラビのように切ると少し粘り気があり、
山菜らしい青臭さと苦みが多少あって
しゃきしゃきとした歯応え。

西表島のジャングルの中で見たそれの巨大な姿からして、
沖縄近辺だけなのかなと今の今まで思っていたが
なんと九州の他の県や三重県、和歌山県にもあるという。
ただし絶滅危惧種。←クリック。

台湾でも炒め物の具として使うとあるが
確かにシャキシャキとした食感はささっと炒め物に向いている。
天ぷらにすればこの粘りがまた違った美味しさになるのだろう。
機会があればいちどお試し下さい。

別窓 | うちめし | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

主食だからなあ

2011-07-18 Mon 20:29

福岡の友人から、ベトナム土産と一緒に
自宅で作ったタマネギがどっさり送られて来た。

産地表示を信じるしか無いが、
あちこちの店で選んで買っている身としては
大変ありがたい。

小ぶりでしっかり身の締まったタマネギ。
吊るしておけばもつというので1階の暗がりの
ハシゴにひっかけておく。

これで半年分はありそうだ。
カレーをせっせと作るとするか。
ピクルスにするのもよさそうだ。

CA2805920.jpg

牛肉の基準値超えで騒がしいが、
悲しいかな予想されていた事だ。

配合飼料が混乱で届かなかったため屋外の藁を
与えていた、これは充分予想できた事だからだ。
生き物なのだから、飢えさせるわけにいかない。
農水省が屋外の作物の危険性を察知していたのなら、
農家に周知徹底させるしかなかったし、
漏れた場合の被害の大きさを思えば、早い段階で
思い切った情報開示と出荷停止、補償をするべきだった。

曖昧な部分はすべてこうやって後から
拡大した被害として現れる。

暖かい季節からは牛は放牧もする。そうなると牧草はどうなのか、
糞や葉由来の肥料はどうなのか、一時の問題ではない。

石垣島に行った時、そこでそこそこ育った牛を本土に持って行って
一定期間飼育すれば「○○牛」などと、高いブランド牛として
売れるのでそうしている、という話だった。
そういう事は、例えばお茶でも九州産や静岡産の茶葉を
ブレンドして他所の高級茶の「○○茶」として売っているのと
似ている。

それを思えば、今後予想される問題は沢山ある。
牛だけの問題ではない。

正直これから外食や、出来合いの食品は
原産地を追う事は殆ど無理なので
気になる人はなるべく食べない事しか無いのではと思う。

自分で作る場合も、食材の選択の自由が狭められてるのを感じる。

こういう時にどうやって情報を開示していくのか、
どれなら安全と言い独自に基準を設定するのかなど
生産者、小売り、今後の姿勢が問われているが
何しろこれまでろくに基準もなかった問題、
「国に倣いたい」のが本音だろうけど
その国がいまだに通常の何倍もの暫定基準値のままなのだから
疑念はいつまでも払拭できない。

DSC_00200.jpg
夏は桃が無いと~桃様~

そんな中、お米が72年ぶりに先物取り引きの
対象作物となるという話が今月1日にあった。
まだ実験であり、2年間の反応を見て
実際の本上場を検討するらしい。

株も投資もさっぱり分からない
貝のお金時代の頭の自分にとっては、
なんだかわかるようで
さっぱり分からない話だというのが本音。

でも、
主食を先物の材料にして、
ホントに大丈夫なんだろうか?


という気持ちはある。

今、放射能汚染と東北のお米の作付けが出来ない状態を
考えると、タイミング的にもどうなのかと。

…と思っていたら、今朝の新聞に
政府の備蓄米が予定量の4割に満たない量しか確保できていない
という記事が載っていた。

今年の秋に穫れる予定のお米を政府が買い上げて
備蓄に回すのだが、これまで8回入札をしたうち2回は
「応札無し」というトホホな結果だったりで
やっと予定量の34%しか買えていないのだという。

今年は震災の影響で収穫そのものが少ないと予想されているので
値段が上がる事を見込んで生産者も時期を待って
政府より民間業者に買ってもらいたい、そういう思惑があり
早々に備蓄に回せる状態ではないらしい。

こんな時に、先物取り引き?
どうなるのか?

消費者には値段の透明性が増し、価格が安定とか
いい事ばかり書いてあるサイトもあったけど、
どうもそうは思えないのですが…

大体的にタイ米輸入か?
あれ、お寿司やお茶漬けには向かないけど
炒め物やカレーには最適なんだけどなあ。

安心してお米作りができる環境に今ある農家の方々には、
その環境を未来に渡って保てるよう、
頑張っていただきたいです。
DSC_002100.jpg
夏はトマトが無いと~ トマト様~

別窓 | 原発はこの先いらんと思う。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

焼きたい人達

2011-07-17 Sun 20:15

土曜日、震災後久々に立川の昭和記念公園に行った。

CA2805950.jpg
東北応援フェアで
「秋田よりなまはげが2名来場しています」って
立川駅のアナウンス。
女子高生に大人気のなまはげでした。


ここには夏の間プールもあるが、
今回は歩くだけ。殆どの人はプールに行くのか、
園内に入ると週末というのにえらく空いている。
もともと真夏と真冬はこの広い公園を歩く酔狂な客は減るが、
今は節電で噴水も売店もレストランもやっていないせいなのか。

つとめて木陰の中を歩くようにして、
トンボや蓮の花という夏らしい楽しみを味わった。
サクラの大木にはニイニイゼミの抜け殻が沢山付いているが、
アブラゼミの抜け殻は見ることが出来なかった。
(声は少ないがしてたけど)

この公園の手前には無料地区があり、
広々とした緑の空間がある。
そこには階段状になっている部分があり、夏になると
その、目にも眩しい暑いコンクリの部分に寝そべり
焼きまくる男性が必ず出現する。

はたしてこの日も。
CA2805908.jpg
まーとにかく広くてゼータクなスペースなんですわ。

家の中にいてもいつの間にか焼けている自分には
考えられない事だが、美白や紫外線の害がいわれてても
一部の男性には関係無いようだ。

その段の隣にある施設では、自然に関する展示やワークショップ、
カフェがあって、この日もまずはそこでお昼にした。

青々とした広場に面した席でご飯を食べていると、
気付くといい色に焼けて引き締まった身体の男性が1人、
ガラス窓のすぐ外の水場で頭を冷している。

グランドで走ってる人かな、この炎天下ご苦労だなあ
と思っていたら、その水場からなかなか離れない。

屈伸をはじめ、これからプールですかといいたくなるような
準備体操ばりのストレッチを延々やっている。
たまにスポーツドリンク摂取、頭に水、タオルごしごし。
そしてグランドをハードルの時のような片足上げながらの
トレーニング歩き。
そういったものを取り混ぜつつ、
ひたすらその水場周辺で、鍛えているのだ。
いかに太陽のほうを向いて焼きつつマッスル鍛えるか、
そういう思惑が分かりやす過ぎる。

undou.jpg

横にいる家人にはこの方の爪のアカを0.05gくらい飲んで
腹を引っ込めて欲しい気はする。

が、それにしてもなぜずっと上半身ハダカ。
何故コチラを向く。
鍛えるのは結構だけど、中の人達からまるっきり正面で
丸見えなんですってば。

もういい、もう充分だから。
頼む、別のとこでやってってば。

ランチがしょっぱくなりそうだ。

極めつけは、腕立て伏せ。
フレディマーキュリーのステージを見てるような気になる。
腕立てに反動つけるの、ズルだってば。
しかもやはりこっち向いたまま。

若いピチピチ男性ならば、焼いてモテたいお馬鹿かと
微笑ましくもなるが、引き締まっているとはいえ
微妙に中年のお方ゆえ、運動の年季と生活習慣とか
執念というようなものを感じてしまって
ますますしょっぱくなるご飯だった。

結局食べてる間中そのお方はずっとそこでトレーニングをして
日焼け段々のほうに歩いて行った。

まさかそれ以上焼くつもりなんだろうか…

日焼けによる目や皮膚の障害や
反動をつけたストレッチの影響を、
全く知らない人だけど思わず心配。
夏の運動は、涼しい時間帯に日陰でお願いします。

CA2806000.jpg
暑苦しいストレッチの後は
せめて蓮の静寂と美をお楽しみ下さい。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

省エネ扇風機

2011-07-17 Sun 20:14

東京はまだ体温を上回る気温が連日続くというほどではないが、
それでも「ザ・夏」な毎日カラカラの晴天続き。

東電の電力の余力も信憑性がどうなのか、
いろいろ噂はあるが、何にしても省エネで涼しくなるのならば
お財布にもやさしいということで、
なるべく消費電力の少ない電化製品、
あるいは電力使わない製品にこれ迄以上に脚光が。

家庭で一般的な生活をしている場合、
消費電力の割合としてやはり一番やり玉にあげられるのが
エアコンだ。

だからなるだけ使わない、
使う時も設定温度を高めにしたり
(我が家では29℃。夜でも30℃を軽く超えているのでこれで充分)
と頑張っているわけだが、
扇風機ならばこんなのはいかがでしょう。

グリーンファン。→クリック

入会している生協で紹介されていて、これはいい!と
申し込んだはいいが、在庫に対して予想を上回る注文数で
抽選の結果もれてしまった。

「次は9月末」えええ~…
しかも、それすら注文数が上回ったらまた抽選だ。

でもすでにこれは知られているらしく、
ネット通販でも在庫切れ続出。

これにかぎらず扇風機自体が品薄だ。

6月の時点で量販店に行くと既に扇風機は
ほとんど展示品すらなく、
扇風機だけで8本もの棚がある大型量販店ですら、
扇風機コーナーはがらんどう。
予約でいっぱいで、入荷もどうなるか、な状態だった。

CA2800565.jpg
扇風機コーナー。♪何にも無い何にも無い全く何にも無い

中国は扇風機だけでもうはうはだと思う。
5月か6月の扇風機輸入が1.6倍とかいってたし。

しかしこれ、エアコンだけで扇風機の無い家庭が案外多かったと
いうことなのだろうか。
それとも、各部屋に付けたくなった、とかそういうことなのか。

我が家は1台あるが、なにしろこのグリーンファンは
ひとケタ少ない消費電力
というのにひかれ購入を検討した。
実際購入した人の話で、確かに電気料金は下がったらしい。

正直、扇風機としては値段がひとケタ違うので
○日本製ではない
○長期耐久性はどうか
○今後の新製品や値段が下がる可能性は
というのが気になるところではある。

しかしこの先エアコンを慎み扇風機の活躍頻度を考えれば、
元は取れるのか…とも考えた。

今年はあきらめて、そのうちもっと改良されたり
需要と供給の論理でお値段が下がるのを期待して待つか。

CA2806001.jpg
件の量販店にまた行ってみたらこの人がいました。
…不本意だがキュートだ。

昨日はカンカン照りの中広大な公園に出かけたが
緑の中風が吹くと、水が湯になる家の中にいるより
100倍は快適だ。

トンボのいる湿地でギンヤンマが飛んでるのを見ると
多少暑くてもこれもまたよしという気になる。
それにしても…こんなに暑いのだから、この太陽のエネルギーで
団扇を動かすくらいはできるだろうと思う、やはり。

CA2805990.jpg
立川昭和記念公園の「トンボの湿地」。
あまりの暑さに貸し切り状態。

こんな時、普通に窓を開けて外気を入れて
エコに過ごそうと思った時に、
放射能の心配をしなければならないような、
そんな生活を送りたくなければ
これまでのエネルギー政策でいいとは、どうしても思えない。

ひとたび重大事故が起きれば、
窓を開けて節電という事ができなくなるのだから。
むしろ窓を締切り、空気清浄機にエアコンフル活動
(ほんとは換気もダメなので換気扇やエアコンもダメらしいが)
という、電気が乏しいのに節電とは真逆の生活を送るハメに
なってしまう。

いいこと無し。

というわけで、これを機会に扇風機を…と思っている方は
もう今年は無理かもしれませんが
このようなタイプの扇風機もあるということで。

別窓 | 原発はこの先いらんと思う。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

単なる手段 その3-地熱発電

2011-07-16 Sat 20:09

前回の洋上風力発電に続いて、これも九州から。
(東京新聞より引用)

潜在力いかす技術開発へ

鹿児島県の霧島市、霧島屋久国立公園内の
霧島国際ホテルでは1984年から温泉蒸気を利用した
地熱発電に取り組んでいる。

地熱発電は、地下から温泉水をくみ上げ、高温の蒸気と熱水を
気水分離器で分離、蒸気のみをタービンの羽根にあてて発電する。

cinetsu.jpg

「温泉の熱を使わないのはもったいない」
技術顧問の提案がきっかけでこのホテルで自家用発電所が
設置されることになった。

入浴用の温泉水より百℃も熱い蒸気の温度差に注目、
約5千万円で地熱発電システムを導入、電力会社からの
買電量が大幅に減り「数年で元がとれた。」

ホテルで消費する電力の約1/4が地熱発電でまかなえ、
給湯や暖房に温泉の熱を利用することでボイラーも不要になった。


この地熱発電も、風力と同様、北海道、東北、九州に
適地が集中しているのだそうだ。
太陽光よりも稼働率が高いので期待できそうな発電方法なのだが、
適地が集中している九州でも導入が充分に進まないのは、
いくつかの理由があるという。

○電気事業法による規制
(小さな施設でも大規模施設と同等の資格者を置く必要がある)
○導入まで時間がかかり初期投資がかかる
○国立公園内に適地が多く開発が難しい。
 許認可の手続きも大変。

また、周辺の温泉の枯渇を心配する声があるらしく
1996年に稼働をスタートした霧島市の大霧発電所は
2号機の計画に反対する動きもあるという。

これには「温泉地とは別のマグマだまりの熱を利用しているうえ、
蒸気を利用して熱水は元に戻しているので湯量や温度に影響はない」
というのが蒸気供給会社の説明。

DSC_00007.jpg
ウラシマソウの葉っぱです。

しかしここでひとつ疑問が。
適地が国立公園内に多いから進まないというのも
なんだか皮肉なことだ。
例えば、最近不祥事で話題の佐賀の玄海原発。
あの一帯の海沿いは国定公園に指定されている。

しかし国定公園は、国立公園とは違い
維持管理はあくまで地元の役目。
となるとなんで国定公園に原発があるのだと思ったが
地元と知事がオッケーすればいいという
おそろしい原発のシステムからすると、都合がいいのだろう。

ぜひともあの玄海の一帯は国立公園に指定して、
原発を追い出して欲しいものだ。
あの、青い海に松林。文字通り白砂青松。
地元の人には当たり前でも他の地域から見ると
(特にローム層で砂さえ黒い関東からすると)
大変な財産の風景だ。

DSC_00006.jpg
その実です。いぼいぼ。

国立公園内で開発が難しくても、
開発可能な地域から斜めに掘削する方法が認可され、
秋田の澄川地熱発電所がとりかかる方針。

また、低温度の温泉水でも発電が可能な成分を
蒸気として取り出すといった「地熱バイナリー発電」
が期待されている。

こういう環境配慮型の
地熱発電の技術開発が今後進んで行く可能性は、
充分にありそうだ。
環境への配慮は当然しなければならないし
これによって資源枯渇が起こらない様、
むしろ国はしっかり管理して、国立公園内にある事を
逆手にとってうまく維持管理できるようにすればいいと思う。
発電が「国策」なんだったら。

別窓 | 原発はこの先いらんと思う。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

単なる手段 その2

2011-07-15 Fri 20:43

原発は、電力生産のための単なる手段だ。

その単なる手段が、あまりの猛毒を含んでいて
どこの国でも廃棄物の処理に困り、地下深く缶詰にするしかない。

核物質の半減期を考えれば万年単位の話で、
子孫がうっかり廃棄物を埋めてある場所を
ほじくりかえしたりしないように、「危険」「さわっちゃだめよ」
の警告文を当然書くのだが、それが、そんなにも先の未来の話だと
もはや今の言語は通用しなくなっているのでは?
じゃあ、何か絵とか記号での併記も?うーん、うーん…

と、研究者達のマンガのような悩みを赤裸々に
記録したのがドキュメンタリー映画「10万年後の安全」←クリック。

現実の問題と思いたくない程重たい内容で、
重た過ぎるだけに知りたくもなかったり
直視していたくない、原発はそういうものかもしれない。
それが、日本に54基もできた理由の1つなのでは。

「危険と知っていれば」「安全と言われて来た」
と後になって地元住民は言うが、
確かに今より情報も入手しにくかった頃にはそうかもしれない。
しかし、その後のトラブルや原発の安全性に異を唱える人達の
著作、他国での事故。

そんな情報があって、今この時も調べることはできるのに
それでも「再稼働」を歓迎や仕方無い、と言えるのは、
どう考えても勉強不足あるいは将来の危険より今のお金が欲しいか。

「知らない」
「知ってるけど気にしない」
でいられることは、重たい問題の場合ある意味ラクである。
これは、廃プラ施設計画が自宅の近所にあるという事を
知った自分が身を以て実感したことだ。話の規模は違うけど。

しかし、原発の地元の人達は、
本当に、そんな「安全」を信じている(た)のか?
「信じていたかった」「ほっかむりしてる(た)」
が正しいのではと、申し訳ないが思うのだ。

雇用もお金も健康と安全も
「人任せ」では、泣きを見るのは地元さらに近隣県、
いや国全体ということは、福島で分かった筈では?

それでもなお、不祥事続きの玄海以外に
ダークホース的に関電の大飯と北海道の泊原発が
「再開」を言い出した。

福島は、彼らにはとことん遠いらしい。
DSC_00008.jpg
もう散ったけど南天の花。

…と暗い気持ちになっていてもしょうがない。

こんな、他の発電方法の研究に心血を注いでいる人達もいるのだ。
(東京新聞より引用)



安定・パワフル 洋上風力発電

九州大学応用力学研究所内の研究グループが
今秋、洋上風力発電の実証実験を博多湾で始める。

場所は福岡市東区の西戸崎沖1キロ前後。
直径約3mの風車を2基設置した浮体を
海面に浮かべる方式で、
1年程度かけ発電量、煙害、耐久性等も調べる。

数年後をめどに、津屋崎沖の玄界灘で直径約13m(出力百キロワット)
の風車10基を浮かべた大規模な実証実験も検討、
4年後での商業利用を目指す。


youjyou 2


洋上は風力が安定しており、騒音問題が生じにくいという利点が
あるらしい。
反面、揺れる海面で安定稼働可能か、コストの低減が課題。
確かに、海に囲まれてる日本、洋上発電には期待したい。
台風なんて、ものすごいエネルギーなのであれで風車が回れば
たいした発電になりそうだがきっと台風の時には風車をたたむ事に
なるのだろう…
その前に台風にこのぷかぷかが耐えられるのか。
波の荒い玄海での実験は期待と不安半々だ。
うまくいくといいなあ。

そもそも風力発電は菅首相がこだわっていたが、
ある程度の風速が必要という前提と、
日本のような山地の多く人口密度の高い、狭い国土には不向きと聞く。
山村で導入している所で実際に低周波被害があるという。

太陽光の次にエネルギーがあり、欧米や中国で普及が進んでいるというが
国内では2009年度末で1683基、総設備容量218万キロワット。
国内の総発電量の1%未満というごくごくプチな規模だ。

陸上では立地条件が難しそうな日本だが、
実は九州や北海道、北東北には適地が集中しているという。

その地域での研究普及と、更に洋上に可能性があるのなら
これは今後に期待したい。
国がぐずって脱原発もいつのことやら分からない一方、
一地方の大学研究室では4年後の実用化を
計画しているのだ。(これの実験費用は環境省が出してます)

中央の政治家は、イモQの学生の爪の垢でも煎じて飲め。



別窓 | 原発はこの先いらんと思う。 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

時間に厳しい?セミ

2011-07-15 Fri 19:47

今年は蚊がまったくいない。

セミが鳴かない。

放射能のせいではないか。

というツイッターを最近見かける。

セミは、7/12時点で福岡の友人が「梅雨あけたのに
セミが鳴かない」と確かに言っていた。
そして、ここ東京の郊外でも、今週からはアブラゼミとおぼしき
「…ズィ~…」という一匹の声がしたと思ったが
数秒で消えてしまったり、もしかして秋の虫かと思う程
弱々しい声なので、幻聴なのだろうかと思う程。

土の中にいたのが地震でどうにかなってしまったのろうか、と
心配になるが、昨日7/14の夕方、ヒグラシの初鳴きを聞いた。

えっ?もうヒグラシ?と思う方のおいでかと思うが、
ヒグラシのほうが案外先に鳴いていたりするのだ。確か昨年もそうだった。

今日も朝からカンカン照りの暑い日だったが、
4時過ぎになってようやく「ジ~…」とアブラゼミが鳴き出した。

むしろ、夕方6時過ぎからのほうがはっきりわかるくらい。

6時半を過ぎると、ヒグラシが鳴き始め
今日はそれに混ざって早くも秋の虫が鳴き始めた。

…というわけで、ちゃんと虫はいる。

CA2805850.jpg
ヤマユリが、今年も上水沿いに咲き始めた。
崖に、ひっそりと水に向かって咲いているので
川沿いを見ながら歩かないと見落とす。これは一番歩道の側のもの。

ヒグラシは早朝も鳴く。
朝その声で起こされるのは涼しげで気持ちがいいが
時間が大体決まっていて、しかも鳴く時間もほぼ30分くらい。
ラジオ体操のように正確だが、夏も終わりになると
次第に時間がずれて行く。
気温と明るさの条件があるのだと思う。
鳴きやむと同時にアブラゼミの大合唱がスタート。

だから、これは福岡の友人も言っていたのだが、
なんとなくの想像だけど
セミは今年のように梅雨が早めにあけても、
鳴き始める時期にそんなにズレがない、
もしかしてとても
パンクチュアルな虫なのではないか。

…と思ったんだけど、過去の個人的な記録見たら
2009年には7/7にアブラゼミ初鳴き、とある。
2010年はその時期福岡にいたが、
梅雨あけしてない6月末にもうセミが鳴いていた。
…。うーん。

CA2805910.jpg
ほら、ここでは玉川上水の水に触る事ができます。
左側の奥にも、白くぽつんとヤマユリが。


ちなみに蚊は、確かに数日前近所の上水沿いの、暗くて湿ってる場所に
5分くらいいたが、自分でもくらくらするほど汗まみれで動物的な
ニオイを発散させているのに、まったく蚊が来なかった。
いつもそこは蚊の住処なのだが。

CA2805900.jpg
ここが、その暗くて湿った場所。
カラスアゲハが水飲んでた。


しかし、ウチの庭では足元にぶんぶんたかってくる。
蚊がいるのを安心するのも変な話だけど
あまりに暑く乾燥している日中は蚊は案外いなかったりもするのだ。
そういう条件で風が吹くと、もっといなくなる。

だから、「放射能」とすぐ言うのもちょっとどうかとも。
今出て来るセミは7年とか前のものだし…
薬に敏感といわれる蜘蛛の類いは、いつも通り家の中にも外にも
わんさかおりまするが。

我が家の庭に蚊をはじめ何種類ものアゲハに
なぜか川トンボまでいる理由。

草ぼうぼうだから。イエーイ。誰か草むしりして…

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

単なる手段

2011-07-13 Wed 20:22

「たかが電気のために原発を許すなんて」
というのは5月のラジオでの京大小出教授の発言。

「たかが」というのはもっともだ。

エネルギーに食料、通貨管理
(ヒャッハーの時代にはお金はもはやどうかとも思うが)
これを握る人達は絶大な権力というものを手にするらしいが
うすうす感じていても、そんな知り合いいないし
マンガの世界のようなあまりにも巨大な話だった。

しかし、モンサント社の組み換え種子押し付けといい、
原発の問題といい、
悲しいかなそれを実感してしまう時代に居合わせてしまった。

「たかが」ではないでしょ、電気で生命維持のための装置を
動かしてる人もいるんだから。
…と憤るのはちょっと違っていて、
動力としてのエネルギー、電気を否定しているのではない。

その、エネルギーを作り出す手段が、何故こんなにも
ハイリスクな原発でなければならないのか。
という事だ。
手段は、本来選べるもの。

原発は、水力、火力、風力等と同じ、「手段」に過ぎない。
だから、それがこんなにも収束が難しく、
子々孫々に不安をまき散らすものだということが
身にしみて分かった以上、
この手段=原発にしがみつく理由は、無い。

DSC_00001.jpg
これ、ナツメの花。右上の花にいるありんこと比べてもなんと小さな…

今すぐ全てストップしても実のところ問題は無いという説もある。

しかしそれが不安だというのなら、
浜岡を停止させたように危険度の高い炉から早急に停止、
今後は全てを廃炉にする。
…という段階を踏みながらの行動もアリだろう。

なんにしても、停めても比較的安全といえる状態になるまで
数年かかるのが原発。
浜岡だって、停止しても冷却できるまでの間に、
燃料棒を取り出せるまでの間に、
巨大地震がグラッときたらアウトだ。

それを思えば、できるかぎり早急に、原発は停止させていく。
そのための計画を作る段階にあっていい筈。

なにせ震災からもう4ヶ月、冷却水はダダ漏れ、
肉牛はいつの間にかすり抜けてるし
4号炉はピサの斜塔のように傾き続け、倒壊の危険性も
指摘されている。
汚染水で被曝した作業員の方々のその後の報道が一切無いのも
なにやら大変不気味だ。

こんなわやわやな日本を見て、よその賢明な国は
「やっぱ信用ならんしリスクありすぎるわ」と
脱原発の方針に切り替えて行ってるというのに。

当事者のこのちっぽけな地震国が、いまだ
「少量なら大丈夫」「ただちに影響はない」
とかアホな事言っている。

DSC_00004.jpg
濃いブルーのもいいけど、
このパウダーブルーのアジサイも涼しげでたまりません。


それどころか、全電源喪失のケースについて
18年前に検討がされる機会がありながら、
原子力安全委員会は「考慮不要」の報告書を提出していた。

どこが安全委員会だ。
あ、「原子力は安全だから安全なんです委員会」なのか。

いつまで、後始末もできない有害な発電方法を
続けられると思ってるのだろうか。

いや、電気の消費者として、原発由来の電気は使いたくない、
という事が実現できるのなら、それにこしたことは無い。

原発大好きな人達によって、これまでは他の発電方法が
実質日陰に追いやられていたが、代替発電の研究が
次第に進んでいるし、消費者の意識は明らかに変わって来ている。

その事は次回で。

別窓 | 原発はこの先いらんと思う。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ここはあえて。

2011-07-10 Sun 20:49

菅首相は孤立無援、身内の党内にも敵だらけの状態だ。

昨日の福島産の牛肉からセシウム検出のニュースにしても、
玄海原発にしても、それが「だから民主は」
「菅辞めろ」という攻撃コメントに結びつく今、
あえて自分は思う。

辞めるなら、脱原発の理由と、
それのための明確な道筋を
作ってから。

それまでは、少なくとも与党内足並み揃えて欲しい。

もちろん、それと平行して復興作業と、なにより
被災地の中でも放射能汚染度の高い地域からの住民避難と
野菜や海産物といった生産品への対策を
講じるのは当然だが。

これが機能していないばかりか人事で迷走しているので
とにかく攻撃されているが、

○浜岡原発停止
○脱原発の方針

これは、評価したい。

戦後50年以上、自民党が旗降って原子力の平和利用として
推進して来た電力事業。
これだけ長い時間をかけて、官民の癒着体制と
原発受入れ地元と電力会社の関係が作られてきた。
近年では子供への「原発は安全だよ!」な教育がなされて
とっても気持ち悪い。

そんな、半世紀のべったりな関係にメスを入れかけた首相。

これまで、誰もやっていない。浜岡を停止させるなんて。
あれだけの地震発生の危険性が指摘されていたのだから、
そして、停めても、停めなくて大惨事になっても
どちらにしても批判がでるのなら、少しでも人的リスクが
少ないほうを選択したと思えば、もっと評価されていい。

それだけに、その反動はものすごかったらしい。
先月の新聞で情報が古いが、これはぜひ読んでいただきたい。



kan.jpg

kan2.jpg



別に民主党を支持しているわけでも何でも無いが、
事故当初早々に逃げ出そうとした東電幹部に
「覚悟を決めろ」と言ったところ
その部分だけがいかにも高圧的に伝えられたように、
とにかくすぐ辞めろ、みんな菅が悪いという意見には同調できない。

では、自民ならばスムーズに対処できたか?
そんなのわからない。
ゼネコンとの関係は深いから、復興にはもっと手腕を発揮できるかもとは思うが
幹事長がああいう発言をしているのだ、脱原発のダの字もないだろう。
党の体質なんて、そうそう変わる物ではない。

「自民党が推進してきた」は事実。(野党の協力もあってだけど)
もし、それが誤りだった、
これからは方向転換したい、と本気で自民党が考えるのなら
人気取りだろうとなんだろうと今それを前面に押し出していくだろうに
数人の政治家が個別に「間違いだったかも」くらいの事しか
言えていないし、河野太郎のような人を疎外するのだから、
やはり期待できない。

今の首相の問題は、
「脱原発」ならば、なぜそのように思い切るのか、
具体的にどういう手順を踏んでいくのか、
どのくらいのスパンでやっていくのか。

そういう目的と理由の説明が乏し過ぎて、
首相の方針を周囲が理解しておらず、
結果周囲が振り回されている事が不信を招いている事。

DSC_00016.jpg

今の民主党で事前に
「ストレステストをやってから判断」
「玄海原発再開にも問題が…」などと言うと
事前に攻撃を受け、もみ消される。
だから、必殺「ヒョウタンからコマ」
「やらないと見せかけていきなり表明」
なやり方をとっているのだろうか?もしかして菅首相は…
と勘ぐってしまうのだ。

だとしたら、そんな姑息なやり方をとらざるを得ないのなら
与党のあり方としては残念なことだが、
とにかく、「原発さえなければ」と自殺する被災者がいる以上
首相には、もっと国民に分かりやすい形で堂々と
「なぜ脱原発なのか」「そのために今後どうしていくのか」を
説明してほしい。

ストレステストで合格したからというお墨付きを与えることで
脱原発への道筋が消えるようなことであってはおかしいし、
なぜそれをするのか、そのうえでどう判断するのか、
本当に脱原発を目指すのならば、そのための議論を高める方向に
もっていかないと得られる同意も得にくくなる。

脱原発という理念そのものまで
中途半端な理想論として消滅してしまう事がこわい。

DSC_00015.jpg
このアジサイ、むちゃくちゃ青いんですわ。

しかし、ずるい粘り腰ともいえる首相のおかげ(?)で、
上から目線の福岡のゼネコンオヤジの存在や
ろくに検証もされていないのに「再開して」と言って回る人の存在が
結果的にはあぶりだされている。

九電のヤラセメールを発端に、
サクラ動員といったこれまでの九電の情報操作の数々や、
佐賀県知事への献金問題、
玄海町町長の家業のゼネコン(どこかの人と同じ構図…)癒着問題、
そういった黒いニュースが矢継ぎ早に出ている。
これらも、さっさと再開していれば明るみにならなかった、
かもしれない。
それを思えば、首相が佐賀県知事と会うのを延ばしていたのは
結果的にこれもあぶり出しに成功、だ。

DSC_00017.jpg

食品が汚染されている中、避難もままならない人達。
それなのに、国土を汚染した東電の社長は5億もらって辞めた。

「それでも、原発ないとダメなんだよ日本は。」
と言える人は、今や少ない。
言えないだろう、現実に福島の事故が起こっているのだから。

そういう空気になってきている。
生存権にかかっているのだから、当然だ。

それを「ヒステリー」(石原氏)「安易なポピュリズム」(前原氏)
と言うような政治家に、「安易に」取って代わられてはいけない。


別窓 | 原発はこの先いらんと思う。 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

やせうま

2011-07-10 Sun 20:12

大分のお土産にかならず名の入る、やせうま。

きしめんよりも幅広で、
分厚いそれはすいとんに近い食感。

茹でて、水にさらし、あまくしたきな粉や黒蜜をからめて
食べるのが一般的。

夏場のおやつというイメージだが、
肉厚なので、具沢山の汁にしてまさにすいとんのように
いただくのも美味しいらしい。

DSC_00014.jpg
あんこもそえてみました。

うどん文化圏の福岡から東京に来たら、
すべて蕎麦と思っていたが
大学の地元では田んぼはなく、陸稲を作っており
そのあたりの特産品が「かてうどん」。
お客が来ると、うどんを打って、季節の野菜といっしょに
具沢山にして食べるごちそう、なのだそうだ。

そんなわけで案外と小麦文化というのが
関東にもあるのだなと思ったが、
福岡でも昔は田んぼの仕事の合間に
「ダゴ」(ダンゴ)の時間というものがあり、
麦粉を練って茹でたものに黒砂糖をかけて食べる、
そういう風習があったらしい。

これは、やせうまのある大分でもきっとある風習だっただろう。

小石原や小鹿田といった、福岡から大分に
かけての山間の地域には「だご汁」メニューが
あちこちにあったし、関東の山間部で「山菜蕎麦」「こんにゃく」
とあるのと同じような感覚だ。

やせうまを食べる際には、ぜひ、黒砂糖で。
この素朴な味が、合います。

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

モグラ人間

2011-07-08 Fri 20:26

玄海原発がアホな動きしてるせいで、
過去のニュースをアップするのがどんどん後手にまわってしまう。

6/10の東京新聞。

もう、私がぐだぐだ怒るよりも、
この記事を一発読んでいただくほうがいいと思う。



mogura.jpg

moruga2.jpg


ほんとに、汚い言葉はガマンしたいが
…。

コイツら、バカじゃないの?
見えなきゃ、いいと思ってんの?
心ある右翼の方々が攻撃すべきは、こういう売国奴なんじゃないか。


顔ぶれみれば、首相時代に外国からのお客を放っといて
ごちそうを食べに行ったり「神の国」発言をした
森喜朗氏、美しい国の安倍晋三氏、ああもう、
いずれ劣らぬ、もう見たくもない情けない顔ぶれだが、
中でも恥知らずにもいいかげんにしろと言いたくなるのが
写真左下の渡部恒三氏。

この人が、全力を挙げて福島に原発を推進してきたのは
もはや周知の事実。←クリック。

福島の現知事は、前知事が慎重だった
プルサーマルタイプの導入を決定。
そして、この渡部恒三の甥にあたるという。

このお方が、福島があんなことになってもなお、
「地下に造ればいい」という超党派議連に。

あんた、福島の事態の収束に行きなさい。
「原発さえなければ」と自殺した人、何人出ましたか。
責任取りなさい。
涙浮かべて謝りゃいいってもんじゃない!!

だいたい、地下に造ったら造ったで、
もし何か重大事故、メルトダウンしたら
地下水脈に触れる→大爆発
の可能性が高いのでは?

それに、何かあったら、地下での収束作業のほうが
作業員にとっては困難を極める筈。
そういう人達の救出だって、不可能になるだろう。
性質は違うけど、炭坑事故を見ろ。

こんな戯言、万が一にでも実現できるとしたら、
それは、人間よりもはるかに知能が高く、
超頑健な身体を持ち、放射能への感度は殆ど無い、
脅威の「モグラ人間」だけでしょ。


原発夢物語にしがみつくのはいい加減にしろって。
鳩ぽっぽ、これ以上お金欲しいの?
財産お金がある人は、もっと欲しくなるって本当だ。

選挙で票入れたらイケナイリストに決定。
もともとこいつらには入れないが。

別窓 | 原発はこの先いらんと思う。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

新聞勧誘に見る営業の極意

2011-07-06 Wed 20:45

大学進学を機に上京して一人暮らし。

そういう人が真っ先に受ける洗礼、それが新聞勧誘。

多分地域にもよるのだとは思うが
自分の転々とした東京多摩地域では、
勧誘に訪れるのは99%Y新聞、そしてたま~にA新聞。
M新聞や、今とっているT新聞などはただの一回も来た事が無い。

そしてこのY新聞ときたら、
ほぼヤ○ザかと思うような方から泣き落としオバさんまで
剛柔取り混ぜ、およそ考えられるパターンを
全て揃えたかのようなタイプを送り込んで来るのだ。

下図はもう20年~10年ちょっと前の実際遭遇したケース。
泣き落としオバさんは、女子専用なのだろう、
褒め上げ、棟続きの大家さんとは長年の付き合いなどと言い、
懇願しまくる。やっかいだった。
「ウチは親の代から聖○新聞一筋ですから」あるいは「○旗以外は一切お断り」
等とウソ八百言えば早々に退散してくれたかも…とも思ったが
今の連れ合いが「○○球団嫌いだから」とよく分かんない事言ったら
あわてて去っていった。



yomiuri1.jpg
※新聞に限らず不当なセールスに本当に迷惑したら、「公正取引委員会に言うぞ」がものすごく効きます。


このうち、コンビはうちの連れ合いが学生の頃に
やってきたタイプで、どちらかというと男子専科のようだ。
ドアを閉めようとしたらパンチ頭のほうがドアに足を挟んで
閉められないようにしたらしい。
しかも白のエナメル靴。なんなんだいったい。

もちろん、普通の人もいる。
そういう人にはにっこり笑って
「もうとってますから」(実際そうだし)
とか言えるのだが、
上のような人が来ると、
何が何でもY新聞はとるものか、と
戦闘意欲が沸いてしまうではないか。

「北風と太陽」をY新聞は知らんのか。

大学仲間の男子は頑なに断り続けたら、勧誘員が
「アホなやつじゃのう。どこのバカ大学に行っとるのかしらんけど
それ、返して」と捨て台詞を吐き、勧誘の粗品を奪って去ったと言っていた。
そのせいとは思わないが、彼は美大出なのにA新聞の政治部記者になった。

そうやって新聞勧誘のイメージを悪くしたのは、販売店にも、
記事を書いてる記者にも良くないことだらけなんだがなあ…

DSC_00009.jpg
八重咲きのドクダミも、もう終わりです。

野球のチケットや粗品に負けて
どうせ大した違いはないんだ、と新聞をとると大間違い。
こういうやり方で押しまくって購読数を伸ばしたのだろうが、
新聞によって、カラーというものがまったく違う。

自分の新聞の選択基準は
○マンガがいけてるかどうか
○大本営発表ばかりでない
○紙面の見やすいレイアウト

実際、随分前に一回このY新聞をとってつまらんなあと思い
結局解約した。

そのあとA新聞にしたが、なんだかだんだん
滅入るような記事になったので解約した。
しりあがり寿のマンガは好きだったのだが。

今のところ、T新聞は老人向きな広告がひなびてて笑える。
頑張ってる感がにじみでてるので、夕刊のマンガのつまらなさは
まあガマンしている。お値段も魅力的だ。

新聞は今やマスゴミとか言われて、更にネットニュースの台頭で
購読数はがた減りだろうと思う。
ニュースの早さではネットやTVには太刀打ち出来る筈もない。

それなのになぜとっているかといえば、
いろいろ作業で新聞紙を使うことが多いのと、
雨でも風でも家まで届けてくれるありがたさ、
ネットとは違い、何度も繰り返し読めるアナログぶりが
案外といいと自分には思えるからだ。

いろんな人のコラムがあり、論調も違う。
そういうのも、実は何を言いたいのかなこの人は、というのを
読み取る面白さがある。
マスゴミかどうかは、読んでみてその人が判断すればいい事だ。
何にしても、ニュースソースは複数あったほうがいい。

例えば宮崎駿氏が震災後に発言していた事を
TVではほんの一部しか紹介しておらず、
まるで「放射能は気にしない」と解釈できる内容だった。
でも同じ発言を新聞で見ると、
妊婦や子供には配慮しなければならないが、
私はここから一歩もひくつもりはない」
という内容であり、妊婦や子供への福島第一原発の放射能の脅威にも
言及していた事が分かった。TVではこれが全くはしょられていた。

そんな例は山ほどある。
新聞もまるまる信じてはいけないが、
同じソースをどうやって伝えるかに、かなりの差があるように
常々感じている。
試しにS新聞とT新聞を比較してみるといいと思う。びっくりするほど違う。
そういうカラーも、デスクが誰とか、
時流によって変わるかもしれないから
A新聞だから左だのSやY新聞だから右だの
はなから決めつけるのもバカバカしい。
そういう記事を読んでその人が
どう思うか、ということなんじゃないかと思うのだが。

DSC_00005.jpg
草刈りしたらポロリと来ました、アケビか山芋か藤にいたんだと思う。
お尻の剣といい、スズメガ系かな?


ちなみに、ポストにいきなり「ご契約ありがとうございました」の
覚えのない契約証書が入っていた、サギまがいの手法を
とられた時には(ウソのサインまでしてあった)
さすがに販売店にねじこんだが、
そのあと店長が土産もって挨拶に来た。
予測どおり、「拡張員がやった事でして、まさかこのような…」
そしてそのあと言った言葉。
「…そして、いかがでしょうか、
とっていただけませんか?」


くぬやろ。ど根性には恐れ入るが、
もちろん、お引き取りいただきました。

これらはもうかなり前のケースなので、今は当てはまらない事を
願う。もし、もっと面白い体験をした、という方は
ぜひご一報を。


…で、最近は、このY新聞、ウチの辺りではインターホンに出ると
「あうあうあう~ですぐぁ~あうあうあうあう~」

…?何屋かさっぱり分からない、日本人ではないのか
あるいは舌が極端に短いか長い人なのか、アゴが外れて困っている人なのか…
な不明瞭な発音で早口でまくしたてる作戦になってきた。(いや、まじで)

「いむアぬうるうらアら ○○○うぉつけエむうワアすんでゅええ~」
(今なら○○○を付けますので)
と言われて、「Y新聞ですか?」と念のため確認するとそうなのだ。
理由を言って丁重にお断りしている。

この不明瞭な早口が、わざとだとしたら、
すごい技だと感心する。

Y新聞の拡張要員の幅、恐るべし。

別窓 | 超フリーハンド4コマ | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

エセ九州男児の通り雨

2011-07-05 Tue 10:50

早速、松本復興相が辞任、だそうだ。

…なんだったの。

まさに通り雨の如く。

昨日このブログにアップした際には確かyoutubeの
再生回数は13万回、それだけでも1日も経っていないのに
恐ろしい数だが、夜には60万、今朝は90万回突破していた。

再生回数以上に、コメントが途切れる事無く入り続けていたのが
今回の映像暴露の特徴だろうか。

この大臣の言っていた「長幼の序」という事そのものに
対してどうこう言うつもりにもならない。
問題なのは、この方から発散される上から目線と
乱暴な物言い、そして最後の
「これはオフレコですから。書いたら、その社は終わり。分かった?」
ではないか。

「終わり」って何がどうなのよ。
何が言いたかったわけ?

そこをハッキリせぬまま、
「九州では客の前に招く側が部屋に入って待つ」だの
「B型なので」だの
出身地と親からの血を言い訳にするあたり、
幼稚としかいえない。


しかし、この方はそもそもが
何度か固辞した後復興相を引き受けていて、
菅首相の元ではやりたくなかった、
というのが本音なんじゃないかと思う。
辞めたかったんじゃないのかな。

にしても大人げないだろう。
昨日は批判を受けても言い訳したり、
「真っすぐ復興をやっていく」と言っていたのだから。

DSC_00002.jpg
ミニギボウシの花が咲いてます。

九州は決してどこも同じではないが、
特に福岡の人間はのぼせもんで
気前のいいところを見せたがる傾向にある。
ということはカッコつけたいのだ。細かい事をいろいろ言うのは
野暮だと思っていて、そこらへんは江戸っ子に通じるらしい。
(だから海外で大阪の人みたいに値切れない…)

だから、それがいい方向にいけば、下に慕われる親分肌。

しかしヘタにお金があったり、周囲に気遣いなく「俺様」に育つと
無惨なことになる。
「女は堕ろせば堕ろすほどいい」発言の変態とか
学歴詐称の人とか漢字読めない人とか、
福岡の政治家はいろいろはじけた方々がいらっしゃいます。

「九州男児」は少なくともこういう人のことでは無いだろう。
というより、今ではその定義も自虐的要素も混ざったりしてよく分からないし
酒豪でなくてもOKだ。福岡はギャンブルの盛んな地域なので
アル中でギャンブラーになると家庭崩壊、生活保護だって多い。
まして飲酒運転の九州男児など願い下げだ。

「自分は九州男児ですたい」と言うような男性を
聞いた事が無いし、そういうこっ恥ずかしい事言わないのが
九州男児なんじゃないかと勝手に思っている。
口でごまかさない実直で不器用な硬派、とでも言うか。
(そんでそれを面子保って巧みに操縦しているのはお母さん)

女性を下に見て辺りに威張り散らすのがそうだと思い込んでいるような
そんな人も確かに福岡に居た頃見た。
そういう人は甘やかしてくれる女性がいるか、
親がそうやって育てたからそれが当然と思っているので、
社会に出ると気の毒でもある。

右の物を左にも動かさない、茶を入れるのは女と思っている
同年代の福岡出身男性が「思いやりのかけらもない」と離婚されたと
聞いたことがある。

狭い共同体の中ならばそれで通用し、頼りにもされるだろうが
60にもなって、話し合いの雰囲気を自ら壊すような態度しかとれない人は
復興相どころか、政治家でいるべきではない。

DSC_00003.jpg

この方を選んだのは、福岡一区の選挙民だ。
ゼネコン関係だし、地元では大変な有力者なのだというが、
この件で特に東北地方と九州、
そして全国的に軽蔑の十字砲火を浴びたこの方を

次の選挙で支持するのかどうか、
冗談抜きで今後全国から福岡は注目される。


「書いた社は終わりだから。」
冗談半分だったにしても、
実際、この事を書いた新聞は無かった事を思えば
いかにこんなやり方がまかりとおっているかということ。
「甘ちゃんだな。そんなの当然じゃないか」「オフレコって言ってるんだし」
で容認してていい事は、庶民にしてみればあんまり無いという事。
なにより「問題ない」では、こらからもこういう政治家を
のさばらせる事になるということを、もっと受け止めた方がいい。

ご自身の義務と権利を、頼むから有効に使っていただきたいと
福岡出身者として、切に思っとります。

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

日本でもデモ

2011-07-04 Mon 20:13

福岡での脱原発デモの事は、以前書いた。

天神周辺のかなり狭い範囲内をぐるっと回るコースだったと
記憶している。

6/11に、東京を始め海外でも脱原発を訴えるデモが同時多発的に
行われたのは、もう殆どの方がご存知かと思う。

しかし、意外なほど、マスコミが取り上げていなかった。
「日本では、これだけの事故があってもデモが無いのは何故か」
という海外の当然な意見を取り上げる新聞はあっても、
実際に行われたデモをもっと大きく報道しないで
お定まりの「何も言わない日本人」を相変わらず演出し、
憂えるだけなのは、なんかおかしいんじゃないのか?

なにせ、こんだけの規模だったのだ。



この6/11の各地でのデモは、新宿のにうちの連れ合いが参加した。

暑い中、ご丁寧にアンプ(小さめのやつです)とベースを持って。
サウンドカーに積むのではなく、歩くのにだ。重い。
んで、いろんな人に写真を撮られたと言っていたが
(そりゃそうでしょう)
どなたかのツイッターで写真が公開されてたのには笑った。

「ノイジーなベースを弾くおじさん@新宿デモ
しっかし、重たいだろうに…」
とある。まったくだ。

この日は、新宿だけで約2万人が集まったという。(主催者発表)
新宿駅東口広場はもう、ギュー詰めで盛り上がっていたと聞いた。
それにしても日本のデモはおまわりさんが多過ぎる。
6.11新宿原発やめろデモ←クリック

こういうデモを、何も考えないただ騒ぎたいバカのお祭り、だの
はたまたあの石原伸晃のように
「反原発デモのバックにいるのは革マル派や中核派…」
だの評するのは勝手だが、
石原一家の原発べったり経歴←クリック
上から目線でそんな事を言う人よりも、
3/11に起こってしまった事、
今起こっている事、これから起こるかもしれない事を
はるかに考え、行動しているのはデモ参加者だと思う。

確かに、デモにはいろんな人がいるらしく、
昔ながらの労組系や「核武装しろ」とかいう人も
まぎれていたと連れ合いも言っていた。
しかし、今や、そういう「思想」「団体」とは全く別の、
一般の人達が本能的に危機を感じて参加してきているのを感じる。
なにせ、女子高校生が1人でデモを始めたりしているのだ。
石原伸晃はあくまで公安関係者から話を聞いたにすぎない。
そんな情報で勝手に印象づけようとするのは、オヤジさんの
教育の賜物なんだろう。

デモ参加でなくても、より政治的に影響のある事を
している人達もいる、ポスターを作る人もいる、
何か自分に出来る事をやりたい、
そういう考えの人が確実に増えて来ているのを感じる。

左だ右だと分類するようなことでは
原発に関しては当てはまらないだろう。
そういうレッテルを貼りたがる人達は、気の毒にさえ思う。

ただでさえ、被災者が大変な思いをし続けているのに
原発を推進してきた自民党は何も責任をとらないばかりか
与野党協力体制にもいたらず、ただ足の引っ張り合い。

政治家の資質を嘆くのは、選挙民がいたらないからだといえば
それまでだが、利権で腐った政治家よりも
一般の日本人はもっとまともで賢い筈。

バカバカしい足かせなど気にせず、
思う事を言い、動けばいい、そうとしか思えない。
「仕方ない」では、今までどおり、何にも変わらず
何かあってもまた「想定外」。


最後に、ぜひこちらのサイトを見て下さい。
6/11の各地でのデモのリアルタイム情報や、
東電株主総会の模様、
小出助教授のインタビューなど、見所満載。内容たっぷり。
岩上安身オフィシャルサイト←クリック

別窓 | 原発はこの先いらんと思う。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

嗚呼、こいつも福岡だったの?

2011-07-04 Mon 12:12

任命されたばかりの松本復興相がやってくれた。

もうTVでご覧になった方もいらっしゃるとは思うが
「オフレコだからな、書いた社は終わりだぞ」と
本気か冗談か発言したこの会見が、堂々と東北TVで放映され、
それがyoutubeで怒濤の勢いでアップされている。


(削除されるかもなのでご注意下さい)

再生回数もすごいが、コメントの入り方は異常なペースだ。
自分はこれほどビビッドな反応の動画を見た事が無い。

視聴しはじめた数十秒のうちに新着コメントが5件、10件と
その勢いはもの凄いものがある。

復興というものが、ブルドーザーでもって
古いものをひたすら壊し、住む人の事を無視した
建設利権にならないように祈りたい、と危惧していたが
こんなチンピラみたいな人が担当では、
そしてしょっぱなからこれでは、今後の意思疎通に障害があるのみ。

個人的には、宮城県知事の、
「農作物の放射線量測定はしない」という発言は(非難され、撤回)
変だと思うし、計測しても80mという超高い地点だったり、
やっと6月末になって測定方針を発表したという遅過ぎる対応、
なにより脱原発を言わない様子を見ると、何か…
復興の方針への疑問は大いに感じる。


とはいえ、それとこの復興相の対応は別だ。

確かに、遅れて来るのは確かにいけない事だろうが、
もしかするとカツをいれるということだったのかもしれないが、
でも、ワルを装った体育会系強面オヤジである必要は、
ドコにも無い。ひたすら不愉快でカッコ悪いだけである。
若ければバカで済むが、60にもなってこれでは恥ずかし過ぎる。

真面目に現場作業してくれている自衛隊の方々、
4ヶ月になる不自由な暮らしを余儀なくされている
被災地の方々、東北各県の方々、そして…
九州の方々にも、失礼きわまりないだろう。

詫びろ。(この人の口調の真似)
そして、政治家そのものをやめて欲しい。こんな人。
またまた、選挙でゼッタイ投票しちゃダメリストに追加が。

嗚呼、福岡高校…

福岡出身の、各界で活躍中の方々は沢山いるのに、
なんで玄海原発への発言が無いばかりか
こんなぽこぺんがフューチャーされるのだ?

立てよ、福岡県民&出身者!!

別窓 | 日記 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

「爆発」する玄海原発ーとうとう東京新聞でも

2011-07-03 Sun 12:52

土曜日の朝、爽やかな気分で朝刊を見ると
いきなり玄海原発の爆発の危険性についての記事。

あー…

このカテゴリでも書いたが、週刊現代7/2号の衝撃的な記事の内容が
とうとうローカルな東京新聞でも大体的に特集組まれていた。

詳細は、下記をご覧下さい。(7/2付東京新聞「こちら特報部」)



bakuhatsu.jpg

bakuhatsu2.jpg

5年古い美浜や敦賀(ただこの2つは検査した年がもっと前だけど)
よりも高い98℃。ぶっちぎりの脆性遷移温度。

いくら津波対策したからって、(しかもしてないと思う)
地震対策したからって(これも「想定外」って言葉がある)
もはや老朽化した炉が通常運転で爆発の危険があると指摘されているのなら
真剣になんらかの検討をすべき時だろうと思う。

この記事では30年以上経っているのものを、今後50年に
延長する炉がでてくる可能性があると危惧しているが
玄海原発では既に60年使うとか恐ろしい事を言っているのだから。

ばかちんが。

東京のやつらは自分達の電気のために福島をあんな事にしておいて
玄海まで口を挟むな、という人もいるかもしれないが
それはあまりに狭い見方だ。

東京の人間だって、あんな事になるとは思っていなかった。
それに、だから何も言うなというのはおかしな論理だ。
そういう事言う人こそ平和ボケというのだ。

東京の人は今回の事をうけて考えが変わって来ている。
首都圏にも確実に影響が及んでいるのだから。
だからこそ、二の舞にならないように、
いや、むしろ「爆発」という福島以上の、
手が付けられなくなる最悪の危険は、
避ける方にいって欲しいと願い、大規模なデモも起こった。

今の時期に、こんな煽る情報を出すのは反原発派の姑息なやり方だ、
とかそういう事を推進派は言いそうだけど、
何も今の時期に急に出た話ではなく、こういう危険性は今まで公にされにくいように
推進派があの手この手で封じ込めていたにすぎない。

教授にせず万年助教授、研究費を出さない、
仕事を干す、村八分のあげく噂たてて地元にいられないようにする…
原発の安全性に疑問を投げかける研究者や住民に対して、
どれだけの嫌がらせがなされてきたかを知れば、
いかに後ろ暗い部分があったのかは普通の人なら分かる筈。

これは原発にかぎったことでは無いが、
こと「国策」だけに、組織的で重大な、犯罪といってもいい。

イタリアだっただろうか、「安全」ばかり主張した学者を
訴える動きもあると聞く。
科学は常に挑戦していく分野なので、
それはそれで動きがとれなくなるという危惧もあるが
おそらくは、罪になるのは
リスクを隠し、政治と科学が結託した時
だと思う。

まして、今回のこの玄海原発の、「98℃」の報告を
九電が保安院にしてなかった、というのは企業責任だろうフツー。
義務があるとか無いとか、そういう事で開き直る九電、
やっぱり、おかしい。

「週刊現代」で取り上げられたためか、九電のサイトでは
あわてて7/1付でこの件についてトップページで
記事が更新されていた。←クリック。

これまでの九電の対応(異論は無視)を見れば、そうそう皆
お人好しでもいられないと思うのだが。

そういう会社が、「国策」をいいことにお墨付きを得て
言ってみれば半民半官で安心しまくって美味しいとこだけとって、
おそらくは何の責任も取れない。(だって福島まだ収束してないのだから)
それをもう殆どの人はいいかげんにしろと感じている筈。
(ってデスクの人も書いてますね)

水俣病を見て下さいよ。九州の人なら分かるでしょ。
こんなに時が経ったって、救済されたとは言えない。

再開はおかしい、玄海原発の検査と今後の脱原発を、と願う人は、
佐賀県や九電、その他に、意見をメールなりしてみてください。
既に6/9以降、沢山のメールが集まっている、らしいです。
それでも再開するのなら、この知事はリコールするほうがいいのでは?


こちら知事室です・佐賀県知事への提案←クリック

・古川康佐賀県知事 ツイッターアカウント:@furukawayasushi
・佐賀県秘書課 FAX:0952-25-7288
     TEL:0952-25-7007
・佐賀県原子力安全対策課
      FAX:0952-25-7269
      TEL:0952-25-7081
メールアドレス:genshiryokuanzentaisaku@pref.saga.lg.jp

・九州電力 TEL:092-761-3031
・九州電力社長室 FAX:092-761-6944
・玄海町 TEL:0955-52-2111
・原子力安全・保安院 (広報課) TEL:03-3501-5890

別窓 | 原発はこの先いらんと思う。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

今度は日本抜きでやろうな その2

2011-07-02 Sat 20:22

私が玄海原発を心配しているのは、
いち早くストップさせた浜岡とは違い、地元の危機感の薄さだ。
日本海側で津波の被害も無いとたかをくくっている。
ほんの数年前に玄海沖地震があった事も忘れているようだ。
浜岡と違って、専門家の警告もこれまで目立たなかった事や
九電がモロ独占企業体質でいろいろ隠蔽しているせいで
地元の人も昨年のヨウ素漏れの事をロクに知らない。

そんな状態で、ろくに福島の現状も検討せずに
交付金欲しさに再開するようなら、
日本で今後脱原発が進んでいくようになっても、
玄海原発は停止が後回しにされるだろう。
それを自分はとても心配している。


6/29に海江田氏が佐賀を訪れ、知事が「安全を確認した」
と発言したというニュ-スには、YAHOOの書込みは
否定的なものが大部分だった。←クリック。(みんなの感想)
実際、佐賀の人達はどう考えているのだろうか。
佐賀県民程度低いとか言われて悔しくないのだろうか。
仕方が無いと本当に思っているのだろうか?
今なら、再開は止められる。

CA2800570.jpg

たった7000人弱の地元自治体と知事だけが
こんな重大な事を決定できるなんて、
おかしすぎるのでは?


これだけの事故があった後でも、
地震云々ではなく炉自体の状態が悪く、
「通常運転で爆発する危険性が高い」
とまで玄海原発は指摘されていても、
それでも、全国初の再開に踏み切るという事は、
「そんな状態でも安全」と言ってしまっているわけだから、
停止は全国で一番最後にされても文句はいえないだろう。
国内の他の地域から頼られていつまでも原発依存、
本当は早めに停止したかったけど機を逃してしまった、
そんな存在に九州がなってもいいのか?
それを今から危惧している。


その間にも汚染物質は確実に出る。
そしてその間にもし何か重大事故があれば、関西まで巻き込むだろう。
東京から遠いから、福島以上に何かあっても国は動いてはくれない事は
どんな鈍い人でも想像出来る筈。
そんなリスクを負ってまで、交付金が欲しいのか?

CA2800569.jpg
この近所のアジサイ、青がひときわ濃くて毎年楽しみなのだけど取って行く人がいる。
これも、ぽきっと茎が…どこのどいつだばかやろー

実は、地元がもらえる交付金や固定資産税等は年々減って行くらしい。
そういう制度になっているのだ。
それは福島第一の地元の1つ、双葉町が顕著な例だ。
だから、原発バブルでお金の使い道を誤り、
箱もの造って赤字になって、ますますお金が欲しくなり
「7号機、8号機も造ってよ」と地元が言ったのだ。
「麻薬」と言われるゆえんだ。

そして今回の事で皮肉にもその計画は頓挫したわけだが
発電力を見ると、多分7号機8号機はプルサーマルだったのでは…
もし、その2つが出来ていて、今回の事故があったら…

そういう、リスクを誰が負うのか。

少なくとも、海江田氏が負うとは思えない。
だったらこんな時にそんな「再開」なんて言えたもんじゃない。

CA2800571.jpg

ヘタレといわれマンガのネタにまでされるイタリアは
実は日本よりもっと自分の意見を言える。
自分の暮らしの真の快適さを求めるのは当然の事。
マックのようなファストフードにNO!を言い、
「スローフード」運動を始めたのはイタリアだし、
いい意味でのラテン気質と個人主義のお国柄なのかもしれない。
モンサント社の怖いタネ←クリック。
をやすやすと受入れそうな日本とは
意識が違っているのだろう。

簡単に「安全を確認した」なんて言えちゃう
佐賀県知事や早く再開して欲しいと言う玄海町長が
よっぽどのお気楽ラテンだ。

最期の最期まで「原発推進」、大戦の時みたく
わけのわからん大和魂で粘るつもりかこの日本は…
こんな国が、近頃つとに愛国心を強制するようなのが
もうお笑いだ。

もはや「この次は、日本抜きでやろうな」では?
というより、日本がこの先存在するだろうか?と思えてならない。


「この国には生まれ変わりたくない」
「子供を安心して産めない国なんて」

という玄海原発への意見を無視できるような国であり続けるなら、
出来る事なら、捨てたい。

別窓 | 原発はこの先いらんと思う。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

これでもかな地デジ

2011-07-01 Fri 22:48

多分、TVのあるよその家と比べて
我が家はTV視聴率が低い家庭だと思う。
朝家人の出勤前に時計がわりに30分かそこら点けたら
後は見てるかどうか…。主電源も切ってしまう。

前は映画なんかは見ていたが
それすら殆ど見なくなってしまった。

そして、TVはいまだ堂々とアナログだ。

だいたい、いい年齢になった女優のしわとか、どっかのおじさんや
老醜を晒す政治家の目元口元の意味無しドアップとか、
ワケの分からんアップが多過ぎて
それをハイビジョンで見るのも嫌なのだ。
カメラマンは「寄ればその人の真実が伝わる」とでも
思ってるのか。そういうのは芸術作品でやって。
報道ではやめて欲しい。

こんな性格なので、当然TVを新しくするつもりは無い。

で、今朝TV付けたら何やら左下にでかでかと
「アナログ放送終了まであと23日!」
と表示されている…
DSC_00013.jpg

ただでさえ右上には「アナログ」
下にはアナログ放送が終わるから早よせい、というような
文言がつらつらとずっと出っ放し。

それなのに、更にコレか。

しかも角に結構なスペースさいてるから、
字幕の左端にみごとにかかってしまって、
非常に見づらい。

DSC_000010.jpg

これはもう嫌がらせだ。

前々から、せっかくアナログ放送が終わるのなら
砂嵐になる瞬間を見届けたい
、と思っていたが
これでますますそう思った。

何もその日を超えたらもう切り替えができないわけじゃなし。
そんなに見なきゃいけない番組も無いし。

そんなわけで、今日も絶好調アナログだ。

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

特異な性癖

2011-07-01 Fri 20:25

6/14の話。
都内の東久留米市に住む55才の無職男性が逮捕された。
詳細はこの記事を。

tsuba.jpg

…。
あれ?
なんかこの話、どっかで聞いた事があるような…
こんな人がいるようなので、気を付けましょう、という何かを
見たような聞いたような。

と思ったら、まえまえから被害相談があったとあるので、
新聞の多摩版か回覧板にでも載っていたのかもしれない。

しかしこの声がけの成功率、かなり高いと思えるのだが…
営業でもやればそこそこ業績を残せる人なのでは。

上の記事、押収物件の写真は小平署とあるが、
小平ではつい先頃、これもまた多数の10代の女子に
裸写真等を送らせ、「避妊薬」と偽り睡眠薬を飲ませて
いたらん事をしていたアホエロ教師が逮捕された。
こいつも50代だが、女の子と会った時には
「30歳代」と偽っていたらしい。情けな。
この教師が教鞭をとっていた学校も小平市で、
住んでいた所もそれほど遠くはない。

ついでに、その小平市とはまた近隣といってもいい
立川市の幸町5丁目では、すれ違い様に女の子に
紅茶を吹きかける愉快犯の「紅茶男子」の私立高校生男子が
とっつかまっている。

暑さと(常習は関係無いけど)放射能で
もうおかしくなっているに違いない。
頼むからその執念を他の事に使えって。
そうできないのが性癖(立川のはちょっと違うかな)なんだろうけど。

別窓 | 生きて行く上で何の役にもたたないアホニュース | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

今度は日本抜きでやろうな その1

2011-07-01 Fri 20:21

東京をはじめ全国でデモがあった6/11の翌日、
6/12からイタリアでは全廃とされた原発を
また再開するかどうかの国民投票が開始され、
「全廃」という結果になったのはまだ記憶に新しい。

勝手な印象だが、
スイスやドイツ→議論に議論を重ねてコスト、合理性、将来性から脱原発。
イタリア→本能的に「こんなもん有害すぎるでしょ」マンマの判断、
     もっと安心して美味しいもの食べて暮らして行きたい
     ラテン的発送から脱原発。

…どうもそんなイメージを持ってしまう。
あんなエロ首相でもまだ続投しているのに、
原発についてのこのスピーディーな判断は素晴らしい。

どこかの空港でドイツ人だというおじさんから
「次はイタ公抜きでやろうぜ」という定番ジョークを言われた事がある。
そんなイタリアでも、原発の予定地とされていた地元では
住民を二分する議論があったらしい。

人口8800人のモンタルト・ディ・カストロという町だ。
(6/12東京新聞)



italy.jpg



この記事中の、ブルーノさんの説。
フランスから買っている身で脱原発をいうのはどうか、というのは
ドイツに対しても、そして日本で「脱原発」を言う人に対しても
推進派が言う事だ。

しかし、乱暴に言ってしまうなら、他国から全ての電力を買っている国は
そうそうないだろう。何かあった時にたちゆかなくなるから。
それに、それを将来的にだんだんと縮小していこうという考えで
脱原発を言っている訳で。
ブルーノさんの言いたい事も分かるが、現実を見ろよ的この手の意見は
福島で起こった事故を知れば、はるかに現実的ではないと思える。
建設業だから、なんか恩恵あったんじゃないのかなと勘ぐってしまうなあ。

そのフランスは原発依存度が高く、アレバのようにそれで儲けているわけだが
同時に世界有数の農業国でもある。

そんな国で何かあれば、間違い無く食料危機が訪れるだろう。
フランスでも、福島の事故をうけて脱原発運動が盛り上がっている。

まず老朽化した炉や、立地に重大な問題がある炉は停止、
その後も可能な限り少しずつでも原発を減らして行き、
その間に他の発電方法をいくつか選択して、そちらにシフトしていく。

ウランの埋蔵量もあと数十年と言われている。
どちらにしても、いつかは脱原発になるのだ。


ならば、今、なるべく早く、次世代のエネルギー政策に
転換して、そのために国が資金を出すべきなんじゃないのか。
時間は、あまりない。

原発と同じように一部の巨大企業と癒着し利権云々にならないように、
なるべく「メガソーラー」とかではなく
自治体単位とかの、必要最低限度の分散型発電にしたほうが
何かあった場合にも被害が少なくていい筈。

…などという事を自分のような何も知らない主婦が思うくらいなのだから、
もっと物の分かっている方々や政治家は、褌を締め直して
本気でやって欲しい。

別窓 | 原発はこの先いらんと思う。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| かはづ草紙 |