かはづ草紙

玉川上水のほとりから玄界灘近くに移動しました

危険物をよそへ輸出するなって 

(FC2の予約投稿機能を使ってるのでまだ菅首相ですが…)私はどこの政党や宗教を支持しているわけでもなければサヨクでもウヨクでもないが、菅首相が信任を得られなくなったのはこの大変な時期に党内の意見をまとめることが出来なかったというのが大きいと思っている。もともといろんな党にいた人達が集まっているのだから自民党を破った時に集約できるのか不安だったがそれが一番大事な場面で表面化してしまった。こんな時にいろい...
Read More

偽装。 

近所のスーパーの生花コーナーで。へえ、このユリ、どこかの乳酸飲料みたいな名前の品種なんだね! …。ここの野菜やお肉の表示、まじで大丈夫かといろいろ思ったひととき。...
Read More

山椒のお菓子 

7月のことになるが、新宿伊勢丹に久し振りに寄り、そこの和菓子屋で見つけた山椒入りお餅。もうこの外観だけでノックアウト。はよ食べたい~。茶だ~お茶。そこはシソの葉入りのぼたもちを食べて以来お気に入りの店。京都のお店らしいが、色のついた甘いだけの和菓子とは一線を画す、実質的ながらセンスの良さが材料の取り合わせにうかがえる、そんな種類が沢山。その日も買う人の列ができていた。葛や麩のお菓子もむちゃくちゃ季...
Read More

レストランポイント 

家の前のエゴの木には時間帯によって小鳥が一度に沢山やってきて食事を始める。実の枯れた頃にもシジュウカラやヤマガラが押し寄せこの木はレストランポイントになっている。双眼鏡で見ると、コゲラ、シジュウカラのカラ類にメジロも混ざっている。今は青い実がなっているが、この実は毒成分があるので鳥がそのまま食べるとは思えない。…と思ったら、枝の先端の、くるりと巻いた葉をさかんに突いているのが分かった。雨がくるぞ~...
Read More

科学的に原爆168個分 

菅首相が「脱原発」と言ったのに、名乗りあげてる後継者達にはあの「再稼働早くして」の海江田がのうのうといたりネオ○ンと囁かれる前原氏など、つくづく身内に恵まれないから思い切った事もできなかったのだなと思わせる民主党内部の面々。まして推進してきた自民党は河野氏以外は脱原発を公言する人は皆無といってよく、たかが手段の話なのに、ここまでリスキーな発電方法にここまでこだわるみっともない政治家はとっくに多くの...
Read More

ドングリカレンダー 

仕事を辞めてから気付いた事に、ドングリの実の落ちる時期の正確さがある。買い物などに出かける際、道路に青いドングリがいつ落ち始めるか。以前にも書いたが、これが8月に入るとどんぴしゃのタイミングで落ち始める。たまたま、この3年程がそうなのかもしれない。でも、7/31には気付かなかったドングリが、翌日にはちゃんと落ちているのだから、この「偶然」には驚かされる。家の周りはクヌギやコナラといったどんぐり類がたくさ...
Read More

アイスランド風ジャガタラアレンジ 

前に書いた、アイスランドのジャガイモとタラの料理。→クリックそれを、夏向けにカレー粉最後にあえてみたら激ウマでした。白身魚であっても魚臭いの苦手だという方には、カレー味のこっちのほうがいいかもしれない。炒めて、味付けして最後にカレー粉をふるだけ。コリアンダー粉末があれば、それも少し加えると(その場合はカレー粉より先に、炒める時に加える)ぐぐっとエスニックな風味となります。なんか茶色いメニューだなあ…...
Read More

腹黒 

8/13の新聞に載っていた記事なのだが、中国の新華社通信が「英国はネット管理への態度を豹変させた」という見出しで欧米から批判されてきた自国の同様の件について意趣返しをした…というのがあった。これは、黒人青年が警官に撃たれ死亡した事件を端に各地で起こったイギリスの暴動で、イギリス政府がネット規制を検討している事に対しての反応だという。「ネットの自由を吹聴してきた立場とは全く異なる」「他国の管理を批判する...
Read More

カレー味のパンチ 

うちには「ナイルのカレー天国」という本がある。銀座で1949年に開店の日本初の本格インド料理店「ナイルレストラン」の二代目オーナーナイルさんが、ブルータス編集者とあちこちのカレー(カレー風味のものも含む)を食べ歩いて星をつけるというお気楽企画もの。警察大好き、自衛隊大好き、清元大好き、「カレーに哲学?僕の哲学はカレーで儲ける事」と言うキャラのたったナイルさんの珍道中が楽しめて、カレーの星はどうでもいい...
Read More

ネオナチもびっくり 

ドイツの右翼の急先鋒、ネオナチ。その方々が集うイベントで配布されたTシャツが、実は洗濯すると、「君も変わる事ができる」という、ネオナチから足を洗おうよ的言葉が浮き出るものだった、らしい。ネトウヨなる言葉があるが、もう20年かもっと前か、TVで若者が右系団体に入る理由というのをドキュメンタリーでやっていた。地面にさした人形を、揃いのつなぎ着た人がかけ声と共に刺すのを、どこかの団体の指導員が見てるというそ...
Read More

今年のお米 

さて、昨日チューナーを買って実に簡単にアナログTVのまま地デジ対応になった我が家。(でも、BSは見られないのだった…)朝食の時にニュースつけたら、今年の九州産新米が放射能汚染を心配する消費者によって普段はありえない「10k」とかの単位~しかも、玄米での真空パック等~での注文があり、あきらかに備蓄用だというそういうニュースをやっていた。お米屋さん曰く、「こんな単位で買うような事ではないと思いますよ。」しかし...
Read More

さすがアメリカ 

なんというか、さすがアメリカだと思った記事。「人形であり、性的な指向はありません」この真面目かつぶっちゃけ声明にむしろ触発されて、「アーニー&バート」同人がそのうち日本のコミケで出されそうだとエセ腐女子な自分は思った。…無いか。そこに萌えがあれば需要もあるだろうが…というよりさすがに何か言われそうで怖いか。もうかなり前のNHKの英会話のテキストに登場人物の同性愛設定があったのでセサミであろうと驚かない...
Read More

脱アナログ 

とうとう、うちでもTVが映るようになった。壊れてもいないアナログTVを今買い替えるのは勿体無いし高い。どうせしばらくすれば安くなるのだしとりあえずはチューナーで充分ではないか。プロバイダになってるケーブルTVと契約して月額に数百円上乗せして、アナログTVのまま見られる工事をしてもらうつもりだった。で、工事にきていただいたのだが、この辺りは清掃工場のアンテナがあり、各家まで電波は来ているという事を今更知り、...
Read More

桜の下で眠る 

最近、近所の方のお宅に「女子会」でお邪魔して久々に楽しかったのだが、その時にちらりと出たお墓の話。もうそろそろ自分の年代では、親のお墓という現実的な心配がすぐ近くに来る頃で、ましてその親にもしボケなどがくると、ますますその問題はどのようにするか、事前の話し合いが急がれる。もう20年近く前の話だったように思うが親戚と話していて、「墓守」という言葉が出て来てひょえ~と思った。両親と、姉と自分の2人の娘。...
Read More

長崎市長のことば 

8/9の長崎の原爆の日。前このブログで何度か触れたが、親と自分の出身が小倉であり、第一投下目標が実は小倉だったという事で毎年ちくちくとする気持ちになる日だ。長崎市長が、広島市長とは違い脱原発にふれる発言をした。→クリック。リンクが簡単に切れるかもなので、一応コピペもしておきます。ぜひ、全文読んでいただきたい。長崎原爆の日:長崎平和宣言(全文) 今年3月、東日本大震災に続く東京電力福島第一原子力発電所の...
Read More

ゆるキャラなら許せるってもんじゃ… 

ゆるキャラブームも市民権を得て久しい。過去にその手のもののデザインを応募した事があったがあきらかに地元に縁のある作成者のみ選ぶ自治体から何故コレを…??と驚愕するような選定結果だったりほんとにいろいろだ。でも「ゆるキャラが着ぐるみになればなんでも許される」という認識は不変のようで、今日もどこかでよくわからないキャラクターが次々誕生しているに違いない。ゆるくしようと思ってしたわけではなく、結果そうな...
Read More

太陽を盗んだ男 北欧版 

「何の役にも立たないアホニュース」のカテゴリにはふさわしくないので、日記カテゴリに。ある日突然、隣の家で爆発が起こったら…そいつがキッチンで原子炉を造ってるところだったとしたら。(8/8東京新聞より一部抜粋)ロイターより。スウェーデン当局は放射性物質を集めて実験をしていたとして無職男性(31)を先月下旬一時高速したことが明らかになった。以前空調設備の工場に勤務していたこの男は自宅台所でラジウムや硫酸等を...
Read More

全域除染 

南相馬市を、全域で除染することになったそうだ。東京大学アイソトープ総合センターが南相馬市と共同で20キロ圏内の警戒区域を除く全域という。ヘリで上空から調査、汚染マップを作成し放射線量の高い場所でセンターの助言を受けながら市が専門的な除染を行う。線量が低い場所では、公共施設は高圧洗浄機で洗ったり表土を削り埋め立て。一般住宅等はNPOや市民ボランティアも募って実施、とある。(読売新聞より)このブログにも動...
Read More

自動翻訳 

昨日姉から「アインシュタインの伝記本の翻訳がひどくて回収されたけど、逆に注目されて古本価格が元の10倍になったらしい。」というメールが来た。「科学の人里離れている寺に尊敬します。」「これらのすごいブタが、あなたの精神に触れるのに最終的に成功したと立証します。」…。うーん、元の英語が皆目見当つかない、と姉。そう思うよ。寺、ブタ…およそ文脈を取り違えたというには唐突すぎる誤訳。うちでとっている新聞でも本日...
Read More

女性的男性希望 

福岡の友人によると、福岡でも色々と本を読み、関心を持つ人が増えたという。(原発関係の事で)なにせ「震災後初の再開原発」と目された玄海原発が隣にあるし、九電のやらせメール、岸本玄海町長や家族の土建屋との癒着、もうあれやこれやが報じられ、松本復興相が福岡出身という事も更に火に油、これで関心を持たなければウソだ。個人的には、日本の政治家の半分くらいに女性が増えていかないとこういう放射能災害に迅速な対応が...
Read More

原発離婚 

恐れていた事だが、「原発離婚」という言葉が新聞にも少し前に出た。これは4月頃から、女性達の間では危惧する空気があった。夫、彼氏と原発についての意見が合わない、気持ち悪い、疲れると。新聞に載っていたのは、子供の被ばくを心配して他県に移住したいと考える母親と地元に経営者としての仕事があり、「従業員にも赤ん坊がいる。自分が逃げたら示しがつかない」という父親の意見の相違が次第に深刻になり、とうとう「子供を...
Read More