2011-08

危険物をよそへ輸出するなって

(FC2の予約投稿機能を使ってるので
まだ菅首相ですが…)

私はどこの政党や宗教を支持しているわけでもなければ
サヨクでもウヨクでもないが、
菅首相が信任を得られなくなったのは
この大変な時期に党内の意見をまとめることが出来なかった
というのが大きいと思っている。

もともといろんな党にいた人達が集まっているのだから
自民党を破った時に集約できるのか不安だったが
それが一番大事な場面で表面化してしまった。

こんな時にいろいろ横やりをいれて協力体制を
作れない自民党もさすがは原発利権べったりの
土建屋体質だからだと思うが、
政策の理由と目的、方法を具体的に示せないのは
どの党でも致命的だと思う。
要するに理念と、方策がしっかり示されないと
信じられるわけがない。

例えば、九電がらみのやらせ問題で
すっかり開き直っている佐賀県知事。
震災直後は「原発への皆の不安は理解出来る」的な
柔軟な事をにおわせながら、今後の原発を維持かそうでないかについては
選挙戦ではひと言も言っておらず、
「万全の安全性確保」という対応を選挙でとっていたので
これは絶対推進側だろうと思っていたらやっぱりそうだった。

こういう、じんわりと玉虫色的対応で核心をはっきり言えない
政治家を市政レベルで見て来たが、まず絶対に
住民の危惧という事には対応せず、儲かる事に邁進する
旧来の「決まった事ですし」的な人が殆どだ。

CA2806020.jpg
ちょっと「ガッチャマン的雲」と思った世代。

経済界に政界内の意見対立、アメリカとの関係…
とにかく、日本が脱原発を言うのは大変な事だと想像できる。
浜岡を止め、脱原発を表明した首相は菅氏が初めてだし
そこは評価したい。

でも、その理由と方策をはっきり示せないのは、
やはり不十分すぎるし、後続のアホ政治家達に簡単に
「無かった事」にされそうではないか。

脱原発ならば、その時期がどれだけかかるのか、
どのように進めていくのか、目標と行程をもっと示すべきだったし
そもそもなぜ脱原発なのか、その理由が人への影響という事から
来ているのなら、なぜトルコへ原発をすすめるのか、
理念の本気度を疑われても仕方無い。

アメリカのダブルスタンダードと同じで、
「原発やめていこう」と判断した理由が自国民への
環境と健康へのリスクなのなら、
そんな危険物をなぜ、外国へ売りつける?

日本が売らなくても放っといてもフランスやアメリカ、
今後原発モリモリ推進していきたい中国やインドといった国が
その旗手になるだろう。

日本は、それに加担しないでほしい。
いくら経済が潤うからといっても。

CA2806040.jpg
線路際の空き地に百葉箱。

○芝が使用済み核燃料の貯蔵&処分場をモンゴルに建設する構想書類を
アメリカ政府高官に送り、推進するよう水面下で工作している

という記事が7/2の新聞に出ていた。

これも新興国への原発輸出のため、モンゴルで加工した
ウラン燃料供給と処理の「包括的燃料サービス」
とやらの一環らしい。
ネーミングはそこらの燃料店みたいに軽いが
中身は相当黒そうだ。

主導してるのはモンゴルとアメリカで、日本は誘われた形というが
経産省が推進、外務省が慎重と政府内でも一致していないという。

「もんじゅ」の例で分かるとおり、数十年研究してきた日本でも
実現性の薄い使用済み核燃料処分。
アメリカのユッカ山地にも最終処分場計画があったが
頓挫しているそうだ。
なぜ地層処分をするか、それは人間には管理できないから。
地震の無さそうな硬くて深い地層に保管し続けるしかない。

だから地質にあった研究開発が必要なのに、
モンゴルにはそういう調査研究も無いので、
少なくとも技術的視点でもモンゴルでの処分場建設には
妥当性、優位性が無い。
…と、明治大学の教授もこの妥当性に全くの疑問符を投げかけている。

そんな恐ろしい計画を、水面下で進めようとするなよ…

これ、「島耕作」でも取り上げられてたみたいなんだが…→クリック。
しかも六ヶ所村が「最終処分場」だという扱いになってたらしい。
(事実は再処理工場であって、最終処分場ではありません)
島耕作は自分にとっては何故か読みたくない数少ないコミックのひとつだ。
絵柄以上に、何かべったりうっとうしいものが漂ってる気がして。
特にサラリーマン時代にはあのマンガは楽しめなかった。
あらためて過去の掲載分に、原発無いと日本はやってけない的論理が
展開されてたのを知った。当時はこれでも良かったのでしょうが、今は…


儲けりゃいい、のはもうやめてくれ。
新興国の原発は、それだけでもう重大な問題をはらんでいると
常々思っている。技術協力した国の責任も大きいが
まだまだ政情不安を抱える国も多く、
情報隠蔽体質、ブルドーザー的手法、
民族や宗教の対立など見てると、大丈夫かと
メンタリティの違いも相まってマジで心配になる。

今後はアフリカの国々も導入に手を挙げている。

ほんとに、宇宙戦艦ヤマトの世界はもうすぐに来ているように
思えて仕方無い。
ガミラスに攻められるまでもなく、イスカンダルから
コスモクリーナーをもらえることもなく、
地球人は自滅するんだろうな、自分達の意思で。




スポンサーサイト

偽装。

近所のスーパーの生花コーナーで。


CA2806210.jpg

へえ、このユリ、どこかの乳酸飲料みたいな名前の
品種なんだね!
 …。


ここの野菜やお肉の表示、まじで大丈夫かと
いろいろ思ったひととき。

山椒のお菓子

7月のことになるが、新宿伊勢丹に
久し振りに寄り、そこの和菓子屋で見つけた山椒入りお餅。

DSC_00036.jpg
もうこの外観だけでノックアウト。はよ食べたい~。茶だ~お茶。

そこはシソの葉入りのぼたもちを食べて以来お気に入りの店。
京都のお店らしいが、色のついた甘いだけの和菓子とは
一線を画す、実質的ながらセンスの良さが
材料の取り合わせにうかがえる、そんな種類が沢山。

その日も買う人の列ができていた。

葛や麩のお菓子もむちゃくちゃ季節的に
涼しそうで、そういうのを買う人達が多かったので迷ったが
最初に目に入ってひかれた山椒のお餅だけを買って帰る。

季節になれば神社の屋台などでも売る切り山椒も
好きなお菓子の1つだが、
変な色がついていたり、全然山椒の香りがしなかったりで
ハズレの時もある。

でも、きっとここのお菓子ならばいいかんじで
山椒の風味が効いていて美味しいに違いない!

…と思ったら、ほんと美味しかった。
また食べたいわ。
でも和菓子は季節ものだから、もう無いかも…

DSC_00035.jpg

柔らかいお餅には和三盆糖がかけてあって、
そのすうっとした涼しげな風味も夏向けでいい。
んで、そのあと山椒のぴりっとした味が来る。
オツなもの好きな方におすすめのお菓子。

沖縄の市場でどかんと売ってるムーチーや
九州の朝鮮飴等、この手のあんこ無しの求肥や餅系の
素朴なお菓子に弱い自分だが、それらに比べると
やはり相当洗練された感じをどうしても受けてしまう。
…やっぱり、京都の和菓子は違うなあ。うむぅ。

レストランポイント

家の前のエゴの木には時間帯によって
小鳥が一度に沢山やってきて食事を始める。

実の枯れた頃にもシジュウカラやヤマガラが押し寄せ
この木はレストランポイントになっている。
双眼鏡で見ると、コゲラ、シジュウカラのカラ類に
メジロも混ざっている。

今は青い実がなっているが、この実は毒成分があるので
鳥がそのまま食べるとは思えない。
…と思ったら、枝の先端の、くるりと巻いた葉を
さかんに突いているのが分かった。

DSC_00038.jpg
雨がくるぞ~、な風と雲行き。わくわくする。

ドングリにチョッキリがつくように、
エゴの木にも、チョッキリの仲間、
オトシブミという虫の一種が付き、葉を巻いてゆりかごを作る。
今の季節、えごの木があったらよく見ると
葉がクルっと巻かれた状態のものが必ずある。
(ちなみにネコの爪やピスタチオみたいな形になったものは
実ではなく虫コブです)

これを、ちゃんと鳥はピンポイントでめがけて来るのだ。

小さいオトシブミの、その子供だからどれだけ食べれば
お腹がいっぱいになるのだろうと思うが
せっせと巻いた葉を集中的についばみ、ヒヨドリが鳴き始めると
いなくなってしまった。

一本のエゴの木で一緒に食事をしている小鳥の間でも
力関係があり、身体のサイズはそう変わらないが
シジュウカラが先についばんでいたメジロの場所を
横取りするなど、なかなか興味深かった。

柔らかい実や蜜を好むメジロが虫も食べるというのも
なんとなく意外だった。

そして冬はいつも見ることができるコゲラは
夏場はあのコンコンという木を突く音が
聞こえないので姿も分からないのだが、今回
ちゃんと混ざって食べに来ていた。

なるほど、コンコンと枝を叩いて隠れた虫をとらなくても
夏場は虫が沢山いるからなのかと合点がいった。
(あくまで想像ですが)

DSC_003700.jpg
雷と共に激しい雨がやってきました。

毎年えごの木にやってくる虫と、それを食べる鳥。
繰り返されるというのは片方が絶滅することもないという事。

絶妙なバランスの上に成り立っている
自然の摂理には、こんなちっぽけな家の窓からの
ちょっとの間の観察でも、毎度感心させられる。

毎年、初夏から夏の気温が高い午前中からお昼にかけて
「ぱっぽー」とカッコウの声がのんきに響き渡るのにも、
「ああ、今年もまだカッコウいて良かった」
(托卵されるほうはたまったものじゃないが)
と安心する。たまにしか聞こえないのだが。

ただ、ここに来た時と比べあまり聞こえなくなったのが
コジュケイの声。
前はよく近所の保存樹林で見かけたんだけど
あまり高く飛べない鳥だから、
下草を刈ることで隠れる場所が少なくなったり
野良猫やカラスに襲われやすいというのが理由かもしれない。
あるいはどこかの人がなかばペット状態で飼っていたものかも
しれないけれど。

科学的に原爆168個分

菅首相が「脱原発」と言ったのに、
名乗りあげてる後継者達には
あの「再稼働早くして」の海江田がのうのうといたり
ネオ○ンと囁かれる前原氏など、つくづく身内に
恵まれないから思い切った事もできなかったのだなと
思わせる民主党内部の面々。

まして推進してきた自民党は
河野氏以外は脱原発を公言する人は皆無といってよく、
たかが手段の話なのに、ここまでリスキーな
発電方法にここまでこだわるみっともない政治家は
とっくに多くのまともな人の支持の外にいる。
それでも、ごり押しでなんとかなると思っていそうな
厚顔が、たまらなく嫌だ。

反対意見に対し、すぐに
「現実的」「合理的」「科学的」でない”という言葉を
原発を縮小するなどとんでもないという人達は使うが
実際に事故は起こってしまったのだ。

そして、大気や海だけではなく、
堆肥や食物、ゴミ焼却や汚泥という別の姿になって
日本全国に汚染は広まっている。
事故前にはあり得なかった数値が、九州からも検出されている。

それでも、原発を将来にわたって使って行く事が
「現実的」と言える事が、どうしても理解できない。

DSC_000400.jpg

8/25の新聞で、
「福島第一の1~3号機からの放射性セシウム137の量は
広島原爆168個分
という見出しが出ていた。

これは…想像以上の物量だ…

半減期が約30年のセシウム137。
私たちは、事故前よりは確実に、高い濃度で
この物質の影響を受けているということになる。

これはセシウム137の放出量を単純比較したものらしいが
他にセシウム131では広島型の2.5個分、
同様に半減期が30年近いストロンチウム90は
広島型の2.4個分。
ストロンチウムは、カルシウムに溜まると聞く。
となると、骨ごと食べる小魚類は…
ああ、大好きな小鯵の南蛮漬け…

これに対して、政府が何と言ったか。

「原子爆弾は爆風、熱線、中性子線を放出し、
大量の殺傷、破壊に至らしめるもの。
放射性物質の放出量で単純に比較する事は

合理的ではない

じゃあ、この合理的でない比較計算をなぜしたかというと、
衆院に科学技術・イノベーション推進特別委員長が8/9の委員会で
「政府として広島型の何発分かを正確に出して欲しい」
と要望したから。

そして、なぜそんな要望が出たかと言うと、
以前ここでも書いた←クリック。7/27の衆院での
東大アイソトープ総合センター長の児玉龍彦教授が
「熱量からの計算では広島型の29.6個分、
ウラン換算では20個分が漏出した」と発言したことで
日本の被爆体験からくる認識が、分かりやすく広まった
事もきっかけになったようだ。

要望を出した川内委員長は今回の試算を見て
「実感の湧かないベクレル等の単位で言われるより、
日本国民共通の認識である原爆と比較するのは意味がある。
福島事故では深刻な内部被爆を引き起こす
セシウムが、広島よりも大量に放出されている事は
重大だ
」と指摘。

もう、事故後しばらく推進側や御用学者が言っていた
「低量の放射線はむしろ身体にいい」
という論理はどこかに消し飛ぶレベルの話になっている。
なにせ確実にそこにいれば死ぬ高濃度放射線が出ている事が
福島ではつい最近分かったのだから。

それなのに、なぜいまだに
「比較するのは合理的ではない」などというのか。

それどころか、放出後1年での放射性物質の減り方は
原爆は1/1000に減るが
原発事故の場合はやっと1/10。(児玉教授談)

長く、じわじわと汚染が継続し、原爆では想像できなかった被害が
これから及ぶ事が充分想像できる。

これはチェルノブイリでも明らかだ。
日本はチェルノブイリの子供達の治療に
貢献していて、そのデータはあるのだから、
専門家はもっと声をあげるべきなのに。

日本は、原爆でも晩発性健康被害をなかなか認めたがらなかったが
そのような危険性を、今後私たちは隣り合わせに
生きていく事になる。

だから、教授や一部の政治家は
食品や土壌、水の検査と除染体制整備に国の総力を
挙げて欲しいと求めている(8/25東京新聞)のに、
なにをもって「合理的ではない」というのか…

原爆はあくまで人殺しのための大量殺戮兵器だ。
それと爆風、熱線、中性子の性格を
比べろなんてひと言も川内委員長は言っていない。
そんな事は、誰でも分かっているではないか。

だいたい原発は「核の平和利用」と推進してきたんだから
原爆と全く同じ兵器効果があるわけがない…ですよね?

でも、もともと原爆が先に出来て原発が出来た…のではなく
アメリカが原爆を開発する際の施設として原発の元が先に出来た、
となると炉が爆発すれば、結局原爆と同じ事だろうと思っている。
(ほんとに、玄海の老朽炉は、すぐに停止して欲しい。)

DSC_000410.jpg

小学生以下というと小学生に申し訳ないレベルの
政府発言だが、往々にして政治家や何かの迷惑施設を
推進する人達は、いざ科学的根拠を出すと、今度は
こういう言葉のもてあそびで煙に巻こうとする。
何も対策してないってことがバレるだけなんだけどね。

合理的でない発言をしているのは、政府のほうだし、
申し訳ないが、ここまで人を馬鹿にした
コメントしか出せない政治家は、即刻辞めてほしい。
誰なのか。「政府」というだけではなく、具体的に
自分の言葉として発言したのは誰なのか、
指示を出したのは誰なのか、
マスコミはそれも一緒に報道して欲しい。

なぜなら、「国は馬鹿だ」「民主党はダメだ」とか
国民は主権者であり投票した責任を忘れてよく言うが、
「国」も「行政」も結局構成しているのは国民。

ならば、その中からふさわしくない人を吟味して
選挙で落っことす、確固たる意見を持っている人に
参加してもらう、これが一番有効だろうと思う。



ドングリカレンダー

仕事を辞めてから気付いた事に、
ドングリの実の落ちる時期の正確さがある。

買い物などに出かける際、道路に青いドングリが
いつ落ち始めるか。

以前にも書いたが、これが8月に入ると
どんぴしゃのタイミングで落ち始める。

たまたま、この3年程がそうなのかもしれない。
でも、7/31には気付かなかったドングリが、
翌日にはちゃんと落ちているのだから、
この「偶然」には驚かされる。

家の周りはクヌギやコナラといったどんぐり類が
たくさんある。
その青いドングリの実に卵をうみつけ、
葉ごと切り落とすハイイロチョッキリという虫。

なぜわざわざ落とすのだろう、そのままにしていたほうが
落下後人間や車にひかれてぺっちゃんこになるリスクも
無いのに…と思っていたが、
他のチョッキリと同じ実にだぶらないように、
という推測があるようだ。これは面白い。

せめてなるべく真下の土の地面に落ちるように、なのか
落下のショックを和らげるように、なのか
葉を必ず付けた状態で落とすのも
何か理由があるのだろう。

小さな虫の知恵というか本能には驚かされるばかりだが
かわいそうなのは下がアスファルトの場合だ。

この先寒くなる長い間に人間に掃除され
車にひかれ、まず無事ではないと思うが
土の上よりも目立つので、8月が来たな~と
思うのは、このアスファルトに落ちたものを見た時だ。

それが、今年はちょっと遅れた。

セミも遅かったのだから、きっとどんぐりも遅いのだろうと
思っていたら、案の定1週間以上遅れて
8/9に初どんぐり発見。

CA2806160.jpg
5箇所に落ちていますがわかりますか。しかしアスファルト…

この日にはツクツクホウシの初鳴きも。
今年はクマゼミの声を聞いていなかったが
これも今月になって聞こえるようになってきた。

今は毎朝家の前に葉付きのどんぐりが落ちている。
自然の絶えない営みが、今年ほど安心できる年もない気がする。

あ、何度も書きますが今の時期の葉付き落下ドングリは
卵入りですので、チョッキリ観察の目的以外では
拾って室内に置かないほうが賢明です…
(ヘタ部分にピンホール空いてるのでわかります)

アイスランド風ジャガタラアレンジ

前に書いた、アイスランドの
ジャガイモとタラの料理。→クリック

それを、夏向けにカレー粉最後にあえてみたら
激ウマでした。

白身魚であっても魚臭いの苦手だという方には、
カレー味のこっちのほうがいいかもしれない。

炒めて、味付けして最後にカレー粉をふるだけ。
コリアンダー粉末があれば、それも少し加えると
(その場合はカレー粉より先に、炒める時に加える)
ぐぐっとエスニックな風味となります。

DSC_00039.jpg
なんか茶色いメニューだなあ…ご飯まで茶色っぽいのは赤米混ぜたから。

カレーの香りには、柑橘を絞って食すよりも
ヨーグルトをちょっと添えるほうが合う。

タラを小さめに崩して少し味を濃くすれば、
翌日のお弁当のサンドイッチの具にも出来ると思う。
(夏場なのでやらなかったけど)

個人的には、皮付きのままが好きなので
新じゃがで作るのが好きだけど
手間ヒマかけてマッシュポテトにして
そこにヨーグルト混ぜたりすると、
また美味しいと思います。
マヨネーズもいいんだろうけど…
ちょっと苦手なもので…。


腹黒

8/13の新聞に載っていた記事なのだが、
中国の新華社通信が
「英国はネット管理への態度を豹変させた」という見出しで
欧米から批判されてきた自国の同様の件について
意趣返しをした…というのがあった。

これは、黒人青年が警官に撃たれ死亡した事件を端に
各地で起こったイギリスの暴動で、イギリス政府が
ネット規制を検討している事に対しての反応だという。

「ネットの自由を吹聴してきた立場とは全く異なる」
「他国の管理を批判する一方で自国は必要というのは
どういうことか」
と、これまでの鬱憤をはらすかのような記述のとどめに

「欧米はいつも色眼鏡をかけ、異なる民族の国家は
区別無く被告として扱う」

これは、中国の言う事がもっともな部分があると思う。

アメリカなんて、イギリスの流れをくみ
ダブル・スタンダードのいい例だ。
フェアである事を求める国ほどこの矛盾。

でも、一番中国が言いたかったのは、多分コレ。
今回たまたまイギリスが引き合いにだされたけど、
それはどこでもよくて、コレが言いたかったんだろうな。
            ↓
「ネット管理に成功した例は世界的にも無い。
ただ1つ確かなのは
ネット管理は正当であり、必要ということだ

…。なんつーか…。
自国でも成功したと思っていないのは、
あの列車事故の件でも確かだが…
天安門の事も、他国に留学して初めて動画サイトで知ったという
そんな人もいるようだし。

8/21に成都で起こったという原子炉工程研究所の火災についても、
今のところ日本でもネットでちょっぴりしか報じられていない。
(ご興味ある方は、成都 原発 事故等で検索してみてください。
中国の現地の方のレポート写真等を見る事ができます。
なお、原発の事故ではありません)
写真で見る限り、黒煙もくもく、研究所内の何がどう火災に
なったのかが不明にしても、原発を今後も推進するという国で
どれだけの管理がなされるのか、とても怖い。

今日本で原子力に関する
情報サイトやツイッターの監視が
強化されているというのを聞けば、
「あった事すら無かった事にされる」
ということも、他国のこととして笑っていられない、
そんなふうに感じている。

最後に、中国から皮肉られたイギリスが、
フクシマの事故直後に密かにとっていた対応。
状況がまだはっきりしないうちから、
はっきりと「反原発の機運抑え込み」活動。
どこも、腹黒ですわ。

…コレ、英国内の事故ならば、今回以上の暴動で
ロンドン焼き討ち、政府転覆してると思う。
日本の政治家は大人しい国民で助かってるよなあ。

haraguro.jpg

カレー味のパンチ

うちには「ナイルのカレー天国」という本がある。

銀座で1949年に開店の日本初の本格インド料理店
「ナイルレストラン」の二代目オーナー
ナイルさんが、ブルータス編集者とあちこちのカレー
(カレー風味のものも含む)
を食べ歩いて星をつけるというお気楽企画もの。

警察大好き、自衛隊大好き、清元大好き、
「カレーに哲学?僕の哲学はカレーで儲ける事」
と言うキャラのたったナイルさんの珍道中が楽しめて、
カレーの星はどうでもいいと思える。
…と思いながら、コレを読んで
「古奈屋」にカレーうどんを食べにいった自分。
(美味しいけど野菜が少ないし高いと思う…)

その本の中で、ナイルさんが
「お菓子のカレー風味はどれもパンチがない。
お菓子メーカーはボクを100万円で雇えばいいのに」
と言う巻があった。
(100万円は安いよ!(まったくだ)
というリリー・フランキーのカット付き)

カレー味のもので、ナイルさんが加わって
企画段階でボツになった製品も過去にはあったらしいが
ナイルさんのお店のレトルトカレー以外は
彼が加わった企画のは見ないなあと思っていた。

そしたら近所のスーパーでこんなの売ってた。
DSC_00340.jpg

こういうものはある程度の期間しか売らないだろうから
と思って、即買い。

割と、塩味が効いている。
おつまみにはいいかもしれない。
で、確かに日本のカレー風味スナックとは違う香りがある。
でも、すごくパンチがあるかというと
そういう程でもないような。

どうもナイルさんが本でやたらと
「松○聖子みたいなパンチのあるカレー」とか
「パンチ」発言が多かったので
強烈な風味を期待してしまうのだが、
むしろ本場のカレーは香りは良くても食べると
案外塩味も薄めであっさりしていたりする。
(特にダールカレー系)
それは「ダシ」を効かせないからだと思う。

中○屋のレトルトカレーも美味しいけど、
ああいう、濃いめの旨味というようなものは
毎食カレーをおかずとして食べる国には
そぐわないのだろうと思う。

DSC_000330.jpg

あ、でも、スナックなので、ナイルさんのカレーよりも
ずっとクドめの味付けにはなっています。
イカフライだし。

そんなわけで、美味しいけど同時にどこかインドらしく
あっさり感も楽しめるこのスナック、
なかなか後をひくが、この一度きりしか見ていない。

それから1ヶ月が経つけど、まだ販売されているようなので
見かけた方はぜひ一度。(な○りの製品です)

今度食べる時はヨーグルトディップつけてみようかな。

ネオナチもびっくり

ドイツの右翼の急先鋒、ネオナチ。
その方々が集うイベントで配布されたTシャツが、
実は洗濯すると、
「君も変わる事ができる」
という、ネオナチから足を洗おうよ的言葉が
浮き出るものだった、らしい。

nach.jpg


ネトウヨなる言葉があるが、
もう20年かもっと前か、TVで若者が右系団体に
入る理由というのをドキュメンタリーでやっていた。
地面にさした人形を、揃いのつなぎ着た人が
かけ声と共に刺すのを、どこかの団体の指導員が見てるという
そんなシーンがあって、訓練受けてるのが
10代か20代の女性だった。

戦時中の竹槍訓練、まさにアレだった。

もしかすると昔の雨宮処凛だったのかとも
ふと思うことがあるが、多分年齢的に違うだろう。

このブログで右だ左だという話はしたくないが、
とりあえず、ひたすら数頼みや
イデオロギーでがんじがらめになった状態で
自分以外の人に自分の信奉する何かを説こうとするのは、
逆効果なのではないかと思う。
それが暴力的だったりすればなおさらだ。

若く、生活経験が不足しているのに情報だけで
愛国というのを論じるよりも(右も左も)
日本以外の国に実際行ってみた方がいいのではないかと
思う。
(外国で嫌な目に遭って「自国が一番」と
右に傾くという例もあるのだけれど)

虐殺の生々しい記録の残るカンボジアのツールスレーン、
キリングフィールドに行った時は、しばらく気分が悪く
落ち込んだ。

あの時は、心の底から日本に生まれて良かったと、
カンボジアで亡くなった人には申し訳ないが思った。

国が違うだけで、どうしてこんなにも命の扱いに差があるのか、
残念ながら今でも差別による性暴力や殺人がある国や
犯罪組織の力が強大すぎる国、本当にそこには生まれたくない
と思ってしまう地域もある。

そういう意味で、少なくともまだ「常識」
が通る日本でいて欲しいし、(常識も国で違うのだが)
なにより安全で安心していられる国なのが誇りだった。
(原発事故以後は疑問符)

そんなわけで、よその国に、
日本語が通じずリゾートではないところに
できれば長めに、ツアー以外で一度でも行ってみるといいと思う。


イスラム圏で、「この国(その人の国)は醜い」と真剣に嘆く
日本への渡航経験のあるインテリに会った事がある。
イギリスの「マイビューティフル・ランドレット」
という映画の、「国は宗教にオ○マを掘られたよ」
というセリフを思い出させ、宗教という、普段意識しない、
かつデリケートすぎる問題なだけに
自分はロクな事が言えなかった。
今も、その人の言葉が強烈で消えない。


…さて話戻してこの記事、いろいろ気になる。
ネオナチの方々が集結するロックコンサートって
いったいどんなテイストの曲なのだ?

そして、こんな不意打ち的やり方して、
Tシャツもらった人が「この野郎」と
恨みに思ったりしないのだろうか…

なにせ怖い人達だし…
会った事ないけど。

日本ではこういう、危険だが洒落た活動って
なかなか無さそうだなと思いました。

最後に、まさかドイツだからって
この人達の曲はやらないだろう、このイベントでは…
と思ったのを一曲。
めざせモスクワだし。
「アメリカやイギリスの英語圏の音楽の正統派かっこよさとは
違う次元にいる。ドイツすげえ」という家人の評、もっとも。
(センターのダンサーにフレディマーキュリーと同じニオイを
感じたがこのお方はエイズでお亡くなりになっていたとか…)

今年のお米

さて、昨日チューナーを買って
実に簡単にアナログTVのまま地デジ対応になった我が家。
(でも、BSは見られないのだった…)

朝食の時にニュースつけたら、
今年の九州産新米が放射能汚染を心配する消費者によって
普段はありえない「10k」とかの単位
~しかも、玄米での真空パック等~
での注文があり、あきらかに備蓄用だという
そういうニュースをやっていた。

お米屋さん曰く、
「こんな単位で買うような事ではないと思いますよ。」

しかし、なぜそういう事態になっているのか、
理由は明らかではないかと思う。

CA2806100.jpg
立川駅の北口周辺には「ファーレ立川」という、
アート作品が実に無造作に林立してるバブリーな地域があります。
あまりにもフツーにあって標識かなにかと思って気付かなかったりする。
これ、左の影もセット。


ニュースでも「冷静に」と言いたいのはわかるが
ではなぜ政府は試験的にとはいえ、こんな震災に原発事故があった年に
コメを先物取り引きの対象物にしたのか。

脱原発と言いつつ、何故外国には原発を売り込むのを
やめないのか。

学校での年間暫定基準値20ミリシーベルトを
見直すと言いながら、それはいつなのか。

食品にしても、500ベクレルは
チェルノブイリと比べても高い値になっている。
いつまでそれを暫定基準値と言うのか。

そういう事をはっきりさせないうちに、
フクシマの原発の近くに戻っていいですよ、と
言い出すのは、全ての順序がおかしいと思う。

お茶の検査のドタバタを見ても、牛肉のセシウムにしても
およそ水と土と大気の汚染が止まっていない、
その元凶からの放出が止まっていない状況で
どの食品なら「少しでもまし」と考えるのかは、
もう政府から言われるのではなく自分で考えて
決めるしか無いと思う人が、増えているということだ。

後になって「なんでもなかったね」で笑えるならいいが
「やっぱり汚染されていた。どうしてくれる」では
笑えない。

そういうケースが既に出ていたのだから。

CA2806110.jpg
5年以上経つケータイでも結構撮れるもんですね。
デパートつなぐデッキの外側。
多分、この黒いラインもアートの一部…なのか?


ニュースでは、コメを原料にする酒造会社が
田んぼを24時間放射能測定する装置を自費で取り付けたというのを
やっていた。
とにかく、先手を打つ、事実を公表するというのが
消費者の安心には大事だという
この会社の偉い人の考えには賛同するが、
本来こういう事は国がやるべき事だと思う。

既存の農業に疑問を抱き、農の会を作って
環境に配慮した農業を行っている方も、
早い段階で土の検査、その結果どうするかの方策を
考えておられた。真面目に土と作物の安全を考えていた
農家の方ほど、ダメージは大きい。
しかし、事故後も真摯な対応をされている所が多い。

こういう事になってしまった以上、
誰かをあてにできず、かといって個人では出来る事も
限界がある。
法的な部分、安全性の判断をどう考えるかの基準、
それに必要な手だて、補償…
政府に求められている事は山のようにある。

でも、毎日の食事には待ったはない。
だから、その人の基準で少しでも安心できるものを
求めるのは、当然ではないかと思う。

そういう動きに対して、
検査をしなかったり情報を隠そうとすることが
拍車をかけていると思う。
「買い占めはいけません」
そういうのとは、既にだいぶ違う問題を含んでしまっている。

さすがアメリカ

なんというか、さすがアメリカだと思った記事。

sesami.jpg

「人形であり、性的な指向はありません」

この真面目かつぶっちゃけ声明にむしろ触発されて、
「アーニー&バート」同人がそのうち日本の
コミケで出されそうだとエセ腐女子な自分は思った。

…無いか。
そこに萌えがあれば需要もあるだろうが…

というよりさすがに何か言われそうで怖いか。


もうかなり前のNHKの英会話のテキストに
登場人物の同性愛設定があったので
セサミであろうと驚かないが、子供番組だし。

成人向けと子供向けの線引きが
すばらしくはっきりしているアメリカでは
この署名は実を結ばないだろうと思う。

脱アナログ

とうとう、うちでもTVが映るようになった。

壊れてもいないアナログTVを今買い替えるのは
勿体無いし高い。
どうせしばらくすれば安くなるのだし
とりあえずはチューナーで充分ではないか。

プロバイダになってるケーブルTVと契約して
月額に数百円上乗せして、アナログTVのまま
見られる工事をしてもらうつもりだった。

で、工事にきていただいたのだが、
この辺りは清掃工場のアンテナがあり、各家まで電波は
来ているという事を今更知り、工事当日に気が変わり
(ケーブルTVさん、ほんとにすみません…)
結局チューナーを自分達で取り付けることにした。

しかしチューナー自体、今需要があるせいで
品薄&値上がりしているのだという。
ネットで検索したら、5千円くらいかと思っていたのに
数千円で買えるものはもう売り切れで、
かろうじて残っているものは
その倍くらいのものだったり、入荷が10月とか
簡単に入手できなさそうな勢いだ。

TVをいつ見られるかはウチの場合全く問題ではなく、
秋になろうと冬になろうといいのだが、
とりあえず近所の安そうな店に行った所、
「地デジチューナーはお一人様2台まで」
と書いてあった。

どうも業者が大量に買い込むらしい。
そして今やTVは一家に一台ではないのだなと思う瞬間。

それでも、5千円でおつりの来る
チューナーが一台だけあった。
一度開封されたものだった事と、
かなりチャイナの香りのする聞いた事ない会社名が
大いに気になったが、購入。

他も何軒か回ったが、同じような境遇の人が
店員さんから「もうこれしか…」
と言われてがっくりして帰る様子を見て、
きっとどこももう品薄なのだろうと、
かろうじてゲットできたそれを持って帰って取り付けた。

「カードにエラーが」
と表示が何度も出てしまい、さては不良品か?
と慌てたが、よくよく見ると、
「説明書きに分かりにくい部分があるので補足します」
というカードの入れる方向についてのペラ紙があって、
それに気付いていなかったのだ。
ソレ見ると、逆の方向にカードを入れていたことが判明。

でもコレ、すごく大事な事なんだが…
補足どころか、説明書には明らかに逆に書いてあるし。
この、ひと言も謝って無い補足ペラといい、会社名といい、
きっと日系の会社ではないだろう、住所は日本だけど。
と思って検索したら、やはり創立者のお名前が日本人ではありませんでした。

でも、まあ、その後ちゃんとTVは映りました。

CA2806140.jpg
うさこちゃんのお母さんと、お友達。

多分、朝食の時くらいしか見ないと思うけど。
考えたら、見なくなってからまだ1ヶ月も経ってないんだよな。

それにしても今のTVは画面がきれいすぎて
店にあったモニター、和田ア○子のアップが…
再現性がありすぎて、これは…
たいして大きくない画面でもこれはきつい。
取説見たらうちのTVは1999年とかそこらのものだったが
やっぱり、TV自体を買い替えるのはかなり先の話になりそうです。

桜の下で眠る

最近、近所の方のお宅に「女子会」でお邪魔して
久々に楽しかったのだが、その時にちらりと出たお墓の話。

もうそろそろ自分の年代では、親のお墓という
現実的な心配がすぐ近くに来る頃で、
ましてその親にもしボケなどがくると、ますますその問題は
どのようにするか、事前の話し合いが急がれる。

もう20年近く前の話だったように思うが
親戚と話していて、「墓守」という言葉が出て来て
ひょえ~と思った。
両親と、姉と自分の2人の娘。
自分が東京に出てしまい、その後もし姉が結婚して
この家を継ぐ人がいなくなったら、墓守がいなくなるね、
そんな話だったような。(もう忘れた)

だいたい、戸籍というのがおかしい。
あれ、結婚してたいがい姓を変えるのは女性だが
それで2人で新しい戸籍を作ると、女性は実家の戸籍の
自分の欄に×がつけられるのだ。
あれ見た時はちょっとショックだった。

DSC_07790.jpg
これは桃です。

それと同じように(?)別に民法にもそういう決まりが
あるわけでも何でも無いのに、
「娘は墓を継げない」というような
そんなよく分からない慣習がある(あった)というのを
最近新聞で読んだ。

「両親に姉と私(女性)という家族構成。
30年前母が亡くなり墓を建てることになって、問題が起こった。

『長男と結婚した娘が実家の墓を継いだとしても
その娘の子供の代になると母方の墓まで継承できず
無縁化する』というのだ。

30年後の今、継承者の性別は
殆ど問われなくなったが、当時戦後の教育を受けた私には
到底受入れがたい事実であった。

日本のお墓は継承者が管理料を払っていれば
永続使用できるが、継承者が絶えれば無縁墳墓として
片付けられる。
少子高齢化、核家族化、生き方の多様化が進んだ現代社会で
どれだけの人が代々継承者を確保できるというのか。」

…。
うーん、お墓の事なんて考えた事なかったよ…

つか、そもそもいるのか?という気もする。

子供でもいて、参りたい時に「この場所に行けば」
というイコンがあったほうがいい、というのはわかる。

でも、高いお金を払い続けるお墓に、
こういっては角たちまくりだろうがダンナの
ほうのお墓によく知らない人達と一緒に入るとか
無機質な納骨堂に最後はいっぱいになっていろんな人達と
一緒の状態に下に落っことされるんだったら、
どっかにまいてくれればいいかな、と思う。
子供いないし。(あくまでも個人的見解です)


子供の頃「モモ」を読んで、とても惹き付けられたが
巻末の作者紹介に載っていたミヒャエル・エンデのエピソードが
かっこよく、さらに本人の写真がものすごくイケメンで
それが記憶に残ったのだが、
(それにしても当時結構なおじさんだった筈なのに
なぜあんな若い頃の写真を載せていたのか…)
その後彼のお墓というのがまたこれも彼らしい
緑豊かな中のいい感じのお墓で、こういうのならいいなあと思えた。

でもそれも管理する人がきれいにしているのだろう。

DSC_07750.jpg
これは玉川上水沿いの緋寒桜。

で、話を戻すと、この記事を書いていた大学教授は
継承者を必要とせず桜の下で眠る桜葬墓地←クリック。
を造ったという。樹木葬というのがある事は知っていたが
いろいろな制約が無いのがいいと思う。

記事によると、跡継ぎがいらない、1人でもいい、
夫婦、家族でもいい、友達同士、故郷のご先祖様を連れて来てもいい。
宗教も国籍も不問。
シンボルの桜の下で、それぞれが個別区画の使用権を持ち
それらが隣接して1つの墓をつくる形式で、
町田市に造ったところ絶大な支持を得ているという。
(桜以外にもいくつかタイプがあるようです)

子供がいない人や独身者のために、
死語の葬儀や事務手続きをする支援も備えているらしい。
今後は各地に広げる予定で、九州では大分にできている。

今まで無かったのが不思議なくらいだが、この方が
「娘だけの家の墓」という見出しで
記事を書いていなかったら、
自分も読まなかったかもしれない。

「ヨメ」がしきたりにのっとり、葬儀の準備采配をして
死後は夫の家のお墓に入るのが当然という家や地域では
こういう考えのお墓は理解されにくいものかもしれないが、
家族のあり方が多様化しているのだから、
死後自分の墓をどうするか、そういう部分も個人が
選択できるようになっていいはずだ。

そうだなあ…自分だったら、桜みたいに花がきれいじゃなくても
いいから、もっと丈夫で青々した樹のほうが好みかなあ。
クスノキとかそういうの。虫や病気になりにくいし
樹自体長生きだしね。
でも正直、死んだ後の事はどうでもいいよ。
そう思うのは、今のお墓が生きてる人達のためであって、
でもそれもどっかで負担になってたり
意味が無くなって来てるからだと思う。

長崎市長のことば

8/9の長崎の原爆の日。
前このブログで何度か触れたが、親と自分の出身が
小倉であり、第一投下目標が実は小倉だったという事で
毎年ちくちくとする気持ちになる日だ。

長崎市長が、広島市長とは違い脱原発にふれる発言をした。→クリック。
リンクが簡単に切れるかもなので、一応コピペもしておきます。
ぜひ、全文読んでいただきたい。


長崎原爆の日:長崎平和宣言(全文)

 今年3月、東日本大震災に続く東京電力福島第一原子力発電所の事故に、
私たちは愕然(がくぜん)としました。
爆発によりむきだしになった原子炉。周辺の町に住民の姿はありません。
放射線を逃れて避難した人々が、いつになったら帰ることができるのかもわかりません。

 「ノーモア・ヒバクシャ」を訴えてきた被爆国の私たちが、
どうして再び放射線の恐怖に脅(おび)えることになってしまったのでしょうか。

 自然への畏れを忘れていなかったか、人間の制御力を過信していなかったか、
未来への責任から目をそらしていなかったか……、
私たちはこれからどんな社会をつくろうとしているのか、根底から議論をし、
選択をする時がきています。
たとえ長期間を要するとしても、
より安全なエネルギーを基盤にする社会への転換を図るために、
原子力にかわる再生可能エネルギーの開発を進めることが必要です。

 福島の原発事故が起きるまで、多くの人たちが原子力発電所の安全神話を
いつのまにか信じていました。世界に2万発以上ある核兵器はどうでしょうか。

 核兵器の抑止力により世界は安全だと信じていないでしょうか。
核兵器が使われることはないと思い込んでいないでしょうか。
1か所の原発の事故による放射線が社会にこれほど大きな混乱をひきおこしている今、
核兵器で人びとを攻撃することが、いかに非人道的なことか、
私たちははっきりと理解できるはずです。

 世界の皆さん、考えてみてください。私たちが暮らす都市の上空で
ヒロシマ・ナガサキの数百倍も強大になった核兵器が炸裂(さくれつ)する恐ろしさを。

 人もモノも溶かしてしまうほどの強烈な熱線。
建物をも吹き飛ばし押しつぶす凄(すさ)まじい爆風。
廃墟(はいきょ)には数え切れないほどの黒焦げの死体が散乱するでしょう。
生死のさかいでさまよう人々。傷を負った人々。
生存者がいたとしても、強い放射能のために助けに行くこともできません。
放射性物質は風に乗り、遠くへ運ばれ、地球は広く汚染されます。
そして数十年にもわたり後障害に苦しむ人々を生むことになります。

 そんな苦しみを未来の人たちに経験させることは絶対にできません。
核兵器はいらない。核兵器を人類が保有する理由はなにもありません。

 一昨年4月、アメリカのオバマ大統領は、チェコのプラハにおいて
「核兵器のない世界」を目指すという演説をおこない、
最強の核保有国が示した明確な目標に世界の期待は高まりました。
アメリカとロシアの核兵器削減の条約成立など一定の成果はありましたが、
その後大きな進展は見られず、
新たな模擬核実験を実施するなど逆行する動きさえ見られます。

 オバマ大統領、被爆地を、そして世界の人々を失望させることなく、
「核兵器のない世界」の実現に向けたリーダーシップを発揮してください。

 アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国など
核保有国をはじめとする国際社会は、今こそ核兵器の全廃を目指す
「核兵器禁止条約(NWC)」の締結に向けた努力を始める時です。
日本政府には被爆国の政府として、こうした動きを強く推進していくことを求めます。

 日本政府に憲法の不戦と平和の理念に基づく行動をとるよう繰り返し訴えます。
「非核三原則」の法制化と、日本と韓国、北朝鮮を非核化する
「北東アジア非核兵器地帯」の創設に取り組んでください。
また、高齢化する被爆者の実態に即した援護の充実をはかってください。

 長崎市は今年、国連や日本政府、広島市と連携して、
ジュネーブの国連欧州本部に被爆の惨状を伝える資料を展示します。
私たちは原子爆弾の破壊の凄まじさ、むごさを
世界のたくさんの人々に知ってほしいと願っています。

 「核兵器のない世界」を求める皆さん、
あなたの街でも長崎市と協力して小さな原爆展を開催してください。
世界の街角で被爆の写真パネルを展示してください。
被爆地とともに手を取り合い、人間が人間らしく生きるために
平和の輪をつなげていきましょう。

 1945年8月9日午前11時2分、原子爆弾により長崎の街は壊滅しました。
その廃墟から、私たちは平和都市として復興を遂げました。
福島の皆さん、希望を失わないでください。
東日本の被災地の皆さん、世界が皆さんを応援しています。
一日も早い被災地の復興と原発事故の収束を心から願っています。

 原子爆弾により犠牲になられた方々と、
東日本大震災により亡くなられた方々に哀悼の意を表し、
今後とも広島市と協力し、世界に向けて核兵器廃絶を訴え続けていくことを
ここに宣言します。

 2011年(平成23年)8月9日

 長崎市長 田上富久




一部の被爆者の方々は、思い出すのも辛過ぎる記憶を、
後世の人へと伝えることに努力されてきた。
しかしその訴えがなかなか「自分達の身に降りかかるかもしれない恐怖」
として伝わっていないと、私は思う。

2度も被爆をし、JCO事故もあった日本でさえ、
福島第一原発の事故が今現在も継続中の日本でさえ、
「だから日本も核武装しなきゃ」
「でも原発は推進していかないと」
という意見がまだまだあるのだ。
段々と食物汚染が近づいて来ていても、自分は大丈夫と
何故か信じられる人達もいるのだ。

だから、原爆投下はもちろん原発事故が無いような
よその国では「お気の毒に」「日本のために祈ります」
と言ってはくれても、核の恐ろしさを考えるような気に
ならないのは想像できる。

しかし核保有国ロシアもイギリスもアメリカも原発あるいは核燃料施設での
大規模事故というのを経験しているのに、
(中国なんて少数民族居住区でバカスカ核実験しまくってその後NHKシルクロードの影響で
あのあたり旅行した人や番組スタッフは被ばくしたという話だが
隠蔽してるので反対すら出て来ない)

「どうなの核って…」ともっと否定的になってもよさそうなものなのに
そうならないのは、
結局核抑止力という考え方が根強いからだろう。

(そして、日本でも原発推進論者の中には核を保有したいという抑止論者がいるのだろう。
中曽根なんて完全にそうだと思う。)

さらに、「黄色人種のジャップが侵略戦争をしかけたのが
悪いんだから。自業自得でしょ」という
「因果応報フィルター」がはなからかかってしまうので、
被爆者の方々が一生懸命に訴える
原爆の非人道性までが伝わらないし、
伝わらないようにしているようにしか思えない。

因果応報論と、核兵器の恐ろしさは完全に分けて
説明する姿勢を、広島も長崎は、
そして日本国政府はもっと示して欲しい。

欧米の人達は、そこを論理的に言えばもっと聞いてくれる筈だ。

こういう時に、韓国や中国の人達に文句を言う
日本の一部の人達は、そういう事が核兵器の恐怖という事実を
日本が発信する時に相手が聞いてくれなくなる原因の1つを
自ら作っているという事を自覚してほしい。
例えばの話、ドイツがドレスデンの無差別空襲の悲惨さを訴える時に
ネオナチが「連合国のバカ野郎」「ヒトラー様最高」
等と騒げば、事実がいつまでも「因果応報」と
すり替えられてしまうのではないか。そういうことだ。(例えばの話です)

フクシマの事故が起こった今の日本からの発信が、
戦争云々とは関係ない大きな意味を持つことは、
海外の人達にも分かっているはず。

言うだけなら誰だってできるという意見もあるだろうが、
広島、長崎の市長の発言は、今だからこそ大変影響力を持つ。
それを分かった上で、踏み込んだ発言ができるのは、
「思ってても言わない」国依存の
地方自治体の首長ばかりの日本では、
やはり、支持したい。


ゆるキャラなら許せるってもんじゃ…

ゆるキャラブームも市民権を得て久しい。

過去にその手のもののデザインを応募した事があったが
あきらかに地元に縁のある作成者のみ選ぶ自治体から
何故コレを…??と驚愕するような選定結果だったり
ほんとにいろいろだ。

でも「ゆるキャラが着ぐるみになればなんでも許される」
という認識は不変のようで、今日もどこかで
よくわからないキャラクターが次々誕生しているに違いない。

ゆるくしようと思ってしたわけではなく、
結果そうなってしまった「何故に?」感が
受けて来たゆるキャラだが、
もはやユルいのを目指して考案されるともはやそれは
あざとかったりする。

最近話題になったのでご存知の方も多いとは思いますが。
山口県宇部市の「エコハちゃん」。

24545450.jpg
緑色だし、耳の形が違うし、しっぽも無いし、
きっと思い過ごしだよ!まさかあの有名キャラに似てるなんてそんな…


45452452450.jpg

この原画からはアレは想像しないよなー。
でも、まあ、もうちょっとひねるべきだったでしょ。

詳しくは検索していただればいろいろ出て来ます。
ちなみに宇部市のホームページ。←クリック。
市長さんの活動の一番下に、愛称がエコハちゃんに決まった旨載ってます。
ん~、原画しかないのか。この時点では誰も
想像しなかったであろう。こんな事態を。


そして7/28の新聞で見て気になっていたこのパンダ達…
被災地の子供達を元気づけたいということで
上野をはじめ全国のパンダキャラクター5体が
揃って東北の動物園を訪れることになった、という。(東京新聞)

panda.jpg

左端は何??

中心の3匹は分かる。

右端は身体がパンダで鼻がサイの
マリアナ政府観光局のキャラ「サイパンだ!」だという。
あ、確かに鼻が。口がギザギザなのもそれっぽいといえば…

で、左端のは鳥取大山町の観光振興キャラで
妻木晩田(むきばんだ)遺跡から命名された
「むきぱんだ」だという。

なんかマッスルを感じさせるネーミングだが
パンダがパンダをかぶっているのが
そう見えないばかりか、妙に記憶に残るキャラだ。
「鳥取」「遺跡」というのをみじんも感じさせないのは
おいといて。

…なんか、妙に「ゆるキャラ」に毒を感じて来てしまった。
疲れてんのかな。

太陽を盗んだ男 北欧版

「何の役にも立たないアホニュース」のカテゴリには
ふさわしくないので、日記カテゴリに。

ある日突然、隣の家で爆発が起こったら…
そいつがキッチンで原子炉を造ってるところだったとしたら。



(8/8東京新聞より一部抜粋)
ロイターより。
スウェーデン当局は放射性物質を集めて実験をしていたとして
無職男性(31)を先月下旬一時高速したことが明らかになった。

以前空調設備の工場に勤務していたこの男は
自宅台所でラジウムや硫酸等を調理器具を使って
混合する実験を行い、3、4ヶ月前には爆発事故も起こしていた。
その後ラジウムを購入して実験を続けていた所
家宅捜索を受け、身柄を拘束された。

爆発した経緯を自身のブログに「メルトダウン」
と表現し掲載していた。

釈放後、男は「奇妙に思うかもしれないが、単なる趣味。
原子炉を造ることが可能かどうか知りたかっただけだ」
と話している。



…。いや、もうマジ勘弁。

スウェーデンは確か、脱原発の方針だったと思って検索したら、
既に1980年には国民投票で12基の全廃を決定、
産業競争力への影響から、全廃の時期を変更しつつ
2基停止したが、昨年30年ぶりに老朽化した原発の
建て替えは容認する方向に、僅差で転換したようだ。
スウェーデンでは、脱原発というものはかなり
コスト意識からくるものだという話もある。
ただそれもフクシマ事故を受けて変わって来るかもしれない。

そんな国で、放射性物質が31才無職に買えてしまうの?
というかなぜもう釈放?
この男の話、全然懲りてなさそうですけど??

さすがフリーセックス(のイメージ強いが70年代の話らしい)
の大人な国。でもほんとに大丈夫か?


出腹でないかっこいいジュリーが
主演していた、長谷川和彦監督の「太陽を盗んだ男」。

…これを、思い出してしまうのは
ある程度年齢のいった人かジュリー好きだけなのかもしれない。

でもあの映画は観た方がいい。
同じ頃ジュリーが主演したTVドラマの「悪魔のようなあいつ」同様、
「そんな馬鹿な!」と突っ込みたい箇所満載だが。

ジュリーが原料のプルトニウムを盗みに行くのが東海村の原発。
黒いピチピチ姿で侵入したジュリーがおよそ武道と縁が無さそうなのに
あっという間に警備員(?)をやっつけて逃げるシーンは、
ドリフの「鏡」シリーズか何かで黒の全身タイツに身を包んだジュリーを
思い出させて、緊迫感ゼロだった。


しかしこのスウェーデンの事件。
実際、国単位ではない組織がとっくに「汚い爆弾」を持つようになった今、
その威力だけ云々する以外にも、原料の流通経路や
それらの製造管理の雑さを想像すると、
いったいどこがどのように汚染されているのか
キリの無い恐怖がある。

例えばイギリスで某国からの亡命者が放射性物質により
暗殺されたらしい事件があったが←クリック。
外食先の店やホテルに居合わせた人達は大災難だ。

ロイターで検索すればこのスウェーデンの犯人の
ブログに「メルトダウン」と載せたキッチンの写真が見られます。
逮捕後この部屋を調べたら放射能汚染は無かったそうで
ご近所さんも一安心…って釈放後この男、自宅に戻ってるのかな。





全域除染

南相馬市を、全域で除染することになったそうだ。


東京大学アイソトープ総合センターが南相馬市と共同で
20キロ圏内の警戒区域を除く全域という。

ヘリで上空から調査、汚染マップを作成し
放射線量の高い場所でセンターの助言を受けながら
市が専門的な除染を行う。

線量が低い場所では、公共施設は高圧洗浄機で洗ったり
表土を削り埋め立て。
一般住宅等はNPOや市民ボランティアも募って実施、とある。
(読売新聞より)

このブログにも動画をリンクした、児玉教授の訴えが
実ったと思いたい。

しかし、
ここに政府の援助はあるのか?
読んでいて疑問が沸いた。
その事については何も書かれていなかったから。

「政府は8月下旬に20k以遠の緊急避難準備区域の解除を
検討している。
放射線量が高いままでは解除されても市民が避難先から
戻って来ない懸念があるため、市が補正予算を組み、
早急に除染を進めることにした」

とあり、政府が「安全ですから」と解除することにした理由が
いったいどこにあるのか、見えない。


この記事を読む限り、政府が「解除するから」と言うから
そのために必死で民間と当該市だけがやっている、ように思えてしまう。

解除するのなら先にまず除染を、
それも南相馬市だけではなく他の地域でも
やってからの話ではないのか。

すべてにおいて後手後手になってしまっているのは
要するに順序が逆だからだろう。

なにせ、1万ミリシーベルト/時という、途方もない高線量が
つい最近計測されたのだ。
完全にそこいると死に至るレベルで、JCO事故で亡くなった作業員の
方が浴びた量より高い。
しかもその1万というのも、計器の上限が1万だからで、
振り切れたから実際はそれより高い値の可能性があるという。

なんという…

それを、手をつけられずそのままになっているのが現状。

元凶のダダ漏れ原発がいまだこんな状況で、
水は溢れるは恐ろしく高い線量が出続けてるは
しかもその原因だって調べられないから分からない
…というのに

それでも経済を考えれば原発は維持せねば
と言える理由が、全く理解できない。

DSC_00925.jpg

賠償金だけだってこれからも増え続ける。
それに、日本がちくちく積み上げて来た
勤勉な国民性、安全で質の高い食べ物、技術の高さ
そんなイメージが崩壊してきて、輸出に支障が出てる
というのに、何が経済なんだろう。

一度失った信用、悪くなったイメージは
簡単に元に戻らないし、国民の安全を第一に考えられない国家が
どこにも信用される筈がない。
お隣の大陸の公害や事故の隠蔽体質が各国から批判されているが
もはやとにかく経済優先で公害等隠蔽、をするようなそんな
青いやんちゃ国家の段階では、もう日本はないはずだ。

原発大好きな経団連の会長みたいな労害は、
もう余生を豊かに暮らせるお金はあるんだから、
一刻も早く引退すべし。

自動翻訳

昨日姉から「アインシュタインの伝記本の翻訳がひどくて
回収されたけど、逆に注目されて
古本価格が元の10倍になったらしい。」

というメールが来た。

「科学の人里離れている寺に尊敬します。」

「これらのすごいブタが、あなたの精神に
触れるのに最終的に成功したと立証します。」


…。

うーん、元の英語が皆目見当つかない、と姉。

そう思うよ。

寺、ブタ…およそ文脈を取り違えたというには
唐突すぎる誤訳。

うちでとっている新聞でも本日これの記事が出て、
担当者は「自動翻訳かどうかは分からない」
と言っているらしいが…
どうみても自動翻訳だろコレ。

翻訳サイトで英訳したらとんでもない文章になった経験は
誰もがお持ちではないかと思う。

(例えば今「翻訳サイト」と入力しようとしたら
「本屋臭いと」と一度変換されたが、どの部分を
コンピューターが言葉として拾うかがよく分からないのが、
こんなとんちんかんな訳になっている理由の1つだろう。)

主語を略さないように、語順を混同されないように
元の日本語を、普段言わないような馬鹿丁寧に
主語をはっきりさせたり、センテンスを短めに区切ったりして
何度か試し、それでやっと近いものが出たりする。
        ↓
で、それを逆に和訳して確かめてみる。
でも…なんかニュアンス違ったり、
妙に不自然にカタい言葉になっている。
        ↓
というわけで、却って一から自分で考えた方が
まともな文章ができたりもする。

結局、少しでも「おかしいだろコレ」と気付く程度の
知識が無い言葉を、いきなり翻訳サイトで変換するのは、
ムリだ。

趣味で動画投稿サイトに公開するものに、
ドイツ語の文章を少しだけ入れたくて、
自動翻訳したのを第二外国語がドイツ語だった姉に
見てもらったら、「ぶっはっ」な、
まさにこの伝記的支離滅裂訳になっていた事がある。


さて、このアインシュタインの伝記、
いったい他にもどんな笑える訳になっていたのかは
検索すれば出て来ます。↓クリック。
悲惨すぎる翻訳ー『アインシュタインその生涯と宇宙』
ガハろぐNews
(リンク切れにご注意)
それにしても古本価格で約10倍の2万円で取引されてるって…
買うのは日本人だけなわけだよね。
この珍訳は全てではなく、下巻の一部らしい。

しかし上下巻の上巻だけというふうに翻訳の担当を分けるのも
なんか変な話だ。1人の人がやってたら、いやそもそも
時間的余裕がもっとあれば、こんな珍訳にはならなかっただろうに。

にしてもゲラチェックくらいやるだろう、フツー。
2010年の夏に訳したのが今頃急に刷り上がりを寄越すってのも
どういう出版社なんだか。

女性的男性希望

福岡の友人によると、福岡でも
色々と本を読み、関心を持つ人が増えたという。(原発関係の事で)

なにせ「震災後初の再開原発」と目された玄海原発が隣にあるし、
九電のやらせメール、岸本玄海町長や家族の土建屋との癒着、
もうあれやこれやが報じられ、松本復興相が福岡出身という事も
更に火に油、これで関心を持たなければウソだ。

個人的には、日本の政治家の半分くらいに女性が増えていかないと
こういう放射能災害に迅速な対応が出来ないと思う。

なんでかというと、子供を産むのは機能的に女性しかできないし
育てるのもどーしても女性の力が大きい。
そして、一家の食生活、家事も女性の担う部分が
相変わらず大きい。

もっと、政治家の人達が自らスーパーに買い物に行ったり
孫や子供の弁当作るのも小学校の参観に行くのも
やってみればいいのだ。

「内助の功」が妻に求められる日本の政治の世界では
簡単ではないのだろうけど、そういう男性政治家の生活感の無さが、
子供達をいつまでも高放射線量の被災地にとどめておく現状を
助長させているように思えてしょうがない。

DSC_00645.jpg

福島の母親達が、東京に学校内の暫定基準値を撤回するように
デモに来たのを見ても、女性がどれだけ本気で心配しているか。
暮らしの安全に直結する事は
とにかく迅速な、(国による多少強権的なものであっても)
手段を講じないと、後の祭りになる。


福島は広い県で、地域によって汚染度は違うとはいえ
子供だけでもまだ22万人が暮らしているらしい。

「自分のいる自治体は大丈夫なのか?」
「危険とは思っていても、いったい何処へいけばいいのか」
「他所へ行くのはいいが暮らして行けない」

この事に国が本気で応えられない限り、この人達は
どこにも行けない。

DSC_00646.jpg

東京でオリンピックを誘致するプール資金を
もうそのまま被災地の人達の避難にまわしてはどうか。
2018年の冬季五輪は韓国だし、東京はもう諦めればと思う。
スカイツリーで満足しろよと正直思う。
いまだに何かの土建屋的イコンが欲しい程、
東京人って田舎もんだったの?

東電の社長の退職金は、余生を月々20万で暮らしていただく
計算にして、残りを被災者や作業員の手当にまわしてほしい。

自衛隊の高い飛行機買う予算があったら、
今はまず他に使うのが先では?

…などと素人的に思う無駄は沢山ある。

原発を推進して来た自民、同様に根っこは土建屋体質の
公○、とにかく今は誰かを悪者にして批判合戦してるヒマあったら
与野党一致団結して対策をとるのが誰もが期待していることなのに
なんともう8月。相変わらず汚染水対策はかんばしくない。

4ヶ月経っても、いや4ヶ月以上が経ったから、
家畜の汚染という二次被害が隠しようもなくなった。
野菜→家畜となると次は食物連鎖のトップの人間。
すごく嫌な話だが、もし、奇形児が産まれ始めたら、
子供の障害が成長に応じて次第に分かるようになったら、
それでも「因果関係は不明」と言うのだろうか?

DSC_00647.jpg

子供は簡単に出来るものでも、育てられるものでもない。
家族の、子供の生活に必要な衣食住に、男性政治家の
関わりが薄いから、
子供を放射線被ばくから防ぐための食材確保や生活様式を
変える事がどんなに大変かに思いがいたらないのでは。

自分の子供や孫の食生活なら、牛乳一本買うのにも
迷い、影響を調べ、このままではイカン、と思える筈。

これからは「こういう国難には負けずに頑張ろう」
と言うだけの男性ではなく、むしろ
生活に根ざした観点を持てる、ある意味女性的感性のある
男性のほうが、生き残れるように感じている。

原発離婚

恐れていた事だが、「原発離婚」という言葉が新聞にも少し前に出た。
これは4月頃から、女性達の間では危惧する空気があった。
夫、彼氏と原発についての意見が合わない、気持ち悪い、疲れると。

DSC_00419.jpg

新聞に載っていたのは、
子供の被ばくを心配して他県に移住したいと考える母親と
地元に経営者としての仕事があり、
「従業員にも赤ん坊がいる。自分が逃げたら示しがつかない」
という父親の意見の相違が次第に深刻になり、
とうとう「子供を洗脳するな」と父親から離婚を切り出した…

という記事だったが、表に出ないだけで似た様な事例は
沢山あるのではと思ってしまう。

避難母子がそのまま父親と離れてしまう事だって起こりうるし
放射能の影響はもう殆ど無い祖父母が、避難してるヨメや孫に
「戻ってこい」と要求するとか、そういう話は沢山あるようだ。

何を危険と判断し、どこへ、どういう手段で移動するかは
国がおぼつかない以上個人が自分の責任でやるしかない。
しかしそれは個人に負担を強いる。
多いのは子供の将来を心配して移住を切り出すのは母親、
それを否定するのは父親というケースだ。

女性は産む性だからなのか自己防衛本能が男性よりあるらしい。
中曽根康弘氏のように今回の震災後でも原発に関して
「(困難を克服し)雄々しく前進して推進していかなければ」
などと発言できるような、原発にアホな幻想は持ち合わせちゃいない。
この手の「雄々しさ」「家父長的強さ」というものは
放射能災害の時には気持ち悪いだけだ。
なぜなら、それは大抵、
「でも推進していかないと経済がダメになる」
「放射能は大丈夫」
というよく分からん結論に落ち着くからだ。

原発の安全性よりもそれに従事する人達の経済の心配をする
自民党エネルギー政策合同会議の高市早苗や佐藤ゆかりは
この手のおじさんの良くない部分を持った女性なのだろうと思う。

DSC_00217.jpg

仕事が、収入がなければ生きて行けない。
だからこの記事の父親を誰も責められない。
今のような不景気ではなおさらだ。
うちでも再就職にはもう大変な苦労をした。東京でさえこうだ。
簡単には思い切れないのは、よく分かる。

でも、子供が自分の意思で移住したいと思い、それが可能なケース以外は
どうしても親の保護下にあるわけで、
子供は選べない状態にあるということを思えば、国はもっと真剣に
対策をとってほしい。
児玉教授が涙声で訴えておられたではないか。
子供の安全確保は、個人に任せるには、もうあまりにも重い問題なのだ。

移住がいつまでになるのか、雇用はあるのか、
それがもっとクリアになれば、移住したいと思う人は沢山いるはずだ。

DSC_00049.jpg

震災直後、沖縄には東電関係者の家族が多く避難したという。
確かめたわけではないが、オーストラリア等に東電の偉い人達は
不動産を持っていて、何かあれば逃げられるようにしてるとも。
どえらい報酬をもらってきたのだし、
オーストラリアは原発の無い国なので説得力がある。
真実ではなくても、こういう噂をたてられるのは当然だ。
彼らは仕事で原発が安全ではない事を知っているのだから。

高報酬には、それなりの責任がつきものだ。
だから、お手当がいい人を否定するわけではない。
何かあった場合の対処料も入っているのだろうから。
しかしそれが、東電の場合まっとうか?

「原発は安全です」と宣伝しながらいざという時には
原発の無い国に家を持っておこうとする電力会社の偉い人。
事故を起こしまだ収束してなくても退職金5億もらって
もしかすると日本を脱出できる社長もいるのに、
全てを失った上、放射能汚染で郷里を離れなくてはならない人達がいる。
原発災害のせいで、離婚する人達がいる。
高放射線量の被災地からいまだに避難できない子供達がいる。

世の中おかし過ぎる。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

くろけろ

Author:くろけろ
ケロをこよなく愛する玉川上水ほとりの住人です。
庭をヒキガエル様の根城にしていただきたいけど
目下果たせず。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード