かはづ草紙

玉川上水のほとりから玄界灘近くに移動しました

アップルクランブル 

イギリスといえば「メシが不味い」という一定の評価が定着しているが、このブログに何度か書いている様に、自分の印象では、「本格的なごちそうを食べようとしなければ」軽食はどれも美味しかった。(もっとも僅か1週間の印象ですから…)というかその時の旅行ではイギリスからフランスに移動したら何故かそっちでの食事がどれもオイリーなものに当たりどーもイマイチで、むしろイギリスの食事のほうが口に合ってしまった。悲劇なの...
Read More

とりあえずかわいすぎる 

仕事で作る側にいたため逆にそうなってしまうのかかわいいキャラクターものなどはどちらかというと「ケッ!」(失礼)と思う方だったがそれまでどうでもよかったものにかわいらしさを見つけてしまうようになってきた。おそらくトシとってきたという事なんだと思う。「認めたくないものだな、年ゆえの過ちというものを…」と、どこかの誰かを1人パロってみる。どちらかというとブスにできていたり無表情な中の予期せぬかわいさとい...
Read More

もふもふもふ 

うれしいクリスマス3連休が過ぎた月曜の朝、とうとうこういう景色があらわれた。キター 霜だー。実は地面は先週あたりから土の表面が剥がれてたりこりゃ霜柱で浮き上がってるな…というのは見ていたが車や屋根、近所の畑がガリッと白くなったのは今朝が最初。あちこち白くなってるのは、地面に局所的に出来た霜の塊。これが昼ぐらいに融けてくると、靴の裏に付いて困るんですわ。昨年からの念願だった季節もの、ワタの枝(もっとい...
Read More

25日を境に 

あっという間にクリスマスからお正月のディスプレイに変えられる日本のせわしない年の瀬。某生協のクリスマスかまぼこ。なんという精度の良さ…これ、輸出したらバカ受けだと思うんだけどなあ。カマボコがだめならテリーヌみたくお肉系でとか。でも本来今日25日がクリスマスってことで先週見かけたクリスマスプディングを、まだ売ってたら買おうと立川に行った。あの、一種独特の漢方薬みたいなスパイシーな風味が結構好きなのだ。2...
Read More

微笑みの国 

ヴィレッジヴァンガードで見つけて、コレが一体なんなのかの表示も無く、まあでも靴下なんだろう、と思い買ったモノ。タイのデザインブランドだということだけは付いてたタグに書いてあった。モコモコしとります。我が家の朝食に使うジャム用のスプーンの柄にもニコちゃんマーク的笑顔の穴が開いているがどーもこの無条件の笑顔マークに弱い。自分が愛想良くないからだと思う。でも笑顔マークもデザイン的に凝り過ぎていたりキャラ...
Read More

柚子とカボチャ 

冬至の昨日、晩ご飯は柚子とカボチャの両方を使った。縁起かつぎといっても七草がゆ同様、冬至にこういうものを用意するのはなんとなく毎年やってしまう。寒い夜には温かい煮物や汁物に柑橘の香りがあればほんとにうれしい。柚子はカボチャの煮物のあしらいと、焼き鮭の香り付けそれと、ジンのお湯割りに。お酒には弱いくせにジンは好きだ。寒い季節は苦手だが、こういうのはやはり冬だからこそ。そして、こういう準備ができて家族...
Read More

当事者意識&危機意識ナッシング 

柏市では焼却灰から8000ベクレルを大幅に超える高濃度のセシウムが出て最新施設を9月には止めていたがもう1つの施設の処理が追いつかず、先月再稼働している。高濃度の放射性物質を生み出す施設を止められないのだ。さすがにこの焼却灰の保管場所が無くなり年明けに再停止する予定という。この灰の保管場所はどうするのか。豊島の例を見ても、僻地や島、中央から離れた地域にはこの先何が運ばれるか分かったもんじゃない。今は少...
Read More

名指し。 

原発建設推進の旗を振りまくっていたのは中曽根康弘だったというのは原発事故後いろんなメディアでも記事になっていたしそのなんとも強引でスピーディーなやり方にはよっぽどこの人に何らかのすごいうまみがあったんだろうなあと思わせる内容だった。もちろんこの人一人がやってたわけじゃなくて協力した学者や関係者モロモロがいたからこんな地震列島に54基もポコポコ原発ができるという現状と国民へのおぞましい原子力教育の道筋...
Read More

どん!と真ん中に造れば? 

小金井市の今回の選挙は、ごみ問題が争点だったらしい。結局元市長が返り咲いた形になったわけだが、なんかおかしな気がする。この結果が「アンタがまいたタネなんだから責任持って」という住民の意思表示なのだったらまあわかるんだけど。前市長の「(他市に処理してもらうのが)税金の無駄遣い」という発言のあげ足をとるような変な動きだったなあと。というのは小金井市の焼却場の移転問題がもめて自分のところのごみを処理しき...
Read More

言葉だけのむなしさ 

12/16に、野田総理が「冷温停止状態」を宣言した、らしい。あまりの空虚な言葉の上滑りにむなしいだけだ。こんな宣言に何の意味がある。健全な原子炉が普通に温度を下げていって「冷温停止」と言えるが、今のフクイチはいまだ誰かが直に炉の状態を確認出来たわけではない。核燃料はメルトダウン、バラバラになって容器をつきぬけ、その下の容器に至り分厚いコンクリートにまで浸食しているらしいから「冷温停止」と言えなくて「状...
Read More

自然放射性物質と過失による被曝 その3 

放射性物質を口から取り込んだ後の排出については以前書いたが、自然界に存在する放射性物質から受ける影響について日本と世界平均とを比べたグラフが新聞に載っていた。この世界平均ってのもかなり乱暴な話ではと思うんだけど。イランやインド、ブラジルや中国などのケタの違う高線量の地域も一緒くたに計算なのでしょうか。これによると、日本では総量は世界平均の6割。そして、どのようなところから取り込むかの4つの要因の割合...
Read More

偉大なる二次元国家 

ファミリーマートで11/29から販売されていた「スライム肉まん」。↑ファミマの紹介写真はどうも出来が良過ぎる。サンプルに違いない。12月頭にコレを知り、期間限定だし一度は見てみたい!と近所のファミマに行ったがとうとう遭遇する事ができなかった。100万個限定という話だったが、その100万個が発売から1週間の12/6には既に「出荷完了なのであとはそれが売り切れたら終了」という状態だった。それからもう10日。なので当然もう...
Read More

自然放射性物質と過失による被曝 その2 

前の記事の続き。フクイチの事故での海洋汚染について、今までの東電の計算では、ヨウ素セシウムなど3つの核種合計で4700兆ベクレルで、1975年のセラフィールドでのセシウム137の5200兆よりも少ない、ということになっている。しかし、この4700兆には、すでに汚染が始まっていたと思われる3月の分が計上されていないという事が分かった。11/23付東京新聞これは5月に東電が発表していた値だが、これに対し国内外から異論続出、東電...
Read More

自然放射性物質と過失による被曝 その1 

よく原発推進派あるいはこのままでいいと思っている人が言う根拠の中に、「自然界から浴びてる放射線があるのに何を今さら」というのがある。中には塩と同じくらい放射能は人間に必要だという人もいてその人温泉の宣伝してた。ナットク。確かに、土壌として磁器土にいい土地では放射線量が高いしラドンやラジウムなどの温泉の出る所もそう。世界最高の数値がある場所にだって住んでいる人達もいます。でも、ウラン鉱山の近所にわざ...
Read More

放射性物質の体からの排出 

以前、日本の食品の放射性物質基準値が世界と比べ激ユルだという事を書いた。→過去記事クリック。これはずっと問題にされていて、国は今後見直すと言っているがひと頃騒がれていた「40ベクレル」というのもその数字が食品から検出される限度ではなく、40ベクレルが最低限界検出値である機械を使う事だ、とかなんとか後で釈明していたのは記憶に新しい。(そしてこれすらまだ決定では無い…のか?)検出限度の最低値が40というのは、...
Read More

紳士の国のフトコロの深さ 

これはTVニュースでご存知の方も多いと思うのですが7ヶ月のリビア任務を終えて帰還する、NATOの兵士が英海軍の船の上でマライア・キャリーの曲でPVってるというの。(youtube削除されたらすみません。HMS OCEANあるいはAll I want For Christmasで検索すればまた出るんじゃないかと。にしても1週間かそこらでもう100万再生!)冒頭の方がソフトなフレディ・マーキュリーだなあと思ったら後の方で同じ方がバスタブに浸かり若いセー...
Read More

やすやすと受入れてはいけない。 

福島の農産物が他で売れないから福島内で売られていて、嫌だと思っても他の選択肢が無く買うしかない、都会の人にこの気持ちが分かるかという福島の人の意見をどこかで見た。嫌だと思うなら、仲間を作って訴えるしかない。嫌と思うのは、安全ではないと思っているから。…ならばそれを他に売るのはオッケーなのか?…と、私は残酷にも思ってしまったのだが。こういう矛盾にも、今の状態で明確な答えを出せる人はいなさそうだ。ただは...
Read More

ヒーターのお直し 

我が家の暖房は某家電メーカーの灯油ファンヒーターを使っている。エアコンは朝などよっぽど寒くて急ぎで暖めたい時に一時的に併用することはあっても、すぐに消す。圧倒的主力はファンヒーター。買って確か7年か8年かのものだが、今年はどうも火の着き具合がおかしい。ボッと点火した音の後、炎がやけに赤くなり、ピーピーという警告音と共に停止してしまうのだ。スムーズに着く時もあるけど、2割くらいの確率で着火失敗、臭いス...
Read More

沖縄のごはん④番外編 

沖縄の食堂では、メニューに例えばゴーヤチャンプルーが単品で書いてあったとしてそれを頼むと、頼んでなくても「ご飯」がついてくる。基本定食の考え方のようだ。だから、モツと野菜の入ったお汁の「中身汁」を頼むとこれにもごはんがついてくる。それに、たいていのお店は量も多くて麺類の場合も具が多い。東京ならば、お店の外観や内装は凝っていてもお値段と料理の中身が釣り合ってなかったりやたらと量が少なかったりという店...
Read More

福島の作家の話 その3 

前回に続き、たくき氏の文章について思った事その3。福島でも、例えば飯館村では森林が多く除染に20年はかかるというのにその間どうするのか、他の場所で再スタートしたい。そう考え始めている若い世代がいるのに、村に戻って復興を、の流れの中でそういう事を言えない状況だという記事をちょっと前に読んだ。飯館村は、古い慣習が若者を遠ざけているのではないか、と考え外部から来た人達も、全ての世代が暮らしやすくなるように...
Read More

沖縄のごはん③番外編 

安くておいしい沖縄の食堂。まあ確かにハズレもあります。でも、沖縄のお店の面白い所は「こんなお店で大丈夫なんだろうか…」と思ってしまうような店構えあるいは雰囲気のお店がその心配を裏切ってくれる事。もう6年くらいは前になるが、北部で入った店はウッディだけどオシャレというわけではないなんともいえない造りだった。他にお客がおらず、メニュー見ると一番高いもので確か¥600あたりとかだった。記憶に間違いが無ければ...
Read More

福島在住の作家の話 その2 

その2です。福島側の事情が書いてあります。この作家の強い怒りには全く同感で、国民の命を守るという明確な方針を打ち出せない国にはほとほと呆れるばかりだ。何しろこの方は震災に2度も遭っている。自然災害はある程度仕方無いとはいえ、その後の対処へは当然の怒りだと思う。しかしこれを読んで自分が困惑したのは、「都会の住民」が皆机上論を信じているかのような書き方と肝心の部分。例えば表土を剥ぐ除染のことで、表土を剥...
Read More

沖縄のごはん②番外編 

「オードブル 弁当」のお店以外にも安くて美味しい沖縄のお店、道の駅。お土産を買うのにも品揃えがよく名産品目白押しなのでとても便利だ。その道の駅にしか売っていないようなレアものもあるし、その場でご飯を食べるにも、これまたボリュームとお値段のバランスが大変ありがたい料理を楽しめる。とりあえず、ドライブ中に出くわしたら全部に寄って見るとイイと思う。恩納村の道の駅にあった「島豆腐とニガナの入ったキッシュ」...
Read More

福島在住の作家の話 その1 

最近見た新聞記事の中で真摯な怒りに満ちていると同時に困惑させられたものをご紹介。なぜ困惑したのかはその2で書くがまずはじっくり読んで下さい。この方のプロフィールは次のとおり。たくき・よしみつ作家・作曲家1955年福島市生まれ。91年原子力問題をテーマにした小説「マリアの父親」で第4回小説すばる新人賞。2004年の新潟県中越地震で同県川口町の家を失い川内村に移住。新刊に「裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす」(...
Read More

今更沖縄の夏休みリポート~最終日 

最終日、5日目は午後の飛行機。とはいえ13時台の便で、そんなに遊べない。那覇のホテルを出て、さて何処行くベーということでちょっとレンタカー返却時間にギリギリかなーと思ったが、斎場御嶽に行くことにした。ここは前一度行っている。切取られたような形の巨岩と、そこをくぐって行った先から久高島が見えるのが印象的な御嶽。ちなみに沖縄には御嶽があちこちあるが、久高島の御嶽は特に、祭壇のような物すら何も無くただ木が...
Read More

今更沖縄の夏休みリポート~沖縄のごはん① 

沖縄の食事、「好きじゃない」という人にたまに会う。なんか皮の付いたお肉がごろりと入ってる煮物ばかりで垢抜けないだとかなんだのいう人がいるが九州文化圏の自分にとっては全く違和感はなく、豚足系はむしろ好きな食文化。中身汁もドンと来い。でもそれは、もずくやアオサといった海藻にあっさりした魚などの海の幸に、果物、イモ類、沖縄独特の野菜があってこそ。肉ばかりだと明らかに沖縄の食は油とカロリーオーバーになりか...
Read More

今更沖縄の夏休みリポート~国際通り近辺のお店 

12月に突入したというのに、ちんたら9月の南国旅行を今更日記として書く自分。まあ忘れない様に書いて置くというのはあるんだけど、これがなんだか不思議で、覚えてる事を書くと記憶が弱くなる気がする。多分安心しちゃうんだろうと思う。国際通りも結構お店が入れ替わっていて、牧志公設市場に至るアーケード近くの店の有名な看板もとうとう無くなっていた。以前来た時にたまたま食べて、他の店にはない氷のぱりぱり感とアジアン...
Read More

今更沖縄の夏休みリポート~なんでもいいから刺身くれ~ 

沖縄に行くと、なにはともあれソーキそばに大量のもずく、それに本土ではまず買う事もない「イラブチャー」(ブダイの仲間)を食べたくなる。キレイなブルーというかピーコックグリーンの体をもつ魚なので好みがわかれるかもしれないが白身の味は淡白。以前国頭村で時間のせいかなかなか食べ物屋が開いていなくて困っていた時に、トンネルのそばというすごい場所にある居酒屋に入って食べたのがこのイラブチャーの薄切りとレタスな...
Read More