玉川上水沿いのジャングルからの徒然なひとりごと

灯油値上げキター!

2012-02-28 Tue 20:24

灯油が、とうとう値上がった。

毎週決まった曜日に車で売りに来る灯油屋から
買っているが、今年は18ℓ¥1680で
シーズンがスタート、2月に入ってもそのままの値段。

今回は値上げはないのだろうか…と思っていたら
やっぱり先週から¥100値上がった。
イラン関係ですか?何ですか??
円安になって来てるから?
何だろうと理由は後からどうにでもなりそうな。

どこも同じお値段にすることに約束でもしてるのか、
先週別の地域を歩いた時に出くわした灯油屋でも
同じ値段に上がっていた。

CA280754.jpg

日中家にいない生活をしていれば、
さほど気にならない燃料代の値上げだが、
家にいる時間ができると、なるたけ日中は暖房を切るなど
ちまちまとした節約にいそしむようになる。

そんな努力も、仕事から帰ってきた家人が
「なんか寒いよこの部屋」とエアコンまで
惜しみなく併用するのには正直閉口する。

鍋食べてる間はあったまるからいらないでしょ、と
了解を得てその時はオフにするが、
その後はまた点けて、お風呂から上がった時に
エアコンがついていないと寒いという。
灯油ヒーターついてるからいいじゃないか。
節電は東電だろうがなんだろうがなるべく
いつも心がけていたいとゆーのに。

なんで男性のアンタの方が寒いと言うのだ、
その腹周りの脂肪を燃やさんかい!
…とまでは言わないが、日中暖房の効いたオフィスにいるから
そんなふうになるのか、逆に外寒い中車で回ったりして
体が冷えているのか。

まあなんにしろ、家人が朝出かければすぐさまエアコンは消し、
(午前中の使用時間はこの40分)
日中は余程の事がなければ灯油ヒーターもオフ。
部屋の中でも上着を着ていればいいのだ。
それでも足元がなんか寒ければカイロと鷹の爪を
靴下に入れる。

…なんて事をしていたせいかどうか、
片方の足の一本の指だけ、どうやら霜焼けが出来た模様。

あかぎれはできても霜焼けはできにくかった自分だが
年取って血行が悪くなったのか…orz


そんなこんな中の値上げだが
すっかりお値段の計算まで私に任せる
いつもの灯油売りのおじさんいわく、
「(3月にも)まだ値上がると思いますよ。」
マジですか。


取り急ぎ今回20ℓ×2を購入したが、
3月になってよく雪になる東京、
灯油ヒーターの季節はもうあと少しの辛抱だけど、
はやいとこ暖かくなって欲しいものだ。

DSC_0070.jpg
いつぞやの積雪の翌朝。山芋の蔓がきれいにそのままの形で氷浸けになってた。





スポンサーサイト

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

紅白のめでたさ

2012-02-27 Mon 20:30

近所に、また一軒
スーパーがオープンした。先週の事。

すっかりペーパーなマニュアル免許を
いいトシになって取った時の自動車教習所が
無くなり、それの跡地がこの店になった。

玉川上水沿いの緑道を歩いて行けるとあって
個人的にはうれしい立地。

試しに週末のぞいてみると、思った通り車の列ができていた。

このスーパーはここらには沢山あるチェーンだが
最寄り駅にある店はかなり小ぶりなので、
それとは違う品揃えに、こりゃ駅の反対側の
ヨー●ドーよりある部分は、いいかもなと思った。

●ーカドーは案外と自社ブランドのが多くて
バリエーションの部分での選択肢が少ないように思う。

実家の福岡でも見ない種子島の牛乳だとか
なかなかマニアな商品もあったりして、今後
運動がてらちょくちょくのぞくかと思った次第。

オープンしてすぐということもあり、
店員さん、バイヤーなどの関係者ふうの人達が
結構多く、鮮魚の声がけやデモンストレーションも
盛んに行われて活気があったが、
すごいとおもったのはそのサービス。

レジは奥に2段になっているので客さばきはいいが、
瓶ものが沢山入って重たいカゴを、他の荷物も持ちながら
カートからレジに置こうとしたら、
隣のレジ係の人がさっとカゴを持って
手助けしてくれた。

お客様は神様です的痒い所に手が届く
こういう対応、小さい子供のいる人やお年寄りには
とてもありがたい気遣い。

DSC_0099.jpg

この、オープン記念に
チラシにあった引き換え券を持って行くと
紅白饅頭プレゼントとあったので、
いそいそと持って行った。

もしかしてもう品切れなんじゃと
列をなす車の横を通りながら
思わず急ぎ足になったのだが
(そこまで欲しいかまんじゅうが)
店に入ってみると入り口に山と積まれた
紅白饅頭の箱。

入店する人達は他にもいたが、自分以外は饅頭をもらう気配ナシ。
あ…あれ~?

「ちびまるこちゃん」で、
町内からもらった景品をてっきりケーキだと思って
喜んで持って帰ったら”紅白饅頭でガッカリ”
という話があった。

饅頭で喜ぶのは年寄りだとずっと思っていたし
今もそう思っているし
自分も饅頭は好きなほうでは無い。
お茶は好きだが。

DSC_001010.jpg

なのになぜか欲しかったのか…
棟上げの時にばらまく紅白のおもち、
あれになんだかうれしくなるそんなわくわくした気持ちが
なぜかこの時あったと言うしかない。

そのうちあと30年くらい年取ったら
昔あったようなでっかい葬式饅頭みたいなのを
喜んで食べる様になるんだろうか。
いやいやいや、そんなことは断じてない。

DSC_010000.jpg

なにせ、この時もらってきたこの紅白饅頭、
割ったらあんこの比率がものすごくって
(写真でもなんか皮、透けてるの分かります?)
泣きたくなる気持ちで食べたから。



別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

なにも原発でなくても

2012-02-25 Sat 20:13

日々の暮らしで電気でなくても可能な部分は
なるべくそうしていけるような技術開発は
どんどん進めて行くほうがいいだろうと思っている。

そしたら東京新聞の2/21付夕刊で小沢祥司氏という
環境ジャーナリストの記事で、
太陽光発電にこだわらず太陽熱の利用のほうが
効率面でも優れ、小規模でも使えるので
東京都は太陽熱利用推進に力を入れている、とあった。

以前よく屋根に載っていたアレの事だと思うが
最近は改良も進み、ベランダ設置型もあって
集合住宅でも利用できるらしい。
関東以西の太平洋側であれば、
家の造りを変えれば冬の暖房は
ほとんどいらなくなると試算している建築家もいるらしい。
試算だけでなく実際のテストを早くやって欲しいものだ。

やたらと電気を使う生活を送るわけでないなら
誰だって、電気料金が安く済む方法があるなら
そういう別のものにシフトしていくのではないかと思う。

そういう選択肢までも、業界や行政が
阻む構造になっていたのだから、今後
3/11を風穴に、少しずつでも合理的な考えに
変化していくのではと考えている。

CA2807550.jpg


何度も思うが、電気は何も、
「原発でなくてはいけない」というものではない筈だ。
しかも原発でなくてはダメなんだ、と思わせるために
裏工作をしてきたことまで暴露されているのだから。

これからは原発ありきではなく、
少しでも負荷の少ない発電方法を模索して、
日本の地理条件にあった方法を
開発していけば、充分いけるのではないかと
そういう希望を持っていたい。

別窓 | 原発はこの先いらんと思う。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

かつお菜の運命やいかに

2012-02-25 Sat 20:06

福岡の方なら「かつお菜」は勿論ご存知でしょう。

店で売っている以外にも、そこらの家庭菜園で
冬場もりもりした青い葉っぱがあると思ったら
このかつお菜だったりもする、
そのくらいポピュラーで実際我が家の裏庭にも
なんか生えてた記憶がある。

漬け物で有名な「高菜」の仲間で、高菜は「からし菜」に
入るという。九州はからし類が多いみたいだけど
植物上はアブラナ科。だからアブラナ科の野菜独特の
旨味がある。

先日実家から野菜を送ってもらったら
その中にこの懐かしいかつお菜が入っていて
ちょっとうれしかったのだが、
上京して以来2回しか店で目撃していない。
しかもうやうやしく数枚でおそろしく高いお値段だった気がする。

そんな伝統野菜のかつお菜が、実は今
その存在があやういらしい。

DSC_940.jpg
白菜が強力に緑になったような葉っぱだけどもっとボコボコしてる。
よく見ると大根菜のようにトゲがありますがすぐに柔らかくなって
炒め煮などに最適。


お正月の雑煮にはこのかつお菜を入れるのが博多風。
だから年末には福岡ではどどっと売られているが、
どうも最近そういった「縁起物」としての扱いにシフトして、
普段から安く売るお惣菜用のポピュラーな青物、
ではなくなって来ているという。

え??そうなん??
と思わず思ってしまったのだが、
福岡の青果関係者が書いていたのでまず間違いないだろう。

DSC_905.jpg
長さ30センチくらいあるよー。青々。

だいたいが「伝統野菜」などという扱いをされるようになると
少量生産の高い縁起物などの扱いになっていき、
市場から段々と姿を消して行く。

それでも、その地域で消費が続けられればいいが
地元でそれだと…もう、東京でもお目にかかる事なんて
無さそうだなあ。(もともとこっちじゃ高過ぎて買わないけど)

かつお菜の特色は、名前の由来のとおり
菜っ葉なのにダシのような旨味があって、
炒め物汁の実と使い回せて、本来ほんとに普段使いに
適した万能野菜。だった筈。というかそう思っていた。

いってみれば関東の小松菜みたいな存在。
冬場の青みとして非常にポピュラーだった。
おかしいなあ、薄切り肉と炒めたり油揚と炒め煮したり
そういう普段のおかずに冬場はヘビーローテだったのに
それが今やそんな事態とは…
それとも前から減ってたけど我が家ではせっせと買っていたのか?
当時は家の事何もしてなかったバカな子供だったからなあ…

どうも一枚一枚はいで出荷する事などに
手間がかかって、生産農家が減っているらしいのだが…

DSC_906.jpg
ニラとキャベツとキムチ、そして豚肉とで炒めてかつお菜丼。

なんかちょっと寂しく勿体無い話。
以前ポピュラーなお惣菜食材だったものが
勝手に高級食材になるのは九州の魚介によくあることで
そういうのは東京に持って行ったほうが高く売れるから
ブランド化して東京で高く売っていて、
地元でなぜか安くていいサバやアジを見かけなくなった、
なんてケースがある。

かといってかつお菜がブランド化されて
こちらで売れている感じも全く無い。
かつお菜にはヘタに「伝統野菜」などという特別扱いをせずに
農家が減ってても個人が裏庭で作ってせっせと食べて欲しいなあと
切に思っとります。

あと、えーと、東京でも見かけたら使ってみて下さい。
油ものや汁気があるものと合います。うん、ちょっと高いけど。

別窓 | うちめし | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

貧すりゃ鈍す

2012-02-23 Thu 20:31

貧すりゃ鈍す 鈍すりゃ金子が欲しくなる

という言葉を「す」の語尾で韻をふませて
「♫おミュージックはサンサーンス
何より嫌いなナンセンス♪」などと
お上品なざーますオバサマ方に歌わせていたのは
井上ひさしの「ブンとフン」だった。
(この本、むちゃくちゃ笑えるのでおすすめです)

しかし仕事を辞めて数年、貧してきた自分には
この部分はもう笑えん話。
本人の努力不足以外の部分で貧困に陥っている人達の状況を
家人の仕事関係から知ると、
「今この時お金が入るなら」と、何だか怪しい求人広告で
出かけて行ってそのまま戻って来ていない人に
そんな仕事はやめた方が、とは言えない。

しかし仕事で放射能被曝に遭う危険性があるとなると
それでも現場の作業員の方々は仕事としてやっておられるのだけど
そういう危険性のある仕事を、自分の家族にはやって欲しくないし
一部の「善良ではない方々」や政治家のフトコロのために悪い待遇で
働かされてるような構造を知れば、
支持できない。

自分がなにげなくパソコンを使ったりご飯を炊くために、
誰かが健康を害しているかもしれない、
そういうのはまっぴらだ。

CA2807620.jpg


実家の隣の県には原発がある。
今は停止しているが
炉の金属が相当傷んでいるのではないかと疑われている。
そんな原発がいつか事故を起こしても、
誰も責任を持たないんだろうなということが
今回の事ではっきりした以上、受け入れの地元と
電力の消費地でもあり隣接する周辺の県は、
停止しても大規模停電も無い原発というものの
環境負荷、健康被害と存続コストのバランスが妥当なのかを
考え直す時期がいい加減来ているのではないか。


以下の文はよそのサイトから引っ張って来たものだが、
1983年当時石川県敦賀市長が
その県内の某町の広域商工会主催の「原発講演会」
でぶちあげた演説内容の一部。(不適切表現は原文ママ。

…まあそんな訳で短大は建つわ、高校は出来るわ、
50億円で運動公園は出来るわね。
火葬場はボツボツ私も歳になってきたから、
これも今、あのカネで計画しておる、といったようなことで、
そりゃあもうまったくタナボタ式の街づくりが出来るんじゃなかろうか
と、そういうことで私は皆さんに(原発を)お薦めしたい。
これは(私は)信念を持っとる、信念!

……えー、その代わりに100年経って片輪が生まれてくるやら、
50後に生まれた子供が全部片輪になるやら、

それはわかりませんよ。わかりませんけど、今の段階では(原発を)
おやりになった方がよいのではなかろうか…。
こいうふうに思っております。どうもありがとうございました。
(会場、大拍手)


詳細はこちらをクリック。→今カネになるなら…
(内橋克人氏の「原発への警鐘」からの引用らしいです。
これの復刻版2011年刊「日本の原発、どこで間違えたのか」
224頁にこの下りがあるとの指摘があるのでまずデマではないと思われます)


この時の講演の会場だった町にはその後原発が建ったという。

原発産業で成り立っている地域は
簡単に抜け出せなくなる。収入の殆どが無くなるのだから当然だ。
しかし、それが、殆どタカリのような手法でカネを出させた事を自慢し
しかも「未来の子供に影響が出てもいい」等とぬかす
恐ろしい人間が主導する地方政治というものの結果なら
支持した住民も同罪だ。

バカな政治家が一人だけ変な事を言うのではなく、
それを支えるファッショがいるから事が成り立つ。

当時は無知だった、で済むかもしれない。
チェルノブイリ事故もまだ起こっていなかった。
でも、今は違う。

だからこそ、慎重に考えて欲しい。
何が優先されるものなのかを。

CA2806850.jpg

福島にしても、民主の渡部恒三が
強力に原発建設を推進してきた経緯があるらしい。
つい先日渡部恒三は「もう自分の時代は終わった」と
”後継者が出れば(この「出れば」って言い方も不遜だが)
後を譲りたい”とか言っていた。実にいい気なもんだ。
この人は事故の後涙を流してたが、だから何をしたわけではない。
後悔の涙なら、そんなもの流さなくて済む様に
これから未来のある世代は、こんな爺様達の轍を踏んではいけない。

こういう人達が今もなお推進、維持というならば、
絶対に許してはイケナイと思う。
それだけの責任と情報を持ち、
そして利益を得ていたのだから。


別窓 | 原発はこの先いらんと思う。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

往生際が悪いトップの方々

2012-02-22 Wed 20:42

原発をこれからも維持していくのかを都民投票で
決めて行きたい、という事を知事に求めるための署名が
結局31万筆にも達したようだ。

出だしはそうでもなかったが終盤になってだんだんと
応じる人達が増えたということは、
原発事故直後の恐怖感や一時の「ヒステリー」で
物を考えているのではないのだ、という事の
現れなんじゃないかと思う。

これをヒステリー扱いする人こそ
推進ヒステリーだと思うが。

必要数を軽く超えているから、集計後無効があったとしても
都知事に提出するには充分な数だ。
問題はあのシンタローがどういう対応をするかだ。

署名が始まるという頃にも
「おやりになったらいいんじゃないですか」と
どこか他人事な対応だったこの人は
ガス発電には理解があっても脱原発にはシブい反応しか
これまで見せていない。

下元知事にしても、早い段階で
「脱原発」と言っていたが
市長になった今、いざ大阪でも署名が集まると
「脱原発の方針は決めているから殊更投票する必要がない」
「投票にはお金がかかるし」
などと、言っている事と行動がアレレな対応にシフト。

下市長は、過去に自分の流儀について
”自分に反対する相手には、その人の利益になる事でもって
相手をとりこみそのあと約束はホゴにする”というような、
そんな事言ってもいいのかという内容をどこかで披露していたらしい。

だから、「脱原発」支持発言も、有利になるための
計算だったのではと思える。
本当に脱原発の方針で行くというのなら、
喜んで住民投票を受入れれば良いだけの話。
そこに具体的な約束が無いから、
署名という形で住民がダメ押しをしているというのに。

このお方はTV向きの人であり、コ○ズミ元首相に似たものを感じる。
独裁が必要などと言ってはばからない人物なので
熱烈支持した大阪の人には申し訳ないが、
まったく信用できないと思う。
龍馬を気取るあたり、もう、ちょっとおかしい。


住民が寒い中苦労してこれだけの署名を集めたのは
口だけの脱原発を掲げる野田政権が実際ににやってる事が
再稼働への執着であり、原子力政策の根幹への言及が無いからだ。
これまで原発を推進してきた人達の誰が一体責任を取ったのか。

農業に絶望して自殺した被災者がいるのに
事故当時最高責任者だった電力会社社長は
「私にも老後の生活がある」と五億円をもらって辞め、
保安院もどこも、何のおとがめもなく今迄と同じ人が
同じポストにいるではないか。

一生涯に平均的なサラリーマンがもらう額を思えば
たかだか20年かそこらの「老後」になぜ5億もいる。
この元社長、今どこでどうしているのか知らないが
あちこちにあるこの電力会社のビルがきれいなままなのを見ると
なんと日本は上の人達にとって御しやすい国民性なんだろうと
思うことしきり。

これが他所の国ならとっくに投石放火、暴動もんだと思う。
まあそんなことしたって逆に反対派はこれだからと
締めつけの材料にされるのが分かっているから
やんないだけの話で、でもそこで働いている普通の
社員の人達だって、制御しにくく危ない方法で
これからも発電していていいのか?という疑問は
少しは持っている筈だ。

大阪や東京が署名活動をしたのは、誰も責任を取らず
風化を待っているのがありありと分かる今の状況、
法的に住民の意見を突きつけ、
脱原発の姿勢を本当にとっていくための
証文が欲しいからだ。

口でなら、何とでも言える。
政治家に、本当に、実行に移して欲しいのだ。
まずはそのための検討を始めて欲しいからこその
署名だったと思う。

そこまで、政治不信が広がっている。
ヒステリックだの不要だのいう事で終わらせずに
その理由を納得できる形でもし説明できないなら、
そんな知事はリコールすべしと思う。

※元知事の名前、一字間違ってました。
ナンコ様ご指摘ありがとうございました。
書きっ放しで見直してないのバレバレ。



別窓 | 原発はこの先いらんと思う。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

干し柿パイ

2012-02-19 Sun 23:23

実家で作ってる干し柿。
庭の柿で作るもので、売ってるもののように
大きくはないが、干して硬くなったものも美味しいし
カビ除けにブランデーに漬けたものもまた美味しい。

ここでも干し柿を作りたいが、
焼却場のえんとつが近くにあるし、いまだセシウムだとか
いっているこの関東では残念ながらそういうものは
もうあきらめたほうがいいだろうと、やっていない。

で、そのもらいものの干し柿。

パイにするととても合う。

タネをとって適当に刻み、これまた刻んだくるみと
解凍したパイシートに乗せて巻き、細く切って
皮に切れ目を入れて、焼けば出来上がり。

オーブン無くてもトースターで充分。

焼き色が付いたらホイルを乗せて
もうちょっと焼く。
トータルだいたい15分未満で充分。

DSC_006700.jpg

甘い干し柿と塩味のパイ皮との相性がすんばらしい
簡単デザートができあがります。

和菓子を食べると思うが酸っぱさの少ない甘い味というのは
決して甘党ではない自分みたいな人間には
食べてる最中で飽きるというか…ちょっと持て余す事がある。
そんな人は苺大福みたいな酸味がある変化球に救われる。
柿もそれに似ていて、こういう甘味には乳製品やスパイスが
合うのではと思っていたら韓国ではシナモンと合わせるし
バターの入ったパイ皮とも抜群の相性だった。

くるみでなくても良いと思うけど
干し柿のねっとりした食感とは違うクリスプな
ナッツ類を一緒に具にするとほんとにおいしい。

これも、りんごとレモンと砂糖だけで作る
アップルゼリーのレシピの本に載っていたもの。
砂糖を使わないから、干し柿は多めに入れたほうがおいしい。
今回は本にあるとおり細めに切ってパイバーにしたけど
形はお好みで。

DSC_00680.jpg

冬も暦の上ではもう終わっているが
干し柿がまだ家に残っているよという方は
パイシートあればあっという間にできるこの干し柿パイを
是非お試し下さい。


別窓 | 季節のいいもの | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

2/14はふんどしの日

2012-02-14 Tue 20:00

女性がチョコを贈るバレンタインデーの
きゃっきゃっうふふ、な軽薄かつあったかい空気に
冷水を浴びせるように制定された「ふんどしの日」

日本ふんどし協会なる協会が昨年申請し、
もうこの「ふんどしの日」が公式に認定されたというが
なんとこの協会、昨年の12月に設立されたばかりというから
随分スピード感ある活動だ。

宗教的な下地も何もない日本で
チョコを贈る日にしたのは当然それ関係の人だったんだろうから
ふんどし普及のために、この日にするのは問題ないが
一応「ふ」(2)「んどし」(14)という
少しばかり苦しいゴロ合わせもあるんだという。

実際のところふんどしは、年配の方でこれでなくては
しゃっきりしない、という長年の愛好者以外は
6割は女性が購入するのだという。
だから、女性が男性に贈るという2/14に制定するのを
狙ったんだろう。

白や赤しかないという路線にも不満だった会長さんが
女性も自分でつけてみたいと思えるような
センスのいいものを、ということで麻素材のこじゃれたものに
したという。

男性の健康のためにはぴたぴたブリーフよりふんどしの方が
いいというのは前から言われている事なので、
「ふんどし協会」の会長さんのように
まずはリラックスできる寝る時に試してみるというのも
いいのかもしれない。

ここのサイトがなかなかよくできていて、
冗談とも思える事を本気でやっていく姿勢は
激職から一時心を病んだという会長さんが
ふんどしによって救われたからこその
ポジティブさにあふれている。

近頃面白い事がナイヨーという方は是非こちらを。
ふんどしを愛する人間だと主張したい人用に
¥4200で名刺も作ってくれるとあります。
日本ふんどし協会←クリック

イギリスでは男性が女性に紅いバラを贈る日に
日本では女性が男性にふんどしを贈る日。
まあそれもいいんじゃないでしょうか。
(この場合男性が男性にというのはちょっと
ふんどしなだけに…マニアックすぎるかと。)


合い言葉は、
「みんなで締めれば怖くない」
だそうです。

別窓 | 日記 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

原発と都民投票

2012-02-07 Tue 20:32

大阪と比べ鈍い反応の話しか聞いていなかった、
原発の是非を問うための都民投票実現への署名活動。

12/10から始まり2ヶ月が締切りなので
本当にあと少しと迫って来ているのだが、
終盤になって、反応が良くなって来たという話を聞いていた。


なんと昨日、2/6の時点で
必要な署名数の21万筆を、超えた。

これは今朝の新聞記事にもあったが、
実際に署名活動をしている人からの情報でもある。

その方によると、2/6の時点で216063筆。
しかし、大阪でも無効になったものが12%もあったというから
有効にするには、あと2、3万筆もあったほうがいいらしい。

あと2日でそんなに集まるのか??
と思ってしまうが、昨日の獲得署名は
その前の日に比べて1万筆以上の+というから、
そのペースで増えればまずおかしなことが無ければ
なんとかセーフなのではないかと思える。

しかしちゃんと世話人がついて見てる場所で署名するなら
書き損じも少ないのかもしれないが、
10%以上が無効ってちょっと多過ぎる。
こういう署名は、「同上」「〃」などというのは
無効になるし、家族でも住所からビシっと書かないと
いけないのだが、そういうののミスなんだろうか…
勿体無い。

そりゃ原発は徐々にでも無くなって行く方が
いいけど、でも…と躊躇してる方は、
明日明後日で後悔の無いように署名してみて下さい。

何も署名したからたちどころに原発が今年中に
無くなって、電気代大高騰、という訳ではない。
原発を今のまま存続させていくことがアリなのか
どうなのか、それの都民投票をするための、
これはまだ前段階。

実際東電からの買電ではなく、
他の会社に切り替え済みあるいは検討中の
自治体が確実に増えていて、緩やかにでも
「同じ電気なら原発以外のものを」という動きは
既にスタートしている。

国ぐるみのウソや隠蔽があからさまになってしまった以上
なにもリスクが大き過ぎる発電方法を
いつまでも支持する事はないと思う。

今年産まれた子供達が10才になる頃にも
今のまま地震国に50基以上の原発があって
原発事故の事も無かったことになっているのか
或は、少なくとも今よりは
リスク回避の方向に行っているのか
それも、今東京都民で選挙権のある人次第。


別窓 | 原発はこの先いらんと思う。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

オールアズキ

2012-02-05 Sun 20:16

ロングセラーのオールレーズン。
これって、大昔はもっと薄めでカリッとしてませんでした?
気のせいかなあ。

多分具とクッキー部分を増量して
だんだんとリッチにしたんだろうなあと思う。

季節によってたまに具を変えたバージョンが出る
このシリーズだが、昨年秋にあれほど再発売を
願っていた「オールアズキ」が出ているのを
偶然発見、無くならないうちにと2袋購入した。

アズキのを食べたのは数年前だが
(?多分少なくとも6年くらいは前だ)
クッキーのカリッとした部分と、中の硬めの
アズキが美味しくてまた食べたいなあと思っていた。

だから近所のいな○やで見つけた時には
思わずやったーと言いそうになった。


CA2807170.jpg
オサツはなかなかいけました。

で、再販のもの。
…なんか柔らかい。アレー?

買ってすぐ食べてみたんですが、
なんか、こう、
「私の知ってるオールアズキと違う」


何年も待ったから余計にそう思い込んでるのかもしれないが。

これはこれで充分おいしいんだけど
なんかあの、硬めのアズキの感触が
良かったんですよ。
誰かお年寄りが中のアズキで歯でも欠けさせたのか。

そしてもう1袋を久々に開けて
寒い午後に熱いお茶といただきましたが
人の記憶は頼りにならないからと自制する一方
でもやっぱり前のほうが好きだったなあと
久々に会った人がなんか話が合わなくなってたかのような、
なんかちょっぴりしょっぱい気持ちになったのでした。



別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

パーティー用for men

2012-02-04 Sat 20:38

もうちょっと前のものですが。

スーパーの下着売り場で見かけた男性用下着。

テカテカした生地なので、最近すっかりポピュラーな、
歩くと脂肪燃やせるやつかなと思いきや
いわゆるTバックタイプのもの。

以前水戸のスーパーで
男性用のレースィーなTバックが普通にあったのを
見ているので、別にコレは普通だが
目が行ったのは吊るしタグに書いてある、
このパンツにふさわしいシーン。

「パーティーで」

…。
そうか、パーティーか。


…何のパーティーなんだ?
と腐女子的に考えてしまいそうな
謳い文句なのでした。

まあ、パーティーというものは常軌を逸するものと
考えてもいいのかもしれませんが。
そんなバブリーな話ももうないだろうと思うんですけど。

別窓 | 街で見かけた変なもの | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ガリガリのカラカラ

2012-02-02 Thu 20:37

先週、およそ一ヶ月ぶりに降雨と雪があって
久々に乾燥がおさまったかと思いきや
その雪が氷になってかっちかちに凍り付いたまま
あまりに乾燥しているので溶けないという
そんな今日この頃。

CA280802.jpg
手でも掘るのが大変な凍った雪塊をやすやすと持ち上げる
強力霜柱群。ついでに迷子のテニスボールも持ち上がってます。


このあたりは東京といえども郊外で土が多いから
今の時期はいつも強力な霜柱が立って、場所によっては
それがもはや日中でも溶けずにツンドラ化しているというのは
過去記事にもしているが、
今年は朝洗面所の水が出ないというのが多い気がする。

同時に、車のキーを入れる穴が朝は凍結していて、
お湯をかけないと車のエンジンをかけられない日々が
続いている。
なんかここだけイヤーマフみたいなのでカバーすればいいのかな。

CA2808060.jpg
ここ、5センチ以上持ち上がってる霜柱というより
カッパドキアみたいな状態です。大人が乗っても「ゴッ」というだけで崩れない。


そんなわけでもう雪の残骸が一週間以上残っている場所が
あるのだが、日々そういうのを見てると
これだけ乾燥しまくっているのにちゃんと地中の水分が
あるということになんだか感心してしまう。

CA2808040.jpg
下のほう、白いのが霜柱。

近くの橋のところの崖は、木が切られて表土がむき出しで
いつもパラパラと表面が崩れているが
(そのうち切り株もろとも崩れ落ちるんじゃないかここ)
そこにも小ぶりな霜柱が1面に出来ていて、
それが土と一緒にぱらぱらと滑り降りてくるのは
見ていてちょっと面白い。

CA2808050.jpg
花びらみたくはらはら落ちてくる土と霜柱。乾燥の極み。

こういうのも、土が乾燥しているからこそ。
普通なら水分のある霜柱と合わさって、滑る事はない。

CA280803.jpg
日陰の土の道、氷が溶けなくって乾燥しまくり。滑らない。

乾いて白っぽくなった土と氷の区別がつかないほどに
なっているカラカラの場所もある。
日陰ではずっと固まった雪がコンクリのようになって
表面が乾燥しているからもはや歩いていても滑らない。
こんな関東らしい気候も、もうすぐ立春。

少しずつ、陽が長くなっているのは分かるし
鳥の動きも変わって来た。
今は木の実も食べ尽くして餌が無いピークなのか、
毎日のように雨樋やベランダに溜まった落葉に
野鳥がやってきて、さかんにほじ繰り返している。
多分越冬している虫や、落葉と一緒に付いているタネを
探しているのに違いない。

人間には地味すぎる枝に残った山椒の実や
目立たない冬咲きのクレマチスにも
いろんな鳥が来るので、
うっかり庭に出ると鉢合わせてお互いにびっくりする。

CA280807.jpg
帰って来たら驚かしてしまった、クレマチスに来てたメジロ数匹。

人間もドーブツなので、鳥と同じく
そろそろいろいろ動き出すか、そう思える早い春が
もうすぐそこに来ている。


別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| かはづ草紙 |