2012-04

豆苗のコストパフォーマンス

モヤシをはじめ発芽系野菜は
栄養価、コストパフォーマンスともに
エラいからラーメン、焼きそばには欠かせない。

で、いまだ口から入れる放射能には
一応気を付けているので
スーパーで、なんか買いたい野菜ないなーと、
そんな時にも便利だ。

最近はオクラの新芽とか
空芯菜の新芽とか面白いものを見かける。

豆苗なんてのも、緑が欲しいときに
ささっと炒められるて便利だが
小ねぎのように切った状態で
水に浸けておくとまた伸びて来るので
少なくとも2度。
状態が良ければ3度は味わえる。
大変お得だ。

SC_0184.jpg
この日は鶏肉でシンガポールチキンライス風。
パクチーは欠かせません。というかパクチー買う時=このメニュー。
煮汁はスープにして、付け合わせが豆苗炒め。


そんなわけである日卵とじにした後
窓辺に置いといたら、
ここのところ強くなって来た日差しで
ぐんぐん伸びて来た。
そんなに変化無いなあ、と思ってたらある日突然
葉が出て一斉に伸びて来る。
豆苗同士示し合わせているんじゃないかと思えるほど。

SC_0201.jpg

陽に向かって傾くので
180度反対にしたら、ものの1時間で
反対側になびいている。

SC_0200.jpg

面白いのは夜になって光が入らなくなると
まっすぐに戻っているということだ。
なんとかわいらしい…
寝てるのかな。

あんまり暑いと水が腐りやすいから
これから初夏くらいにかけてが、
室内でのスプラウト栽培には丁度いい季節かもしれない。

なので、そば、貝割れ、パセリ、三つ葉の
簡単栽培キットをゲット。
用土はセラミック炭で虫も付きにくいし、これからが
楽しみだなー。
スポンサーサイト

山椒の雌雄

実家も、親戚の家もどういうわけか山椒と
相性がイマイチなようだ。
実家の木はもりもりとはいわないがなんとか細々と
生きながらえ、実もついていた木が
だんだんと元気をなくしていっているようで
昨年見た時は葉の色も薄かった。

親戚の家はベランダでのコンテナガーデンだが
我が家から送った種で沢山発芽はしたけど
そのあと苛烈な生存競争があったらしく…
ダメだったかと思ったら春が来てどっこい生きてるのが
見つかったらしい。
なんとか根付いてくれるといいが。

今年も庭の山椒はいつもどおり花が咲き、
ちょっと春が遅めだったが花が開いたから
そろそろアブラムシがやってきて
となるとアリンコが群がって来る時期。

山椒はなんであんなにアリンコがいるんだろ。
一昨日黒蟻かと思ったらアリ蜘蛛だった。
8本足でわかったけど、お腹の縞まで激似。
これが出て来たからアリンコの季節ということか。
ああ、ネコだけじゃなく、
アリンコとの戦いも控えているのか…
今年は家に上って来ないことを願う。

さてこの山椒の花、花が開いて花粉が出る頃には
勿論雌雄の見分けは簡単だが、咲き始めを見たら
案外分かりやすかった。

DSC_0195.jpg
はい、これはどちらでしょう?

SC_0193.jpg
ではこれは?

もう花粉の色が見えて来てるから分かっちゃうと思いますが
最初のが雌、下のが雄。

動物界ではえてして雄のほうが華やかだけど
山椒のほうも、雄の花のほうが
丸みのある、小さいかわいいものが
くしゃくしゃと沢山ついてる感じで
目立ちます。

対して雌は、なんとなく地味。花っぽくないというか…

この後、雌の花の外側が開いて
突起がついたまるっこいのが見えて来ます。

その部分をよくよく見ると、花の咲いた後の
柑橘類の、青い小さい「実一歩手前」の状態に
よく似ていて、さすが柑橘の仲間なんだなと。

山椒の実の表面のぶつぶつ感もやはり柑橘ならでは。

SC_0194.jpg
これは?
はい、雌です。


今年も、配達の人が「実採らせて下さい」
とやってくるのかどうか。

どーぞどーぞ、どんどん、採って下さい。

野菜のグラタン-空豆

「空豆は合わないんじゃないの?」

と、スーパーで出始めの空豆が安かったから
買おうとした自分への、家人の言葉。

何にかというと、パンがあるから
ぱぱっとできる簡単な野菜グラタンに
しようか、との提案に対して。

なんだと、空豆をなめとんのかコラ

そんな事言ってませんが
彼のアタマの中にはあくまで
空豆は塩ゆでにして、和食として食べるものという
そのようなイメージがあったようです。

でも、今迄フツーにパスタにも使って来たけど?
忘れてるんだなきっと。

というわけで空豆で作ったグラタン。
グラタンといえども、ホワイトソースは
使っていません。
でも、空豆やタケノコはこっくりした
乳製品と相性がいいと思うので是非そういうバージョンも
作ってみて下さい。
ワタクシは作るの面倒だからソース無しで。

SC_0198.jpg

フライパンで、タマネギ、アスパラガスを炒めて
そのまま食べられるくらいに火が通ったら塩コショウ。
耐熱の入れ物に入れて
別にゆでておいた空豆、適当に切ったトマト、
使いかけで残ってたアーティチョークがあったので
それも乗せて、パルメザンチーズ(お好みで他のチーズなど)
を上にかけ、トースターでチーズに焦げ目を
つけてできあがり。

あ、お肉、何入れたっけ…うーん…忘れた。
なんかベーコンか何かの切れ端入れたかな。
この日はお昼が遅くて、
お肉食べなくてもいいくらいだったから。

今迄野菜グラタンについては何度か書いた。
言ってみればごろごろした野菜を炒めて
それをお皿に盛ったものと何ら変わらないのだが、
それを別容器で最後に焼くだけで
なんかごちそうっぽく見えてしまうのが
不思議かつこれ一品でバランスとれて
便利な料理。

夏は夏野菜で作ればラタトゥユだし
冬は長ネギとコンソメで作れば、あと山芋も合いそう。
てな具合に、その季節の野菜、それも固形感のあるもので
作るのがコツ。

ジャガイモとタマネギorトマトがあれば、
大抵味として失敗することはないと思う。
かといって何にでもジャガイモとタマネギをベースにすると
イギリスのパブの食事みたいに全部同じ味になるが。
お肉もひき肉あるいはハム、ベーコン、トリ肉
お好きなように。

「空豆、合うね」
だから言ったじゃないか。

熱心な営業の果て

4/21の新聞記事。

パチンコ店などのトイレにホームページのアドレスを
落書きしまくった35才無職の男性(福岡在住…)が
兵庫県警に器物損壊で逮捕された。

なんと
「全国36府県約2600箇所で落書きをした」
と認めているらしい。(東京は無いのね)
よくも覚えているものだ。きっと記録してたんだろう。

昨年9月から車に寝泊まりしながら全国行脚、
岩手から鹿児島までのサービスエリアやボウリング場で
アドレスを落書きしていたというが、
目的は自分で開設したアダルトサイトへの誘導。

それもこれもアフィリエイトで生活費を稼ぐためで、
4ヶ月で約66万円を得ていたというから
マメな営業はそれなりの結果が出ていたと言うべきか。

しかしこれ、消せるマジックで書いときゃ
まだよかったものを、消せないように
カッターで彫っていたというから…


アドレスみたいな長い文字を彫るのも
ひと苦労だったんじゃないかと…
兵庫県警では19県520箇所で被害を確認したというが
彫った方も被害を洗い出すほうもご苦労な話だ。

壁の補修代も、これだけの数になると
結構いってしまうんじゃないだろうか。
66万円なんて吹っ飛んだだろう。

ブログのアフィリエイトって、
よく仕組みが分からないからやっていない。
しかしこういう人がいると、
何らかの規制ができるんじゃないだろうかそのうち。


この手のニュースを聞くと毎度思うのが
その頭脳、努力を
まっとうな方向に使えばいいのに。

という事だ。でもまっとうなやり方したって
なかなかお金にならない状況なのかもしれないけど。

ネコとの仁義なき戦い東京編2

ここの家に住むようになって10年以上経つ。

前回も書いたが、以前は近所の飼い猫の茶トラが
よくブロック塀の上を歩いてやって来て、
玉川上水から入るデッキの上にのんびり寝そべり
ひなたぼっこしていた。

家人によると、ある日このネコが一階のドアのところにいたので
ドアを開けると、そばにネズミがあったそうだ。
みかじめ料の進呈のつもりなのか。
もらっても困るしかといってごみに出すのもあれだし、で
庭にネズミを埋めたらしいが、その時そばでその茶トラは
埋める作業をじっと見ていたそうだ。

その後、玄関周辺にモグラが置かれている事が
2度あり、おそらくはこの茶トラのプレゼントだと思う。
(モグたんも、庭に埋めました)

うるさく鳴いたり、人を見るとさっと逃げるネコではなく
会社帰りにその家の前を通ると門柱に座っているから
よくエノコログサで遊んだ。
ちゃんと人間に合わせて遊んでくれるえらいにゃんこだった。
って今も生きているようだしその家の窓辺で姿は見るが、
うちには来なくなった。もういい年なんじゃないだろうか。


nekofun.jpg


その茶トラの姿をうちの庭で見かける事が減った頃から、
どこかのネコによると思われる糞害が始まった。
3.4年前からかと思う。

木酢、ハーブ、コーヒー殻、唐辛子に
ネコよけ墨、一通り試したが
今迄一番効いたと思われるのは、ホームセンターにあった
「プロ用」の置きタイプの、四角い固形物。
クレゾール臭がするが一応人体植物には無害らしい。

その直後に、嫌らしくも出入り口付近に吐いた跡を残し、
それからは糞害は無くなった。

で、ここしばらくは平穏な日々が続いていた、のだが…

昨年の冬に、玉川上水から入る通路の落葉を掃いていたら
そこに糞が落ちていて、箒は汚れるしうっかり
ツッカケや鼻周辺にそれが付くしでえらい目にあった。
その時はやはり木酢で対応、その後おさまっていたが…

つい最近、庭に大きなマグロか何かの、魚の背骨が
落ちていた。ちょっと前からあったが、竹の根っこと
思っていたのだ。

そして、4/19に、アブラムシ除けの木酢をまいていたら
ネコ糞を発見。

…とうとう、また始まってしまったのかネコ糞が…

翌日には、そこより少し奥にいった場所にまた。
更に同日、対角線上の場所に鳩の食べかけが。
カラスかもしれないけど…
でもカラスだったら、茂みの中に置いとかないで
くわえて持ち去る筈。

今迄も気付かない場所に糞をされていた可能性は高い。
落葉のある、庭の隅の土にされてても
夏みたいにハエが飛び交ったり臭気が出なければ
気付かなかっただけかもしれない。

仔ネコの動画を見ると「かわいいでちゅね~」とかぬかす
家人に、鳩の件を話して、今後の対策をどうするか
話し合わねば。

実家でやった、ガムテープ作戦?
この家に来るとひどいめにあう」と思わせるのは
効くかもしれないが、ネコの場合アタマがいいので、
仕返しに来る可能性、大。それが困るのだ。

どうも我が家の庭を、食堂&トイレにしているらしいから
どーしたものか。
こういう事からしても、飼い猫では無いだろう。
食堂とトイレが同じ敷地内でオッケーなネコに、
餌を置いとく懐柔作戦は、多分、効かない。
それは実家で経験済み。

さて、どうしますか。ふう。

猫との仁義なき戦い東京編

また、猫の糞に、今度は実家ではなく
こっちの家で悩まされることになった。

というわけで、カテゴリ追加しました。
ネコ糞に悩まされている方の情報共有と
解決策例の一助になれば。

ブツが写ってる写真などは載せませんが
イラストを載せることがあるのでお食事前の方はご注意。

実家に帰省中に、毎朝芝生に近所の猫(おそらく飼い猫)
が、猫よけのトゲトゲをかいくぐってフンをしに来る巻は
過去記事で書いた。←クリック。

安いニンニクや、木酢液などを試したが
結局、ガムテープの粘着面を表にしたものを
通り道ふくめ何箇所かに置いたら
深夜に猫の騒ぐ音がして、それから来なくなった。

それから2年を迎えようとしているが、
実家ではいまだに芝生の一部にトゲトゲを
置いたままだ。
見た目悪いし、いかにも狭いココロの持ち主の
癇癪老人が住んでいます(ある意味当たってるけど)
というような感じで、もう来ないなら撤去すればと思うが
そう思い切れないようだ。
猫の糞害は、こんなにもストレスになる。

「鳩 糞害」「猫(犬)糞害」で検索すれば、
いかに大勢の世の中の人がペットあるいは
無責任な飼い主や餌やりの結果に
憤慨しているか(いや、シャレじゃなく)が分かる。

相手は動物だからある程度は仕方ないとはいえ、
少なくとも、飼っている動物が原因ならば
「私のネコちゃんがそんな事するはずない」などといわず
しかるべき対処をしてほしいものだ。

「ネコは好きな人のところではフンをしない」
などというもっともらしい説は、よく躾けられたネコならともかく
相手がノラの場合や、ネコが好きでもフンをされる家の人には
何の解決にもならない言葉で、むしろ問題解決を遠ざける。

我が家は動物を飼っていないが動物は嫌いではないし
むしろ庭に、他所で捕まえたヤモリを導入するような
家庭だ。家人はネコ好き、自分は犬ネコどっちもオッケー。

それでも、糞害に遭う。

あと、「餌をあげてればネコはそこでフンをしない」
というのは、ある程度真理だが、(飼い主の庭で粗相をしないのと同じで)
だからといってみんなが庭に餌置いておくわけにもいかない。
仮にそうしたとして、相手がノラの場合どこかでやはりフンをする。

まずは、ペットを捨てない、責任持って育てること。
フンされる場合は、とにかく徹底的に闘うこと。
これしかない。

一度そこをトイレと決めれば、動物はずっとそこにやってくる。
物理的に侵入できないようにする方法は、
ネコの場合は殆ど無理。

さあ、どうするかなー。
戦いのゴングは、昨日、4/19に鳴りました。
今朝は大きなキジバトの食べかけも…どーしよー…
食べるならちゃんとキレイに食べろ!!

変わりやすい愛情

…と、いうのが、前回にも書いた「浦島草」の
花言葉らしいです。

でも、他にも「注意を怠るな」とか
「離れている友を思う」とかいう花言葉もお持ちのようで。
なんにしろ、注意喚起に富んだ植物ということなんだろう。

892.jpg
これ、庭に咲くようになった。ケマン草だと思うけど…かわいい。

面白いから、ついでに浦島草で一本記事。

DSC_180.jpg

我が家の家の中に置いている観葉植物の「セローム」
というサトイモの仲間の植物に、数年前だが
紫がかった色の、これとよく似た筒型の花が咲いて、
妙にプロパンガス臭かった記憶。
咲いている間は部屋中がガス臭く、(しかも花期が長い)
どっか配管からもれてるんじゃないかと思った程。

どうもサトイモ類のものは、総じて褐色系の、花のように見える
くるりと巻いた筒型の部分(仏ナントカっていいますよね)
を持ち、人間にはあまりいい香りとは思えない
独特の香りでもって、受粉をしてくれる虫さん達を
おびきよせるようだ。
浦島草のそばにいても、そういう香りは分からないが。

890.jpg
一昨年のリュウキンカ。

浦島草のこの「花」には、雌雄の区別があるらしい。
だから、実を見たいと思えば雌雄の株がいるわけだが
外から見ても違いはさっぱり。
どちらにも、浦島太郎の持ってる釣り竿+釣り糸のような
長い、「付属体」が出ている。

この姿が、「蛇草」という別名の由来なんだろう。
半日陰の、森の中にひっそり立っている姿も
蛇っぽさを感じさせるのかもしれない。
そういう意味では、好みが別れるようだが
山野草マニアにはユキモチソウやマムシ草などと並んで
欲しい野草らしいと知ると、家の入り口にあっても
盗まれそうで心配の種だ。

…今年実がなったら、種を確保しておこうかなあ。
実からちゃんと生える迄、4年くらいかかるらしいけど…

933.jpg
庭に我が物顔で増えまくるスミレちゃん。
アリンコが多い理由がわかる。


実際これも、前に住んでいた方が種をまいたか
球根を植えたか、あるいは自然になのか、
さっぱりわからない。
不思議なのは、ここに越して来た時には別のところに
入り口があったが、その後今の所のブロックをカットして
ここを入り口にした。
この時には、こういう植物は生えていなかった。
なのにその後その入り口の両脇に、図ったように生えていること。
なんの偶然なんだろうか。

DSC_923.jpg

昨年オモトの実を小さくしたような、
プチプチと丸い実が、昔の出来の悪いトウモロコシのように
雑に並んだ塊状の実ができていたのを発見。
それまでは気が付かなかったんだけど…

だから、ここの浦島草は雄雌が揃っているようだ。

949.jpg
一昨年のジューンベリー。梨か何かの花に似ている。

なんでも、「キノコバエ」とかいう、
とてもプリティーな響きの名のハエがニオイに誘われ
この花の中に入り、それが雄花ならば下に隙間があって
花粉だらけになったキノコバエさんは脱出可能。
しかし、雌花に入ると、下には穴は無く、
上に登ろうにも難しい。
そのまま中でご昇天。

…という、なんともウツボカヅラ的恐ろしさを
秘めたお花らしいです。

色や模様がなんとなくグロテスクと
感じる人も多いみたいだが、それにたがわないというか。

でも、キノコバエが、雄の花に行く前に
雌の花に入ってお亡くなりになったら
受粉の役にはたたないよなあ…
そこらへんも何か仕組みがあるんだろうか?

なかなかに興味が尽きない、山野草。

922.jpg
グロではなく、超クールだと思うが。

花だ花

桜が満開のところに雨が重なって、
雨上がりの今日、期待していた山桜も
もう葉の赤い色がくすんでしまっていて、
それまでの華やかさは薄れていた。

それでも、ソメイヨシノとは違うおもむきが
とてもいいのだ。

朝起きてカーテン開けると、陽気に誘われて
お散歩している人達の集団がこっち見てたりする季節が、
今年もまたやってきた。
でも秋も冬もウォーキングの人と目が合う場所なんですココ。

DSC_165.jpg
山椒もどんどんもりもりしてきました。

家の斜め前の山桜からは絶えずはらはらと花びらが降って来るし
ほんの2日前には無かったところに花が咲いてたりで
ホントに今の時期は、急ぎ足で植物が変化する。

誰かが植えるような場所でもない、フェンスの奥の崖のところに
今年は黄色い八重の水仙が咲いていたり、いろいろと目が離せない。
DSC_149.jpg
この水仙はもう終わりました~

今日は家人に声をかけて
家の徒歩5分圏内の花観察。

庭には一昨年植えたこの花。
リュウキンカだったと思うんだけど…
一週間前には影も形も無かったが、ちゃんと咲いてくれてる。

DSC_168.jpg
つるつるした感じの、クリーム色の花です。丈夫。

数年前から、植えてないのにいつも同じ所に
咲くようになった花ニラも、
今年は株が更に大きくなって咲いているし
ジューンベリーの花も、昨年より沢山ついている。
ベリー類は放射能を溜めやすいというので
昨年は実付きが良かったが食べていない。
東電に慰謝料を請求したいところだ。

DSC_167.jpg
お隣からのこぼれ種だと思うけど、
明らかに梅とおぼしきものが一昨年から生えた。
今年は咲くかなーと思ったけど花は全く無し。葉が猛烈な勢いで出てます。


今年は庭のスミレが遅い。
いつもなら花が終わってもりもりとした
わさびのような葉っぱに変化していく頃だが
今が花の盛り。

DSC_157.jpg
常緑の、冬咲きクレマチスの種です。耳かきに似てる。ふわふわ~

東京都の土地だが、家の庭みたいな位置にある
玉川上水沿いの散歩道スペースには
野草がいろいろ生える。

しかもカタクリだのイカリソウだの
乱獲必至のものがあったりするものだから
自分の庭でないのに、その季節になると
ドロボーが来そうで落ち着かない。

DSC_155.jpg
今年はカタクリはもう終わったよ。

事実今迄いろいろ被害に遭っている。
って自分が植えたものじゃないけど。

DSC_171.jpg
ところで、今迄咲いてなかったこれが咲いてたんですが。一体何?
近所で咲いてる所はあるけど…ユリ科のような茎や葉なんだけど…


このブログで何度も言っても仕方が無いが、
そういう山野草の類いははっきり言って
土や環境を選ぶので、花が咲く迄数年だとか
ちょっとの日差しの変化でダメになるとか
盗んだ所で自宅の庭ではダメなものが多いらしいから
せこく盗むのはやめたほうがいい。

DSC_173.jpg
地味だけど、花の中はもにょもにょした模様が。
あと先が「くるん」ってなってるのが面白い。


庭に植えたって見るのは数人。
外にはえていれば通りすがりの人が毎年見に来る。

どっちが沢山の人をうれしい気持ちにさせるか
はっきりしている。

DSC_178.jpg
つい先頃、有毒植物のトリカブトを間違えて食べた方が亡くなったが
このニリンソウと間違えたらしい。
花の時期以外に違いを識別するのは、かなり難しい。


夕方近くなり花がつぼんでしまってるけど
キンポウゲ科特有の可愛い花。

DSC_179.jpg
一重のヤマブキが盛り。

今年も、家の前にはカタクリが無事咲いて
ガサガサ分け入って見にくる人の音がしていた。
カタクリは特に、植え替えなどが難しく
木漏れ日のある里山などの環境がいるので、
分かっている人達は見るだけ、写真を撮るだけで満足して
帰っていってくれる。

こういう人達を、がっかりさせないで欲しい。
山野草を盗るのは、それの価値を知っている
ある程度年のいった人で、
(事実一昨年イカリソウを盗んでいった人は年配の男性でした…)
本来なら分別があってほしい、孫がいるような超いい大人が
そういう事をするというのが、余計に寒々とした気持ちにさせるのだ。

DSC_181.jpg
毎度、入り口の両脇にうまいこと生えてくれる門番の蛇のようなウラシマソウ。
今年は両側に2つずつ、花が咲いてます。
おかしいなあ、2日前には気付かなかったんだけど…

お願いですから、そういうのは適正に栽培された店で
お金出して買って下さい。
ここから歩いてすぐのところに入園無料の薬用植物園がありますから
そこで見たらいいじゃないですか。

市も、「花いっぱい運動」とかワケの分からんイベントに
税金使うなら、本来の自然の保護啓蒙に使って欲しいなー。
ホームセンターで売ってる花をせっせと増やしたって
「きれいねー」で終わりなんだから。

DSC_174.jpg
目的の、大きな山桜。大き過ぎてカメラにおさまらない。
「子宝桜」とプレートあります。根元の2股に別れてるところに
大きなコブがあるのです。

就学前のアタマ

ネットの拾い物のクイズ。
なんか、あれだ、電車の中によく出てる
「四角いアタマを丸くする」とかいうの。
アレを思い出させるのですが、
でももっと頓知的な、「見た目」なものでした。
ってここまで言うと答えになってしまってるけど。

ah_quiz.jpg


「就学前の子どもなら5~10分で、プログラマーは1時間で解ける
――こんなクイズがFacebookやTwitterで話題になっています。

8809=6、7111=0、2172=0といったように数式が並び、
では「2581は?」というのが問題。
ネットでは「すぐ分かった」「全然分からない」など
いろいろな声が上がっています。
気づいてみれば意外と単純ですが、
はまってしまうとなかなかそこに気づけないかも? 
みなさんもぜひトライしてみてください。」

大人のアタマでやろうとすると
つい「行列」的な発想だったり、かけ算だの
なんだのやってみたくなるのだが、「就学前」というのを
見て、あ、と気付いた。

でも2分かかったよ気付く迄…
早い人は数秒で気付くらしい。

もっとも今の未就学児は自分の頃よりもっとクレバーで
算数バリバリできるのかもしれんが。

プログラマーは仕事のアタマになってしまって
気付くのに時間がかかってしまうのかも。
息抜きになりましたかな?

緊急:拙速すぎるパブコメ締切り!

本日、友人からのメールで知った、
環境省で募集しているパブコメの話を聞いて仰天した。

なんと、今迄規制していた福島からのがれきを、
「業者間の不公平を是正するため」県外で処理できるように
現行の法を改正したい
のでパブコメ募集している、という。

しかし、こんな重要な内容なのに、
このパブコメ、4/3に募集スタートしてなんと一週間、
本日4/9に締切り、ですと。

なんじゃそりゃああ!

なめとんのかコラ。

とガラも悪くなるというものだ。

通常、だいたい30日とかそこらは期間を設けるみたいで
この1週間というのも、一応規定には法律違反ではないらしいのだが
どう考えてもブラックなやり方だろこれ。

増税を海外に言ったからとかTPPの事といい、
どこまで犯罪者のようなやり方とるんだ政府は。
というか、こんなやり方に怒れよみんな!
言えば、少しは変わるんですよ。
どうせ言わないって高くくってんのよ
特殊な文法のもとで暮らしてるお役人は。
だからもっと表に出した方がいい、感情を。


1年以上経ってようやく食品の基準値をすこーし厳しくしたってのに
なんで1週間で、パブコメ締切り?

ここから、メールでパブコメを送る事ができるので
環境省パブコメ←クリック
特に地方や、焼却場、産廃の処理場などの近くに
お住まいの方は、内容を見てパブコメを送って下さい。

なぜ地方というのかというと、
平たくいえば「一般廃棄物」「産廃」として
よくわかんない基準でよくわかんない業者が
お金欲しーよーってせっせと運んじゃう可能性があるわけで。

で、しかるべき処理方法をとるとは限らんわけです。
そこらへんにうっちゃっとけー、てな具合に。

それこそ、山林とか畑とか、土地のある田舎ほど
危なくなる可能性が。
東京だって、多摩地域なんかの田舎は危ない。

時間無いから詳細はまた後日書きますが
いくら「日本全国が汚染されている」とはいっても、
札幌の焼却場の灰のベクレル値と、家の近所(東京多摩地域)の
焼却場(家庭ゴミで、ガレキ受入れしてません)とでは
実際100倍~50倍の差があります。

だから、今原発より遠い、汚染の影響の少ない地域の人は、
その環境を守る方向で物事考えた方が、
先の経済考えても絶対いいと思う。

スーパーで地元産の野菜が
何の心配無しに買える幸せを変えたいかどうか、
慎重に考えて下さい。

そもそも、この環境省の改正案、条文ってどこよ。
パブコメ求めるなら、もっと分かる様に情報公開しろと言いたい。
だいたい、どシロートの一般人に広く意見を求めるのがパブコメなんだから、
募集期間の短さと内容説明の分かりにくさはパブコメ求める側に
あるまじき対応だろう、とそういう事も含め、
ワタクシはパブコメ送信しました。

怒りと祈りを込めて。

北九州の方、フクイチは収束なんてしてません。

購入した梅干しの材料の産地に混入があり、
放射性物質が通常より高く検出された、という事を
前回書いた。

今、このあたりよりは北海道、西日本、南日本のほうが
(値は元々の土地の土質などにも影響されるけど)
フクイチ由来の汚染は少ない筈だ。

だから、これ以上、「等しく」「分かち合い」
といって、汚染の少ない場所を減らすような動きには、
その地域の人達はよくよく考えて欲しい。

その結果が、情報が公開されて、住む人達が
よく考えた結果ならいいのだが、
「もう収束してんでしょ」「受入れないのは非国民」
という、情報ゼロの硬直化した認識がさせているのなら、
後々大変なことになると思うからだ。

フクイチは、収束なんてしていない。

つい先頃も、数分で死ねる量の放射線が計測されたばかり。
ミリでもマイクロでもない「73シーベルト」。
ずっと何tも注水してきたのに、今容器の水位はたった60センチ。
そしてメルトダウンした燃料は40センチ。
ギリギリじゃないですか。
そして、今迄入れた水はドコ行ったの。
要するに、どこかに大量に漏れてるわけで、それは海や地下に
流れているということになる。


つい先日も、遠い北九州まで行き小倉駅前で
ガレキ受入れキャンペーンのビラを大臣自らが配って、
「皆被曝してるんですよ」
などと言っていたというのを聞いた。
「どうせ日本は既にどこも被曝してるんだし」
「一部地域だけではなく分かち合いを」という論理は、
一国の大臣が、しかも原発担当者が言う内容としては
ものすごく無責任だと思う。


セシウムは、燃やして消えるものではない。
拡散して雨で吸着、固定化され溜まっていく。
バグフィルターで殆ど取れるという政府情報も裏付け無し。

放射性物質を含む物の処理は、移動させず拡散させない、
という事が震災前の常識だったのに、
それを全国に拡散させようとしている危機感のない
やり方を積極的にとろうとしている今の国のやり方は
全く同意できない。

ガレキ受入れ促進キャンペーンに数億、数十億計上するなら、
そのお金で新規に焼却施設なり被災地に造るほうが
はるかに効率的でコスト安の対策ができるのでは。
被災地の地元業者にお金も落ちる。

しかし、これは3/20の新聞記事だが、
陸前高田市長によると、地域内で全部処理する予定で
焼却炉の新設を申請したところ、
県が門前払いをした、という。
わざわざ地元には動かないでと指示するようなもので、
一方こっちでは東電関連会社に仕事発注。
なんの意図があってそうなったのか、と勘ぐりたくなるものだ。


CA280684.jpg

東北3県のがれき推計量約2,247万トン
(岩手県約449万トン、宮城県約1,570万トン、福島県約225万トン)
阪神・淡路大震災の1.6倍、全国の年間一般廃棄物総量の2分の1に相当する
(東京新聞2011.6.25)

阪神では15基焼却施設を増設し3年程かけて処理をして、
一部を埼玉神奈川福岡にも依頼したらしいが
殆どは周辺で処分したという。
ただ、発生したがれきの内容が違うだろうし
最終処分場を簡単に造れなくなった今は事情が違うから
それと同じようにしろとは単純には言えない。

宮城、岩手は(地域にもよるが)東京よりも
むしろ大気中の放射性物質は低い地域のほうが多く
それらにまで放射能が、と言うのは酷だ。

しかし、過去に焼却を受入れた自治体で
放射性物質濃度が上がったり
漏れがあったりした事実と、
そもそもなぜ広域処理なのかの説明も不足していること、
バグフィルターの効き目も根拠がたいへん怪しいこと。

加えて、北九州や石垣島まで輸送費かけてがれきを
持っていく事のコスト計算や、費用対効果を
分かる様に説明できないまま、単に「皆で分かち合えば」
と言う国のやり方をへえへえ、と納得できる自治体は
少なくて当然だ。

DSC_067070.jpg
早咲きの種類の桜。花は小さめです

そんな中で、この徳島県の、目安箱への返答は明快だ。
徳島県H.Pようこそ知事室へ

なぜこれを書いた人が総理大臣あるいは原発担当大臣
あるいは経産省担当者ではないのだろうか、
と悔しくなる程毅然と、理路整然としたものだ。

うちの近所の焼却場から出る灰は多少前より低くなったとはいえ
1000ベクレル近くある。
なにも、ガレキを燃やしていない。この地域の家庭ゴミでも
この値で、落葉の季節はもっと高かった。
それは今まで通り処分場に持っていくのに、
原発からの廃棄物は100ベクレルでも管理下。

質問をした人は「自分から勉強もせずと」他人を責めた事を
大後悔しているだろう。
そして、この人の感情的な文章を見て、自分も、
人を責めるよりも勉強せねばと思うが…

でも、やはり、政府はアタマがおかしいし
やり方が汚過ぎるし、キャンペーンは税金の無駄だと思う。
これだけは、どう考えても、向こうが、おかしい。



台所の窓を開ける

我が家では、某生協で食材の一部を購入している。
生協のグループも実に様々で、どこまで何にこだわるか
というのもあるが、容器の自主回収や
缶詰内側の皮膜の安全性、遺伝子組み換え作物への
考え方などなどを考えて、そこに決めた。

生協でなくても、今は宅配系のグループは
迷う程あるが、お値段とのバランスと、
自治体への働きかけの実績も、理由の1つだった。

原発事故以後、それまで例の無い事態に
生産者も、生協側も何ができるのか、
今後どう対応していくべきなのか
試行錯誤が続いていたと思う。

その後検査用機器を新規購入するなど、
検査体制に力を入れ、検査結果を公表していたが
先日、表示とは違う産地の材料が混入していた、
という事が判明した。

そして、その対象品を、我が家でも購入していた。

放射能検査が発端だった。
近畿地方の梅を使っている梅干しなのだが、
それまでその生協で把握していた近畿地方の
材料より高めの結果が出て追跡調査したところ
業者が他からの依頼で使った北関東産の梅が
ある時期のロットにたまたま混入していた
のが理由だという。

そのロット分に、我が家の購入分が該当していたわけだ。
1年に一回も買わない食品だったのになんとも…
宝くじは当たらないのにねえ。


同じ業者の同じ梅干しでも、規定通り近畿地域の
梅を使ったものを検査すると、数値は問題なかったという。

表示と内容が違うというJAS法違反になることと
この生協の規定に反するということの2つが起こった訳だが
検査しなければ分からなかった話だ。
該当品は全額返金対応となり、各家庭で廃棄してくれと
いう通達が我が家に来た。

おいしく食べられるものを廃棄ということは
ものすごい罪悪感だ。
正直よそのスーパーの野菜にはこのくらい入っているかもしれない。
でもそれが分かって買うのと、そうでないのとでは意味が違う。
迷いがあって、結局今もまだ捨てられないでいる。

DSC_02.jpg
アボガド入れてレモン風味にさっぱりさせたフジッリ。

検出された放射性物質の値自体は、問題にするレベルでは無かったし
どのくらいの割合で北関東産の材料が混入したのかは不明だ。

しかし、このことで
近畿産の食材と北関東産とでは、
放射性物質の含有量にやはり差があるのだということが
改めて浮き彫りになってしまったのでは…と残念だ。

実に吸収されていたのか、収穫後の天日干し等の過程で、
なのか分からない。
数値は低くても、混入の経緯を思うと、
今後この業者の製品にはイマイチ手がのびない。

DSC_01030.jpg

政治家は今「みんな被曝しているんですよ」と言って、
皆等しく被曝させる事に腐心しているようだが、
なんだかんだ言っても西日本とこっちとでは
大気中の検査結果は違うし、今回の梅干しのように
作物への影響も違う。

そして、出所が違う物が混入する可能性が、
たまたまでも意図的にでも、ゼロではない。
という可能性もある。
「あってはいけない事」が福島であったように。
産地偽装やブレンド、賞味期限切れ問題が起こる様に。

3/25の東京新聞に、枝元なほみさんの記事が載っていて
彼女の立場からするとかなり正直で踏み込んだ発言を、
勇気を持ってしている事に拍手を送りたくなった。
政治的なモンダイと必要以上に構えることなく
皆で考えていこうという姿勢には、とても温かく、
前向きで強い意志を感じる。

edamoto.jpg

そういえば、昨年原発事故の後避難してたら
料理番組で春らしい献立披露してたなと思い出した。
内心迷いも抱えながらお仕事されてたんだろうと思うと
こうまでいろんな人を巻き込む事故を起こすモノは、
やはり無いほうがいい。



エイプリルフールのgoogle map

本日、「四月馬鹿」に合わせて
グーグルがやってくれた。

地図検索で画面の右上に出る
「ぼうけん」というのをクリックすると
懐かしいタイプのドラクエ地図に変換される。

こちらに、マジメにグーグルが作った広告があるので
見て欲しいが、これのとおり
「スフィンクス エジプト」と入力したら
ほんとに絵柄が出て来た。



首都はドラクエのお城のマークで出る。
左の、拡大縮小の部分にある人のマークも
地図上に移動した人のマークも、
ちゃんと冒険者のイラストになっているのが細かい。

試しに思いつくまま世界の有名どころを検索してみたが、
例えばパリの凱旋門、ルーブルにもポイントとなる建物の
イラストが出て来るし、ロンドンのバッキンガム宮殿には
おなじみの衛兵さんが沢山歩いている。

インド アーグラーで検索すればタージマハルイラストが出た。

でも、有名どころがすべて網羅されてるかといえば
そうでもなく、「パキスタン モヘンジョダロ」
「カンボジア アンコール・トム」
「タイ バンコク 王宮」(ワット・アルンも)
といった、四大文明の1つだったり
観光の目玉になっているような場所でも
イラストマークが無い場所もあった。
あるいはドット絵での表現の難易度もあるのかもしれないが…

ここらへんはいろんな許可だの事情があるのか
誰にとってのマイナーか非マイナーの線引きが
あるのか分からないが、
面白いので今日のうちに是非いろいろ検索を。

なお、イラストマークはある程度拡大しないと
あらわれません。

富士山を見ると、これといったお山のマークは
出て来なかったが、周辺にはドラクエでおなじみの
サソリなどのモンスターが出没していた。
これは見る時間帯や場所でも違うかもしれない。

そういう楽しみもあるので、ぜひお試しを。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

くろけろ

Author:くろけろ
ケロをこよなく愛する玉川上水ほとりの住人です。
庭をヒキガエル様の根城にしていただきたいけど
目下果たせず。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード