かはづ草紙

玉川上水のほとりから玄界灘近くに移動しました

省エネ扇風機が来た 

昨年の夏は、せっせと節電にいそしんだ方々も多かったと思う。特に、計画停電のエリアに入った東京の人は(ここもそうだったが…)福島の原発は東京のための施設であるという事をこれほど痛感したこともない。今年だけでなく今後もできるだけ省エネを続けよう、という気持ちになったのではないだろうか。西日が当たる窓に緑のカーテンを試したくても、ただでさえアリンコが2階に上って侵入して来る家なのでこれで窓まで届く緑のカー...
Read More

いつまで耳ふさぐんだろね 

デモに懐疑的な人がいるのは知っている。そんな事してもそこにお目当ての人はいないだろうに、とかお祭り騒ぎしてもしょうがない、とか要するに効果が無い、と。中にはサヨクが動員しているだとか浅い考えのバカが集まるものだと決めつける人もいるようだ。そこまで批判的でなくとも、怖いしなんだか恥ずかしいし…という人が多いのは、自分もそうだから分かる。でも、原発事故後のこの一年、何が改善されたかといえば、食品の基準...
Read More

明晰なガレキ受入れしない表明ー生駒 

奈良県生駒市の市長がこのほど、がれきの受け入れをしない決定をし、その理由説明がこちらのブログに載っていた。wonderful world「生駒市ががれき受け入れを拒否」←クリックこの内容は、ガレキ広域拡散に疑問を持っている人達が皆共通認識として持っている情報、見方ではないかと思う。なにも突飛で非科学的でもなんでもない。むしろ説明を怠り、感情論に訴えることしかしていない自治体の長もいる。理由がつかないからそうするし...
Read More

息の長い不動産営業チラシ 

もう何度もこのブログのネタにしてきた、某不動産会社からポスティングされる「売却物件求む」のチラシ。我が家のエリアがそこに入るとは思えないような地区にある、ここの系列の営業所からもチラシが来るので3箇所もから、それぞれ違ったテイストのものが来る。一時期は一体なんだろうという勢いで入っていたが、最近大人しくなって来た。やはり移動のシーズンである春先に向けてが一番需要があるのだろう。そして、3箇所の中で今...
Read More

三鷹国立天文台その⑤ 

ゴーチェ子午環の先は、広々とした、風の抜ける草原が現れた。初夏の日差しがまぶしいこの広い緑の場所にいると三鷹という場所にあることが不思議なくらいだが、右手には、今見た施設を大きくした形の建物がある。そして、左手には高いアンテナ状のものが立っている。この、右と左にはそれぞれ少しすり鉢状にえぐられた場所に百葉箱を大きくしたような建物があり、お互いを監視し合っているようなバランスになっている。これは子午...
Read More

三鷹国立天文台その④ 

旧図書庫を左手にまっすぐ行くと右手に見えて来るのが子午儀資料館。Kさんから「かわいいから撮ってよ」と言われたのだがこじんまりとした、ちょっとレトロな建物なのにカメラを通すとなんだか古めかしい駅のトイレのようにしか思えないのは自分だけだろうか。昔の学校の離れにあった倉庫というか…自分の高校にあった旧体育館を彷彿とさせる。1925年の建物とあるので大正14年のもの、敷地内の建物の中では3番目に古いようだ。この...
Read More

三鷹国立天文台その③ 

大赤道儀室を後ろにして右手、敷地の端のほうへ向かう。いかにもスズメバチが出て来そうな、うっそうとした木立の中を行きまた右に折れると、木立の中に突然、茶色い建物が見えて来た。「太陽塔望遠鏡」で、文字通り太陽の観測のためにある建物。建物が筒の役目をして、トップにあるこれもカール・ツァイス社製の平面鏡2枚で垂直に取り込まれた太陽光を、固定望遠鏡で真下に導き、半地下の大暗室で虹色のスペクトルに分けて観測…...
Read More

三鷹国立天文台その② 

第一赤道儀室を後にすると、その正面へ真っすぐに向かうと、「大赤道儀室」(天文台歴史館)が見えて来る。そこに向かう真っすぐな道の左沿いには、時々プレートが出て来る。ここは、この道を「太陽系の距離を1/140億にして、太陽系の惑星のプレートを距離に応じて設置した太陽系ウォーキング」というものらしい。ここを歩けば、太陽系もひとっとび。しかし140億分の1と言われてもあまりに遠過ぎて…確かに土星の場所には、説明プ...
Read More

三鷹国立天文台その① 

時々オヤジ的てくてく歩きの女子会をする3人で6月上旬に訪れたのは、三鷹の国立天文台。といっても星の観測会をしにいったわけではない。ここは入り口で受付をすれば、敷地内の施設を見ることができる。(一部、立ち入り不可で外観だけという建物もあります)武蔵境駅から15分バスに乗ってここに近づくと景色が急に郊外になり、なだらかな傾斜地が出て来て緑の林が見えると思ったらここだった。職員のお仕事の場でもあり、東大の研...
Read More

広島、長崎、福島、そして…? 

昨年から一部では情報が出ていた事だが、福島では食品の検査に、県から横やりが入っていた事が最近になってYAHOOニュースに出ていた。しかし、それ以上に、県民の被曝状態の検査に実に消極的な姿勢であったことも県民の避難の受け入れを他県がするのに県が難色を示していた事もいろいろと漏れ伝わって来ていた事だ。漫画「はだしのゲン」は、広島原爆の悲惨さそのものより投下後の、ピカの影響を受けて生活に支障が出て行く人達の...
Read More

TV見ない会会員募集中ー3 

停電になったらPCも使えなくなるが、同じ電気ならTVよりPCのほうがいい。自分で情報を取捨選択できるから。自分の作品や、思っていることを、伝えられるから。仕事でTV局や芸能プロダクションに行く事がたまにあったがいつも「早く帰りたい…」と思っていた。あの独特の雰囲気が苦手だった。華やかなのに内輪の世界、そのくせ馴れ馴れしいというのか。職場のお昼休みに、「いいとも」をつけられるのが正直嫌だった。タモリ倶楽部に...
Read More

TV見ない会会員募集中ー2 

昨夜首相官邸前に再稼働に反対する人達が集まった。吉川タイムズ6:15緊急!←クリック。いつになく熱気があり、1万人を超える人が来たようだ。しかし、相変わらずマスコミは報じていないようだ。(TV無いから…とりあえず、NHKはオウムの事一色だったらしい)まして、東京以外の地方、再稼働の地元にはこんな様子はもっと伝わっていないだろう。視聴者ツイート←クリックNHKに、中継して欲しいという電話をした人もかなりいるようだ...
Read More

TV見ない会会員募集中ー① 

大阪の橋下市長。以前、このブログで「まったく信用できない」と書いたが、過去記事:「往生際が悪いトップの方々」←クリック関西広域連合という組織がどうもうさん臭いうえに、入れ墨だなんだと強権発動しはじめて、こりゃ将来の石原シンタローになるなあと思っていたら、やっぱり、限りなく、黒だったようだ。先週発売の「Friday」で、民主党執行部宛の橋下市長のメッセージが暴露されていたらしい。「らしい」というのは、現物...
Read More

シジュウカラin東電メーター 

先月下旬に、盛んに家の周囲で鳴いていたシュジュウカラのことを記事にしたが、←クリックそれを書いた少し前から、ちょっと気になる事があった。外壁にある、東電のメーター。あの、ディスクがくるくる回ってるあの機械。あれのあたりから、きゅるきゅるっとかすかな、小さな音が聞こえるのだった。ちょうどその頃は草抜きや、アリが家に上がらない様に毎日のように朝玄関開けたらアリ対策をしていたから、ほぼ毎日、その「きゅる...
Read More

影の薄い平均的顔 

これは昨年のネタらしいので既にご存知の方も多いのだと思いますが。世界41カ国の女性の顔写真を集めて、「平均的な顔」というのを作成したもの。もっとも、元写真がどれだけの枚数なのか、アベレージをかさ上げしそうな、タレントやモデルみたいな人がその中に入っていないかなど詳細は不明。(大きい画像を見たい方は記事の最後のページでどうぞ)皆さん、なかなかお美しいですな。インドや西アジア諸国から中近東の女性が彫刻の...
Read More

普通は、働かなきゃお金なんてもらえない。 

国に都合のいい事しか言わない「専門家」の名前、所属あともちろん発言内容をマスコミは公表して欲しい、というのを昨日このブログに書いたばかりだが今朝の東京新聞一面にこんな記事が。「福井県専門委員会 半数弱 電力側から寄付」~大飯再稼働 中立性に疑問も~疑問なんてもんじゃないだろう。「県内にある原発を技術的にチェック、県に助言する重要な役割」があるというこの専門委員会。12人で構成される委員の5人が、2006...
Read More

マスコミは「専門家」の名前を公表しろ。 

”「専門家」の意見を取り入れて…”というのはよく政治家が表向き事の判断をするのに自分1人だけで決めるんじゃないもん、お墨付きだもんというポーズに使われるものだということは3.11後にほんとに嫌というほど聞いた事だ。この時の「専門家」ほど怪しいものはない。特に、何らかの影響があるとは思われるがどの物質がどのように作用するのか、因果関係の詳細がはっきりしないような、「新しい公害」とでもいうようなもの~例えば...
Read More

こげな地方自治ー北九州市 

前回の北九州市の記事の続き。国が税金を投じて繰り広げているがれき拡散処理キャンペーン。阪神の震災で出たがれきの処理が殆ど地元で終えたのに(一部は他の自治体で協力)…という観点で量を比較しているサイトもあるので、それはまた別に検索していただければと思うが一概に同じ性質のごみとして比較できない部分もあるとは思う。さて、自分はこのがれきの広域処理に、量の点からしてどうも不明瞭なものを感じていたが、先月、5...
Read More

どげな地方自治ー北九州市 

えータイトルの「どげな」とは「どんな」という北九州の方言です。で、逮捕者が出たというので東京でもニュースになった北九州市への、ガレキ焼却の実験について。はっきりいってバカだ北九州市。国からどんなおいしい話を言われたのかは知らんが。あんな、処理能力をサバ読んでた青二才の原発相の、なんで言いなりなわけ?これに至った理由付けとしては、確かたった1人を除いて他全員の市議が、受け入れに賛同したというのが大き...
Read More

ミントチョコ 

ミントチョコというと、チョコ生地の部分にミント香料を練り込んである、見た目単なるチョコレートのタイプと中に白くてざらざらした、強烈なミントの風味のクリームがサンドしてあるタイプのとに大きく分かれるような気がする。で、日本ではその強い風味であまり受入れられないのかなと思うのが、後者のタイプ。このタイプの、海外産のを食べたのはもうエラい昔、小学生の頃、オーストラリア土産。それも確か、機内食で出たものを...
Read More

一目瞭然の残酷さ 

とある週末にホームセンターの作業服コーナーの片隅にあったコレ。ズボンが並んでいたので、自分の股下寸法が分からない人のために用意されたんだろうが、明快かつ残酷なはかり棒。T字形の上の平行な柄の部分が股の下に来るかどうかでざっくりはかるってことなんだろうけど3~4センチ刻みというのが微妙にアバウトで(ズボンの規格がそうなんだろうけど)ここに色々な思惑が介在しそうだ。「73の棒は入らないけど、きっと72センチ...
Read More

バラでマダムなひととき 

少なくとも6年は前のこと。国分寺の高台になんとなく足をのばしてみたら坂を登りきったところに偶然見つけたカフェ。庭にはバラが沢山植えてあるようで、どれどれと店内をちょっとのぞいたら中にはマダムが沢山。店主なのか、カウンターのおじさんが「もうすぐ閉店時間ですのでご注文の方はお早めに」みたいな事を大声でのたまわっていた。重厚でもナチュラルでもない、こういっては何だがどちらかというと安い雰囲気さえ感じられ...
Read More