玉川上水沿いのジャングルからの徒然なひとりごと

梅のシロップ

2012-07-31 Tue 20:00

暑い夏だけ、漬かりの早い漬け物を作るという方も
多いと思うが、今年は久し振りに梅シロップを作ってみた。
夏場に梅干しや梅酒、シロップというのは
梅の持つ防腐作用やクエン酸での疲労回復という、
夏にぴったりの効用があるからといわれるが
そういう能書きはともかくおいしいのが一番だ。

SC_0053.jpg

梅干しを作りたいけど、焼却場が近い場所ゆえ
土用の天日梅干しなどあんまりやりたくない。

なにより、砂糖と青梅を投入しておけば
あとは放置プレイでいいというのが
面倒くさがりのくせに保存食好きな自分には
たまらない魅力だ。

SC_0054.jpg

で、今回使った量
梅(青い状態)2キロ
砂糖1.75キロ
酢200cc
焼酎(35度)少々

これは、実家の梅シロップを以前もってけもってけ言われて
持ち帰ったら家人がいたく気に入ったので、
そのレシピ(下記)に基づいている。
でも砂糖のあまりの量にめまいがして
微妙に減らした。ここが何かの別れ道かもと思ったのだが…

SC_0055.jpg
砂糖はすぐには溶けない量。じっくりと水気が出て来る。

ちなみに実家のレシピ
梅1.5キロ
砂糖1.5キロ
酢150cc
リカー少々

他の料理本を見ても、砂糖は減らさないほうが、材料の香りや味が
しっかり引き立つとあるので、今度は減らさないでおこうと思いマス。
砂糖は白いのよりも、きび砂糖がおすすめ。
(三温糖は焦がしてあるのでそれ以外)
リカーは、防腐の意味なので少々なんだけど
何もコレのために「果実酒用リカー」など買わなくても
家にある35度以上の蒸留酒なら、その効果があると思います。

6月上旬に漬けて、一ヶ月経つ頃に
一度梅を食べてみたが、食感は好みの
カリカリだけどまだ味は漬かってなくて、
梅の実の酸っぱい味が3割方残っていた。

それでもうちょっと待って、
7月の中旬にまずシロップを一部汲みだして
使い始め、梅はそれからまた10日ほど経って
試食してみた。

おいしいです〜

DC_0106.jpg
自家製ヨーグルトと梅。すっぱ。

梅をこうやって漬けても、それを消費しないうちに
翌年、翌々年になるというのはよくあるケース。
保存食だし別にもつのだが、
作ったものを食べきるには、使いやすい状態に
しておくというのが第一。

魚柄仁之助氏も書いていたが
「昆布はいくら高級なブランド品でも、使えるように
してないと意味が無い」

ずぼらな自分だが、これを読んで、以降昆布は
料理に使いやすいように、ダシとりにいいサイズ
というか瓶のサイズにあわせて手で折って、
瓶に入れておくようにしている。

0846~01
しわしわ梅も、時間がもっと経つと今度は膨らんで来る。

そんなわけで、この梅シロップも、
この漬け物容器ではいちいち階段の下から
持って来て…は面倒なので、
500ミリ入りの瓶に入れておくようにした。

この瓶は生協のリターナブル瓶だが、
軽くて丈夫で便利なのだ。

そして、最初に使った瓶が注ぐと「よぼう」ので
(しりびくというか…液が垂れちゃうことで…
どうも方言らしいです)
別のタイプの(これも生協の)に切り替えた。

0847~01
手前の小さい瓶がそれ。注ぎ口が付くとえらい違いだ。

いやーこれは便利ですわ。
垂れて瓶がべとべとしなくて済む。

毎朝、これに炭酸水やお湯その他を入れたり
ヨーグルトにかけたりと消費しております。

…と言いつつ、シンクの下には
いつのものか思い出せないほど古い
梅シロップが大きな瓶に入ったまま、
ホコリをかぶっているのだった。
あ〜これから使わねば…

スポンサーサイト

別窓 | 季節のいいもの | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

おまわりさんも目の保養

2012-07-30 Mon 20:36

昨日7/29に、恒例の毎週金曜の首相官邸前デモの
特別バージョンが行われた。

金曜は主催側がお休みにしていたが、別の団体主催で
規模はいつも程ではなくとも、デモ自体は金曜日にも行われたようだ。

6/29の首相官邸前には参加したが、この時は相当な人出で、
官邸前のバリケードが人の圧力で壊れそうになり
最終的には車道にも人が溢れた。

そんな、参加者が増える一方のデモに、
「大きなだね」
と他人事のように言ったドジョウが
少しだけ恐怖を感じたのか、何故かその後、
近所の歩道の工事が始まり、それにかこつけるようにして
官邸前には柵が置かれ、警察が強力に布陣されて、
前より人が遠ざけられる形になった。お笑いだ。

その分、細長く歩道に人が溢れていくから、
実際には沢山の人がいても、面積ではなく長い線にならざるを得ない。
だから、報道写真の一部を見れば、そんなに人いないじゃないか
主催者は盛りやがって、と思う人もいるだろうが
実際にはとんでもない数の人がいる。

SC_0153.jpg
永田町駅を出て官邸方面に行くこの道は、ここから向かいの議事堂裏側へは
横断できないように規制され、そのうえ官邸より手前で規制されてそれ以上先へは
行けないようになっている。


最近は、首相官邸デモのネットニュースに対して
悪意をもっているとしか思えないような書きこみが
多くなった気がするが、どう見ても参加していれば
そんな事は書けない内容が多いし、テンプレ内容なので、
完全スルーしたほうがいい。

「どうせデモから帰って冷房ガンガンだろ、お前ら節電しろよ」
とか、「電車のってデモに行くのにも電気いりますね」
「デモは経済に関係無いニート、女子供、老人の戯言」など
参加者が節電していないと決めつけてる内容や
あまりにもトンチンカンな論調に、最近かなり
ネタが著しく絞られて来ているのを感じる。
飽きるどころか参加者が多いのに、焦って来ている人達が
いるんじゃないのかなどーでもいいが。

それはおいといて、永田町駅前にいると、面白い人に出くわした。

SC_0155.jpg

SC_0156.jpg
いあわせたおじさんが笑ってます。

こういう機会だから、パフォーマーにとっては
ある意味チャンスでもあるが、
暑い中、足蒸れ必至のブーツ履いて警備にあたっているおまわりさんにも
この人達は嬉しかったに違いない。
正面から最初見た時、とうとう日本もウクライナみたいに
裸デモをするようになったのかと…

SC_0154.jpg
右のおまわりさん、ガン見してます。


この人達、不思議なパン持ってる…どういう人達?と写真撮ったら
お姉さんがカードくれたので検索しました。ご興味ある方はこちらを。→クリック
個人的には、こういうのアリだと思う。
むしろ男性バージョンも歓迎だったりするんですが。
高齢者じゃない方々でぜひひとつお願いします。
あと、ゲイの人達は感性が女性に近いから、原発なんて嫌よという
人もいるだろうし、そんな人達のアピールもあってもいいと思う。
要するに何かの旗出したがる団体より、こういういろんな層が
今後も参加してくるんだろうなと。


今回は、仕事で都心に用があった家人が車を出したので、
それに乗って、周囲を回った。

こんな感じで、手書き文字を貼った思いきりアナログな手法。

SC_0157.jpg

テクノといえば知らない人はいないドイツの「クラフトワーク」
が最近来日し、「放射能」という過去の曲を演奏したのだが、
その時のイベントで使われていた言葉をサイドのウィンドウと
フロントに。

SC_0164.jpg

英語なので回ってると外国人の参加者が認識しやすいようで
歩道から手を振ってくれる。
いやもちろん、日本人の方々も。
もともとここの道路はそんなに混まないが、日曜で更に空いていて、
何周もするはめになったが、他にも車体に各人考えた言葉を貼った車や
バイクや自転車の人達もいた。

狭い歩道から動けない参加者にとっては、
自転車やバイク、車で賛同する人が目の前に来る事は、
視界にも変化があって気分転換にもなるのだろう。
ライトを振りながら通ると、怖い程の反応が返って来る。

すごいと思ったのは、タクシーに乗って
プラカードを出していた人がいたこと。
個人タクシーでも無さそうなんで…
あくまで運転手さんはお客として乗せているんだろうけど。

SC_0161.jpg
信号で隣に来た広告の車にもアピールしてた。


車で回ると、やはり首相官邸前は広い範囲で周辺歩道への立ち入りが禁止され、
そこをきれいに空けた状態で、参加者が周辺の歩道に群がっている。

一番人の密集具合が強かったのは、国会議事堂の正門前周辺なのだが、
そこはあまりに人出がすごいので車は規制されていた。

だから、そこだけでもどのくらいの人達がいたのか
ちょっと見当がつかない。
ライトを助手席から振っていたので写真を取るヒマが殆ど無かったのだが
どれだけ沢山の人がいたのかは、youtubeやIWJのユーストを
見ていただければ分かると思う。

近所の立川の花火大会だって、主催者側の発表では公園内で33万人
周辺道路を含めると約70万人も来ているという。(え??そんなに?)
同じ日に毎年隅田川の花火大会があって、そっちは警察発表で
90万人というが。

立川も年々混んで来たなあとは思ってたけどそんなにいるのかなホントに。
でも、昨日のデモの参加者は、自分の感覚では、立川の花火を公園の外側から
見ている人達に近いくらいいたように感じた。
今迄何度も立川花火大会は見に行ってるけど。
主催者発表は多少サバ読んでいると考えても、
少なくとも、10万くらいはいたと思う。
車で回ったから、全体を見れてそう感じたし、
入れなかった議事堂周辺にすんごい人だかりだった事を思えば。

SC_0159.jpg
こんなふうに、ときどきジャバラで規制されます。(様子を見て、開けてくれる)

首相官邸デモの人数が万を超えた頃から、
「主催者発表」と「警察発表」に大きく開きが
出るようになった。

別に主催者の肩を持つ訳じゃないし、花火大会にしても
主催者側は盛っているのかもしれない。
でも、主催者側が「15万人」と言ったデモで
警察は「混乱を招くから」というよく分からない理由で
いつものようにはすぐに人数を発表せず、そのあとこっそり
「1万7千人」と言っていた。

確かそれが6/29のデモだったが、そのあたりから、
警察発表との差がすごくなってきたと感じる。

数倍の差なら、まだ分かる。
でも10倍というのはどうなのか?

だったら、警察の車両、人員、どう見てもむしろ増えてるんだけど
それはどう説明するのだろう。
官邸前をあれだけ広く立ち入り禁止にしてるのは
何故なのだろう。
少ない抗議者なら、そんな声は首相も気にもならないだろうから、
バリケードなぞ取ればいいと思うのだが。

SC_0160.jpg
みなさん、周回してました。この車とは別に、リアウィンドウにかわいい書き文字と魚のイラストを
貼ってる軽自動車がいて、なんとなく若い女性だろうかと思ったら
おじさんがお一人でした。意外だ…


歩道にいるしかない参加者は、混雑する道路をそんなにあちこち
広くは移動できない。
だから、自分がいる場所の周辺しかわからない。
でも、車で周辺を回ってみると、どれだけ沢山の人が
いるのか、ほんとに実感できた。

今回も、警察は「15000人」と言っているらしい。(JNN)
主催者は20万人。

まあ数はもうこうなるとどうでもいいのだホントの所。
人数云々もだけど、自発的に、とにかく表明しなきゃ、と
それまでデモ参加など考えられもしなかった層が
動いているのは、まぎれもない事実。

そこまでして狭い歩道に参加者を閉じ込めようとするから、
昨日はバリケード決壊を起こしてたのを車で回っている時に実際見たし
あれはホントに危ないと思う。
ヘルメットをかぶった警察の人がすごい形相で柵を押さえてたけど、
デモ参加者にはヘルメットなど無いのだ。

1841~01
まだ明るいうちで、混雑は緩かった時間帯。

毎週毎週暑い中うるさいオヤジや勝手のよくわからん人達の相手で
ほとほとお疲れだろうし、むしろ現場のおまわりさんには同情している。
車道規制について聞いたらすごく丁寧に説明してくれたし
職務には忠実にならないといけないのだから仕方無い。
彼等の中にも「ノダがアホだから…」と内心思っている人達だって
いるだろう。
でも、今のような、細い歩道に規制して参加者を封じ込めるのは、
却って危ない。

警察は規制のあり方を改善してほしいし、
そして参加者も、デモを続けて行けるように
ヒステリックないちゃもんは、控えたほうがいい。

永田町の駅前の交差点にいると、5分〜10分に一度の頻度で
おまわりさんに「なんであっちに渡れないんだ!」
「理由を言え理由を!」と最初から湯沸かし器に
なっている団塊の世代っぽいおじさまがいた。
面白い程、こういう事を言う人は、男性で、世代的にも
初老の人と決まっていた。

前はこういう人は見かけなかったので
道路規制が始まって、はらただしく思う人達が
増えたのは理解出来る。

暑いから言わずにはおけない気持ちは分かるけど…
現場の困り顔のおまわりさんに言ってもなんか違うかも。
平和的に、でも確実に、声を伝えていきましょー。



別窓 | 原発はこの先いらんと思う。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

死人が出なきゃいいのか

2012-07-27 Fri 20:09

(今回の記事は、痛々しい画像を載せているので
苦手な方はご注意下さい。)

フクイチで、汚染水が靴の中に入り被曝した
作業員の方がいた、というのは昨年の話。
ニュースで取り上げられたしご記憶の方も多いと思うが
その後この方がどうなったのか、続報が正式に
マスコミに取り上げられることが無いまま
(TV見て無いからよく分からんけど少なくとも大手マスコミでは
言っていないと思う…)

今に至っている。

最悪のケースになったのでは、とか
この方以外にも実は沢山被曝していて、
ひそかに北海道に送られているとか
怪しい情報もわく中で、もう現場に復帰している
という情報もあったりで、よくわからない。

無事現場復帰されているのなら、それは何よりなんだが
被曝をしたという事実は事実。

あの時搬送された作業員の方の、汚染水に浸かった足の
表面は、500ミリシーベルトだったと医療関係者が
明らかにしていた。
その医療関係者の認識では熱傷で「発赤」するのは
3000ミリシーベルトからだということだったので
問題無いと言いたいような結びになっていた。
そして報道でも、軽い熱傷という扱いだったように記憶している。

しかし、その後次々に明らかになってきた
偏った報道の仕方、それ以前の国の対応
(もちろん電力会社も)、情報の出し方には
いい加減不信感MAXで、もはや不信を通り越して
国民の意見スルーなのにどうしようもないやるせなさを
感じるこの頃、もともと原発作業員の過酷な労働実態と
そこに絡む闇勢力みたいな話を想像すれば、
ホントの事なんてそうそういわないだろう。



この動画は、ドイツの報道番組を紹介している。
WDRは、ウィキによるとケルンに本部のある「西ドイツ放送」
のことらしい。
youtubeにアップされたのが今年の4/30になっているが
本国での放送がいつだったのか。

youtubeでは3つに分けてアップされているので
お時間ある時にじっくり見ていただきたいが、
このPart1でびっくりしたのが
8:14あたりからはじまる、汚染水で被曝した作業員の方の
足と思われる映像。
正直これだけを載せるのはどうかとは思うが、
youtube動画が削除される事を考え書き出しておきます。

foot.jpg

これで軽度のヤケド??


私にはケロイドに見えるんですが…。
それとも医療関係者の方にはこれは軽度ということなのかなよく分からん…

この映像が、間違い無く作業員の方のものならば…
この方の症状が軽く、快方に向かう事を祈るのは
当然の感情だ。
しかし、動画の冒頭進行役が語っているように
なにせカメラが自由に入れない、規制と検閲だらけの
状況だったわけで、当時日本のメディアでは、
この方がこんなヤケドだったという写真は、
どこにも出ていなかったように思う。

前述の医療関係者の方の「3000ミリシーベルトから発赤」
というなら、この状態で500ミリシーベルトというのは
なんか矛盾していないか。

いったい、何がホントなのだか…

SC_0417.jpg
クサギの花。気の毒な名前だけど花はいい香り。

原発を肯定する人達でも決して答えられない問題がある。
それは通常稼働でも毎日出続ける「核のごみ」を
いったいどうしていくのか、という問題と、
同様に通常稼働で被曝している作業員の方々の
健康をどうやって守るのか、ということだ。
解決できないから問題棚上げで、
「まあそういうのは無しと考えて」という
対応にしか見えない。

通常時でそうだから、非常時で何かできるわけがない。

原発を減らして欲しい、無くして欲しいと願う人達に
推進派が言う決まり文句に「(危険というのは)科学的根拠が薄い」
「福島でも人が直接死んでいない」
というのがあるが、
この動画にもあるように、「根拠の無い『希望的観測』」は最も無責任」
だという事は、日本だろうとどこだろうと、原発を持つ国には
常につきまとう問題だという事を、忘れてはいけない。

何かの事故があった時に
その元となる物質(水力なら水、火力なら火)が
自然の力でおさまるものなのかどうか。
人間が制御できても、自然が分解できないものなら
地球的規模での危険性が伴うものなら、
それは使うべきではない。

今迄日本は技術でやりとげてきた、何度も再生できる、
ということなら、何も原子力にこだわる必要は無い。
電力を生み出すひとつの手段に
多大なリスクがある事を知り、リスク回避のために
それを止めるという判断も、
賢い人間がやる事だ。

S_0025.jpg
かわいい〜クロウリハムシ 害虫だろうとかわいいもんはかわいい

おそらく、今後中国は原発建設を進めて行くだろう。
そしてアフリカ諸国もそうだろう。
民族間の紛争や政争が耐えない地域では、
なにが起こっても、おかしくない。
そして事故の規模は日本以上になる可能性が高いだろうし
隠蔽度合いももの凄いものがあるだろう。

それを予想し、日本のような狭い地震列島では
せめて自滅しないようにして行く方に、
舵を切って欲しい。
それが、他の国への先例と、なる筈だ。

別窓 | 原発はこの先いらんと思う。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

タミさんのパン焼きでブルーベリー三昧

2012-07-26 Thu 20:00

今年もまた、ブルーベリーの季節が来た。

多摩地域の小平市は、ブルーベリーの産地の歴史があり
ぶるべという名のイメージキャラなんぞを作っているわけだが
近所の武蔵村山市や立川市にも、今の季節は
青いネットがあちこちに張られた「摘み取り」農園があるし
日野市では新撰組での町おこしの特産物のひとつとして
ブルーベリーエールを売り出していた筈。

今検索したら、ぶるべはムサビの学生がデザインしてたのか…うぬぅ。
プロフィールに「友達は日本一丸ポスト」とあって
悪いがイラッとした。なぜだか。
ぶるべのプロフィール(小平市サイト)←クリック
三市共同資源化事業で今ある焼却炉のすぐ近くに共同資源化施設を
造るのを強引に進めようとしてる一方での、こういうイメージ戦略は
なんか余計に腹が立つ。

話がそれたけど、そんな、ここいらでは入手しやすい生ブルーベリーだが
ベリー類はただでさえセシウムを取り込みやすいという話、
そして実際ブルーベリーから今年も検出されているとあれば
まだまだ、進んで買おうとは思えないのだった。

…と思っていたら実家から庭のブルーベリーが届いた。
ありがたやもったいなや。

0932~01

早速、小分けして冷凍庫に。
そして微妙に柔らかくなってるのは
到着日の夜にすぐデザートとしていただく。

残りは、久し振りに「電気ではないパン焼き器」
でのパンに入れることにした。

もう5年とかあるいはもっと前に買ったような気がする
鉄の重たいパン焼き器。
その名も「タミさんのパン焼き器」。
女性向けの通販雑誌でも紹介されてたから
お持ちの方もいるかと思う。

何度か使って、焦げを洗うのに疲れて
ここ数年お蔵入りしていたもの。
しかし昨年の停電以来、直火での調理器具というのを
再度見直した。もっとも我が家はガスコンロなのだが。

1024~01

この鍋のポイントは…
お店で売っているような、ああいうパンを
想像してはいけないということだ。
パンというより感覚的にはケーキあるいは蒸しパン
家庭で、お母さんが作ったずっしり感のある
ケーキのようなパンのような。
そんなものが出来上がる。
いや、場数を踏めばそれはふっくらとした、
ドコから見ても売り物のようなパンが出来るのかもしれないが
自分にはムリ。

これはこれで、お腹に溜まる素朴ケーキができると考えればよし。

今回はさらにお手軽に、ホットケーキミックスで作った。

ホットケーキミックス200gに牛乳を入れて、さっくり混ぜて
そこに生のブルーベリーを一部入れる。
卵があれば入れた方が風味も、さっくり感も出ると思うんだけど
今回は無かったから牛乳だけ。
卵入れるなら牛乳は100ccくらいでいいのだろうが
適当に入れた。多分150から200くらい入れたと思う。

それを、コンロで軽く温めて
バターをまんべんなく塗ったこの鍋に流し込み
残りのブルーベリーを生地の上からぽとぽと加えて
フタをして超とろ火で40分。

1023~01

熱効率を考えてドーナツ型になっているので、
フタをしない状態でうっかり手をかざすとヤケドしますよ〜注意


1140~01
ちょっと焼が甘いかな…で5分ほど追加。

厚手の鉄鍋で余熱がきくので、焼き過ぎないように
焼く時間は少し早めの段階で様子を見た方がいいと思う。
楊枝などをさして、べたべたがくっつかなければ火を止める。

1141~01
逆さまにするとこんな状態。

今回はホットケーキミックスだったためか、
バターの分量がよかったのか
あるいは鍋が慣れて来たのか
まったく焦げ付かずに、取手を持って揺すると
すぐにぽとんと鍋から取れた。バンザーイ

逆さまにしてフタの上にコレをとり、放置プレイで冷ます。

1143~01

ホットケーキミックスで作ると、さらに蒸しパン感が増す気がする。
しっとりむっちり。
暑いから、明日の朝食用に切ってラップで包んで冷蔵庫へ、
残りは切って冷凍庫へ。

1300~01

ブルーベリーはベリー類の宿命でいたみが早いから
旬に少し生が出回るくらいだが
香りや強い酸味が引き立つのは、生食よりも
熱を加えたものだと個人的には思うから毎度書いてる。
パンと食べる時も、パンを焼いた状態に挟んだ方が
どちらも生よりも、はるかに香りがいいのでお試しを。

焼き上がったこの蒸しパンみたいなケーキみたいなものだけど
軽くレンジで温めた状態ももちろん、
冷たい状態で、ヨーグルトをそえて食べるとこれまた
朝から30度近くあるような真夏日の朝食には、
ひときわ、美味しいのでおすすめです。

0739~01
なんか思わずゴーカになった。

別窓 | 季節のいいもの | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

白玉自体に罪は無い

2012-07-25 Wed 20:01

栃木で、保育園のおやつの白玉だんごを喉に詰まらせた
2才の女の子が重体になっているというニュースが
出ていた。

この白玉は、同じ業者の製品で
やはり同じ栃木の小学校で出されたものが
2年前に当時一年生の男子が詰まらせて、
なんと今でも意識不明の重体なのだという。

コンニャクゼリー騒動で、アレがダメなら
毎年老人が死ぬモチはどうなのだと思っていたが
その前に白玉のケースが取り上げられるとは思わなかった。

この白玉だんごの業者は全国に給食用に出荷していて、
栃木では20年前から仕入れているというが
子供が喉に詰まらせるという報告はこの栃木の2例らしい。

大人であっても、ねっとりした食品は何かの拍子に
喉に詰まりそうになったり、うっかりひゅっと入って
むせたりすることもあるのだから、
嚥下作用が衰えたお年寄りや、奥歯が生え揃っていない
子供は要注意だろうと思う。

a002_002327.jpg
今回は、フリー写真サイトのを拝借しました。

これはコンニャクゼリーやモチや白玉に限ったことではなく
そういう食品は他にも沢山あるし、
必ずしも粘着力のある食べ物ばかりが事故の元でも無いようだ。
消費者庁によると子供が食べ物を喉に詰まらせて
亡くなる事故は毎年20〜30件。
一昨年はソーセージを挟んだパンを詰まらせて都内で
男児が死亡と聞くと、食材そのものの性質以外にも、
原因があるのだろう。

とはいえ、危険度がある食材は存在するのだし、
いくら親が先生がと言っても、
常に見張っているわけにもいかないのだから
やはり子供や老人への対応は、何かしらあっていい気がする。
「自己責任」というのは酷だ。

医師によるとミニトマトやブドウのような、
丸くてひとくちサイズのものは
特に子供にはそういう危険性があるという話なので、
危険性があるという事は情報として共有することには賛成だ。

児童への給食に使うのなら、だんごのサイズを小さくするとか
(それが効果的ならばだけど)
「たった2件だから」ということではなく何らかの対策が
あったほうがいい気がする。大人が自分の責任でだんご買うのと
一方的に出される給食とではちと意味合いも違うし。

800_001092.jpg
あっコレ、白玉入ってない!許せん!

でもそれがおしなべての「白玉禁止」という事に
ならなきゃいいが。

このニュースへのツイートを見ていると、
「白玉は無罪だ」「頼む、白玉が無いかき氷は水の無いプールだ」
という大人達の悲鳴にも似た声が沢山あった。

子供の頃、盆の入りと終わりには2種類の白玉を作っていた。
柔らかさを自分で調節できるし、変な形のを作ったり、
浮かんで来るのをすくう作業が楽しい。
だから白玉は家で作るものであって買うものではなく、
店で売ってた、切るだけになってるチューブの白玉、
あれを一度買ったら固くて楽しくない食感だった。

食べ物は、味もだが食感も大事なのは
特に大人が感じていることだろう。
白玉はあのモチともまた違う食感がいいのであって
個人的にも白玉への愛を語り出したらキリが無い。

そんな白玉の楽しみを大人になって好きなだけ味わうためにも、
小さい子供への給食に使う白玉は、
リスクが少なくあって欲しいと思った。
親にしてみれば、他の大部分の子供が大丈夫な食べ物だからこそ
なぜ、という無念な気持ちが、晴れる筈もないのだから。


別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

パブコメを書く前に。

2012-07-19 Thu 20:30

ある意味どっかからの刺客ではないのか
と思える程電力関係者が推進論を述べるなど
よく分からん場になっている「国民の意見を聴く」
意見聴取会。

慌てて「電力会社社員はダメ」と言い出したようだが、
今度は橋下市長が公平性から「それはどうか」と意見している。
これは、ごもっともなんだけど、
原発を事業として展開し、利益を受けている業者が
参加するのは、おかしいのではないかと思う。
そういう人達の意見は、会社の意見と違わないから
会社の宣伝でも聞ける。
おなじ推進でも、電力会社関係以外の、一般人から
募集したほうがいいのは当然の話。
申し訳ないけれど、橋下氏の動向には、
どうもいろんな思惑が感じられすぎる。


さて聴取会とは別に、遠いところに出かけて行かなくても
サイトへの入力やFAX、あるいは郵送で誰でも意見が言えるのが
パブリックコメント。略してパブコメ。

以前、福島からの廃棄物を県外へ持ち出すことについての
パブコメが、だいたい1ヶ月くらいが多い締切りなのに
2週間という早さで締め切られるという情報があって、
慌てて書いた記憶がある。

このパブコメが、果たしてどのように検討され
吸い上げられるのか、問題はそこであって、
いくら沢山頑張って意見が出ても、無視されたり、
いいように解釈されるのではないかというのが、
怖い。

そういう事を平気でやっちゃいそうだから今の政府。

今回のパブコメもはじめ7/2から今月末の締切りを
8/12迄にのばしたらしい。

サイト運営に慣れている人でも、入力先がなんかややこしいページ
だったらしいので、プリントアウトして
FAXや郵送、のほうがあるいは手間ではないのかもしれない。

7~01
玉川上水が涼しく感じる季節。橋の下に白鷺一羽。

個人的には…
なんでゼロの次が15%なのか。
人間の性質からして、極端な意見を選ばずに真ん中を選ぶ傾向が
あるのは、3択の場合特に言われている事だ。
ここらへんにも、まず異論がある。

国が脱原発という方針を言うならば
それをホゴにせず、高い目標を持って、
それへどうやったら実現に近づけるのかを
検討して欲しいと思う。

そうでないと、数十年癒着してきた有象無象、
きっといつまで経っても
原発は減らないし、抜け道が作られるに決まっている。

2030年に15%というと減っているようだが、
では2040年、2050年もずっと15%と言いたいのではないのか?
あるいは、2040年に逆に20%に増えていないか?
とか、そういう部分まで警戒して、
先回りして念押ししたほうがいいのではないかと思う。

いつのまにか炉の耐用年数40年に抜け道を追加したり、
安全保障に資するとか妙な事を付け加える
姑息なやり方をとる国なので。

「エネルギー環境会議 パブコメ」と検索すれば
国家戦略室の中から、パブコメのボタンがあって
そこをクリックすれば、PDFが見られます。

いろいろ調べれば、他の人の例も参考にできるとは思うけど
将来の自分達、孫や子の暮らしに直結する事だから
じっくり考えて、国にいいように解釈されずに済むように
自分の言葉で、書いてみましょー。

別窓 | 原発はこの先いらんと思う。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

やらせにしてもお粗末すぎる

2012-07-18 Wed 20:00

将来の原発比率を国民に問う、「エネルギー・環境会議」
による意見聴取会。
これも、日程の決め方から選択肢が始めから3つしか無い、
意見交換の時間もなく言いっ放し、などいろいろ事前から
不評だったわけだが、フタを開けて見ると、
やっぱり「やらせか」とブーイングの嵐。
ニュースでみなさんご存知かとは思いますが。

初回はさいたま市で、8/4までに他の都市で順次行われるわけだが
ニュースでも騒がれたように、さいたまの次の会場だった仙台で
「抽選で選ばれた」9人のうち2人が東北電力役員と、
原発推進団体幹部(そしてこの方、元東北電力執行役員待遇…)
だった。

当然、この2人は「安定供給」を理由に原発必要論を展開。
しかも東北電の役員は、
「会社の考え方をまとめて話したい」
と切り出したというから、これはもはや国民の個人の意見を言う場では無い。

被災者の方々がいる仙台という場所でコレだから、
他でももめるだろーなーと思っていたら、
案の定次の名古屋でも、
9人のうち今度は中部電力の課長が推進発言。

しかもこの方、「個人的な意見」としながら、
維持どころか「30%案、45%案があれば選択していた」
(フクイチの事故では)「放射能の直接的な影響で亡くなった人は
1人もいない」

と、批判を覚悟のかなりの思い切った発言内容。

考えようによっては、所属を明らかにせず実は電力関係なのを
隠して「推進」と言うよりも正直なんだけど…

C_0115.jpg

でも、この「今回の原発事故で、放射能の直接的な影響で
亡くなった人は1人もいない」
というのを理由にして、「だからこのくらいでへこたれずに
技術を向上させなくては」「止める訳にはいかない」
という理論は、ネットで脱原発への批判意見によく見かけるものだ。

あまりにも幼稚で破綻している理由だ。

この理論でいけば、こんな事は起きては欲しくないが、
例えば異常妊娠の率があがろうと、
子供が甲状腺がんになって手術を受けようと、死にさえしなければ
「直接的な影響で死んだ人はいない」というのが
あてはまる。そんなバカな話はない。

安倍晋三も、そこまでエグくはないけど結局落としどころとしては
同様の事を今も言っているし、御大中曽根康弘だって
昨年の時点で「雄々しく立ち向かっていかねば」
とか人任せな事言ってましたわ。

この、「放射能の直接的な影響で死んだ人はいない」
というのは、そもそも電力会社社員が言っていい言葉じゃないだろう。
一番、言ってはいけない話ではないのか。
よろしくない添加物入ったり異物混入した食品が明らかになって、
「直接的な影響で死んだ人はいない」なんて食品会社が言ったら
ヘタしたら潰れるレベルの話だ。

じゃあ、誰かが放射能で直接死なないと、止めないのかという話だ。
放射能で直接死ぬレベルって、とんでもない量の
放射線がそこから漏れ出てる状況に人間が近づく事を意味してるわけで。

チェルノブイリのように炉が爆発したケースや
JCOのようにいきなりロクな設備もないところに
臨界が始まってしまったケースとは福島は違う。

でも、いまだに人が近づけない場所があり、数分で死ねる量の
放射線が出ているというニュースがあったのは
つい数ヶ月前ではなかったか?
「原発さえなければ」と自殺した被災地の人への
配慮が、ここにはかけらも無い。

事故が起きていない頃なら、この理論で騙される人もいたかもしれないが
もう実際にコトが起きてしまったのに、そして
火が水で消せるように、自然界の摂理でなんとかなるものでは無い事が
明らかになっているのに、それでもまだこんな事が平気で言える。
こういう人達が、電力会社の上の人達だという事を
よりいっそう明らかにしてくれたのは、意見聴取会の
おかげだとは思うけど。

こんな人達が、何か起きると制御できない原発を動かしている。
そして、組織というのは簡単にその体質を変えられない。
それを思い、今後を考えないといけない。
少なくとも、こういう人達と心中したいと思う人は今や
少数派なんじゃないのかな

SC_0084.jpg

新聞記事によると、仙台での聴取会は175人の参加応募から
抽選で130人を選び、その中で93人が意見表明を希望。
その内訳は2030年時点での原発比率
①0%案:66人
②15%案:14人 
③20〜25%案:13人。

この時点でこれだけの差がある中で、それぞれの案に
各3人と決まっているから、そりゃおかしなことになる。
0%支持がすべて宮城の人だったらしいが
他の案は東北電力関係者2名、東京都の会社員2名、
神奈川の会社員1名と、仙台での会なのになんかアレレな
構成要員。

これに対して細野原発事故担当相の発言
「抽選で選ぶので仕方無い
福島で開催する時は、一般の県民の声が聞けるように
選び方を考えたい」

おいお〜い、福島だけですかい?
だいたい、この聴取会、日程の詳細が決まって無いのに
募集が直前になってからで、順序が違う。
それも8月に結果を出したいと言う
あまりにも拙速な国の方針が第一だから。
これひとつとっても、その場しのぎ感がある。

この聴取会が、危惧されているように「一応聞きました」
のアリバイなら、官邸前のデモはもっと膨れ上がるから、
首相と、その周りのエラい人達は覚悟したほうがいいと思う。
いつまでも、本当に、いつまでも
お手当出してる側を、ナメるんじゃない!

別窓 | 原発はこの先いらんと思う。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

かたどられた食べ物

2012-07-14 Sat 20:07

以前は何とも思っていなかった
「カワイイといわれるもの」がある日
かわいく思える時というのがあるようで、
これはある意味老化なのかもしれないが
何かをかたどった食べ物にこのところ弱い。

昔からあるカニとかカメさんとかのパンは
全くひかれないが、
なぜこれを、と言いたくなるような
デザインだったり、朝食のパンには
笑顔が書いてあるようなものをつい買ってしまう。

前に紹介したこのミニ饅頭は自分にしては珍しく、
完成度の高い万人受けするかわいいものを
つい買ってしまった例だが
DC_0124.jpg
パンのアンデルセンでみかけたこのクッキーも
「アンデルセン童話に出て来る動物」とかそういう
能書きはどうでもよく、正面顔のパンチの強さに
圧倒されてつい買ってしまった。
DC_0080.jpg
多分「みにくいアヒルの子」
SC_0081.jpg
んでこっちは「親指姫」のいけすかない育ての親のカエルらしい。
笑顔じゃないのがポイント高し。


「キャラ弁」人気で普通にキャラクターの海苔が
売られているのだから、どこにでもかわいいもの
あるいは萌えとでもいうようなものを求めてしまうのが
今の文化なのかもしれない。

でも個人的には「ちょっと失敗したね」
と言いたくなるような、おかしな顔だったりするものに
手が伸びる。

家人の誕生日には、これもすっかりいいトシなのに
スヌーピーが好きだというから近くのケーキ屋に
耳の端を赤くしながらプリントアウトしたスヌーピーのイラストを
持って行って、ケーキを注文したが

SC_0073.jpg

なぜにウッドストックが緑なのか。
「緑のほうが作りやすかったんじゃないの」
「いやいやいや、黄色のほうが材料選択肢多いから。
カスタードクリーム黄色いし、ジャムにしたってさあ」

それなりの金額で、すごく再現性の高い
立体のキャラケーキ制作を請け負うお菓子屋もあるが
そういう所とは違う、このひとつ何かが違う的な
部分が、面白いんだと思う。

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

高幡不動のあじさい

2012-07-13 Fri 20:46

三鷹の国立天文台に行ったいつものメンバーで
先月25日に高幡不動にあじさいを見に行った。

SC_0092.jpg
うちの近所のみごとな濃い青の。いつも盛りの時期に
一つまたひとつと切られるのがハラハラする。早めの剪定がコツとはいえ…


あじさいは花期が比較的長いとはいえ、
花の色がどんどん変わって行くから、
これはこれでどのタイミングで見に行くのがいいのか
高幡不動のサイトを見ながら日程を決める。

SC_0098.jpg
これも近所の。日陰なので長持ちする。
このやさしいパウダーブルーがすごく好き。


そこらへんに咲いている花でも、
見所といわれる場所にわざわざ見に行くのなら
ベストタイミングで行きたいと思うのが
貧乏性のなせるわざ。

SC_0117.jpg
見ると涼しくなる清冽な白花アジサイ

高畑不動は丘陵地なので、
薄暗い山の中に、自生しているヤマアジサイなどと
改良品種のアジサイが混在している。
だから、大きく派手な「アナベル」がどかんと
まとまって植えてある公園などとは違う。
青系のアジサイのボリュームで目が覚めるような
鎌倉の明月院とも違う。(行った事無いけど)

SC_0118.jpg

SC_0121.jpg
同じ白花でも、これは中央の花が青い。さっきのも時間が経てばこうなるのかな?

ここはお寺であって山の中には札所もあり、
その札所巡りをすると自動的に
アジサイを堪能できるようになっている。
文字通り、「山にあるお墓にお参りに行ったら
そこの山に沢山アジサイが生えてた、得したなー」
という感じなのだ。

SC_0131.jpg
札所八十八箇所にそれぞれお地蔵さん。微妙にお顔が違います。

SC_0133.jpg

札所のお地蔵さんのお顔が皆違って、作り手によるものなのか
普請者に似せてるのかいろんな傾向があって
「この人○○に似てる」「イケメン」など
勝手に批評しながらアジサイの下をくぐって行く。

C_0131.jpg
先の十二番。自民党の石破氏似。

C_0133.jpg
十七番くらいだったと思うけど…この札所の中ではイケメン確定。

アジサイが沢山生えていても
山の中にポツポツと生えているせいか、
7500株もあってもひと目で「すっごいボリューム!」
という感じではない。

SC_0136.jpg
お地蔵さんの場所はなんだかアジサイがこんもりしてます

地味と言えば地味、でもうまい具合に
しっとりと山にとけ込んでいて、
そんな中に自生してるヤマアジサイを見ると
妙に安心できる。

SC_0119.jpg
シブい色。

自分のペースでゆっくり見て回れて
人混みを見に行った、という訳ではないのが
結果的によかった。

SC_0125.jpg
簪細工のような。

平日というのもあるんだろうけど。
もっとも梅雨のさなか、山の中に札所めぐりついでにアジサイを
というのはどっちかというと若いファミリーより
ジジババだろうから、平日も何もない気もする。

SC_0127.jpg
ガク咲きの、中央にある両性花のつぼみの色がかわいい。

場所柄、雨上がりの時に山道が滑りやすいので
足腰に不安のあるお年寄りは充分気を付けてほしいが
駅からすぐだし、新撰組ファンの方にはモノレールで
立川方面にちょっと行けば鬼の副長ゆかりの場所が
点在しているので、そういう方面の探索もアリだ。

SC_0128.jpg
線香花火みたいですな

この前は深大寺、今回は高幡不動だった訳だが
高幡不動の貼り紙に、「縁結びラリー」というのを見つけた。
京王線が、沿線の三古刹をめぐるイベントをひそかに
展開しているらしい。→京王沿線・三古刹めぐり

SC_0137.jpg

SC_0138.jpg
上2つは確か微妙に違う品種名だったが、白花から赤系に
変わって行くのは同じようだ。あじさいの種類と奥深さすごい。


三古刹って…なんという偶然!
すでにそのうちの2つを回ってしまった。

SC_0139.jpg
札所全て回って五重塔の所に下りて来たら、普通にそこが
一番花のボリュームがあった。


SC_0141.jpg
上の写真の左側から入るとこんな風にあじさいの中に道。

では次は高尾山に行くしかあるまい…
というか、今回も実は高尾山が
行き先の候補に入っていたのだった。

これはやはり行かねば。
夏山なのか、秋にしっとりなのか。
でも、肝心のスタンプ、集め損なってます…

SC_0142.jpg
よくあるブルーだけど好きな色。

ラスト、五重塔付近にあったガクあじさいだけでも
こんないろんな色があった。
もともと、ガクアジサイをルーツとする日本原産の「手まり咲き」の
「ホンアジサイ」が中国を経てイギリスで改良されて、
派手な西洋アジサイになって逆輸入…という話らしいが
ガクアジサイだって色変わりするしホンアジサイも変異で生まれた
と考えれば、色も姿も同じ株で変化したり、いつの間にか
先祖帰りするのも頷ける。

山に自生しているヤマアジサイや、近似種のものを見ると
小さめの白花が多いから、原種は白だったのが、
色素が生まれて変化するようになったのかなー
とも思うんだけど。
よく聞く土壌のpH以外にも、色素の決定因子があるようで
…アジサイは本当に、変化が多くてよめません。

SC_0143.jpg

SC_0146.jpg

SC_0147.jpg

SC_0148.jpg

SC_0144.jpg

別窓 | 季節のいいもの | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ちょっとすりおろしたい時に

2012-07-07 Sat 20:37

メニューではなく、お料理の道具の話。

生姜が身体を温めると
ここ数年ブームになってるが
冬だけでなく夏も、食欲増進と発汗促進という意味でも
そして食味にピリッとしたものが欲しい時期なので
生姜を使う事が増える。

我が家では、人数が少ないし自分がフルタイム労働だった
時には、うっかり冷蔵庫で生姜にカビを生えさせてしまう
事があったので、チューブのを使っていた。
でも数年前から、生姜は旬の時に塊を買って
それを千切りやすりおろして、
一回分に小分けして冷凍するようになった。

冬は紅茶に入れたりもするが、
追加で一回分のすりおろしショウガが欲しい、
という時に案外便利なのがコレ。

DSC_0107.jpg

靴べらみたいな形だが、
大きめのスプーン状のステンレスの一部が
おろし金になっている。

これですりおろして、そこに生姜を乗せたまま、
お茶の中に入れて今度はスプーンとして
かき混ぜると、無駄無く生姜が飲み物に全部入ってくれる
というわけだ。

そのあと立てておけるので置き場所に困らない。

確かに、少量だと特に、おろし金にどうしても残る
とりにくい部分が気になるし、かといっておろし金を
どぼんと浸けるのもなんだか抵抗が。
これはいかにも「主婦のアイデア」的な製品だが
なかなか使い勝手はいい。

カレーを作る時などには、にんじんや生姜を
まとめてある程度の量すりおろすから
陶器の大きめのおろし皿を使うが、
1人分ちょっと欲しい、という時に逆に面倒になる。

そういう時は案外あるものなので、
これは重宝する。

おろしショウガは、夏場登場回数が増える
プレーンヨーグルト+フルーツの上に
ちょっと加えるとこれがまたおいしいもので
ミルクやバニラのアイスクリームにも合う。
バナナみたいな、まったりした味を引き締めるし
プラムや桃、リンゴのようなバラ科系の果物に
生姜の風味は特に合う気がする。

かき氷なんかにもすりおろしショウガはきっと合うと思う。
我が家に機械があったら、東南アジアのデザートみたいに
「黒砂糖と生姜と白玉のかき氷」だの
「ドライプルーンと生姜とアールグレイのかき氷」
だのをきっとつくってたと思う。

お料理以外に、「あとちょっとコレをすりおろしたい」
という時に、便利です。
見かけたらおためしあれ〜

あ、生姜は身体を温めるのは確かでしょうが
なんでもダイエットに結びつけたがる方々もいるようで…
生姜はそれなりに刺激もあるので、胃が強くない方は
空腹時にやたら摂取するのは考えものです。
過ぎたるはなんとやら。

別窓 | うちめし | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

使い勝手のよしあし

2012-07-06 Fri 18:23

auのケータイを6、7年程使っていたが
周波数が変更になって使えなくなるという機種に
ばっちり入っていたため、否が応でも機種変更となった。
要するにそれだけ古いということなんだろう。

これももう2年前に通知があり、
半ば嫌がらせなんじゃないのかと
思える程の、マメなDM送付。

そして昨年あたりからは、
それに加えて電話攻撃。
以前も書いたが、ケータイに電話して来て、
メッセージを残さないので、不気味で返信していなかったが
0120だったからどっかの会社だろうと思ったら
それがそこからの連絡で、検索したら同じ番号で
やっぱりメッセージ残さないから不気味だと
そういうふうに思っている他の方々がいた。

ケータイといっても電源を入れていない事が多い自分には、
コイツなかなか連絡がつかない、と
きっと業者の人にしてみても困った客だったに違いない。
最近は、さすがに期限まで数ヶ月に迫り、
ケータイへの連絡の頻度も恐ろしい程だった。
(電源入れてなかったケド)

もういいかげん6月だしな、と
今月20日過ぎの期限の一ヶ月近く前になってようやく、
auに電話して機種交換をした。

スマホは計算したらなんだかんだで料金がそれなりなのと、
脂手の人間には液晶画面直タッチはキツいものがある。
これは作り手には想像できないのだろうか、世の中の
おじさま方にも脂性の方は多いと思うのだが。
何にしても持ち歩くケータイにそこまでの機能はいらない。

そういうわけで、従来の「2つ折りの、スマホ以外」
になったわけだが、その中で無料交換機種の中から
選ぶとこれになった。

SC_0104.jpg
向かって左が昔ので右が先月来たばかりの(これも防水)

…きゃしゃですな。

と思うのは無理も無い。
以前のものはカシオの、分厚い頑丈なタイプで
防水が出始めた頃のもの。おそらく当時防水機能は
auの中ではこれくらいしかなかったのではないかと思う。
ケータイを買ったのはそれが始めてで、
面倒だから機種変更もしてなくて疎くてよく知らないが。

でもこれ、取手(取手パーツも交換可で何パターンかあった)
がなにげに便利だったのと、何度かアスファルトに
落っことしたけど、ビクともしなかった。
そして傷も、よく見ると落下で一箇所塗装がへこんでるけど
それ以外はきれいなものだ。
何のケースにも入れずにいたんだけど。

今の機種と比べると、画面が小さくて
特にこれは頑丈さが売りだったので
重量があって、分厚いのだが
なにしろ愛着のあるのは3つあるこの丸い目玉のようなデザイン。
小さい部分はカメラのレンズで、撮影の際にはそこが赤くなる。
まさに「ボトムズ」のターレットだ。
(ボトムズってナニという方は記事の最後を)

カシオはこれのラインをこの後2つか3つ出していたと思うが
この最初の機種くらい思い切ったデザインは、無かった。

持った時の厚みや微妙にとってあるサイドの角も、
使い勝手の良さにつながっていた。
薄けりゃいいってもんじゃないのだ。


さて交換候補機種から選ぶことになり、
「ピンク、白」で薄くて軽くて華奢という
いかにも女性向きのものは好きになれず、かといって
ケータイでいろんな機能は求めておらず…でもだっさださのも…
という困ったユーザーにしてみれば、最終的にコレになった。
またグリーン系になったけど。

SC_0105.jpg
ハイ、ずうっと、画面のシートを剥がしてなかった事に
今になって気付きました。ビンボ臭過ぎる…


新しいのは、それなりに表面はスタイリッシュだけど
中は…なんか、安っちいですねえ…
ま、使えりゃいいのだそれで。

ボタンが、ぺこぺこしたフラットなゴムスイッチみたいなのは
ホコリなどの心配はいらないんだろうけど
あまりにもちょっとの力で押した事になってしまい
どーもまだ慣れない。
あと、写真撮る時に案外と指で隠しがち。
カメラの位置関係が前のと違うからで慣れればいいんだが。

電化製品なんか特に思う事なんだが、
日本のものは何か「新デザインはこれ」となったら全てのメーカーが
それにならって、炊飯器がロボコップみたいになったり
車の目玉が三角につり上がったりする。
どこのリサーチ会社の言う事を真に受けているのか知らないが
毎年新デザインを出せばいいってもんじゃないと思う事が
すごく沢山ある。

型代だってすごく高いのに、「改悪」としか思えない
デザインに次から次に変わっていく。
いいデザインで使いやすいものは
一つのラインとして残して欲しいものだが。

とまあ、「前のもののほうがよかった」等というのは
年寄りみたいでなんか嫌だし
時代とともに求められるものは変わるんですよ、というのは
企画の仕事してたから分かるんですが。でもそれだけにねー
もちっとなんとかならんのか、と思う事がある。

うーでも、これのデザインに関しては、何度見ても、
カシオのこの「ボトムズ」みたいなの、よかったなあ。
というわけで、使わなくても
とっておいているのでした。

votoms.jpg
ボトムズはかれこれ30年位前のサンライズのアニメです。
まだの方、おすすめですよ

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| かはづ草紙 |