かはづ草紙

玉川上水のほとりから玄界灘近くに移動しました

二次元国家の影響力ールパンⅢ世 

動画サイトといわれるものは中毒性があるので最近はもう極力見ない様にしているのだが日本の「二次元」の力というのはスゴイものだなという事は今更ワタクシごときがここで言う事でもなくもう当然のこととして、当たり前のように日常にコミックやアニメが溢れている。古くは「ハイジ」が舞台であるスイスで放映された時自国製のアニメだと多くの人が思い込んだというのはよく聞く話。時代考証や設定、音楽細かい部分まで手を抜かな...
Read More

個人店の魅力ー知らなかった閉店 

先月の事になるが、仕事で一緒だった人と久々に会って国立に出かけた。たまに行く場所ではあっても、自分が普段行く場所以外に案外より道をしていないので、知った道にもこんな店あったっけ…?という店でなかなか面白いお店があって、今迄素通りしていたもったいなさを感じた。国立というと「マダム」という言葉が連想されるほどなんというか閑静かつ徒歩圏内に個性的なお店が揃っている人気の街(らしい)。実際行ってみると確か...
Read More

ほう…これはいい資料 

中途半端なマンガ絵を描く自分にとって人物以外で好きな対象といえば動物。(というか無機物が苦手って事なんですが)その中でも馬が好きだったりする。上手く描けるということじゃなくてあくまでも好きかどうか、という意味です。でも馬なんて余程の田舎か乗馬クラブか競馬場その他、が近くに無いかぎりそんなに観察できないもので。じっとした状態ならともかく、脚の動きはどうなってるんだっけと考えだしたら資料の山。今はそれ...
Read More

個人店の魅力ーうれしい専門店 

何度かこのブログに書いている、立川にある手作りハム・ソーセージ専門店の「ゼーホフ工房」だが、寒い季節になると肉肉しい物を食べたくなるのか、シチューにソーセージの出番が増えるのか、とにかく「今日はごちそう」という日にはここのものを買いに行く。お歳暮の季節にはここはごった返す。沢山買って遠方に送る人もいるし毎年新宿方面から車で買いに来るという方もいるとかで固定客が付いているのだろうなと思うがこういう専...
Read More

どぶろくが美味しい季節 

家の周辺の紅葉がぼちぼち始まった。紅よりは黄色になるものが多いのだがその黄色と葉が落ちて陽が入る事もあって家の中に明るい日射しが入るようになる。夏には緑の陰ができ、寒くなれば日が当たるようになるというのは、ほんとによくできていると毎度ながら自然の仕組みに感謝する。そして肌寒くなってくると美味しそうに見えるものにケーキやチョコレートといったコッテリ系の甘いもの、それと醸造酒。最寄り駅前の酒屋がわりと...
Read More

荷物は少ないのにかぎる 

断捨離というコトバはすっかり定着した感があるがいざそれを実行し、さらに継続させていくのは結構大変。これを普段も意識するには、ヘタに広い家に住まないほうがいいのではないかという気がする。庭のナツメの木、昨年は初なりで1個実がついたが今年は5個くらい。以前借りていた築100年以上の古民家は、台所とお風呂以外に6つの部屋があり、夫婦2人で住んでいるといつの間にか荷物が増え、引っ越しの時は大変苦労した。普段使...
Read More

個人店の魅力ーゼルコバ 

西武拝島線の西武立川という、夜うっかり寝過ごしてここに来るとかなり寂しい気持ちになる駅がある。夏はまだ虫の声が風流だなとか思えるが冬寝過ごしてこの駅で降りた時にはそりゃもう寂しく、数駅戻って自分の家の最寄り駅に着いた時にはああなんて人がいっぱいいて賑やかなんだと助かった気持ちになった程。(数年前の話なので今はもしかして駅前の開発など進んでいるのかもしれませんが)そんな駅から中途半端に15分ちょっと歩...
Read More

ダメ。ゼッタイ。 

某ショッピングセンターにて。急遽書いた感じがせっぱつまってる感が出てます。「さわらないでください」ではないところも店員さんの感情MAX。もっとも後日ココに行ったら、この表示無くなってました。...
Read More

暖房器具の時期に思う 

朝起きた時に涼しい→肌寒いになっていたのがいよいよ「冷える」になってきた。10月最後の昨晩は知らないうちに家人がストーブを出し1人で暖まっていて(知ったのは布団に入ってから)なんだそりゃだったのだがともあれ、また寒い季節の到来だ。雑貨屋で見つけた、革製のコウモリストラップ。ハロウィーンが過ぎても、アジアでは決してコウモリは不吉ではなくむしろ福なんで別に問題ない。最近また経団連のヨネクラ爺がわけの分か...
Read More