かはづ草紙

玉川上水のほとりから玄界灘近くに移動しました

また5月に 

突然ですが、この東京の西のイナカを去ることになりました。引っ越しモロモロと、新しいプロバイダの加入ちょっと待ちなどでこのブログもどうするかナ〜というところですがどういう形であれ、気が向けばまた何らかの形で何かを書くだろうと思います。ちょっと前の立川市の某公園付属施設。これじゃ干物だ…全然泳いでない。一応、持家だったワケですが、廃プラ計画への対応でここの自治体のエラい人達のアホさ加減にだめだコイツら…...
Read More

何事もなかったかのような 

つい最近まで加入していた某生協が毎月よこす薄い冊子に藤原新也氏が連載しているのだが、随分思い切った内容を書いているなと思う文章が、4月号に載っていた。藤原氏が久し振りにフクイチから20キロの地点で食堂を営む人を訪れたら顧客であるフクイチの作業員の人達の話とともに、食堂の主が長周新聞の切り抜きを渡した。そこには、もと作業員の談話として身の毛がよだつような事が書かれていたという。(以下抜粋)「原発事故現...
Read More

勇気がいる物件 

先月、とある場所のとある駅の近くの電柱に、貼ってあった不動産物件売却の貼り紙。…えーとですね、なぜ、不動産屋を通さないのか、という気持ちになるわけですが。それとも、もしかして不動産業者自身だったりするのか?「切迫した金融事情」「半額に近い値で」「投売り」すべて殺し文句としか言い様の無いフレーズが矢継ぎ早に展開されてます。しかも説明らしい説明はこの1行しかなく、あとは連絡先しか書いてないため、いろいろ...
Read More

切り花をいただく 

家人が2週間程前、花をいただいて帰って来た。バラにかすみ草、それと蘭に南国チックな(スミマセン切り花系の名に疎いもんで)花は朱色や黄色系でまとめられていた。家中の入れ物を総動員して花を分散。丁度ハチミツの瓶が空いたばかりでよかった。ゴチャゴチャした洗面台まわり。全部で7箇所に分散させて何とか落ち着いたが切り花を自分のために買うということが1年に1回も無いので庭で切った以外の切り花を家に置いているという...
Read More