かはづ草紙

玉川上水のほとりから玄界灘近くに移動しました

ビーツで初ボルシチ 

このあたりは住宅化が進んで来たとはいえ農家がまだまだ健在で、地元野菜が格安で売られているのでスーパーに行ってもその中の産直コーナーで買う事が多い。そんな中、ビーツがあるのを発見。ビーツといえばボルシチの条件反射。ボルシチといえば人生最初に食べたのが学校給食で、何か甘ったるくて好きじゃなかった。あれには絶対にケチャップは入っていてもビーツなんて入っている筈は無い。(そしてボルシチの日は必ずバナナか何...
Read More

干し柿 

12月の話になるが、実家から干し柿をもらった。もらったばかりの時はなんとなくまだ柔らかかったからベランダに。母親がいた座敷から柿の実が沢山ついてしなっているのがよく見えたが、秋になってもいつまでも暑かったからか熟した渋柿にスズメバチが来ていて、危なくてなかなか収穫できなかった。11月頭の母の葬儀の頃には、まだ赤いカンナの花が咲いていたりしたのだが、その後はさすがにスズメバチも来なくなり熟柿になる前に、...
Read More

三社まいり 

「三社まいり」という言葉はこっちで普通に使われているがどうもこちら特有の表現らしいというのを最近知った。初詣に、3箇所の神社に行く事なのだが一日に全部まわらないといけないとか行くのはいつ迄だとか細かくいう人もいるらしいが多分そこらへんも地域によって違うのだろうと勝手に推察する。だいたい、初詣の時にはまずは地元の神様にという話もあるし混み混みの時期に混み混みになってそうな神社に行く事もなかろう、と1...
Read More

小春日和のお正月 

年末に、暴食がたたったのかお腹をこわしせっかく買った年越しソバの材料も使う事無く2014年が明けてしまった。そんなわけでおせちもなく、もちろんお餅もありえず大みそか同様、元日の朝食はすりおろしリンゴ。ブリの刺身を用意してくれていた家族には悪いことをしたがまさに寝正月。実に幸先のいいスタートになってしまったがここのところカロリーオーバーだなあという食生活が正直続いていたので、これも少し摂生せい、という天...
Read More