かはづ草紙

玉川上水のほとりから玄界灘近くに移動しました

おそるべきすりこみ 

すぐ近くの安売りスーパーで一箱¥75という特価で置かれていたビスケット。値段もすごいが、なんとも大味なパッケージデザインに惹かれ思わず手に取ったら裏面もとても大味なレイアウトだった。これは表面。裏面に書いてあった「お買い上げの皆様へ」の文章も何かオカシイ。「『ミスケイト』ビスケットシリーズは、清潔な緑の楽園シンガポールで製造されたもので、国際食品展で金メダルを始め数々の賞を獲得し…」シンガポールは確...
Read More

バウルー使用1ヶ月 

家人の弁当のためホットサンドメーカー「バウルー」を導入して1ヶ月が過ぎた。かなり、役立ってます。焼く時間がいるので、具を挟んで切るサンドイッチより少し時間をみておかないといけないが、焼いてる間に朝食の準備をするし、熱伝導率の良さからか実際コンロで焼いている時間というのは驚く程短い。焦げないようマメにチェックする手間が肝心という気がする。「8枚切」がどうも西日本では少ないというのを前書いたがこのバウル...
Read More

レミング 

「廃プラ施設」のことで、いわゆる行政側の方々のやり方というのはほんっとうに、言葉の使い方ひとつで、ロジックで異論への返答も「お答えした」で済ませ、何の根本的解決も目指さず「計画」を決まったことのように進めたがるという事を知った。今日のエネルギー計画決定も、アホらしくて話にならんというか自民が圧勝した時点で決まっていた筋書きだ。あれがもし不正選挙でなかったのなら、残念だけど原発含むエネルギー政策の方...
Read More

食べ物の偶然 

以前仕事先でかけっぱなしになっていたJ-WAVEの番組で「音楽の偶然」というのがあって、「偶々であろう、似ちゃった曲」を集めるというコーナーだった。時折DJも一瞬沈黙してフォローできない確信犯的そっくりさんな曲がかかったりして、それでも「偶然」というコンセプトで聞き流すことになっていたのだが、音楽だけでなく世の中いろんな「偶然」が溢れている。食べ物、中でも菓子類にそういうものが時々あるが東京にいる時近所の...
Read More

花曇り 

暖かいを通り越して日射しが暑いくらいの日が続きいよいよ桜の時期も終わりに近づいた日に宮地嶽神社の桜を見に行った。参道の石段よりその脇の車道から見る場所にいい感じの桜が。電線が邪魔だなあ朝は眩しいくらいの陽が出ていたがだんだんと曇ってこのあたりでは珍しく風の凪いだ日となった。桜が散るのが少しはストップするかと思ったが行ってみるともうソメイヨシノのピークは過ぎ、八重咲きの桜がちらほら咲き始めていた。お...
Read More

そわそわさせられる季節 

3月末の週末が花見にちょうど良さそうだったのにあいにくの空模様となってしまい窓から川沿いの桜が雨風に吹かれるのをハラハラしながら見た。曇天の月曜の桜。夏にはこれがクマゼミの宿になる。線路際の小さな神社脇の桜はもう葉が出始めてます3月最後の日の月曜はどんより天気から薄日が射したりしていたがその翌日のエイプリルフールにはいい天気となって花見に良さそうだ、と近所を見て回った。近所の川沿いの桜。川に鴨がいる...
Read More