玉川上水沿いのジャングルからの徒然なひとりごと

黄砂?PM2.5?ついでにスワップ訴訟

2015-04-30 Thu 11:38

近年その名がすっかり定着したPM2.5。
ここ福岡はその影響を受けまくりだ。

150322_0946~01
かなり飛散していた3/22の例。遠景の山は全く見えず
その手前の2コブの山も霞む。

しかし個人的な疑問として黄砂との違いが分からない。
ひとたび玄関ドアを開ければ、外の手すりにそれと分かるほど
黄色を帯びた微粒子が付いているのが見える。

これは黄砂なのか花粉なのかそれともPM2.5なのか?
黄砂にもPM2.5が含まれるということなんだろうけど。
スギ花粉はとっくに終わっただろと思ってもイネ科の植物の
花粉も侮れないものらしいし
何より黄色いんですわ。
黒い車なんかだとはっきりわかる。

布団全く干さないわけにもいかないから(東京多摩エリアより湿度があるし)
晴れた日、そして空がちゃんと青いという日に「今日しかないっ!」
と干すのだが、そのバロメーターは山が見えるかどうか。

150323_1403~01
うってかわって飛散してない翌日(3/23)の山。遠景の山が見える例

布団を取り込む時には念入りに布団たたきで横になでる。
集合住宅でパンパン叩くとメーワクという音の問題もあるが、
やたらに叩いても綿がへたるだけであんまりいいことないらしい。
それに、表面に付いてるかもしれないそれらをはたくには、
シーツを剥がしてよく振るか、表面をシュッシュとなぎ払う方が
効果的な気がする。

浪人生時代まで過ごした福岡だったが、その頃はこんなゴールデンウィーク
の頃まで黄砂やなんやらで空が曇るなんて事、記憶になかった。
せいぜい春先はなんかホコリっぽいという記憶しかない。
まして駅前からすぐ近くの山までが煙っているようにぼうっとして見える
なんてレベルではなかった。
はっきり言って異常だが、ここにずっと住んでいる人は慣れてしまっているのだろうか。
呼吸器系にいいとは思えないし、原因がわかっているなら
改善する努力をして欲しいところだ。
単なる土が飛散ということではなく、科学的な、合成された物質が
飛散しているのなら、それらが長い間積もって土壌た水へどう影響するのかも
考えないといけないのではないかと思う。

150223_1201~01
…こりゃ無いわー(2/23)

今いる地域は福岡の中でもそうでもないのだが、日々PM2.5の計測値を見ていると
福岡内の計測地点の中で、他の地域は低い日でもわりかし
いつも高めの数値になっているのが北九州の一部と大牟田の辺りだ。
これについても、発生源がこのエリアにあるからなのか、あるいは
地形的な問題などで他所からの風がそこに溜り易いのか…など、
今の技術ならシュミレーションで原因は絞れそうなものだとおもうんですけど…

一方でこっちに来て感心だなと思ったのはスーツ姿のサラリーマンから
自転車のお年寄り、格好を気にする女子中高生まで
嫌がらずマスクをしていること。
紫外線が強いこともあってこのあたりでは肌寒い3月でも日傘使用の
おばさんが現れるが、それも花粉や黄砂避けには役立つのかもしれない。
あるいはそういう人達は花粉症でそれどころじゃない!のかもしれないが、
原発がどかんどかん爆発してたあの頃でもマスク1枚するわけでもなく
いつも通りに外を歩いていた東京の人とは違って自衛の意識が高いのかもしれない。
晴れてても曇天な空の日はさすがに「飛散している」と視覚的に
分り易いからというのもあるんだろうが、飛散している事実の前では
とにかく自衛するしかない。

しかし、そんな自衛、本来しなくていいような青い空きれいな空気が
当たり前なんじゃないのか?と思うんですが。
工場の煤煙のせいでそれこそ戦前から戦後鉄冷えになるまで
「晴れの日が無い」といわれた北九州の工業地域が地道な努力で改善されたように、
お金儲けるためには多少の環境汚染は仕方無い、じゃ済まない時代の今
排出元は対策をしなきゃならんだろと。

これは何も海外の国の話に限った事じゃなく、
今宮崎で裁判沙汰になってる、某巨大企業系の会社が
廃棄をやめてくれと言った住民1人を逆に訴えている件も
同じだと考えます。
おかしな物をそこらに捨てて埋めてる企業が
迷惑といわれたからって民間人1人を訴えるのがまかり通るなら、
PM2.5の原因がたとえ日本のせいじゃなく全面的に
他所の国だとしても、何にも言えないどころか
言ったら逆に訴えられるってことに繋がりませんかねー

廃プラ問題と原発どかんでつくづく感じた事。
「よそで起こる事は自分の所でも起こりえる」
何事も、いつも他人事だと思ってるのは、危ういと思います。

141114_1233~02
晴れてるならば空は青く山は緑であってほしいデス。(2014 11/14)



スポンサーサイト

別窓 | 福岡のすみっこ情報 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ラピュタな花見

2015-04-17 Fri 20:37

4/2に薬王寺温泉に水汲みに行ったついでに、いつもは寄らない
すぐ近くにある小高くなってる場所に寄ってみた。

ここは蛍の時期がとてもきれいで、その時に一度この丘の途中まで
歩いてみたことがあったのだが何度も来てるのに
ちゃんと上ってみた事が今迄無かった。
150402_1128~01
温泉施設の駐車場の桜もきれい

スロープを上ってびっくり、青緑の水がたっぷり満ちているそこは
薬王寺水辺公園といい、農業用水の溜め池を整備した時に整備された
ひっそりとした緑地公園になっていた。
公園といっても遊具があるわけではなく、池の周囲を一周できる道と
東屋くらいだが、桜の季節だというのに平日だったからか、
(それでも温泉施設がすぐ側なのに)
老年夫婦が一組いるだけという、静寂の世界だった。

時折山からホケキョと聞こえて来る鳴き声と
溢れた水が川へ流れて行く音以外は全く静かなもの。
この薬王寺温泉の隣の山には、某企業の偉い人が
自費で山を整備して桜の名所になっている場所があるらしい。
この水辺公園にいると、高さがあるのでおそらくその山なのかな
という場所がよく見えた。

150402_1201~01

4月になったばかりでも既に新緑が綺麗に出て来た山は
桜と新緑のモコモコが和菓子のようだ。
せっかくなので池のまわりを一周してみた。

150402_1140~01
なんかカールおじさんの曲が似合いそうなぽっかり加減。

コンクリの堤防があったのと反対側に行くと、草地に直接池の
水面の端っこがひたひたとせまっていて、
そのぬかるむ辺りに近づくと「きゅ」と鳴いてカエルが
勢い良く池に入って行った。
水際にはオタマジャクシがうようよ。

150402_1151~01

この池の水源はどこなのかと思ったら一筋、山のほうから細い川が
繋がっていた。
その更に源流はどこなのか、見てみたい気もしたが
これ程まで人がいないと、うっかり山の側を歩いていたら
昼間でもイノシシが突進してこないとも限らない。

…という恐怖にかられる程、他に人がいなかったのだ。

そう思った別の理由は、水辺近くの草地に大量にあった動物の糞。
しかもこれはペットのものではなく、明らかに
野生動物のものと思われる形状のものがあちこちに。

詳しくはないが、うさぎや鹿、もしかしてイノシシ…??
と思えるものもあった。
そういや、すぐそこの桜の名所の山でイノシシ汁をふるまったって
どっかで読んだぞ。
新興住宅街でイノシシが狩られるくらいだからこのくらいの
山なら、群れでいたっておかしくない。
隠れるような木の側ではなく開けた場所に堂々と点々としているのは
よっぽどここに人が来る事が少ないのだろうか。

150402_1153~01
手前に見えるのが小さな川。この草地に糞がいっぱい。

きれいな緑に水。
ラピュタの世界のようだった。
向こうから苔の生えたロボットが歩いて来てもおかしくない。
あのロボならいいがイノシシは困る。

静かな春の景色を楽しみつつ、
頼むからイノシシ、突進してこないで…と
どきどきしつつ、無人の静寂を楽しんだ徒歩15分の花見だった。

150402_1207~01
山桜の風情も大好き。ハラハラ散っております。


さてそれから2週間、今は八重桜が満開。ポンポンみたいな花が
枝先までびっしり。重そう。
この後はいよいよ毛虫ちゃんが桜から垂れ下がって来る季節ですな〜

150417_0949~01

150417_0949~02

150417_0948~01
このツルニチニチソウ、1月からもう咲いてるんですが…早いってば。

別窓 | 季節のいいもの | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

餅菓子

2015-04-01 Wed 11:23

九州に来て、餅菓子とラスクの充実っぷりに気付いた。
そりゃ東京郊外の住宅地のスーパーにも
年配者向けの餅菓子やカステラ類は常備されているが、
種類の多さと何より美味しさが違う気がする。

150304.jpg
四角いのが菱餅カラーの餅菓子で手前が赤村の餅米の桜餅。

特に、餅米が主役のお菓子(おはぎやこっちの桜餅など)
は、餅米の絶妙な蒸し加減に1年でこの時期だけ出回るそれらを
味わいたいので買い逃さないようにしている。
美味しいと思うそれらは大抵地元産の餅米が使われていて、
フレッシュさが何か違うのか、赤村JAの婦人部のおばちゃん達の
調理手腕が素晴らしいのか、とにかくデパートの高い菓子屋より
美味しい和菓子が最寄りの生協で買えるのがうれしい。

その手の和菓子はおばあちゃんがやってるような個人経営の店のものも多く
工場での大量生産にはない手作り&新鮮さがあって
でも素人っぽい味かというとこれがぴしりとどストライクな美味しさで
食に関する情熱とセンスの裾野の広さを無茶苦茶感じる。

150304_13.jpg
春になるとゲットしたくなるスイートピー

何かの地域の行事にはよく餅つきがつきもののこの辺りだから
餅米のクオリティにはうるさいのだろうか
何にしろとりあえず食べ物に関しては、
福岡に来て良かったと思う今日この頃。

150305_142.jpg
蕎麦屋に行ったのがひな祭りの日だったからおまけをいただいた。
おかきかと思ったらチョコだったよ何気に袋と中身の隙間がよく計算されてると感心

別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| かはづ草紙 |