2015-07

梅雨明けはよ

7/27午前現在、まだ気象庁は九州北部の梅雨明けを宣言していない。
26日には東北南部まで先に梅雨明けしたというのに。
それじゃなくても毎週台風が来ていたから、そのせいで一時的に
梅雨前線が押し上げられてた…というのはあるのかもしれないが
それにしても遅すぎる。
台風12号が近づいていたこの週末の3日ほど、九州北部は
とうとう梅雨明けか、と誰もが思うほどの晴天、入道雲モクモク、
いっそ清々しい程カラカラの夏日だった。
熱中症警戒レベルも最高の紫色表示になっていたくらいだ。
なのになんでまだ梅雨明けではないのか…?
と会う人誰もが口にしていた。

150726_1045~01
この後東北南部が26日に梅雨明け。もはや北部九州コナンの残され島の心境

実際、こういう時は気象庁に「もう梅雨明けしてんじゃないの?」
「おかしいだろバカヤロー」とクレーム(?)が来るらしい。
文句を言った所で、その人が梅雨明けと思えばそれでいいんじゃないか
と思うのだが、「権威」に宣言してもらわないと
梅雨が明けた事にならないらしい。

にしても東北南部も梅雨明けで九州北部だけ梅雨ってことは
一体前線はどんだけ斜めにトリッキーな
体勢で列島側にいるんだろうとそっちのほうが不思議だ。
150725_1.jpg
すでにベランダにおとなしくなったアブラゼミが。この後救出、飛んで行きました

雨が少なくても多くても困りものだ。
大雨になると崖は崩れるしここら辺も数年前冠水した。
しかし福岡に関しては、人口に比べて水がめがすぐ枯渇しがちだから
渇水よりはいいのでは…と思わなくもない。
(福岡大渇水の時も駅のうどん屋やってた記憶)
子供達も学校のプールが無くなるのは嫌だろう。

午後のニュースでもしかしたらとうとう「梅雨明けしたと見られる」
と婉曲表現が発表されるかもとどこかで期待しつつ、
ああまた暑さ対策とUVケアが面倒臭い…とうんざりする季節到来。
いや、こっちは3月からもう日傘出現の土地なんだけど。

 150726_1040~01
ホラ連日こんな晴天ですってばおかしいよ気象庁。
スポンサーサイト

憂鬱な雨やPM2.5に桜島ファイヤー

梅雨明けかと一瞬思ったが台風で前線が
押し上げられてただけのようで、北部九州は
布団を干せないジメジメ天気が続いている。

150708_17.jpg
7月8日夕方には雨が止んで青空が出たからもしや梅雨明け?と思ったが…

そして初夏だというのにPM2.5なのか単なる濃霧なのか
判断に困る日もあったりする。
6月中旬にもなってPM2.5が飛ぶなんて思わなかった。
年々酷くなっている気がする。
安倍ちゃんは地元山口だって影響圏なんだからもっとこの問題
取り組んで欲しいんだけど。
150617_09.jpg
35を超えると今日は多いなという目安。ぐずぐずしてる
中央の意見は待ってられんと福岡が先に決めた基準だったと思う。
赤字になってる地域はこの数値だとかなり白っぽくドンヨリしている筈。


そんな雨や何かしら飛散してる日に重宝しそうな傘がコレ。
「桜島ファイヤー」という。

sakurajima.jpg
(商品写真:ウォーターフロントより

その名のとおり、桜島の火山灰を避ける為の
「ご当地傘」なのだがその見た目と機能性が評価されたか
東京に居た時にホームセンターで見かけた。
これは使える!と購入を考えたがとりあえず保留、と
しているうちにそこの売り場から姿を消し、買う機会を逃したまま
九州にやって来た。
調べると基本鹿児島以外では常に扱っているという訳でも
なさそうで、通販ならあったのだが、
傘一本買うのに送料かけて通販というのもなんだかなー
というわけで今に至っていた。

そんな時近所のAEON MALLの雑貨屋で
梅雨対策としてディスプレイされてる傘に
見覚えのあるドーム型の傘が。

やったーここで買える〜!
と飛びついた。

お値段¥1000。(+消費税)

ビニール傘に¥1000というのはどうなんだとも思うが
(鹿児島ではコンビニで¥500くらいで売っているという話もある)
他にこういう傘は無いし、さすがに。
こんだけおかしな形ならビニール傘のよくある取り違えも無さそうだ。
…と思ったら、この傘、たたんだ時にスナップ等で止める仕様ではなく
傘袋に入れるようになっている。
そしてその袋を肩等からかけられるようにヒモがついている。
これだと店の外の傘立てから無くなるという事もなさそうだ。

150713.jpg
こんな袋がついてきます。

鳥かごのような形と長い柄のため、開いたまま地面に
斜めに置く、という事ができない。
ムリヤリそれをやるとやけにスペースとるし、傘の骨に負担がきそう。
前述のスナップ無しを含めたこの2点が、
もしかすると使いにくいと感じるかもしれない。

長い柄とイレギュラーな傘の形状のため
折りたたみ傘のような収納・携帯が省スペースという訳にはいかないが
とにかく雨に濡れたくない、花粉やPM2.5を避けたい時には
機能的ではある。

斜めに傾げずに持って上の骨が頭に付かない程度の高さにすると
深い部分の先端が肘と二の腕の間くらいまで隠すので
かなりの安心感。
傘のビニール部分はマッシュルームカットの髪型みたいな
そんな変形なので、これをさすと人目を集めそうではある。
しかも、ワンポイントに桜島とおぼしき模様が。
これ、以前東京で見た時は黒の筆タッチだったんだけど
(一番上の商品写真がソレ)
ちょっぴりソフィスティケート。
もっと全国で売ろうという戦略に違いない。

150713_15.jpg

というわけで、機能と個性を求める方に
おススメの変わり傘です。

販売はウォーターフロント。←クリック
(現時点では桜島ファイヤーは品切れ中。)
しかしここのサイト見ると、バラの香りつき傘に
引き金を引くと開くその名も「種子島」という傘、
脇差しみたいな柄の傘…見てて楽しい傘が沢山。

6月最後の週にはアブラゼミが、
その翌週にはクマゼミが鳴き始めた。
あと少しで梅雨も明けそうだけど
梅雨明け前の豪雨でも少しだけ気分が晴れる
こういう一風変わった傘も悪くないと思います。

150604_15.jpg
最盛期の6月上旬の紫陽花 やっぱこの薄ブルーが好み

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

くろけろ

Author:くろけろ
ケロをこよなく愛する玉川上水ほとりの住人です。
庭をヒキガエル様の根城にしていただきたいけど
目下果たせず。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード