かはづ草紙

玉川上水のほとりから玄界灘近くに移動しました

とりあえず隠すのはよくない 

川島なお美氏が亡くなったというのは、舞台降板のニュースから薄々予感していたとはいえ、いくらなんでもそこからが早過ぎた、という驚きがあった。会見の時もあれほど痩せていてはきっと立っているのも辛かった筈だ。なぜ痩せてるのにノースリーブのドレスを着るのだろうと思ったがそれでも今井氏より悲惨な印象が自分にはしなかったのは顔が理由だろうか。きれいにお化粧をして笑顔でいたからだと思う。そこはさすがに女優だ。彼...
Read More

やっぱり修羅の国?いやいや。 

放生会は全国あちこちの寺社で行われる行事だが「ほうじょうえ」ではなく「ほうじょうや」と呼ぶのは福岡の筥崎宮独特の言い方らしい。参道から入れる迎賓館のレストラン。こんなナリで入っていいのかと思うような綺麗な和モダンの店内からは綺麗な庭が見えた。表の賑わいがウソのような落ち着きだが店内のBGMが全く落ち着けないJ-POPだった。筥崎宮はJR鹿児島線の博多から2つめの箱崎駅から歩いて10分程の場所にある。そこの放生...
Read More

酒粕と味噌はもっと常温熟成されるべき 

こっちに来てから毎年秋にナスの粕漬けを作るようになった。といってもやっとこの秋で3回目なのだが。しかし心配していた虫の発生や腐敗も全く無く、初年度に美味しく出来たのでその次の年は容器を2つに増やした。甘めのが好みの家人用には塩分を減らし味醂を足したレシピ。味を変えるにも容器が違っていると便利だ。万一腐敗が起こっても被害が半分で食い止められる。時期には白いの緑の丸いの長いのとにかく色んなナスが出るの...
Read More

あとをひく蕎麦 

東京にいる間、蕎麦の名店といわれる店には一回しか行った事が無い。そしてそこの味は…忘れてしまった。上司にお昼に連れて行ってもらった別の浅草の蕎麦屋は下駄や草履というより作業用白長靴が似合いそうなまるでラーメン屋のような感じの、庶民的な店で(こういう店こそが美味しいに違いない)と期待したがしかしそこも蕎麦の味の記憶が無い。記憶にあるのは、上司が頼んだおつまみの単品「海苔」。切った焼き海苔が数枚小皿に...
Read More