かはづ草紙

玉川上水のほとりから玄界灘近くに移動しました

マニアックな地元野菜〜マコモタケと四角豆 

東京の多摩地域に居た時、東京とは名ばかりの、まだ農地が残っていた土臭い地域のため(比喩でなくホントに)畑の無人販売所や週数回売りに来る地元野菜をよく利用していた。大体そういうものは売る側もおつりが用意できなかったり計算の関係で1袋¥100。だから買う側も気楽に買える。大きな白菜などカサのあるものでも最高値はMAX¥300。それこそ年末には野菜が高くなるからか、農家販売所は時間前からジジババの長蛇の列ができ...
Read More

どこにでもある地名 

ナントカ銀座というのはどこにでもある地名だが、こと住宅地だと最近やたらとひらがなのきれいめな地名が多い。それまでどう見ても田舎の地名だった場所が住宅地としてまとまって開発されると、「○○が丘」「△△台」「□□野」といった新しい地名になっていく。このあたりもそういう場所は沢山ある。そしてそうなると、元はどういう地名だったのかなんてことはよほど昔から住んでいた人でないとわからなくなってしまう。道路もまっすぐ...
Read More