かはづ草紙

玉川上水のほとりから玄界灘近くに移動しました

はっさく進化形? 

桜が開花、あれだけ並んでいた白菜や菜花などの地元野菜が、いかにもトウが立った状態になって来たが今の内に味わっておかないと、と勝手に焦るのが晩柑の仲間。以前食べた、頭がちょっと長くて薄い黄色のものがとても美味しく、それが「晩柑」とただ書いてあって、晩柑という品種名だと勘違いしていた時期があった。「どんぐり」の様に、晩生の柑橘の総称だと後で気付いた。今考えてもあの時の晩柑が何だったのかよく分からない。...
Read More

貝の砂抜き 

鮮魚コーナーに新物のワカメや貝が並ぶ季節になってきた。この間まで雪が降ってた気がするが、なにせ沖縄を除く全国で桜の開花が一番早かったのが今年の福岡。ツバメも気のせいでなければ3月の最初の日曜に目撃したし、地元産の掘りたてタケノコが先週登場したのには驚いた。(もっともかなりミニサイズだったが)たまにはあさりのお味噌汁でも…と、広告の品になっていた熊本産のあさりを購入。そして塩を入れた井戸水に浸して、ホ...
Read More

なぜサイレンが鳴らない 

震災から5年という節目と言ってもいい筈の今日、ここ福岡の郊外の田舎町では14:46にサイレンが鳴らなかった。昨年の記憶が定かでは無いのだが、サイレンは鳴った気がする。2014年はブログに書いているとおり、その時間に黙祷を促すサイレンが鳴った。今年のこれが風化のもたらすものなのか、何らかの苦情でも出たのか知らないが、正直「あれ?」だった。大好きラナンキュラス。「アンニュイマダム」って雰囲気の花ですが春のキン...
Read More