玉川上水沿いのジャングルからの徒然なひとりごと

初夏のしゃらしゃら

2016-06-24 Fri 20:00

もう梅雨真っただ中、気付けば夏至も過ぎてしまい
この記事に書く「しゃらしゃら」は朽ちてしまっているが
ご興味のある方は来年リースにでもしてみてください。

春の終わりから初夏にかけて、道端や空き地で
涼しげにしゃらしゃら揺れてるこれらの植物。
大きいのは「小判」中くらいの三角のは「おにぎり」、
極小のかすみ草的なホヤホヤは「ほわほわ」と
勝手に呼んでいる。

160513_12.jpg
左の麦わら色のが「小判」、緑の三角のが「おにぎり」
みなさん道端で見かけると思います。

160513_123.jpg
そしてこの、極小の穂が先端にある、ケムケムしたのが「ほわほわ」。

他にも挙げて行けばキリが無いほど
多分イネ科なんだろう、穂の面白い植物。
「雑草」と言ってしまえばそれまでだが、
日射しが春から夏に変わって来る頃、空き地に群生してるこれらが
僅かな風に揺れる姿はとても涼しげで、ずっと見ていたくなる。
実際暇人なんでじっと見ていて不審者みたいだが、
チガヤなんかもとてもきれいだと思うんですよねえ…
噛むとうっすら甘いんだが。←今時子供でもやってみないと思う

140528_16.jpg
一昨年5月末のチガヤ。

生えて欲しくない所に生えると、やっかいものになるこれらの草だが
カラスノエンドウみたいにアブラムシまみれになることもないし、
案外いけてみたらカスミ草がわりになっていいんじゃない?
と思って買い物帰り引っこ抜いて持ち帰った。

結果。おすすめです。

160513_14.jpg
カスミ草の代わりにいかがでしょーか。

うっかり野の花を摘むと、花の中から小さな虫が出て来たりするが
これらはそういう心配はなく、ダニやアブラムシもつかず
とても細い茎なのに何本かまとめて口の細い入れ物に入れれば
茎がしなってしまう事もない。イネ科(?)だから丈夫。
しかもそのままドライにすれば、徐々に枯れてくれて
実にいい感じの「麦わら色」になっていく。
花粉や穂がパラパラ落ちて来るといった事もナッシング。

160512_18.jpg
初夏の花はヤマボウシはじめ木の花にも白いものが多いけど
白と葉の緑だけで涼しげに感じさせるものが多い気がする。


玉川上水のほとりに居た頃、東京のイナカに住む人の本を参考に
エノコログサでリースを作った事があったが、
このしゃらしゃら達でも作ってみると、かなりいい物ができそうだ。

普段あまり顧みられる事のない、どこでも手に入る「雑草」では
秋のヘクソカズラの、ゴールドの小さい丸い実が
沢山付いてる蔓でリースを作るのもおすすめ。
白っぽいものや、茶色の松ぼっくり、ドングリ系と合わせると、
実の色が映えてクリスマスっぽく、かつシックに見えます。
名前がアレですが。

3月に買ったミモザがすっかりドライになったものに
一緒に入れてみました。川沿いで摘んだカラスムギ(?)と。
関東みたいに冬場全てが枯れてしまうことがなく、
それどころか真冬に青々とした草に花が咲いてる事もある福岡では、
秋や冬の「枯れ野」の色がちょっと懐かしくなる事もあるので
そのためにも初夏に確保しておくのがいいのかもしれない。

160624.jpg

※一応調べたら、「小判」はホントに「コバンソウ」(タワラムギ)
「おにぎり」は「ヒメコバンソウ」、「ほわほわ」は「ヌカススキ」
と判明しました!「ヒメ〜」は何だかぞんざいな気もしますが、
他2つはナルホドな名称です。

スポンサーサイト

別窓 | 季節のいいもの | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

綿ぼこり2個+脚=ヒナ

2016-06-20 Mon 11:17

鳥のヒナの巣立ちかと思う鳴き声と餌やりの様子を
あちこちで見るこの頃。
夏までに2回繁殖する種もいるから、春の終わり頃から夏迄は
餌やりにいそしむ親鳥の姿をずっと見ている気がする。

今いるマンションでは川が近いので
セキレイが部屋の外壁に巣作りした事があるが←クリック
今年は水タンクの付近に営巣したようで、
低い場所から出て来る親鳥を見かける。
ぱっと見わからない、雨のかかりにくいであろう巧妙な場所を
よく見つけるものだと毎度感心する。
親は巣を見つけられないように警戒しまくっているから、
巣立ったら、どこに巣があるのか探してみよう。

通ってるパソコンスクールの前に元スーパーだった更地があるが、
そこの脇を歩いてたらプイプイ鳴きながら鳥が歩いていた。
どうやら千鳥のようだったが、その近くを何か丸い小さな塊が
転がるように動いていた。
一見、綿ぼこりか枯れ草が絡まった小さな塊が
風に吹かれて動いているだけ…と思ったら、
よくよく見ると黒くて細い脚のようなものが。
目をこらして見れば、千鳥のヒナだった。

160524_12.jpg
わかります?雑草に隠れてるヒナ。(赤丸内)脚除いた身体の高さは大人の親指くらいかなー

昔銀行とかに置いてあった「水飲み鳥」(古過ぎる)のような
丸2つが縦に並んだところに更に縦に長い細い脚が付いている、
妙なバランスの形。鳥というより虫みたい。
ほやほやの綿ぼこりのような丸2つは、ごま塩カラーで、
更地にされて砂っぽく白い土の上では、よくよく見ないと
保護色でわからない。

多分、親鳥の声が無ければ、ヒナがじっとしてれば、
よほど暇な人間でなければ見つけられないほどの
小ささとカモフラぶり。

このヒナを見つけたのは5月で、その後側を通るたびに
まず親鳥を見つけ、その近くに「動く綿ぼこり」がいないか
観察するようになった。
時々、無防備なヒナが道路の近くにいて、いきなり遭遇してしまう
事があったが、そんな時は微妙な距離を保った親が
プイプイ鳴きながら警戒を促している。
そんな時ヒナは僅かに生えている雑草の所でじっとしている。
ヒナがひとたび隠れてじっとしたら、そこから一度視線を動かすと
なかなか見つけられない。保護色とはよく言ったものだ。

160603_12.jpg
上の写真、草の乏しい更地の唯一まとまって草が生えてるこのエリアの右側の通路にヒナが出ていて、
あわてて更地にテコテコ転がるように歩いて行く姿といったら…
その後、草の根元でじっと隠れてました。


ツバメやセキレイと比べて、目に見えて大きく育ってる感じが無く、
フラットで隠れる場所も少ない場所ゆえ心配していたこの千鳥のヒナだが、
さすがに6月の中旬になって、羽をばたつかせ地面から浮き始めた。
前のような「綿ぼこり2個」ではなくなった。
でも、親はまだ側にいるし、スズメでも近くにくれば追い払っている。

今回見つけたこのヒナは親の体色といい、どうやら白千鳥のようだが
ヒナの奇妙な可愛さは一部では有名なようだ。
白千鳥のヒナ←クリック

この綿ぼこりに生えてる細長い脚が高回転で動いている様を
想像して下され…

白く眩しいこの更地は、ヒナの保護色にもってこいだったのだろうが、
梅雨に入り雨になると、濡れた地面は濃い色に変化して
保護色ではなくなる。
見つけたヒナは5月の時点で1羽だけ、カラスのおやつに
ならないように、無事に巣立つのを祈る今日この頃。

160603_122.jpg
晴れてれば白く眩しく完全保護色です

別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

TV電波の押し売りやめてください

2016-06-03 Fri 20:30

引っ越してすぐ頼みもしないのにやってくるもの、
それは新聞とN○K。
(○○○引っ越し○○○から聞きましたと言って来た営業もいるとか)

…というのは引っ越し経験のある方なら頷く話。
しかし今迄7回かそこら引っ越ししてきた自分の経験では
圧倒的なのはY新聞で、○HKはそれほどでもなかった。
Y新聞の営業極意過去記事はコチラ←クリック)
でも、それが変わって来ている様だ。

今迄ここでも書いたように、我が家にはTVが無い。
「TVあるけど見ない」じゃなく物理的に存在しないのだ。
アナログ放送が地デジに完全移行した時に、
それまでのSONYブラックトリニトロン(この段階で古い)
がどこも壊れてないのに買い替えなんてどーよ、と
地デジ対応チューナーを買った。この時は地デジに
付いて行こうという意志が、まだ有った訳だ。
しかしその中古のチューナーが、不良品だったようで
しばらくすると見れなくなった。

そこで、どうするか。
実は我が家はTV=NH○といってもいいくらい、
民放は見ない家だった。ちゃんと契約してマジメに払ってましたとも。
バラエティは騒がし過ぎ、コマーシャルがうるさい。
年々カメラワークの意味無しアップが
増えておっさんの大写しが目に毒だし、テロップやフリップ多用も
なんかやたらと増えていらつく。
民放で見ていたのはタモリ倶楽部とTV東京のアニメくらいだと思う。
でもN○Kも意味不明のアップが増えて騒がしくなったし
何より原発事故の少し後から、報道姿勢に疑問符が付く事が
目に見えて多くなった。(今はもっとひどいだろう)

また新たにチューナー購入、あるいはどこもおかしくないのに
アナログTVを地デジ対応に買い替えるほどTV(=○HK)を
見たいか??と話し合うまでもなく、「いらないね」となった。
いらんもんはいらんのだ。
見ても一日30分、ほとんど会社へ行く迄の時間を計るためのような
ものだったそんな存在に、年間1万円以上はバカらしいではないか。
(あくまで我が家のケースです)

TVが無いなんて耐えられない、見てなくてもなんかTV点けっ放し
…という家もあるだろうが、
我が家ではそうじゃないし、TVも新聞と一緒で
要らないと思うから、契約しないし当然お金も払わない、だけの話。

160530_10.jpg
産直の店で見つけたカラー、涼しげでかっこよし。

それがどうだ。
件のNH○では、このところTVが無い家庭に対しても
「ワンセグ付きケータイやTV見られるカーナビも対象でっせ」
というではないか。(他にもなんか対象があるみたいだけど面倒だから割愛)
ちょっと前までは「TV持ってない」といえば寂しそうに帰っていた勧誘員が、
なんかやたらしつこい。
これには、実際TVを持ってない家庭が増えたということなのかもしれないが。
(でも、よくTV離れとかいうけど…自分の周囲でホントに
物理的にTVが無い、という人は独身の学生以外は1家族しか知りません)


N○Kは公共放送であって国営放送ではない。名称がそれっぽいけど。
なので税金でまかなわれているわけではないから、
皆様の受信料で…となっているわけだが、それには
報道内容の中立性、政府におもねらない、公共性が前提になっていた筈だ。
今の○HKにそれが言えますかね。

大体が、公共放送の一会社であって、そことの契約はいかに
放送法があろうとも受け手の自由が尊重されなければおかしい。
それを、最近の営業は「64条がどーとか…」「法律で決められてます」
などと言って、国民の義務みたいな口ぶりで強引に契約をすすめる人も
中にはいるらしいから要注意だ。
実際自分も、「払ってる方との不公平感を無くすためにも…」とか
トンチンカンな事を言われた。
それは、TV持ってジャブジャブTV見てるけど払ってない人に言ってよ。
ウチTV無ければ見てもないっすよ…こっちこそ不公平でしょ。

16053.jpg
ベランダの鉢の蘭が満開。中の濃い紫が♥型。

確かに放送法のNH○の解釈では、ワンセグ機能ケータイやカーナビも
「受信できる機器だから」使ってなくても、所持していれば
契約対象、と、言いたい事はワカランでもない。
…なのだが、ケータイやナビという、TV受信が主たる目的では無い機器を
ホントに対象にしていいのか、そこらへんは記述が曖昧でスッキリしない。
「直接受信できる」機器と書いてある以上、ケータイは違うんじゃない?
と思うんだが。それらも対象にするのは、NH○の独自拡大解釈とツッコまれても、
仕方無いんじゃないか。
見た目明らかにTVの携帯用ミニTVならわかるが、「こんな機能も使えます」
くらいの機器でその機能にも気付かないような物に、
後から「実は受信できるんで」と言って来るってどーよ。

ケータイ買う時に販売店が
「これはTVが見れますから、○HKとの契約が発生します」なんて説明してました?
ケータイ買う人は、TV見たくて買うの?違うでしょ。
実際、ケータイの販売店スタッフ自身が
「え?ケータイだけで受信料契約なんて人いるんですか?」と驚くらしいから、
いかに関連業界への周知不徹底でお客が馬鹿をみているのかの例だ。
まあケータイ会社は自社製品が売れればそれでいいから知ったコッチャ無いんだろうが。
ヘタに説明したら「じゃiphoneにするからやめます」
ってなるのが嫌なのか。そこまで疑ってしまうではないか。

メールと電話だけ使えりゃそれでいい、つーかTV見れたのこのガラケーで??
というような人にとってみれば、知らなかったのに後出しされた気になるのは当然。
そこにつけこむ様に、「ほらワンセグ付いてるじゃないですか、契約♪」と
なると、知らなかったし実際使ってないし…だったらケータイらくらくphonで
いいよ、と思う人もいるんじゃないだろうか。
後から「受信機能ついてるから」と言うから納得できないのだ。
実際、○HKがそれらを本気で対象にしだしたのもここ2、3年位で
完全に後出しだ。
(なお、NHKとしては、「説明して納得いただけたら契約」という教育を営業にはしているらしいので、
納得できないまま契約するのはどうかと思います。一度契約すると、受信機器の廃棄の証拠提出云々とか
解約時面倒らしいです。あくまで又聞きですが。


さらにさらに、N○Kはネットも対象にしたいらしい。
これをやるなら、本気でNH○は一度没落してほしい。
今迄プロバイダ業務をやっていたワケでもなんでもないのに、
実際金銭的に困ってるわけでも無いらしいのに、
これこそタダ乗り、後出しの極地。

160530_1.jpg
緑のも入っててカラーリングがきれい。初夏ですな〜

あのね、お芝居や映画の時代にTVが出来た頃とは違うんですよ。
なにしろ、つまらんのですよ、番組自体が。
AKB総選挙報道やってたって聞いたけど公共放送って何ですか。
そんなのを無理矢理見ろっていわれても、迷惑でしかないんですよ。
国営でもないのに限りなくグレーな立ち位置で、今や国から圧力受けて
シンゾー達と会食してるって、どっちがその会食のお金出してるか知らんけど
どっちにしても皆様の税金か受信料ではないですか。
そんな報道機関の番組なんて、いくらネットだなんだっていわれても、
見たくないです。
どうしても徴収したいなら、観る側が選べるようにするのが本筋。
世の中の商品、サービスはそうでしょうが。
○HKのやってることは送りつけ詐欺と何が違うの。
まだ、目の前に実際にアイテムが並べられる昔の押し売りの方が理解できる。

NH○に提案。

1:今迄以上にお国様に都合のいい事を流す国営放送に完全にして
 「国民皆見るべし、金払え、それは国民の義務だ」
 というような、独裁国家か共産主義かというようなシステムにする。
 そうなりゃどうせマイナンバーも活用されるんだろう。

2:WOWWOWみたいに、見たい人だけ契約してお金を払う。
  勿論お金を払わなければ、砂嵐になって見られなくなる。

どっちかしか、ないでしょ。
技術的に、2も可能な筈。スクランブル化は何かのアンケートで
実に90%近くが「望む」結果になっていたらしいし。
何のため地デジにしたんだか。
だいたい、地デジに勝手になったのも嫌だったからそれも
我が家ではTV離れの理由になったんだが。
緊急時にどうこう、と言う人がいるがラジオでいいんじゃないの。
今のNH○は民放にして、別にまっとうな公共放送作ったっていいし。

とにかく、要らないサービスが世の中、多過ぎる。
そして、その要らないものに、契約しろ、金払えと
後から言って来るシステムが、反感を買っているのが
何故わからないのか。
一方で、「ドイツやイギリスの放送システムを参考にしたい」とか
○HKは言ってるみたいだが、笑ってしまう。

イギリスでは、受信可能な機器を買う時には、その時
同時にテレビ会社との契約をする、らしい。
普通に考えればそれがまともだ。
「TVを見るための機能がある機器を買う」という事を、買うお客も
最初から理解し、最初から契約をすれば、それで済む話。
日本では後から「TVありますよね」「ワンセグ使ってますよね」
「ナビありますよね」「なんとかチューナー…」←よく知らん
と言って来るから、なんかもやもやするし、そこに人件費を割いている。
まったく、非合理的だ。

悪いのは訪問して邪険にされる勧誘員の人ではない。
彼等は歩合制で、実際の所NH○職員ではない。
豆腐メンタルでは出来ないあのお仕事、ある意味尊敬する。
問題なのはサービスと対価の関係をおかしな圧力で、
しかも国と関係無い筈なのに国を巻き込んで、
グレーな立ち位置なまま、「ワシら民放とは違うんですよ」な顔して
自社努力せずゲスい考えで契約させようとする上の人達。

なによりかにより、
「TVを観るのは当然」な考え、これが不愉快だ。
そんなにエラいのかTVが。
…いや、エラいって思ってるんだよね、業界の人は。
昔仕事して、すごーく感じたし。民放だったけど。

TV放送もサービスの、商品の1つ。
お客が気に入れば対価を払う。
それを不要か必要か個人が選択できるようにするのは民主主義なら当然のこと。
電力だって、いろいろ多難でも自由化されて来ているのに
要らんもんをただただ押し付けるなって。

戦前の大本営発表マスコミの反省から戦後再編され誕生した
NH○の初心に戻って…
なんて、あの会長ではもう無理だろうから、
せめて、契約と放送の形態、需要と供給バランスを考え直して、
顔を洗って出直せと言いたい。
どこかの知事みたいに、今の地位にしがみつき続けたいんだろうけど。


別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| かはづ草紙 |