かはづ草紙

玉川上水のほとりから玄界灘近くに移動しました

哀愁のモヒカンタヌキ 

昨年末の帰宅途中、いつもにゃんこを餌付けしてる某お宅の近くを歩いている時だった。その家の隣の空き地にいつも通り猫がいると思ったらそれはハゲハゲになって哀れを誘う姿のタヌキだった。ハゲハゲになった猫くらいのサイズの四つ足動物だがぱっと見猫とは顔が違い過ぎる。毛が身体の中心に残ってるからモヒカンになっててまるで小さいハイエナのような状態(もちろん鼻先は黒くない)。それでも(タヌキ…?)と思ったのは目の...
Read More

ニヤニヤしながら待つ 

七草粥の日、そろそろかなと昨年からコソーリ育てていたあるものを出した。なんかこっちで買う七草パック、東京で買ってたものよりやたらとモリモリしてるんですが…すずな、すずしろの塊感はもちろんはこべがもりもり。野草感半端ない。昼間揚物だったから夜はおかず板わさでOK これで冷蔵庫の中のお正月的な具は無事終了。あるものとはコレですこれ。小学校以来のヒヤシンス球根。なんか数年前から自分の中でヒヤシンス水栽培やりた...
Read More

正月飾りのわびさび 

お鏡を時期が来てぜんざいにする時の手間に懲りて、小さいパック入りのものをそのまま飾るという低価格かつ手抜きなものにここ数年慣れてしまっている。東京と違ってこちらでは餅屋が作った立派な分厚い、良い形のお鏡が良心的価格で売られている。だからそういうホンモノを買いたいところだが、狭いテーブルに場所をとるお鏡を置けないし、そういうものを置いとけそうな棚や出窓も無いし…というのを理由に、お正月のお飾りをかな...
Read More