玉川上水沿いのジャングルからの徒然なひとりごと

絶対に住みたくない?

2017-08-26 Sat 13:41

春頃出された某雑誌のランキングネタでちょっと古い情報だが、
その名も「絶対住みたくない都道府県ランキング」。

とりあえず「編集部の厳正なる」選択眼がホントにそこに住んだ事のある
人からの情報なのかどうかは首をかしげる部分もあるが、
ネタとして笑うにはアホらしくて興味をひく記事では有る。
ただ、笑えないのは基地と原発についてだが。

rankin_01.jpg

福岡が9位にランクインしているのは、ここ出身であり今現在
住んでいる者としては、しょっぱい気持ちにならないと言えば
ウソになるが、残念ながらここに書いてある理由が
まったくの見当ハズレでもないから、またしょっぱくなる。
特に最後の一文、「全てが野蛮」というのは同意する。

よく福岡に来る観光客が「いい所」とか「住みやすそう」
と言うが、確かに福岡市周辺の職場に通勤するのは東京の通勤に比べ
職住近接が可能でラクだし、食費が比較的安いのは魅力だ。
博多駅から空港へ地下鉄で2駅なんて他には無い至便さ。

しかし実際に住んでみると文化的に完全なる体育会系の
ノリの地域で、クリエイティブ職にはツライかもしれない。
酒飲みで、祭り好きで、消○団に入りたくて、奥さんにご馳走作ってもらって
男同士の飲み会に勤しんだり後輩に先輩風をふかせるのが大好きな
そういう人にはおそらく天国な場所だ。

古くは他国との玄関口で元寇やらなんやらあって、近代の炭坑産業という
のも影響しているんだろうけど、893の温床なのは、そういう暴力的な
(永年住んでる人はそんな風に思ってない)
文化的というか気質みたいなものが多分影響している。

ranking_02.jpg

笑うネタとしての記事としてなら楽しめるが、
沖縄についてはちょっとどうかと思うのは
基地というどうにも重た過ぎる問題からくる沖縄の
アレコレを笑うのは、あくまで旅行としてでも沖縄に
行った事のある人間からすると、ちょっと軽薄過ぎると感じるからだ。

確かに、本土から移住する人が多い沖縄だが、また戻って来る人も
多いのが沖縄でもある。
その理由にはここに書いてる様に、よそ者扱いされるというのも
確かにあるんだろうが、歴史的に見て文化が違い過ぎるので
そりゃよそ者なのは当然だし、門中という制度に縛られないだけ
いっそよそもんの方が気兼ねしなくていいことだって有る筈なんだが。
なまじ親族だと商売やってて黒字倒産という事も起こる土地柄だが
(地元の人談)よそもんだとそういう事も起こりにくい。

沖縄が賃金が安い、職が無いというのは事実で限界集落の問題や
子供の貧困は確かにあるし教育施設の充実の課題もあるのは事実。

でも「住みたいNo.1」が東京で、その理由に「ご飯も美味しいし最高!」
とあるのは何の冗談かと、一気にブラックジョークだったんかい、と
笑うしかない。

これはあくまでも、東京に住み、それも都心の職場に便利な都心のマンションから
1時間以内で通勤出来て、
そこそこお金を稼いでる人目線の記事でしかない。
そういう人にとっては地方というのは退屈極まりない、
店が無くて害虫が多くて暮らしづらい土地でしかないのだ。

お金があって、有名店の高い料理に価値を感じる人には
東京は最高だとは思う。
でも普通の、いちいちグルメサイトで調べずふらっと入るお店で
普通においしい食事が格安でできるのは東京ではなかなかない。
「民度」とか言ってしまう辺りも、なんだかなと思う訳ですが。
半分以上が地方出身者でなりたってる東京なのにね。
五輪開催の事自慢するのもなんという田舎根性かと思う。

まあブラックジョークとして笑い飛ばすための記事であり、
困るのがところどころにホントの事が書いてあるということ。
五輪の後、施設が困った事にならないのを願ってます。

詳細を見たい方は「絶対住みたくない都道府県 ランキング」などで
検索どうぞ。

スポンサーサイト

別窓 | 福岡のすみっこ情報 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

お盆の海

2017-08-20 Sun 18:07

お盆休みが始まる前に山の日があったから11日から世間は休み
だったわけだが、近所で救急車の音がしていると思ったら
その後のニュースで近くの海で溺れた人がいるというのを知った。
玄界灘=荒い海というイメージがあるとは思うが、
4人も亡くなる惨事がまさか近くの海で起こるなんて思わなかった。

全国ニュースになってから知ったが、なんでも前年も留学生が
溺死した場所で、注意喚起の看板が立っていたらしい。
ニュース動画で見たかぎりではちっこい文字で目立たなそうな看板だった。
この看板、複数箇所にでもなければ、気付かない人もいるんじゃないのかな…
それに亡くなった留学生がベトナム人で、最近この九州の田舎街にも
留学生の姿を見かけるので、(食品加工工場のバイトの送迎バスは東南〜南アジアの
人達ばかりでちょっと驚く)こういう注意喚起の看板は、せめて英語も
併記する方がいいんじゃないかと思うのだ。

「あれ?あそこに海水浴場あったっけ?」
というのが、今回のニュースを聞いた最初の感想。

そこは確かにきれいな松原と白い砂浜のある海だけれど、
泳ぐ場ではなく、実際離岸流の事がニュースでもいわれていた。
そこから数キロ北上すれば、安全な海水浴場があったのに…と
残念でならないし、貝掘りに来てて居合わせ、
救助しようとして亡くなった人は気の毒としか言いようが無い。

茨城の海で泳いでて、いくら泳いでも全然岸へ近づけず
すごく怖い思いをして以来、基本胸の高さまでしか入らないし
もちろん海水浴場として整備されてる所しか行かない。
溺れかけた海にも監視員いたから、安心なのかというと
アレだけど、少なくとも海水浴場とされていない場所は
深さや潮流など何らかの理由がある、と思わないといけない。

それを再認識したのは沖縄の海で、あっちこっちに美しい浜があって
レンタカーで走ってるとどこでも泳ぎたくなるが、
とある橋のたもとがあんまりきれいで足元だけ水に浸かってたら
地元のおじさんが「ここは潮が速いから泳げないよ」
と言ってくれたのだった。
吊り上げられて干涸びたウツボがいた岩場で、釣りスポットには良さそうだけど
いわゆるビーチじゃない場所だからそもそも泳ごうとは思わなかったが、
透明度が高くて浅い(ように見える)と観光客はつい泳ぎたくなる。
透明度が高いというのもクワセモノで、実際の深さがわからないし、
シュノーケルしてると遠近感覚がおかしくなってシュノーケル酔いを
する、と沖縄のガイドさんが言っていたくらいだ。
また別のビーチでは、(そこは当時サメのため亡くなった人がいて立ち入り禁止になっていた)
「橋のせいで潮流が変わってしまった」と地元の人が言っていた。
そういう事は、なかなか外部の人間にはわからない。
まだ夏休み、沖縄の海へ行く方は注意して下さい。

今回の事故は、川の河口と言っていたから最初から海水浴目的ではなく
川遊びのつもりだったのか、ニュースではイマイチわからないが、
(ただその場所は川といっても、もう海です)
「お盆には泳がない方がいい」という、昔から聞く話がオーバーラップして怖い。
そもそもお盆過ぎなくてもお盆に入る頃にはもうクラゲが出るから
どっちにしても8月のこの頃にはもう海には入る気にはあんまりなれない。
クラゲに刺されると地味に痛いし…ハブクラゲよりマシなんだが。

なんにしても、海水浴場として整備された浜じゃないと、
特にここらへんの海だと明らかに近隣国から流れ着いたとわかる
生活ゴミの数々が漂着しているのをまのあたりにして
泳ぐ気も削がれるんじゃないか…と思うんですが、どうでしょう。

image02.jpg
これは以前行った、事故現場の海より数キロ先の海水浴場のさらに先の
鳴き砂のある遠浅の海水浴場。環境保全のためお盆以降はもう閉めちゃうストイックなビーチです。

別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

保存食はエスカレートするもの…らしい②

2017-08-08 Tue 20:00

170628_1009~01
これは冷凍しない完熟梅の氷砂糖漬け作成途中。じわじわ溶けて行きます。

6月上旬に青梅を買って漬けたはいいが、砂糖漬けの2瓶のうち
1つの表面が、カビなのか発酵しかけているのか、
白い膜のような、点々のようなヤバめのものが生じていた。

慌てて開けると、熟したフルーツの香り+お酒の香り。
腐敗しかけた香りではなく、発酵中のどぶろくにそっくりな
フルーティ、だがお酒になりかけてますぜな香り。
いい香りなのだが、このままほっとくと間違い無く猿酒に、
というよりヘタしたら腐敗の方に転びかねない。

調べたら漬けて15日くらい経っていれば、エキスも出ているので
発酵しかけていたら梅を出して、汁に火を通せばOKだそうだ。
過去に風通しの悪いアパートで発酵しかけたことがあったけど、
それは放置しても問題なく飲めたのだった。
しかし今回は白い浮遊物が気になる。
というわけで火を通した。

再度発酵すると嫌なのでそれとなく雑菌が死にそうなくらいに火を通し、
こわごわ味見するとこれがいつもの黒砂糖漬けとは違う味になっていた。
むしろ美味しい。アレレ?
なんだろうこの味…どっかで…と思ったら、ドライプルーンの風味。
青梅のフレッシュな甘酸っぱさではなく熟した、コクと奥行きのある味に
熟成していたのだった。発酵バンザイ。
ミ○プルーンを溶かした様な美味しい味のそれの熱がとれたら
容器に入れて冷蔵庫へ。

というわけで朝はこれに炭酸を加えたり、紅茶に入れたりしているが
紅茶に入れるとこれも何かに似ている…
と思ったら、昔シリアへ行った時に飲んだ甘い紅茶の味。
何で味付けしてあるのか謎だったけど、とにかくあれにそっくり。
朝からうだるように暑いこの季節の飲み物にぴったりで
季節の物は季節に合う様に出来てるのだなあ、といつも思う。
(とかナントカ言ってこれ保存食なんだが)

170628_1011~01
これは無事だったもう1瓶の砂糖漬けの方。2週間以上経ってもう大丈夫。

今回発酵あるいはもしかすると腐敗一歩手前になっていた原因は、
1つにはアクぬきのため青梅に穴をあけて浸水させていた間に
気温が高くて梅が知らず発酵しかけていた(でもその後冷凍するんだよね…)
もう1つは瓶に砂糖とあわせて漬けた後、まめに毎日揺すって
梅によく砂糖がまぶれてエキスが早く出る様に、
蜜にまんべんなく浸かっている様にするのだが、
それがイマイチ足りてなかった、というのが考えられる。
この、漬けてから15日くらいまでにエキスが出て梅が浸かってる状態
つまり初速が、発酵や腐敗防止にはなかなか大事な事らしい。

梅自体の問題より、多分瓶の揺すり方が足りなかったという方が
原因だろう。
この点、砂糖が早く溶けるのは粉状の砂糖よりも氷砂糖の方なので
黒砂糖で漬ける場合はより瓶を揺すらないといけないようだ。
そんな教訓を今回得たので、来年は失敗の無いようにしたいが
でも偶然の発酵で出来た今回の砂糖漬けのエキスが美味しいんだが…
複雑。(°_°)

170627.jpg
くんかくんか。

その後は6月末に出た完熟梅で氷砂糖漬けと味噌漬けを作った。
完熟は気付くと無くなるので今回は予約したが、これがまた
とても香りがいい梅で思わず1個食べてしまった。青酸がどうのなど
どうでもよくなるこの香り。段ボールもすっかり梅のすばらしい香りで
しばらくニオイかいでた。クンクン

170711_1405~01
約2週間後の完熟梅。よし成功。バラジャムのような香りがたまらない。

味噌漬けは味噌に穴を開けた完熟梅を押し込んで冷蔵庫に入れておく
というまことにカンタンなもので、じわじわと味噌に梅の味が
染みて行ってむちゃくちゃ美味しくなる。
前年漬けたものがもうそろそろ無くなるのだが、味噌の風味を考えると
ちょうど1年で使い切るのがいいと思う。

そのままご飯の友に、生野菜に、あるいは料理の味付けにと
特に暑い時期のものには食欲増進もあって重宝するので
完熟梅の冷凍がまだ残ってるという方、今からでもいかがでしょう。
好みでいうと、味噌は白っぽい甘い味噌より赤味噌の方が合うと思います。

170704_1913~01
ご飯に乗ってるのが梅味噌。豆・豆製品ばかりで動物性蛋白質欠如だが前日に沢山食べたからいいのデス。

別窓 | うちめし | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| かはづ草紙 |