Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

九州に来て、餅菓子とラスクの充実っぷりに気付いた。
そりゃ東京郊外の住宅地のスーパーにも
年配者向けの餅菓子やカステラ類は常備されているが、
種類の多さと何より美味しさが違う気がする。

150304.jpg
四角いのが菱餅カラーの餅菓子で手前が赤村の餅米の桜餅。

特に、餅米が主役のお菓子(おはぎやこっちの桜餅など)
は、餅米の絶妙な蒸し加減に1年でこの時期だけ出回るそれらを
味わいたいので買い逃さないようにしている。
美味しいと思うそれらは大抵地元産の餅米が使われていて、
フレッシュさが何か違うのか、赤村JAの婦人部のおばちゃん達の
調理手腕が素晴らしいのか、とにかくデパートの高い菓子屋より
美味しい和菓子が最寄りの生協で買えるのがうれしい。

その手の和菓子はおばあちゃんがやってるような個人経営の店のものも多く
工場での大量生産にはない手作り&新鮮さがあって
でも素人っぽい味かというとこれがぴしりとどストライクな美味しさで
食に関する情熱とセンスの裾野の広さを無茶苦茶感じる。

150304_13.jpg
春になるとゲットしたくなるスイートピー

何かの地域の行事にはよく餅つきがつきもののこの辺りだから
餅米のクオリティにはうるさいのだろうか
何にしろとりあえず食べ物に関しては、
福岡に来て良かったと思う今日この頃。

150305_142.jpg
蕎麦屋に行ったのがひな祭りの日だったからおまけをいただいた。
おかきかと思ったらチョコだったよ何気に袋と中身の隙間がよく計算されてると感心

スポンサーサイト
最終更新日2015-04-01
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
ねこ  

昨日も、テレビで「桜餅」の東西の違いをやってました。

関東 長明寺桜餅
関西 道明寺桜餅
京都のお正月には欠かせない花びら餅を、桜餅と呼んでいた例も。
九州の人間にとっては、生まれたときから、道明寺桜餅を桜餅と呼んできたわけでして、やまり餅米に対する思いがあるのでは?

2015/04/05 (Sun) 14:23 | EDIT | REPLY |   
くろけろ  
Re: タイトルなし

> 関東 長明寺桜餅
> 京都のお正月には欠かせない花びら餅を、桜餅と呼んでいた例も。
> 九州の人間にとっては、生まれたときから、道明寺桜餅を桜餅と呼んできたわけでして、やまり餅米に対する思いがあるのでは?
ふーむなるほど花びら餅までとは…あれ、時期になると買わねばと焦ります

東京ではその老舗「長命寺桜餅」を食べる機会がありましたが
道明寺に慣れてると「随分葉っぱをフンパツしてるな」と思いました。
クレープみたいと思った皮も店によって微妙に違ってて
立川の店のが数年前までは贔屓でした。
マットな質感なのにムッチリした皮の美味しさがとても上品で
すっかり関東風のが好きになったところで九州に。
でもこっちの餅米の美味しさに、どっちも味わえて口福至極。

2015/04/17 (Fri) 19:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply