Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

近年その名がすっかり定着したPM2.5。
ここ福岡はその影響を受けまくりだ。

150322_0946~01
かなり飛散していた3/22の例。遠景の山は全く見えず
その手前の2コブの山も霞む。

しかし個人的な疑問として黄砂との違いが分からない。
ひとたび玄関ドアを開ければ、外の手すりにそれと分かるほど
黄色を帯びた微粒子が付いているのが見える。

これは黄砂なのか花粉なのかそれともPM2.5なのか?
黄砂にもPM2.5が含まれるということなんだろうけど。
スギ花粉はとっくに終わっただろと思ってもイネ科の植物の
花粉も侮れないものらしいし
何より黄色いんですわ。
黒い車なんかだとはっきりわかる。

布団全く干さないわけにもいかないから(東京多摩エリアより湿度があるし)
晴れた日、そして空がちゃんと青いという日に「今日しかないっ!」
と干すのだが、そのバロメーターは山が見えるかどうか。

150323_1403~01
うってかわって飛散してない翌日(3/23)の山。遠景の山が見える例

布団を取り込む時には念入りに布団たたきで横になでる。
集合住宅でパンパン叩くとメーワクという音の問題もあるが、
やたらに叩いても綿がへたるだけであんまりいいことないらしい。
それに、表面に付いてるかもしれないそれらをはたくには、
シーツを剥がしてよく振るか、表面をシュッシュとなぎ払う方が
効果的な気がする。

浪人生時代まで過ごした福岡だったが、その頃はこんなゴールデンウィーク
の頃まで黄砂やなんやらで空が曇るなんて事、記憶になかった。
せいぜい春先はなんかホコリっぽいという記憶しかない。
まして駅前からすぐ近くの山までが煙っているようにぼうっとして見える
なんてレベルではなかった。
はっきり言って異常だが、ここにずっと住んでいる人は慣れてしまっているのだろうか。
呼吸器系にいいとは思えないし、原因がわかっているなら
改善する努力をして欲しいところだ。
単なる土が飛散ということではなく、科学的な、合成された物質が
飛散しているのなら、それらが長い間積もって土壌た水へどう影響するのかも
考えないといけないのではないかと思う。

150223_1201~01
…こりゃ無いわー(2/23)

今いる地域は福岡の中でもそうでもないのだが、日々PM2.5の計測値を見ていると
福岡内の計測地点の中で、他の地域は低い日でもわりかし
いつも高めの数値になっているのが北九州の一部と大牟田の辺りだ。
これについても、発生源がこのエリアにあるからなのか、あるいは
地形的な問題などで他所からの風がそこに溜り易いのか…など、
今の技術ならシュミレーションで原因は絞れそうなものだとおもうんですけど…

一方でこっちに来て感心だなと思ったのはスーツ姿のサラリーマンから
自転車のお年寄り、格好を気にする女子中高生まで
嫌がらずマスクをしていること。
紫外線が強いこともあってこのあたりでは肌寒い3月でも日傘使用の
おばさんが現れるが、それも花粉や黄砂避けには役立つのかもしれない。
あるいはそういう人達は花粉症でそれどころじゃない!のかもしれないが、
原発がどかんどかん爆発してたあの頃でもマスク1枚するわけでもなく
いつも通りに外を歩いていた東京の人とは違って自衛の意識が高いのかもしれない。
晴れてても曇天な空の日はさすがに「飛散している」と視覚的に
分り易いからというのもあるんだろうが、飛散している事実の前では
とにかく自衛するしかない。

しかし、そんな自衛、本来しなくていいような青い空きれいな空気が
当たり前なんじゃないのか?と思うんですが。
工場の煤煙のせいでそれこそ戦前から戦後鉄冷えになるまで
「晴れの日が無い」といわれた北九州の工業地域が地道な努力で改善されたように、
お金儲けるためには多少の環境汚染は仕方無い、じゃ済まない時代の今
排出元は対策をしなきゃならんだろと。

これは何も海外の国の話に限った事じゃなく、
今宮崎で裁判沙汰になってる、某巨大企業系の会社が
廃棄をやめてくれと言った住民1人を逆に訴えている件も
同じだと考えます。
おかしな物をそこらに捨てて埋めてる企業が
迷惑といわれたからって民間人1人を訴えるのがまかり通るなら、
PM2.5の原因がたとえ日本のせいじゃなく全面的に
他所の国だとしても、何にも言えないどころか
言ったら逆に訴えられるってことに繋がりませんかねー

廃プラ問題と原発どかんでつくづく感じた事。
「よそで起こる事は自分の所でも起こりえる」
何事も、いつも他人事だと思ってるのは、危ういと思います。

141114_1233~02
晴れてるならば空は青く山は緑であってほしいデス。(2014 11/14)



スポンサーサイト
最終更新日2015-04-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply