Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

を、受けてみた。

なんでそうなったかというと、そろそろ衣替えついでに
整理を…と思った時に、コレは捨てるべきかどうかで迷い
どれを捨て、どれを継続させるかの判断材料に「色」があったからだ。

大体好みの色やデザインは決まっているから、
実は似合ってなくても今迄も平気で着ているんだろうが、年とったせいか
前は着ていた服が「あれ?何か浮いてない…?」と感じる事が多くなった。
サイズは変わっていない。一番大きな理由の顔が老けて来たっていうのは
確実にあるんだろうけどそれはこの際置いておく。
「そこが一番だろ」と総ツッコミされようとそれはおいておく。
となると他の理由は服の形と色。

新しい服を買うにしても果たして今迄のチョイスで本当にいいのか?
なんか実は似合わないものを買って結果的に損しているのでは?
似合う色を知れば、家計にも役立つんじゃないかと
ケチ臭い考えで今更ながらパーソナルカラー診断を、まずは
ネットでいくつかやったみた。

肌や目、髪の色などなどから選択、最終的に4つのタイプのどれかに
当てはめるというものだ。

これをやってみて、サイトによってタイプが2つに分かれる結果となり
悩んだ。
その2つは、「似合う色」とされる色味の傾向が
まったく違うものだったからだ。

おそらくは、物理的な「外見上の条件」と感覚的な「自分の色の好み」
が一致していないからそういう結果が出たのだろう。
これじゃ却って迷う。

で、プロに見てもらった方がこの先迷いも無くていいかなと
こっちの地域でやってもらえる所を探した。
すると、かなり実績があり企業へのアドバイスも行っているプロ集団が
見つかったのでそこにした。
普段化粧もしないしアクセサリーに凝る方でもないのでとりあえず
自分がどのタイプになるのかを知る一番シンプルな1時間コース。
かなり料金的にも良心的な設定となっているのも選択の理由。

150504_1501~0
自然の中にある色からタイプ別に春夏秋冬の4つに分けるカラー診断
夏が殆ど隠れてるけど左上から時計回りに夏春秋冬


で、結果、目からウロコ。
元いた会社の先輩からは「覆されたねー」と言われたが
まさに、この年になって覆されることになるとはという
嬉しい驚きがあった。

その方曰く、
「98%の方が自分のタイプをわかっていない」

よく「好きな色と似合う色は違う」というけれど、
まさにそれ。

カラータイプはネットで診断した2つの内の片方で合っていたが
その中から選び出された「ベストカラー」が驚きだった。
ロイヤルブルーやパープル、マゼンタ系はピンクがかった色白の肌に合う色であって
自分には合わない色だとずっと思っていたが…え?え?

150504_1502.jpg
ここでは地元農家の花がお安く手に入る。今回は好きな花ランクでも上位に入る矢車菊
このブルーがたまらん


少なくとも、美術系の勉強と仕事をしてきたというのに
自分の似合う色というのをまったくわかっていなかった事に
今更ながら情けなく、しかし久々に知的好奇心をくすぐられる
出来事だった。
今年上半期の個人的出来事No.1といっていい。

おかげでいろいろと納得できて
今後の買い物や整理に活かせそう。
(つい好みでイマイチ似合わないカラーに手を伸ばすとしても
それをわかっているというのは大きい)


150504_150.jpg
…と思ったら偶然矢車菊の色とタイプのカラーが似てるじゃないか。
紫系のブルーにアイシーカラーの薄ピンク・ブルーに白!


カラーリストの判断に納得出来なくて何人にも見てもらう例が
あるらしいので診断してもらう相手の選択もなかなか大事な気がする。
ネット診断の海で迷っている人はちゃんとした光源で診断してくれる
プロに見てもらうことをおススメしたいと思います。



スポンサーサイト
最終更新日2015-05-18
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply