topimage

2017-08

流行は繰り返す…のか? - 2016.05.13 Fri

しばらくファッションのテイストが完全に80年代を
なぞってると思っていたが、ここ数年の帽子とコートでますますそう思う。
中折れハットの次はポークパイハットときた。
(なんかジェフ・ベック聴きたくなった…)

チェスターコートに黒のハットを幼稚園かぶりしてる様や
ケーブル編みのざっくりセーターなんて、80年代の記憶有りまくりの
自分にとっては甘酸っぱい半分、なんか気恥ずかしくなるが、
(しかしなんで帽子を園児かぶりするのか…これはカッコ悪いと思うんだが)
ファッション業界は30年スパンでの繰り返しとよく言われる事は
ホントだと思ってしまう。
素材、技術、細かなパターンにその時々で工夫はされても
大枠ではけっこう踏襲しているといいますか…
そのうちまた、ジャニタレがテカテカのオールインワンにバンダナ、
次にはローラースケートはいてぐるぐる回って踊り始めるかもしれない。
考えるだに恐ろしい。

…という長い前フリから唐突にシフトノブの話になる。
この前の連休にオート○ックスに寄った時、
「そういや昔あったあのシフトノブ、さすがに見ないよね」
という話をしながらシフトノブコーナーを見ると…
売ってました。水中花シフトノブ。マジか。

160429_180.jpg

なんかトラックのフサ飾りのついたアレとか
軽のアンテナによく付いてた黄色い玉とかが、
自分にとっては年代的にも類型的にも
タバコの包装で作る傘と同様、
この水中花シフトノブと同じニオイがする。
が、黄色い玉はアンテナストッパーとかいう名で
今はキャラ物が普通に売っているし、
(昭和のおじさん(髪はアイパー系がのぞましい)のヤニ臭さはそこには無い。)
水中花シフトノブも、実は復刻版が販売されていると知った。

当時の物には熱烈なコレクターがいらっしゃるようで
現行品とはクリア部分の形状が違ったりいろいろ細かな
違いについてこだわりがあるらしい。
人形が入ってるタイプがあったなんて知らなかった。

コレクターの方によると、バブルの頃には姿を消したというが
ファッションの業界と一緒で、車のパーツにも
数十年スパンで何か繰り返されるものがあるんだろうか…?
技術的な違いがありすぎるし、車に関してはそうも思えないのだが、
最近あまりにも踏み間違い事故が多いせいか
MT復活をのぞむ声がなんとなく増えているのを感じるし。

この写真のシフトノブはさすがに現行品なんだろうが、
お買い得処分品になっているところがちょっぴりしょっぱい。

自分の記憶の中の水中花シフトノブの中の花は、
なんかもうちょっと華やかでカッコいい姿だった気がするが
でも昔の製品写真を調べたら、多くはこれと同じ、
このなんともファンシーで控えめな、小さなカサカサした花だった。
うーん、そもそも、なぜ野郎の世界のトラックの人達が
このテイストを選んだのか…いろいろ謎だ。



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kerokero32.blog45.fc2.com/tb.php/1062-ecf5be1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

千鳥屋ってこんなにあったの «  | BLOG TOP |  » いきなりだんご復活

プロフィール

くろけろ

Author:くろけろ
ケロをこよなく愛する玉川上水ほとりの住人です。
庭をヒキガエル様の根城にしていただきたいけど
目下果たせず。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
ブログ (0)
うちめし (109)
季節のいいもの (88)
日記 (423)
原発はこの先いらんと思う。 (130)
植物図鑑 (61)
キノコ図鑑 (12)
虫ムシるーむ (21)
街で見かけた変なもの (27)
かはづのお部屋 (46)
愛と平和の無人販売所 (11)
超フリーハンド4コマ (4)
廃プラ施設 (44)
生きて行く上で何の役にもたたないアホニュース (18)
福岡のすみっこ情報 (64)
ネコ糞ウォーズ (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード