Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

今年は夏の土用の丑の日が7/30らしいが
それより前に既にうなぎを買ってしまった。
そして暑さが本格的になる前に、もう食べてしまった。
冷凍は食べたい時に食べられるから便利だ。
専門店での出来立てにはかなわないが。

某コープのうなぎはなかなか美味しいが、
付属の山椒の粉がちょっぴりすぎて
モットくれーという気持ちになる。
仕方無い…追加で山椒の粉を買うかと思ったが
そうすると小瓶単位で、そうそう出番が無い。
迷ってたらたまたま期限近くで半額になっているのを発見。

160702_1.jpg
7月上旬の空。まさかもう梅雨明け…?と疑うくらいの日射し。

冷静に考えたら、只でさえなかなか使用頻度がなくて
余らせるからと瓶単位での購入を迷っていたのに、
あと1ヶ月の期限になっているものを買うのは本末転倒なのだが、
「半額」の文字につい平常心を失ってしまい
むしろ「なんという幸運♪」と飛びついた。

かくして、7/30、まさに土用の丑の日が期限の山椒の粉が、
期限まで1ヶ月を切った日に12gも手に入ってしまった。↓

160721_1021~01

とりあえず、もううなぎを買う予定は無い。
今年はフンパツして1人ちゃんと1尾買ったから
いつもの倍食したし、(と言っても2回に分けて食べたんだが)
いつも物足りない山椒の粉を存分にふりかけて食べた。
それでも、瓶を見ると殆ど減ってないように見える。

…残り、どうしよう…

乾ききった山椒の粉、多少期限を過ぎた所で
どうということはないが、できれば風味がいいうちに使いたい。

そこで、目下試してのおすすめがコレ。
①:アイスクリームにかける
②:紅茶に入れる

アイスは、普通のバニラ系が合う。
特に食後まったりしそうな脂肪分の多いタイプにかけると
後味がすっきりする。
そして簡単で試して欲しいのは紅茶。
温かい淹れたてにかけると、最初に山椒特有の鮮烈な香り、
沈んだ粒がふやける頃には柑橘系の香りがして、2度美味しい。
紅茶専門店でぜひ出して欲しい味。

この青い柑橘の葉のような独特の香りは、タイ料理の
グリーンカレーに入ってるバイマックルー(こぶみかんの葉)
になんとなく似ているなあと思ったら、
実際タイ料理でも日本の山椒よりややソフトな「タイ版山椒」が
使われるのだそうだ。

なにせかけるだけのお手軽さで得られる香りと風味、
シャッキリするのでこのところ毎朝この山椒紅茶を飲んでいる。
普通の紅茶でもいいが、市販の安いチャイのティーバッグに
追加すると、むちゃくちゃ合う。まさにスパイスティー。

山椒は柑橘類だから、生姜とは違うけれど、
生姜に似た鮮烈な風味は、逆に寒い時期には
身体を温めてくれそうだ。冬にはきっとミルクティーに
しても合うだろう。和製チャイとして。

160706_07.jpg

サンショオールとかサンショアミドとかいう、
発見者はもろ日本人かと思う成分が含まれているとかで、
中枢神経に働き脳の活性化にも効果がある…という説もあるようだ。
ひと頃TVでアロマオイルの中でもそういう効果がある
特定のオイルが紹介された途端、店で品切れになった事があったが
イチローがカレーを食べてるけどカレーのスパイスにもその手の
効果がある、インド人にはボケが少ないとかいう話もありましたね)

この山椒の粉も、もっとそこらへん知られてもいいのではないだろうか。

他には食欲増進、胃腸の働き活性化、発刊作用、代謝促進や血行への働きかけ、
→結果的にコレステロール値正常化、などの効果も期待できるらしい。
代謝促進ということは、うっかりTVで「痩せる」とか言い出しかねない。
それに前述の「脳活性化」もあるとくれば…

もっとも、一回当たりの使用量はたかがしれてるから、
どの程度効果があるのかは謎だし、コロコロ言う事が変わる栄養学、
話半分から1/5くらいに聞いとく方がいいと個人的には思ってる。
防腐効果があるのも、昔の人は経験値で知って使ってたんだろうし。

でも、確かに、最近お腹空くんですわ…
特に朝6時半に山椒紅茶飲んだら、10時にはもう何か食べたくなる。
汗も気のせいかサラサラしてきたし。
残念ながら、脳機能の活性化はわからんが。
これはもともと脂肪燃焼率のいい自分よりも、中年特有のお腹を
晒している家人に摂取させるべきだと確信した。

160715.jpg
ねーもう梅雨明けしてない?という天気が続いた後、スコールのような雨が来て梅雨明け。

梅雨も明けて夏本番、これからもっともっと暑くなる時期に
山椒の粉を魚や肉、浅漬けなどにかければ防腐効果もあるし
(あ、赤みそ系のお味噌汁にも合います一番は八丁味噌だろうけど)
夏バテ予防にも、効能を知る限りぴったりではある。
よし、家人の食事に少しずつ盛るとしよう。

ただし、大量に摂取すると酩酊とか頭痛とか、目の充血とか
脳機能活性化が過ぎてかの副作用も考えられるそうなので、
ご利用は計画的に。

スポンサーサイト
最終更新日2016-07-21
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply