Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

休日の昼前、家人が映画観に行くと言って
ネットで予約している。
何観んの?

「ゴジラ」

ふ〜〜〜ん。私はいいや。

てな反応をしたわけだが、年齢上のサービスで
割引になるけどどーする?と言われ
「じゃあ観に行く。」

正直、歴代のゴジラの何が面白いのか
さっぱりな自分にとって、
とりあえず最初の作品は水爆実験に対する
抗議の意味ウンヌン、という当時の映画制作者達の
熱い思いを尊重したい。が、シリーズ化された以降の作品はどうでもいい。
特撮マニアやゴジラファンにはたまらんものがあるのだろうが、
暑い中その映画だけのために出かけようという気には自分はなれない。

しかもタイトルが「シン・ゴジラ」。
…「エコエコアザラクⅡ」くらいの大雑把なタイトルに
大丈夫かと期待度0で、一切の前情報無しで出かけた。
情報を仕入れるもなにも、
「12時25分の回予約したから。」
「待て待てあと30分しか無いじゃないか!
 洗濯物干すの手伝え!」

まだ顔も満足に洗ってないというのに。

そんな急な展開だったが、広告の最中入った映画館はガラ空き。
夏休みだというのに〜
もっとも、ゴジラは子供よりそれのファンの大人が見るもんなんだろう、きっと。
だいたい、この映画館はあのジブリ作品の封切り初日の午前初回を
当日朝余裕で買えるという、リラックスムード溢れる映画館なので
混雑する天神で見たくねーよという方にはおすすめだ。(某モールF津店内)

そしてはじまった本編。
結論から言うと、久々にたるむ事無く楽しんで観れた邦画でした。
けっこうなテンポで、時に音声多重、画面にテロップが出て進められるそれは
なんかアニメ的な感じもする…
動体視力の衰えたBBAな自分には、
放射性物質の濃度が高くなってるという事なんだろう、のシーンで
アップにされる地図上のマークや、肝心の謎解き解明の部分が
画面展開が早くて、「うん?今の何だった?」だったが、
セリフもかなり必要最低限度で、どんどん話が進む。

ラストはネタバレになるのでおいといて、
エンドロールでエヴァのあの方の名前があっちこっちに出て来て、
トドメの監督名もその方だったのを見て、「あ、そうだったの」
と気付いたという、今更な鈍いおばさんだった。
だってエヴァ観たの最終回だけだし…そういう意味での感慨は無い。

そんな、エヴァファンでも、ゴジラファンでも無いBBAにも
フツーに楽しめる映画ということは言えると思います。
そして、東日本大震災で何らかの被害を受けたり、
放射性物質への警戒を怠っていない方々へは、いろいろと、
あの時の冷却対策その他のニュース映像を思い出させる、チクチクくる内容です。
特にラストの大写し。

ツッコミどころはそりゃある。(次8行ネタバレ注意)
ミサイルその他でもビクともしないゴジラが、山の手線はじめ大都市東京ならではの
「無人在来線爆弾」でダメージ受けたりするのはどーなのかと思いつつ、
あれはあの映画の中で1つの山場、ある意味最大のカタルシスと言っていい。
先に派手にやられていた京急のシーンがここで生きて来るのか、と。
新幹線だけでなく在来線というのがキモだ。
東京で通勤し、JRはじめ各線の混雑っぷりに辟易していた人間にとっては、
あの電車はヒーローにしか見えなかった。人間単純なもんだ。
百田先生が涙しそうなシーンだが、無人運転というのが重要だ。

出演者がゲンドウポーズをとってくれればきっとお笑いになったのだろうが
とりあえず、暫定政権の首相がいい味だしていた、と言っておく。
あと大臣の誰かが甘○氏に似ていてビックリした。
…と思ったら、「シン・ゴジラ ○利」とキーワードが出て来るので
皆そう思っていたんだろう。

(またもや13行ネタバレ)
立川がホームタウンとして近かった自分にしてみれば、
これまた「あっ!あれはあの建物!」というシーンが多く、
なかなか感情移入できました。昭和記念公園のシーンもちょっとだけある。
目を閉じても歩けそうなほどそこへは行ったが、
映画ロケの場所が公園のどこか、気になって仕方無い。
画面右下にちょっと見える何かの表示、ディスクゴルフコース近くでは
撮影はしないだろうし…みんなの原っぱの周りの桜の木のベンチかなあ
うーん。特定されにくい場所を選んだなーというのが感想。
もしもゴジラが立川に現れたら、間違い無く昭和記念公園に誘導して
隣の陸自駐屯地から
「目標、みんなの原っぱ ケヤキおじさん!距離、800!」
「目標!ふわふわドーム2時の方向!」
とかになっていただろう。ならなくてよかった。

都心にナニかあった場合は、立川が政府、防衛機能の拠点になる
という噂は聞いとりましたが、実際立川には内閣ナンタラという
パラボナのついた見かけは低層で地味な建物があるし、近所には
自衛隊基地、警察、消防、救急医療センターとガッチシ揃っている。
昭和記念公園は避難場所として当然考えられているだろう。
そこらへんの重要施設は地下道でつながっているとかまことしやかな
噂もあったのだが、映画を見てそれを信じてもいいかなと思えた。

とにかく自衛隊が目立ってた映画だが、
奇しくも最寄り駅の待合室にこんなの見つけた。
なんか同人誌臭を感じさせるイラストだなあと家人に見せたら
「ホ○多そう。」
いや、これはこのイラスト見ての感想ですから!
別にシン・ゴジラの中で大変な任務に就いていた、
勇敢なるその特定の組織の事言ってるんじゃないですから!
(あ、○モの方を批判しているのではありません)
160806_1445~01
学生さんが描いたのかなあとなんとなく思うテイスト。(案外内部要員作だったりして)

文字色
スポンサーサイト
最終更新日2016-08-10
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply