Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

…という名前で前は売られていたような気がしたが、気のせいかなあ。
「飛びにくい」とソフトな表現とともに、
今は「ベルヌーイの帽子」と通販生活で紹介されている。
前ももしかして紹介したかもですが。

夏の自転車は、完全ペーパーの自分にとって、
暑い中用事をさっさと終わらせられるので便利だが、
いかんせん日焼けの恐怖が。

160806_1242~01
梅雨明け宣言の数日前から晴れで、そこから3週間雨が無い日が続き…
夕立がやっと1時間程度一回あった位。福岡には珍しい。もう笑っちゃうくらい暑い。


この辺りは海も近く、海風が年中吹いている。潮風にやられるのか、
ケヤキのような、見た目も涼しく、広い木陰ができる街路樹は少ない。
ホルトの木とかの、いかにも日射しに強そうな、台風でも
葉っぱや枝がちぎれにくそうな、そんな木が植えられているが、
あまり大きくならず、葉も横に茂らないので、出来る日陰が少ない。
いっそタイにあるような葉の大きな「アンブレラツリー」(和名謎)を
植えて欲しいと、夏場にはいつも思ってしまう。
さらに、東京のように高層ビルやマンションが
林立している訳でもないので、建物の陰も期待できない。

そんな、ギラギラと照りつける逃げ場の無いこの近辺の夏に
自転車で走り回ってると、日焼け止め塗ってても腕や顔は丸焼け。
とにかく、ロング腕カバー+サングラス+帽子で
物理的に影にしないと、大変だ。

160802_1616~01
矢印の部分が2重構造に。

そこで重宝するのがこの帽子。
自転車に乗る時、風で飛ばされたり後ろにずれて、日よけにならない
という悩みを解消する構造らしい。
帽子のツバの根元、クラウンとの境の部分に空きというか
浮きというか…の構造があり、空気が抜けるようになっている。

たったこれだけでそんな変わるものか、と思ってしまうが、
実際これで自転車に乗ると、えらい違いが。
福岡に来て3年間夏に使ってるが、今迄風で飛んだ事が無い。
長い坂道を向かい風を浴びながら時速40km近くで
(あ、道交法的にヤバいですね)
ダウンヒルしても、大丈夫。
むしろ多少風があるほうが、逆に頭にフィットするようになっている。
風が強くなると、ツバが上に行くことはあっても、帽子自体が
浮いてズレることはない。
(台風並ではダメだと思いますが)

160802_1616~02

普通の帽子をハットクリップ等で止めてもずれ防止になるかもしれないが、
この帽子の優れた点は、風であおられると、風が隙間がら入って
吹き抜けるので、頭が涼しいということ。
これは夏の帽子にはとてもうれしい条件。
空気が通り抜けることで、全体が飛ばされにくいのは、
ラフィアの帽子のような、ざっくりと編んである帽子も同様だが、
このベルヌーイの帽子は、風で飛ばされにくいという部分では、
もっと上をいく。
シーズン終わりには、手洗いをしているが、特に型くずれなども無い。

160802_1617~02
裏から見るとぐるっと一周、空気取り入れ口があるのがわかりやすい。

ただ1つの欠点は…
見た目がダサイということだろう。

160802_1617~01
…やっぱダサイわ。うん。

帽子にはどこか粋な要素が欲しいと思う自分には、それは致命的とも言えるが、
暑い中、ピューと手早く用事を済ませたい時の、これはもう「道具」であって、
自転車から降りたらバッグにしまうから、見た目より機能。
なのでこれには目をつぶって、ガンガン使っている。

多分この、キモの構造の部分のせいで、何やらぼってりした印象が
出てしまうのだろうが。
横から見たときは問題無いけど、かぶった状態で正面から見ると、
顔とそこの出っ張りの対比が…なんかオカシイ。
遠目には問題無いけど、コレ被ってる時に顔見知りと
近距離で立ち話したくないとなんか思ってしまう。

前は2色だったのがカーキが加わった様だが、
グレーにしてもなんか一番中途半端な濃さの色なんだよな…
(ちなみにグレーは通販生活の写真より少し濃いめです)
もっと薄い方が涼しげなんだけどなあ
薄いベージュに薄いグレーに黒あるいは紺とかダメなのかなあ

…とまあ、すこーしデザイン面でモヤモヤしますが、
クソ暑い夏にガンガン使え、機能は素晴らしいので、
「近所のスーパーに汗水たらして普段着で出かける時でも
スタイリッシュ帽子でなければ」という方以外は、是非試していただきたい製品です。
通販生活で買った物の中で、個人的にはかなり重宝している品の1つではあります。
詳しくはこちらをどぞ。→ベルヌーイの帽子 クリック


※注意!
…と、ここまで褒めて書いていたのですが、一応通販生活の口コミを見た所、なんと
新しいものは、「すぐ飛ぶ」という口コミ多し…
返品の嵐じゃないか。どうも「改悪」してしまったようですね…

そういや、写真見たらクラウンの深さも浅くなってるかも。
その分デザインはややスマートになってるのかもしれないけど、
機能をうたうなら、普通の帽子並じゃダメだよねぇ…
せっかく「いい帽子でっせ〜」と書いてたのに何だよ!通販生活。
…と、いうわけで、大変残念ですが、現行商品は、なんらかの
変更により、「飛ぶ帽子」になってしまったようです。残念!
我が家のは少なくとも3年以上前のものだが、これは全然
機能的に問題無い。
今の帽子がくたびれたら、困るなあ…大事に使おうっと。

スポンサーサイト
最終更新日2016-08-16
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply