Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

10月になってもヒリヒリする日射しが続き、いやむしろ
日焼けするのは秋の日射しなんだよな、と
SPF50の日焼け止めを塗る日々。
中旬になってやっと長Tを出したが
これも朝晩だけでよかったりして、なかなか衣替えに至らない。

そんな「暑さ寒さも彼岸迄」を軽くスルーする福岡の秋も
台風が何度か近づくにつれ、少しずつ秋っぽくなってきた。
ほんとに、よーやく、である。

気付けばコスモスに並びキンモクセイの香りがしはじめ、
その直後にキンモクセイに似てるけどちょっと違う香りが
近所の住宅地で漂い始めた。自転車で通るとふいっと甘く香る。
何かを思い出させるこの香り。
何かとは、10年以上前仕事先の人からいただいた
中国茶の青茶の一種の、えーと金セン烏龍という、
甘い、何と言うかミルクのような香り。
なんでこの住宅街でその香りがこんなにも?と思ったら、
香りの正体はコレだった。

161028_1245~01
小さい白い花、見えますかね

えーと、コレ、同じの東京の家の近くで見たわ。
そうそう、ギンモクセイだっけ?
でもこんなにいい香りだったっけか。

ウン十年前、トイレの芳香剤でピコレットが
「花のトイレはピ〜コレット♪」とCMやってたが
あの頃からトイレの芳香剤=キンモクセイ→キンモクセイ=トイレ
という図式が作られてしまった。
香りを感じる嗅覚は非常に原始的で、ニオイは記憶に残りやすいと
いわれているが、キンモクセイに罪は無い。
ついでにいうと、日本人はニオイに敏感といいながら
なんだろうあの柔軟剤とかのニオイの強さは。近所で洗濯してたらすぐわかる。
あのテの香りは、外国のスーパーに行くとせっけん、洗剤コーナーに
大体漂っていた。だから朝洗濯してる家から漂うあの香りで、
毎度海外旅行先のスーパーの記憶が甦る。

話を戻すと、今回かなりの濃度で近所の住宅街を覆っていた
ギンモクセイのいい香りは、昨年は気付かなかった。
天気のせいかもしれないが、その住宅街は出来て3年弱。
この区画でなにか決まりでもあったのかと思う程生け垣に
使われているその木が、数年経って花の付きが良くなって来た
ということなんだろうか。よく分らないが。
今回の香りで気付いてその区画を歩くと、キンモクセイは全然なくて
マサキかこのギンモクセイが殆ど。やっぱり何ぞ決まりがあったのか
てっきりこれはヒイラギで、そんなに魔除けが必要なのかこの区画は
と思ってたけど、香りを楽しむために植えてたんですね。ナットク。

キンモクセイに比べると強さはないが、
中国茶のようなちょっとスモーキーで
上品な甘い香り。
「お部屋は北向き くもりのガラス
うつろな目の色 とかしたミルク」
の、「小さい秋」の歌詞が似合う香りといいますか。
しかし今こうやって書くとうつろな目の色ってなんかすごい。

子供の頃この歌聞いたら「とかしたミルク」に惹かれ
小学校から帰って家でミルクティー飲んでおやつ食べた。(単純)
当時の事なんでギンビスアスパラガスとかだが。
それ以来秋涼しさを通り越して寒いくらいになると、
ミルクティーにお菓子が、懐かしくもうれしい。
そんでもって曇天の寒い日がうれしかったりする。
歌のイメージかなあ。

161028_1230~01
この区画の近くの、前からある住宅地でもあちこちで香ってました

キンモクセイの香りも気付いたらすぐに終わってしまったが、
続くギンモクセイも1週間かそこらで終わるのだろう。
生き物だからあっという間だが、
季節のいい香りはその時だけだから嬉しいのだろうきっと。
一年中嗅がされるとそれはもう芳香剤だ。

最後に、ほんとにコレはギンモクセイなのかと調べたら
「木犀」は元々ギンモクセイの事をさすのだとか。
中国のお酒などで「桂花入り」があるけど、あれはキンモクセイではなく
本来ギンモクセイの方を言うらしい。
そして…今回香りまくっていたこの”ギンモクセイ”は、
葉からして「ヒイラギモクセイ」の方だとわかった。
ここ迄書いておいてなんですが。
ギンモクセイは葉の形がキンモクセイほどじゃないけどもう少し
長めで、葉のフチのギザギザがかなり細かいらしい。
他の家の庭でも見かけるものは、このハードなギザギザだったような。

「ヒイラギ」と「ギンモクセイ」の雑種がこのヒイラギモクセイ。
それでもこれだけ香るのなら、ギンモクセイはもっと強い香り
なんだろうか…?噂ではソフトな香りらしいが。
開花時期は金木犀→銀木犀→柊木犀→柊らしいので
もうギンモクセイは終わってるかもしれないが
どこかでひっそり咲いているかもしれないと思うと
秋の楽しみがひとつ増えた。

161028_1236~01
昨日の風で既に散りつつあります。




スポンサーサイト
最終更新日2016-10-28
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply