かはづ草紙

玉川上水のほとりから玄界灘近くに移動しました

ヒヤシンスその後 

そろそろ梅雨かという曇り空になった6/6。
雨に降られないうちに、と用事から急いで帰って来たら
「九州が梅雨入り」のニュース。

本格的に雨のシーズンになる前に、やっておく事がひとつ。
鉢に植えた、水栽培の後のヒヤシンスの球根を掘り上げる事。

なんでも、水栽培ですっかりエネルギーを使い果たした球根は
疲れ果てやせ細るので、土に植えて光合成をさせて球根に
養分を貯めさせ、雨で腐る前に一度掘り出し、乾燥させるのだそうで。

170418_15.jpg
あの後すぐ、ミントはすくすく成長。左がヒヤシンス白花株。

というワケで鉢に植えたところまで以前記事を書いたのだが、
ベランダの「勝手に寄せ植え」鉢のスキマに植えた球根、
何度か液肥をやったりしてきたが、3ヶ月でどれだけ回復しただろうか。

葉が茶色く枯れて来た頃、梅雨に入る頃に掘るというが
見た所白花球根の方が葉が先に枯れて来てた。
こっちの方が開花も早かったが、球根の消費も大きかった気がするので
なんだか心配だが。

170606_16.jpg

予感的中。
回復どころか…
前より球根が小さくなった気がする。
ヘンゼルがちっとも太らない時の魔法使いのおばあさんの気持ち。

根っこの状態も、白い方は抜く時切れてしまったほどヨワヨワ。
コリャーダメかもしれないが、この上鉢の中で腐ってしまっても
しようがない。他の植物にも悪影響。
という訳でみかんが入ってたネットに入れて、新聞紙でゆるく包んで
陰に吊るす。
うーん、どうなることやら。

鉢では限界があるのかもしれないし、
思い当たるのが春先近所で摘んで植えてみたミント。
こいつがやたらと成長して、4本だったのが
植え付けて1ヶ月半後にはもう2本増えていた。
(そもそも茎から切った状態から水で根出しさせたもの)

170610_14.jpg
だってあっという間にこんな巨大に…そろそろ花咲きそう。
ヒヤシンスが陰になって光合成しにくかった?


ミントの強靭さは小平時代でわかっていたけど、このミントが
ちゅーちゅー鉢の栄養分を吸い取っているのではなかろうか。
気のせいか寄せ植えのスミレまでしんなりしてきたし。
(本来スミレは単体植えより他のものと寄せ植えに向く植物だというのに)

ヒヤシンスの球根を植えた春にベランダの鉢を点検したら、
小平時代、ヘタしたらその前からの古い鉢植えは中で根が詰まってしまってるのか
養分の枯渇か、手入れしてないのに毎年ガンガン咲いていた蘭が
とうとう今春は一つもつぼみがつかなかった。
それ以前に、葉がぱったり減って、もしかしていきなり全部枯れたのかと
思った程だった。新芽が見えない。沈黙の春状態。

蘭が生えてる鉢は一つだけだったから、全滅を恐れ
慌てて株を分けて風通しがいい状態にして、土も足したら、
5月も終盤になってようやくちらほら若い葉が出て来たが、
来年花芽が付くかどうかまではわからない。
バナナワニ園かどこかでもらったデンドロ系の強い品種で(多分)
放任していたが、気付けば茎が干したタケノコのようにカラカラに
細くなったものが多数で、緑色で太い状態のものが殆ど無い状態。
170601_155.jpg
矢印がやっと出た新しい葉。す、少ない…

思えば昔恐ろしい勢いでコロニーを作っていた地植えのミントが、
ある時からぱったり全滅してしまったので、(ハーブは案外そういう事があるらしい)
植物はなにか合図や信号をお互いに出し合っているのではないかとすら思う。
前の年に花盛りだったから翌年も、というわけではないというのは
頭ではわかっていても、実際もう何十年も変わらず咲いていたものが、
葉すら出なくなるというのは、なかなかにショックだ。
そういえば万両も、昨年は全く実がならなかった。
いいかげん鉢の土が固まってしまっているのかもしれない。

花は手をかけただけ応えてくれる、とよくいうが、
今迄手をかけていなさ過ぎた。
カイガラムシにアロエがやられて結局カットするはめになったし
東京に比べて暖かいから、と家に入れる事をしなかったため
一部以外凍ってダメになってしまった。

塩の結晶が物干しにできる場所だから、スミレの葉の成育も
それまでとは違う。
反対に元気なのは多肉系で、これは湿度や日照、温度が
東京の冬の室内とは全然違うからだと思う。

花を楽しませてもらったヒヤシンス、できることなら
一度きりではなく球根に生きながらえてもらいたいが、
小平より多湿なこちらの夏から秋を、さて無事に過ごせるかどうか。
今度の冬は無理でも、また土にいけて球根を育てる事が
出来ればいいが、と始まったばかりの梅雨に早くも思っている。

170601_15.jpg
蘭の鉢にいつの間にか生えたオキザリスが、蘭のかわりのように今年はよく咲いた。
オキザリス系も福岡では成育がいいが、特に冬咲きがよく目立つ。

スポンサーサイト

Comment

Add your comment