Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

weathermap00.jpg
前線遥か遠く…

どう考えても梅雨明けしているだろ!な暑さが続いている北部九州なのだが
気象庁は7/20昼前現在、まだ梅雨明け宣言を出していない。
昨日なんて真夏の日射しで午後ブルーベリー摘みをしてると
クラっときそうになった暑さだったが、「熊本付近に雨雲あるから」を理由に
宣言はまだだった。

2週間前の北部九州豪雨の後も時折雨になる時もあったが
被災地にかなり局所的に降った雨雲だったためか、
自分のいる地域は梅雨の間のトータルの降水量は結局少ないのではないかと思えるほど。
給水車出動、学校のプール無し(なのになぜか駅ホームのうどん屋は営業してた)
の福岡大渇水の記憶があると、豪雨も悲惨だが、
雨が少ないと、それはそれで心配になる。

170717_1332~01

朝起きるともう6時前からクマゼミはワシワシ鳴いてて
もりもり入道雲がわんさか沸いて、どこから見ても真夏。
天気図見れば前線は九州からとうに離れた場所にあるというのに、
過去のフライングの経験がよほど痛恨だったのか、
「既に○○日に梅雨明けしたとみられる。てへぺろ」な後出しが多い。
しかも南九州の次に関東甲信越に先を越され…という、北部九州が
「まだー?」(´・ω・)としょぼんするケースが多い…気がする。

こうなると、「梅雨明け宣言」っているのか?とさえ思うのだが、
夏はイベント多いし、これが仕事にかかわる人ももしかしたら
いるのかもしれない。
でも、結局、梅雨が明けようが夏の間は突発的に雨になったりするのは
よくある事なので、とりあえず前線が遠くに過ぎ去れば、もうビクビクせずに
宣言しちゃって下さいよ、と思うんですが。
なんかこう、気持ちの上でスッキリしたいといいますか。

ところで、西日本に多いクマゼミの鳴き声、小さい頃から
「ワシワシ」と思っていたが(あるいはガシガシ)
よく説明などで「シャー…」「シャアシャア」と書かれている。
「シャー」というのは、例えば茂った木のある場所で沢山のクマゼミが
いたら、うるさ過ぎて個々の細かいリズムが聞こえにくくなって、
そんなふうに聞こえる。
「シャアシャア」は、「ワシワシ」の「シ」の方を音の始点と
捉えるとそうなるんだろう。
この、同じ種でも人によって捉え方が違うのが面白い。
とある中高年とおぼしき方がクマゼミの鳴き方は
”中高年は「ワシワシ」という”
と述べられてました。チュウコウネン…(;_;)

170704_1342~01
人っ子一人歩いていない夏の昼間の住宅街。この翌日集中豪雨が来るとは思えない天気。

スポンサーサイト
最終更新日2017-07-20
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply