Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

先日、キンモクセイについて書いたけど、
近所でなんとなくいい香りが漂っているところがあって、
でもなんの香りが分からない。

しかし嗅いだ事があるような…
そう、前に香港滞在中の人からいただいたおいしい中国茶で
キンモクセイのような、甘い香りのするものがあったのだけど
(人工香料じゃないっすよ)
その香りだ。

でも、どっから…
と見上げたら、ヒイラギのような葉の生け垣に、
白い小花がいっぱい。あ、これだ。

ギンモクセイ。モクセイ科。
DSC_0138.jpg
ムーディーな逆光

前に「ギンモクセイはあまり香らない」と書いた様な。
でも、これはなんとも言えない、ちょっとミルキーなやさしい
甘い香りがする。すいません…
「ココ、こっから香ってますぜ」という主張はないのだけど、
キンモクセイとはまた違う香りに、しばらくそこに立っていた。
(不審人物)
DSC_0137.jpg

ヒイラギじゃないのか?とも思ったけど、
ヒイラギはもっと葉が大きめにギザギザにくれている形だと
思う。それに、来月の開花らしい。香りはヒイラギもいいというが。
DSC_0136.jpg

キンモクセイは、このギンモクセイの改良品種なんだと
今日知りました。ルーツだったのね。
キンモクセイもギンモクセイも日本には雄株しかないらしい。
ギンモクセイの別の種で、実がなるものがあるらしいけど、
それは雌もあるということなのか雌雄同株なのか…
なんとも不思議。

いいな、ギンモクセイ。防犯かついい香り。
需要が今は少ないらしいけど、この香りはなかなか。やみつき。
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply