Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

「古事記」にも出て来るらしい、古くからあるブドウ。
と言えば、ブドウ科の「ヤマブドウ」「エビヅル」なんだけど、
これ、どっちかよく分からない。
葉の裏とかツルとか見分け方はあるようだけど…

よって、どうとでもとれるタイトルってことで。
DSC_0143.jpg
これはまだ青いけどレーズン状態のものも。丁度いい状態のは無いのか?

散歩道の何カ所かにあって、時期になると立ち止まって見る。
今年はまだ採られてなかったので、枯れかけた一房だけゲット。

小さい実は甘いというよりまだ酸っぱく、
噛むと確かにブドウと思わせるぷりんとした実が
ほんのちょっと入っている。
種とって発芽させてみるか。
DSC_0144.jpg

実が小さいし酸味が強いので、生食よりジュースなどの
加工品が主。
東北産のヤマブドウジュースは、こんな小さな実からこんな味が、と
思わせる濃厚な味で、それから作ったワインはとってもおいしい。
DSC_0145.jpg
紅葉がきれい。これでフェンスに仕立てたら雰囲気出そう。落葉するけど…

ロビンソン・クルーソーを読んだら、ブドウのなってるのを
見つけてレーズン作ったりするくだりが確かあった。
そういうのを読むと、スーパーに売ってる菓子用レーズンがえらく
おいしいもののような気がするものだ。特に子供には。

とうに大人になった今でも、偶然見つける山の幸(山じゃないけど)
はうれしい。そして「ロビンソン」と思うのだ、いまだに。
DSC_0149.jpg
針葉樹に巻き付いて、ぶらぶら。秋ですねえ。
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply