Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

だいぶ前に自分の住んでる市のことでちょっとからめて
書いた、「廃プラスチック中間処理施設」。
近隣3市共同の施設として、新規にこの近くに建設が計画されている…
と知ったのが、9月だった。

年内に場所決定、という情報もあり、えええ??
全く知らなかったことに慌てた。

まずは、情報を入手せねば。
ということで、詳しいと思われる方々に連絡をとり、
経緯などの話を聞いたり詳しい資料をいただいた。

で、次のステップ。
正直、この界隈(自治会)の人はどのくらい知ってるの?
というのが疑問だった。

一軒一軒訪問して、話をするってのも…
なので、資料やアンケートを作った。
それを自治会長さんに渡して、回覧してもらうことにしたのだ。

思ったより早く、1週間で4/5の世帯から回答をいただいた。
代替案等書いて下さっている方もいて、ありがたかった。
一般に迷惑施設と呼ばれるものは、特に人口密集地ではどこかで
反対しても今度は別の場所の人が…という問題から逃れられない。

でも、関係住民の殆どが「情報開示が充分でない」
「情報が無いに等しい」と思っている状況で、
結果的に施設できちゃいました~、では
納得出来ない話。

話し合いのテーブルにつく以前の問題だ。

何も言わなければ、どんなにいろんな意見を持っていても
行政の「これはまだ想定地にすぎません」と言ってる土地に
粛々と(某政党がよく使ってた言葉)、着々と
工事が進められてしまうのは、今迄のケースで分かっている事だ。

人が集まれば、いろんな意見がある。それは当然。
でも、もっと行政は積極的に情報を開示して欲しい。
「省ゴミ=エコ」ということでごまかさない、いい面マイナス面
ちゃんと伝えて欲しい。

そして、住んでる自分達も、もっとそういう事に対して
欲張っていいんじゃないかと思う。
何も言わないのは、結局「全てを肯定していることですよね?」と
相手は思ってくれちゃうのだから。





スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply