Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

すっかり紅葉した葉がどんどん落ちてる今日この頃。
葉が落ちて来ると、鳥の姿がよく見えるようになる。

何しに来てるのか知らないけど、
暖かい時期はよくヒヨドリが軒にホバリングしながら
何度も来ていた。
でもヒナらしき声聞かなかったし、巣があるわけじゃない。

布団を干そうとしたら、ベランダの手すりにはよく鳥の落とし物。
エサの虫の残骸の事もある。
だから干す前によーく手すりを拭かないといけない。

この季節になると、やって来るのがコイツ。
キジバトだ。かわいい。色もシック。美味しそう。(←?)
DSC_0255.jpg
来た来た、デデッポッポー。

ドバトみたいに群れないで、年間通してつがいでカソコソ地べたを
歩いて木の実を探しているのだけど、
警戒心というものがイマイチ薄いのか、よく至近距離にいたのを
お互い気付かず、慌てて飛び立つシーンに出くわす。

こんなんじゃ、野良猫にやられるのでは、と心配になるが
ごくたま~に特徴ある羽が(先の白い尾羽)散乱しているので、
やっぱり…と思うのだ。美味しいんだろうな。(←?)

ベランダにやってきて、明らかにこっちを意識しつつ、
じっとしばらくいたキジバト。
DSC_0256.jpg
斥候か?頼むから落とし物残して行かないでくれ。

数年前、古くなった豆を撒いたら味をしめて、
つがいでやってきてベランダにまで止まって催促するように
なってしまった。なのでそれからきっぱり餌付けは無し。

かわいいし、(しかも野鳥の中でダントツに美味しいとか…←?)
ドバトみたいに集団で居着いて糞害が発生する、ということは無い。

でも、やっぱり仮にも野生のものを安易に餌付けしてはいけない。
心を鬼にする。

でも、学習能力が高いので、エサが乏しくなる季節には
たまに物欲しそうな感じで目の前の樹を移りながら
こっちを見ているのだ。

今回来たコイツは、多分その時のとは違う。
なんだか痩せてて、ひとまわり小さいし羽もボサっとしてる。
こんなんで冬は越せるのだろうか…
いっそ豆餌付けして、太ったところを…とヘンゼルとグレーテルの
魔女の気持ちになる。(←?)

今日なんて別のキジバトが、木立の中正面から自分に向かってまっすぐ低空飛行。
頭の真後ろ、目の高さの枝に迷いなく止まって、じっとこっち見る。
…なんなの、アンタ…
家とは違う場所でも、この反応。人の顔を覚えているのか?コワー

カラス(うるさく頭良過ぎ)ドバト(ばっちいし人家に営巣するし群れ過ぎ)
キジバト(あどけなさの仮面をかぶったしつこいヤツ)
ヒヨドリ・ムクドリ(うるさいのと群れる)
これらの野鳥にエサをやるのはホント、やめたほうが賢明です。

スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
よりさん  
No title

最近すずめが減っている、という話は本当だろうか。5階に住んでいると鳩とカラスしかお目にかからぬ。e-78

2009/11/29 (Sun) 05:51 | EDIT | REPLY |   
くろけろ  
Re: No title

よりさんさん、そーですか、なんだか都会な話ですなあ…
ああ、でもスズメがなんとなく減っている、という話は聞きます、確かに。
ここいらじゃスズメよりシジュウカラやメジロのほうが
もともと多いです。ちゅん。

2009/12/01 (Tue) 00:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply