Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

今回はおかずやご飯の写真は出て来ないのですが。
ビールのみです。

とある店で見かけた缶ビール。
「AOONI」とかいてある。

黒が入ったきれいなブルーの地に、
鬼の線画のデザイン。かっこいい。
DSC_0397.jpg
おかずは質素にオムライス単品。

なんでも、とっても苦いらしい。

18世紀のイギリスからインドへの航海で
腐りにくくするため、酸化防止作用のある
ホップを大量に入れたビールを積んだのが
インディア・ペールエールの由来とか
書いてある。

てっきり航海といえばラム酒…という
イメージがあるのだけど、ビールも積んでいたのか。

全く関係無いけど、カンボジアの遺跡、
アンコール・トムのレリーフでビール作ってるシーンが
あった。
いつのまにか隣にいて英語で話す「おしかけ勝手にガイド」
の子供がそう言うので、「beer?」と聞き直したくらいだ。
昔の東南アジアでビールというのが
なんだかイメージではなくて、印象的だった。

でも、考えたら、エジプトがビール発祥って
子供の頃発明発見の秘密マンガで読んだぞ、と
思い直した。暑い国のほうが発酵進んで
いつの間にかお酒発見、というのはうなずける。
そんなわけで、アンコール・トムのなかで
ビールのレリーフはやけに覚えている。

もう10年以上前の話。
驚く程人いなかった…人より蝶のほうが多かった。
今は賑やかなんだろうな。

この青鬼ビール、アルコール度数が
ちょっと高めの7%。

さてさて、お味は…
たしかに、苦い

夏場ならば、多少苦かろうがごくごく
飲んでしまうのかもしれないけど
寒いとなー。
ビール好きな人ならばイケるのでしょうが、
もともとアルコールに弱く、
ビール派ではない自分は
グラス四分の一でもう目のまわりが…

そういう意味では、コストパフォーマンスは
高い、です。

こってりしたおつまみが合うかもしれません。
ストロングビールの好きな方は
ぜひお試し下さい。
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply