Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

大晦日に近所の家の前を通ると、
ぷうんと甘辛な香り。田作りか何かを作っているような
そんな香りが漂っていた。

2日、ヘタすると元旦から開いてる店がある今、
なんかせわしなくて嫌だけど
ゆっくり休むためのおせちという意味が薄い。

それに、おせちは味の濃いめの煮物が多いし
必ずしも歓迎されてないみたいだが
年に一回の事だし、いくつかポイントで
食べたいもの作るくらいでいいんじゃないだろうか。
伊達巻きも作ってた母親には申し訳ないけど…

黒豆とがめ煮(こっちで言う筑前煮、にごみ)
それと雑煮は作るけど、他はかまぼこや伊達巻き
昆布巻きといった、お酒のおつまみになりそうなものを
数品買うくらい。
がんばった時でこれになますやレンコン梅肉あえを
プラスして作るくらいかなあ。

3日食べれば充分。
飽きて嫌にならないうちに無くなる量しか
作らない。

今年は更に手抜きして、おせちを買った。
作ったのは雑煮だけ。
昨日の年越しソバに使った鶏肉とスープ利用。

あ、でも、ダシはちゃんと水から羅臼昆布と干し椎茸を
浸してとったので、バカにしてはいけないお味ですよ。
(言い訳)
かまぼこ、鶏肉、椎茸、ほうれん草に焼いた丸餅、
それに柚子の皮を入れて。

ブリはじめごってり入れる実家のとは違って
雑煮の具は関東風にあっさりと。
でもお餅は実家風に丸餅。
お雑煮の地方色ってとても面白い。
DSC_0500.jpg
庭に山のように生える南天をちょっとカットしました。

いやー、プロのおせちってきれいですねえ。(あはは)

いつもは日本酒とみりんで作るお屠蘇を、
今回は本みりんだけで昔風に。
もうみりんの色が飴色なんで、こんな色に。
DSC_0501.jpg

うわー、こってり。
こりゃ冷し飴…
と言いたい所だけど、本みりんゆえ14度くらいあります。
ただちに酔っぱらいました。
めでたいめでたい。ひっく。
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
ねこ  

私もにごみ(筑前煮、がめ煮)と紅白はますを一からひとりでつくりましたよ。
人参は煮くずれしやすいので、後からいれたにもかかわらず、飾り切りした梅の形が崩れてあらまあ。
酢ものは苦労して山のように切った大根が、塩でもんでしぼったらほんのちょっぴりに。しかも、一晩で酢が逃げてしまった。あわてて、再度酢を出汁でわって追加。
やっぱり料理は何度つくっても完璧、ってことはありません。

2010/01/01 (Fri) 21:46 | EDIT | REPLY |   
くろけろ  
Re: タイトルなし

ニンジン、梅型にカット、前に頑張りましたが
やはり最終的に煮崩れる…
このままでいいだろう、ということにおさまりました。

2010/01/06 (Wed) 20:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply