Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

一日細かい雪が降った昨日。
その前の雨で、積もる事はないだろうと思ってたが
今朝起きたら、また周りがうっすら白くなっていた。

午前中近所で行われるゴミについての問題を
話し合う会に行って、その後、隣の市のマンションに
お邪魔した。

実にいいかげんな時間稼ぎみたいなことに
自分の税金が使われていることを知り
また新たな怒りが沸いた。
もう、税金変な事に使ったら返すってシステムはないのか?
(これはまた別カテゴリで…)
色々な情報を下さる方々のご好意もまた心にしみる。

久し振りに晴れたと思ったら、また曇りに。
帰りには、ゆっくりと咲く寒緋桜が7分咲きくらいか。
DSC_06010.jpg

桜を見るには、曇りくらいの時のほうが個人的には好き。
晴れててあっぱれなのもいいけど、ひと気の無い場所で
薄曇りの中たまたま見つけた山桜は、もう
怖い程の存在感がある。
死体が埋まっているというのもうなずける。

人工の物と違って、自然の色は、暗くなっても色が分かる
ある意味蛍光的作用があると聞いたことがある。
桜が、ちょっと曇っている時のほうがいいように
自分が思うのは、そういうことなのかもしれない。
DSC_06020.jpg

でも、これ、緋桜にしてはそんなに赤くないなあ…
なんていう種類だろ。

沖縄に行ったとき、CFで有名になった
「日本一早く咲く桜」の話をネイチャーガイドさんが
してたけど、あれで桜を見に来る人が増えた、でも
本来無かった樹まで観光用にせっせと植えるのはどうかと思う。
という事を言われてました。

そもそもその桜が在来種なのか、交雑種なのか、よく分からない…
という事もあるのかもしれないけど。

九州にいた自分が、白樺見た事無かったように
その土地にはその土地の気候風土に合ったものがある。
最近はわりとそのあたりを配慮した植栽計画をしている事例
も多いのだろうけど、人気があるからといって
すぐに新種や外来種にとびついたり、
どこにでも同じ様な花や木を植えるのは、
ちょっと待て、と言いたくなる。

例えば新築住宅や集合住宅に植えられる庭木、
あれにはかなりの量の薬が投入されるという話。
そうなると、一定の時期が来ると元気が無くなって
また薬使ったり、反動で虫が異常発生してまた薬…という
トホホな植物シ○ブ中現象が起きるのだそうだ。

何も、初めっから業者に同じ様なおサレ植栽を完成してもらわなくても
住んでる人が時間かけてそこの気候など見ながら
少しずつ好みの庭を作って行けばいいんじゃないかと思うが…

せっかちで完璧主義の多い日本ではこういうところが
システマチックなんですかね。
「きれい」というのは何に対してなのか。
自分は整然とした花壇のパンジーよりも
蛾のオオミズアオや、
薮のカラスウリの花をそう思うほうなので…
(おそらくマイノリティー)

などとつい考えてしまった寒くどんよりな日曜、
バレンタインデーなのでした。




スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply