Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

…と言いたい所だけど、
また急に冷えて、昨日は日中外に出る時
ダウン着ても何だか首の辺りが薄ら寒く、歩いても温まらない。
自分でも顔色が悪いんじゃないか?と思ってたら
そのうち頭痛と寒気。

風邪のひき始めだったみたいで、今日は回復しましたが。
あ-寒かった。

プルの国なんかぜったい行けないなー。ぶるぶる。

しかし、もう先月からひそかに家の中では
スミレちゃんが咲いていたのです。

DSC_06610.jpg
昼間窓越しの光と、エアコンの暖かさで
花開いたらしい。
いつも霜よけに、これらの「勝手に寄せ植えになった」
鉢を冬の間は家に入れるのだけど、
スミレが咲くのはやっと遅霜の心配がなくなって
外に出すようになる今月末からが普通。

いつもはこの部屋でエアコン入れてなかったから、
日が当たってても咲く事は無かった。

いつの間にか、ヤツデまで新芽が出て来てしまった…
DSC_06620.jpg

うーん、このヤツデも、勝手に生えて来ちゃったんだけど
もともとアロエ鉢なんだよねえ。
ヤツデには、もう少ししたら外のどこかに移っていただきます。

小学生低学年の頃に国語の教科書にあった話で、
山に住むおじいさんが元気がなくてふさぎこんでいるのを、
森のリスだったか、が「もう春なんですよ」と
元気づけたくて、スミレを取って持って行こうとする…
というのがあった。

スミレは途中でしおれてしまい、他にもいろいろ
試すのだけどうまくいかない。
結局、リス自身が窓からぽんっと家に飛び込み、
茶色いふさふさの毛が光に照らされている様子を見て、
おじいさんは「春だ!」と実感して
元気になった…

というような話だった。
当時はなんだか分からんなあ、スミレのほうがいいなあ
と思ったけど、今は分かる様な気がする。
DSC_06600.jpg

この鉢のスミレは、勝手に生えて来たもの。
庭ももう少しすれば、ぽんぽんとこれまた勝手に増えてる
スミレが咲いて来るだろう。
で、確かにスミレはすぐしおれる。

野におけ、の典型。

家の目の前は蕗があって、当然ふきのとうが出る。
毎年気付くともう無い。
年配の方ががさがさ分け入り、探しているのが2階から丸見え。
もう無いんだよね…
「ふきのとう 終わりました」って吊るしておこうかな。

スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply